« 超人の面白ラーメン紀行 9 東京都文京区大塚『札幌軒』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 11 東京都文京区本郷『破天』 »

2005/02/17

超人の面白ラーメン紀行 10 横浜市西区『札幌や』

sapporoya横浜駅西口相鉄ビル地下一階にある『札幌や』。ここは筆者が昔からこの辺に来たら必ず立ち寄る店だ。白味噌がベース、炒めたもやしが少々に比較的薄めのチャーシューが一切れ、それにネギ少々、でもスープは特別に大盛りしてもらって、これで味噌ラーメンの定価は700円。何とも言えない味です !! 高校生、サラリーマン、OL、主婦といろんな方が来ている。味噌、醤油、塩の三種類と玉子、ほうれん草、メンマ、バターなどトッピングのバリエーションがあるシンプルメニュー、客席は30席。いつ来てもよく入っている(曜日や時間帯にもよるが)。お薦めのラーメン店のひとつ。ラーメンの好みは人それぞれだが、バラエティーに富み、大分レヴェルアップしたラーメンとはいえ、ここまでラーメンが浸透したのはただ単にテレビの影響だけではないはず。今や世代間を越えて国民食になったのだ。たかがラーメンされどラーメンである。上海、台湾でも日本のラーメンが進出して評判を呼んでいる時代。そして、雑誌では夥しいほどのラーメンの記事が掲載され、ラーメン店を食べ歩いた本も出版されている。

"嗚呼、ラーメンよ、一体お前は何処へ行く!"
 
これで独断と偏見のラーメン紀行シリーズはひとまず終わりたい。第二弾はいわゆる『俺の空』とか『麺屋武蔵』といった進化系ラーメン店をリポートしてみたい。テレビチャンピオンの王者は、ラーメン店食べ歩きで何百万円も使ったと話していたが、そこまで行かなくとも出来る限り食べ歩いてみたい。今までにも麺類が好きなせいか(うどん、スパゲッティもよく食べる)大分食べていることは事実だがー。

200502171324000.jpg

追記。本日久し振りに食べた味噌バターラーメン、ちょっと塩辛った。味が落ちているのかも知れない。この辺に来たときには必ずと言っていいくらい寄って食べているが。あれこれ30年位食べているかな。(2006年11月1日 記)

追記2。今日の『札幌や』はなぜか混んでいたね。午後1時15分過ぎでも。注文捌きが大変だったみたい。(2008年3月13日)

追記3。久し振りに寄ろうとしたら、2回くらい回りをうろちょろしても『札幌や』が見当たらない。仕方なく近くの店員さんに尋ねたら、ジョイナスがリニューアルする前に撤退したとのこと。残念。贔屓にしていた店がまたひとつ消えてしまった。(2015年10月2日)


« 超人の面白ラーメン紀行 9 東京都文京区大塚『札幌軒』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 11 東京都文京区本郷『破天』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 10 横浜市西区『札幌や』:

« 超人の面白ラーメン紀行 9 東京都文京区大塚『札幌軒』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 11 東京都文京区本郷『破天』 »

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31