« 超人の面白ラーメン紀行 6 横須賀市『たかさご家』 | トップページ | 珍しい北欧料理の店紹介 »

2005/02/05

超人の面白ラーメン紀行 7 東京都港区六本木『一蘭』  

ichiran_soupichiran六本木交差点から旧防衛庁へ2,3分歩くとビルの二階に九州・博多ラーメンで有名な『一蘭』があります。今回で二度目。今日は外国人も何人か入っているみたいで(英語が飛びかっていました!場所柄か)賑やか、ちょうど昼飯の時間帯で空席が二つ。30席で満杯ですが、独特のシステムで注文を受けます。また、隣通しは板で区切られ、まるで小さなボックスの中にいるみたい。(タバコサイズのこの店のパンフレットには、食べる時の顔が誰にも見られない半個席の席で、周りを一切気にせず、味だけに集中して食べれます。また、声を出さず替玉や追加注文ができると書かれています。その謎はチラッと写真のラーメンの前の赤っぽいところを見れば一目瞭然、そうブザーがあるんです)昼入っても夜どこかにいるイメージ。窓がないからかも知れませんね。秘伝のスープを使用した豚骨ベースで細麺ですが、辛さが何とも言えないかな。量は少なめ、トッピングは葱少々、でも美味。ラーメン一杯750円でした。

200502041353000.jpg一蘭去って一覧あり うむ(-.-)

« 超人の面白ラーメン紀行 6 横須賀市『たかさご家』 | トップページ | 珍しい北欧料理の店紹介 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 7 東京都港区六本木『一蘭』  :

« 超人の面白ラーメン紀行 6 横須賀市『たかさご家』 | トップページ | 珍しい北欧料理の店紹介 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31