書評

超人の新刊紹介 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 8

この長い書評も終わりに近づいてきた。再読して思わぬ発見があった。本書の前半部分は比較的短い『新潟日報』の連載記事(西脇順三郎の軌跡を追う特派員報告風)に対して、後半部分が書き下ろしの詩と解説・評釈の、いわば、二部構成になっている。筆者は最後の章を読んで思わず最初の頁に戻り、「記念室の神話」を読み返してしまった。そこには元小千谷市立図書館長新野弘幸氏の西脇洋書保存の画期的な試みが記されていた。
ということで、循環型の読書が可能ということを発見したのだ。もちろん、後半部分から読むことも可能だ。大きな活字や豊富な写真もいい。難しい詩の本から開放されて気軽に読書の楽しみを教えてくれる。
著者の太田氏はあとがきで、「小千谷そば和田」や西脇順三郎記念室・偲ぶ会の事務局長の小見山昭氏のことを小千谷の風景に溶け込ましながら、「ロンドンと小千谷に身を置いたわれわれの眼と耳が、西脇の放つポエジーに操られながら一つの定点を見据えていたことに気づいていただければ幸福この上ない」と本書を結んでいる。上質なウィスキーと上品な日本酒を交互に味わった感じのする本である。西脇本の入門書としても最適な本。読者諸氏よ、ぜひ手にとって読んでほしい。
クロスカルチャー出版 2017年5月31日 刊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊紹介 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 7

太田氏は「山樝(さんざし)の実」、「まさかり」、「アポカリプス」、「えてるにたす」と「はしがき・幻影の人と女」を取り上げて繙く。そこには長年西脇詩に親しんできた太田氏ならではのやわらかい批評の眼があるように思われる。そのなかの「えてるにたす」から。

シムボルはさびしい
言葉はシムボルだ
言葉を使うと
脳髄がシムボル色になつて
永遠の方へ傾く
シムボルのない季節にもどろう
こわれたガラスのくもりで
考えなければならない
コンクリートのかけらの中で
秋のような女の顔をみつけ
なければならない季節へ
存在はみな反射のゆらめき
世界へ
寺院の鐘は水の中に鳴り
逆さの尖塔に
うぐいすが走り
ひつじぐさが花咲く
雲の野原が
静かに動いている


“シムボルはさびしい
言葉はシムボルだ”
西脇らしい言葉使いの二行だ !


太田氏は書いている。

西脇詩は難解であり、深い教養に象られた崇高な詩であるという評価は、実は西脇詩の全体像を把持した批評ではない。中略。西脇の何物も求めないという「空」で原初的な思考が、戦後の世界が目指したものとは大きく異なる方向性を持ったため、現代人の感性や理解のアンテナに触れなかったのである。

本書ではやや難解な部類に属する文章だ。理解が全くできないというわけではないが、執筆者の太田氏が言わんとしていることも分かるような気がする。それは時代の感性といったものだろうか。筆者が青年時代に親しんだ北欧文学研究者で詩人・作家・評論家の山室静は、西脇よりはるかに思想遍歴をした人だが、「無常観」を人一倍持っていた人だ。晩年は植物を愛でてその詩もあるくらい。

西脇の詩は読者にアタルクシア(魂の平安)をもたらすという(本文P.140)。また、同じ頁でこうも語る。太田氏も20代の頃深沢を徘徊しながら「人間存在の根本的なつまらなさ」(『超現実主義詩論』)を実感したというのだ。
太田氏は、最後に『旅人かへらず』の「はしがき・幻影の人と女」を引き合いに出しながら、西脇詩学の鉱脈として、またその中枢を形成する詩想の源泉として評釈を試みている。ここには「幻影の人」を定義しながら、著者太田氏の西脇詩に対する深い愛情があるように思われる。(続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊案内 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 6

さて、本題に戻ろう。第4章 西脇順三郎の詩の魅力をあじわうは、加藤氏と太田氏の西脇詩の代表作を例にとって解釈を試みた書き下ろしである。この章を再読して感じたことは、西脇詩を子細に読み解きかつ分かりやすく解説している点だ。有名な「雨」(註)ついての解釈では、戦後バージョンの「雨」に言及しつつ、改稿などという次元を超えて、あきらかに二つの異なる詩集と書き、歌人らしく戦後版『あんばるわりあ』の影響を受けた塚本邦雄の話に触れている(本文P.115)。同じく代表作「眼」についても戦前版と戦後版を比較し、一つひとつていねいに読み進み、解釈を施したあと、この詩を秀逸な出来映えと讃える。加藤氏の西脇詩に対する鑑賞力の鋭さ(冴えと切れ)があり、西脇詩の喩えに関しても独自の見解を持ち小気味いい。そして鑑賞は『近代の寓話』へ。「秋」Ⅰ、Ⅱ。

灌木について語りたいと思うが
キノコの生えた丸太に腰かけて
考えてる間に
麦の穂や薔薇や蕾を入れた
籠にはもう林檎や栗を入れなければならない。
生垣をめぐらす人々は自分の庭の中で
神酒を入れるヒョウタンを磨き始めた。

タイフーンの吹いている朝
近所の店に行って
あの黄色い外国製の鉛筆を買った
扇のように軽い鉛筆だ
あのやわらかい木
けずった木屑を燃やすと
バラモンのにおいがする
門をとじて思うのだ
明朝はもう秋だ

なるほど Ⅱ がいい。文房具にいろいろと刺激されている筆者としては堪らないが、“バラモンのにおいがする”には喩えが効きすぎる。そして、バラモンを講釈する加藤氏。「際立っている」と言うのも頷ける。
著者の加藤氏は『旅人かへらず』、『禮記』のなかから詩句を引用して、「幻影の人」、「遠いものの連結」や「無常観」を分かりやすく解説する。そして、土俗と近代との揺れのなかに、西脇の詩が存在したことを特記すべきと書く。(続く)

(註)戦前版の「雨」の詩と参考までにドナルド・キーンの英訳それに著作の中の西脇順三郎について。

南風は柔らかい女神をもたらした。
青銅をぬらした、噴水をぬらした、
ツバメの羽と黄金の毛をぬらした、
潮をぬらし、砂をぬらし、魚をぬらした。
静かに寺院と風呂場と劇場をぬらした、
この静かな柔い女神の行列が
私の舌をぬらした。

Rain

The south wind has brought soft godnesses.
They have wet the bronze, wet the fountain.
Wet the swallow's wings, wet the golden feathers
wet the tidewater , wet the sand, wet the fishes.
Gently, wet the temples, baths and theaters
The procession of gentle, soft godnesses
Has wet my tongue.

From DAWN TO THE WEST
Japanese Literature of the Modern Era
POETRY, DRAMA, CRITICISM
DONALD KEENE
HOLT, RINEHART AND WINSTON  1984  NEW YORK P.326

ドナルド・キーン氏の西脇順三郎について書いた文章は、2016年7月29日のこのコラムで読める
http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2016/07/post-dc66.html

「幻影の人」はドナルド・キーン訳では“phantom man”だ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊紹介 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 5

20170606101229_00001

閑話休題 2。もう一つの話題を。実は西脇順三郎を偲ぶ会主催の講演会があって、この日は詩人の白石かずこさんの詩の朗読と弟さんのサックス演奏があった。コラボというやつだ。題して遠い記憶、詩の旅、西脇順三郎の理解者を招いての講演会だったが(白石かずこさんは2回目)、86歳にもなる恐るべき大詩人の朗読を聴けるとは大変光栄、しかも、サックス演奏付きだ。西脇順三郎の詩に影響を受けた詩人として面白い話が聴けるとてっきり思っていた筆者は、ある意味で肩透かし(“カタルシス”ではない!)を喰った格好だ。西脇順三郎の話はほんの少しで、和紙の巻き紙の上に毛筆書きの詩を朗読するという、お馴染みのパフォーマンスが始まったのである。代表作「ハドソン川のそば」に英文を挿入したアレンジ版(?)ほか直近の詩まで。過去に何度か聴いていた筆者は、カラフルな衣装でパフォーミングする仕草はお見事と言うしかないが(所々マイクの調子がおかしかったのか彼女の声が途切れてしまったのはご愛嬌)、いつの間にかエキサイティングな魂の叫びに心を奪われてしまったから不思議。サックス奏者の弟さんが、「姉はいま、大変興奮しておりますー」と隣で言っていたのが印象的だった。世界中を駆け巡ってパフォーマンスを実演してきた自信がみなぎっていた。瞬間芸の極致、白石ワールドは枯れることを知らない詩芸だ。Thank you very much !
西脇順三郎も草むらの陰でにんまりしているに違いない。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊紹介 加藤孝男(東海学園大学教授 ) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 4

閑話休題。
ここで少し本題から離れて先週小千谷に行った話を書いてみたい。第1章の小見出しにあった「深地ケ岨(はば)」。執筆者の太田氏の文章から引用してみよう。

1496624028286.jpg

「深地ケ岨(はば)」は河岸段丘の町、小千谷のなかでも奇跡的に残った峻厳な崖であると共に、信濃川のささやかな川波が寄せる名勝の地でもある。そのような場所を西脇順三郎は詩集『Ambarvalia』(1933年)所収の「旅人」で、「汝は汝の村へ帰れ 郷里の崖を祝福せよ その裸の土は汝の夜明けだ あけびの実は汝の霊魂の如く 夏中ぶらさがつている」という詩行として見事に結晶させている。中略。現在、「深地ケ岨」の崖の真上には遊歩道が作られ、市民の散歩コースになっている。古くは船改めの番所が置かれ、鉄道敷設前の小千谷における中心的な交通手段であった水運の拠点として栄えた深地は、今、静かにその営みをたたえているかのようだ。

その「深地ケ岨」の真上に建つ西脇順三郎の碑の周りがつい最近整備されたと聞き、西脇順三郎を偲ぶ会の副会長で医師の中村さん(『西脇順三郎の風土 小千谷の詩を詠んだ数々』の著者。この本の筆者の書評を読むはこちら→crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2015/07/112-8602.html) の案内でその場所に行ってみた。以前見たより断然綺麗になっていて、碑といい、芝生といい、眺望まで見事である。小雨混じりの風景もまた、絵になるのだ。研究者や西脇文学愛好家にとってこの場所が魅力的なのも頷ける。元は個人の所有地で市に寄贈されて現在の整備された公園・遊歩道があると教えてくれたのは前述の中村さん。グレートリバービューは一見に値する。(続く)

1496624029253.jpg

【写真: 左上 西脇順三郎の碑 左下 綺麗に芝生が植えられた公園・遊歩道。筆者撮影】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊紹介 加藤孝男(東海学園大学教 授) 太田昌 孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 3

第3章 西脇順三郎の魂にふれる旅ー東京、小千谷を歩く旅人ーの章は、ほとんど太田氏の筆による小文だが、加藤氏のものも混ざる。若き詩人、宇田川町、再婚と朔太郎、鎌倉から小千谷へ、小千谷の民俗から影響、柳田国男との交友、欧州古代の研究、折口信夫と接点、「1月の京都」、三田を去る旅人、芭蕉への共感、故郷・小千谷、小千谷から未来の項で終わる。第1章から第3章まで計31の『新潟日報』の記事を再読して感じたことは、本にまとめたことで新たな発見があったことだろうか。日々を追う新聞と本の形でまとめたものを読むと、時間がゆったりと流れて、新聞連載時に見過ごした語句も感得でき、理解の度合いが深まるのが分かる。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊紹介 加藤孝男(東海学園大学教 授) 太田昌 孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 2

1496376407735.jpg

本書の構成は前半が『新潟日報』の記事で、太田氏の西脇順三郎の故郷小千谷を訪ねるところから始まる。第1章の小見出しを追ってみよう。記念室の神話、花を摘む少年、舟陵の学舎、「西脇本家」の蔵、深地ケはば、従兄・義一郎の日記で終わる。特に出だしの「記念室の神話」は印象深い。執筆者の太田氏は1年間小千谷に住んだ経験からこの手作り感たっぶりの「西脇順三郎記念室」を熟知していて、尚且つこよなく愛していることが短い文章から読み取ることができる。
第2章は、加藤氏執筆による英国留学時代の西脇順三郎の軌跡を追う旅。風のバラ、漱石から20年、人形の夢、ルイスの芸術論、Ambarvalia、緑の夜明け、カフェ・ロイヤル、西海岸の街 オーバン、凹型のパラダイス、鼈甲のような夏、病める時代、シュールレアリスムと英国を訪ねる旅、それは遥か昔大正10年代を彷彿させる心象風景でもある。筆者的には「鼈甲のような夏」に惹かれた。西脇が新婚旅行で2週間過ごしたセルシーの町を訪ねる小文だ。

「やがて/黄色い麦畑/その上にかすかに見える/コバルトの海/車前草(筆者註。読みはおほばこ)の路/風車のまはる田舎で/鼈甲のやうな夏を/過ごした」(『あむばるわりあ』

鼈甲のような夏とは特別な夏と加藤氏は書く。そして風車探しに。当時大分あった風車は今一つしかないと。それにしても「鼈甲のような夏」の喩えは尋常な人間にはなかなか思いつかない。しかし「鼈甲」という言葉の響き、エコーが焦げ茶色の艶々したイメージと相まって素敵。それが夏を形容していて、一瞬どんな夏だろうと思ってしまう。凡人には「鼈甲」の“鼈”の感じが書けるかのほうにむしろ気をとられてしまうのだが。
また、「シュールレアリスム」の項では、『日本のシュールレアリスム(超現実主義)』という本のなかで、澤正宏は、西脇順三郎の帰国と、その後の活動が、日本のシュールレアリスム受容の初期において「大きな事件」であったことに言及しつつ、西脇のシュールレアリスムの作詩法について語る。
西脇が繰り返し述べるのは、人間がもっている習慣化した意識を打ち破り、新たなヴィジョンを描くことであった。そのために、遠く離れたイメージを連結して、詩を作れと言ったことに着目している。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊紹介 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授)『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』

1496280868711.jpg

クロスカルチャー出版から西脇本が刊行された。
加藤孝男(歌人。東海学園大学教授) 太田昌孝(詩人。名古屋短期大学教授)共著『 詩人西脇順三郎 その生涯と作品』(A5判 並製 本体1800円)。ISBN978-4-908823-16-9

ノーベル文学賞候補に何度も挙がった詩人で英文学者の西脇順三郎の生涯と作品を分かりやすく読み解いた好著。『新潟日報』に1年半にわたって連載された記事(留学先のロンドンや郷里の小千谷を訪ねた交換・照応記事)をまとめ、新たに代表的な詩10篇を加えて分かりやすく解説。読みやすい大きな活字と豊富な写真はビジュアル的に詩人西脇順三郎の生涯と作品をさらに味わい深いものにしている。

今、西脇詩を読まずして現代詩は語れない!

目次
はじめに
第1章 西脇順三郎の魂にふれる旅―少年、青年時代の西脇(故郷・小千谷にて)―
第2章 西脇順三郎の魂にふれる旅―英国の留学時代の西脇―
第3章 西脇順三郎の魂にふれる旅―東京、小千谷を歩く旅人―
第4章 西脇順三郎の詩の魅力をあじわう
西脇順三郎 略年譜
あとがき

まず目を見張るのは表紙の青の鮮やかさが光っていることだ。留学時代の若き西脇青年の写真も映えるが、ロンドンのテムズ川の畔をイメージした風景と表紙の裏は、越後山脈を遠くに配し信濃川の流れる故郷小千谷をイメージした風景との対比で、本書の内容を見事にシンボライズしている。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白新刊紹介 永江雅和(専修大学教授)著『京王沿線の近現代史』

20170420143603_00001 20170420143603_00002_2

クロスカルチャー出版の4月の新刊紹介

アメージングな京王線の旅〈CPCシリーズ 6 〉
永江雅和(専修大学教授/日本経済史)著
京王沿線の近現代史
A5判・並製・約180頁
定価1800円+税
ISBN978-4-908823-15-2

第1章 京王沿線の歴史を知るためのキーワード  
第2章 副都心新宿の形成と京王線
第3章 玉川上水沿いを走る京王線―渋谷区旧代々幡村地域の事例 
第4章 近郊農村から高級住宅地へ―京王線と世田谷の風景
第5章 環状鉄道の夢の跡―帝都電鉄から井の頭線へ 
第6章「東洋のハリウッド」―京王線と調布市 
第7章 南下する玉南電鉄―府中市と京王線 
本文91頁第7章の扉の写真と図を見るはこちら

第8章 聖蹟とニュータウン―京王線と多摩市
第9章 稲田堤の桜と多摩丘陵の開発―相模原線と川崎市・稲城市
第10章 動物園がやってきた―日野市と京王線 
第11章 御陵線から高尾線へ―京王線と八王子 
あとがき 関連年表、参考文献付。
                         
鉄道敷設は地域に何をもたらしたのか。京王線の魅力を写真・図・絵葉書入りでわかりやすく解説。知られざる京王線の謎が明らかに。

読んだあとめちゃ車窓の景色がかわる!

第7章関連 : 「京王線の府中駅に関するエピソード」

東京・府中。古代武蔵野国の国府跡にある大國魂神社は「聖域」だ。緑豊かな境内とケヤキ並木の参道が、どれほど尊いかというと「建設当初の京王線は、参道の横断を控え、道の両側に駅を作り、乗客は乗り換えを強いられた」という話があるほどだ。確かに1925年から3年ほど、府中駅は二つあり、直通列車もなかった。
ところが、参道をはさんだ駅を示す写真は京王社内を含め一枚もない。「重い貨物まで参道をはさんで積み替えたとは思えない」。中略。当時の駅設計図や地番を示す資料が新たに見つかる。両駅は隣接し、レールは最初から参道をまたいでいた。建設時の京王線は府中をはさみ違う会社が運営し、線路の幅も違った。線路幅を統一し、直通運転できるまで、駅が分かれていただけだったのだ。中略。「線路の幅」ではなく「聖域」にこそ伝説は宿る。―2017年2月6日付毎日新聞夕刊【憂楽帳】「聖域と伝説」より

同じ著者の前作は〈CPCシリーズ 5〉

小田急沿線の近現代史
定価1800円+税
ISBN978-4-905388-53-8
好評みたい。

文化講演会も開催予定
クロスカルチャー出版主催
第11回 文化講演会
魅惑の鉄道物語ー小田急・京王線の近現代史(仮題)

講師は永江雅和氏(専修大学教授)
2017年7月15日 午後1時半~4時半
江戸東京博物館1階学習室
資料代1000円(学生 500円)

鉄ちゃんはもちろんのこと、どなたでも参加歓迎みたい(定員50名、先着順)。
詳細はクロスカルチャー出版文化講演会係(03-5577-6707/
email:crocul99@sound.ocn.ne.jp)へ照会されたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 126 『ちくま 』2016年11月号を読みながら

作家の橋本治が、『ちくま』11月号の巻頭エッセイ(なだいなだ氏のときはよく読んでいた)、遠い地平、低い視点の今回のテーマは祭りの継承。ずっと不思議に思っていたことがこのエッセイで氷解して、少しだけ快感を味わった。
それは30代の初めに仕事で兵庫県の山あいの書店―最寄りの駅から川沿いを歩いて20分ほどかかった―に訪問して若い書店主と喫茶店で話していた時に、がり版刷りの新聞を差し出され、若い書店主が祭りや神輿のことについて熱く語ってくれたことだった。筆者はさほど神輿には興味がなかったので、不思議な人もいるもんだなと感心した。決して上手いとは言えない手書きの、しかも所々薄くてはっきりしない、神輿のイラストが私製新聞の真ん中に掲載されていて、よくまあ、細かく書かれているね、と若い書店主の祭りや神輿の復活にかける情熱が半端じゃなかったことを今でもはっきりと覚えている。その当時は神輿を担いで祭りを行う行事が、作家の橋本治が書いているように廃れていたのだ。それこそ大きな祭りはあったと思うが、商店街などを練り歩く祭りはあまり見かけなかったように記憶している(小中学生の頃は田舎の神社で行われる秋祭りによく出かけたものだ。それこそ子どもにとっては楽しみだった―)。それがいつ頃、多分10年後くらいからか、徐々に商店街に神輿を担いだ祭りが復活したのは。商店街での神輿を春(元来の意味は豊作祈願)、夏(元来の意味は病気よけ)、秋(元来の意味は収穫祭)、冬(元来の意味は豊作感謝)の季節に以前より見かけるようになって(テレビでの祭りの露出度も増した)、あの時兵庫県の書店主の語っていたことが現実味を帯びた。いやー、彼の情熱が伝わったのか予測が当たって驚いたものだ。が、一方で、祭りの宗教的な意味合いは薄れて、代わりにイベント性が出現した。日本社会が何か変わり始めた時期だったかも知れない。作家の橋本治が住宅街の祭りの様子を彼なりの視点で面白可笑しく活写しているが、筆者が住んでいる地域の小さな夏祭りも似たようなものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧