« クロカル超人の季節の拾い物 | トップページ | 最近買い込んだ本 »

2005/02/11

クロカル超人のジャーナリスト・アイ 新聞・雑誌拾い読み       

r25the_big_issue今回今話題の雑誌2誌。ひとつはホームレスの仕事をつくり自立を応援する『The Big Issue Japan』の最新号(2005年2月1日刊 21号)、特集は「つくられる生命たちへ」とちょっと硬い生命倫理の話し。この雑誌はホームレスの人々に収入を得る機会を提供する事業として、1991年に英国ロンドンで創設。日本版は大阪で発刊され、今では大阪、神戸、京都、東京、千葉、横浜で販売されています。テレビでも報道されましたのでご存知の読者も多いはず。定価200円。200円のうち、110円が雑誌購読者の収入になります。ビックイシューのIDカードをつけた販売者からのみお買い求め下さいとはこの表紙に書いてある文言。筆者は西新宿の住友三角ビルの近くで買いましたが、同じくこれは最新号ですかと買い求めていた30代の男性もいました。From the streets 今月のひとでは実際にホームレスの販売員を取り上げインタビューしたり、最近の話題の映画「ビフォア・サンセット」、ミュージシャン・カサビアンのスペシャルインタビュー記事を掲載したりして、30ページの雑誌にしては内容は良いかも。月二回、1日と15日に発刊。
もうひとつはリクルート社刊のオトコを刺激する情報マガジン、フリーペーパー『R 25』。地下鉄駅等ターミナル周辺においてある毎週木曜発行の若者向け雑誌ですが、いろんなランキングにエッセー、インタビュー記事、オトコ視点でコンビ二分析(因みに今週は食べやすいメロンパンとか新メニューの紹介)のコンビ二大学院の連載もの等々。48ページのこの雑誌は創刊当時はコマーシャルが右側、記事が左側に載せてあって、ちょっとコマーシャルが煩いかなと思いました。が、最新号では編集も、レイアウトも多少変わって来ているかな、切り口、斬新的かもね。編集の狙いはオトコ、25歳を超えて女性、年配の方も読んでいるから不思議。電車のなかとか見かけるからね。いいじゃん!!

« クロカル超人の季節の拾い物 | トップページ | 最近買い込んだ本 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« クロカル超人の季節の拾い物 | トップページ | 最近買い込んだ本 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31