書評

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 4

神保町の新刊書店、古書店、版元それに取次店4者の座談会の中である古書店主の話が面白く印象的だ。

酒井 小学生のときからランドセルしょって口笛吹きながら通っている生意気な子どもがいたけどね。何十年も前に何千円も買っていったのでびっくりしました。今はかなりの個人コレクターになりましたけどね。ある銀行の担当者も、彼はまだ30歳前だけど、小学生の頃から神保町に通っていたとかで、神保町の支店に転勤になって嬉しいとしょっちゅう歩いていますよ。有名な大名の末裔です。そういう人もいるんです。

他にも神保町を舞台した朝ドラを制作したらなど現場からの声に耳を傾けたくなるような話が満載、しかも手軽に読める。必ずしも安泰としてはいられない神保町本屋事情も解って、本好きな人あるいは予備軍さんよ、ネットばかりに頼るのではなくもっと書を探しに神保町を闊歩したらいい。鹿島茂の『神保町書肆街考』はそういう人たちにとって確かに応援歌になり得る一冊である。神保町もだんだんと違った業種に侵食されつつあるが、そこは雑多な文化の香りも良しとし共存共栄を図って生き延びてほしいものだ。

下記は本文から明治期の三省堂書店と大正2年の一誠堂の写真。何とも風情があるではないか。当時の書店さんの様子が手に取るようにわかる。家屋にもその時代の特色が出ていて面白い。

20171214185718_00001 20171214185745_00001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 3

神保町も来年1月から「神田神保町」と神田が付く地名に変わる。二文字増えていろいろと大変なことも。住所表記を直さないといけないからだ。それはともかく神保町は神保某の地名に由来するが、鹿島茂氏が描き出した界隈は、古本の街の歴史だがそれより何より大学街としての神保町を浮かび上がらせたことだ。社史や大学史それに区史などを駆使して幕末からの神保町の変遷を辿っている。博識な著者の面目躍如といったところ。池上彰ではないが、ああ、そうだったのか、神保町さん、といったところが随所に出てきて興味が尽きずまた、教えられることもしばしば。トレビアの噴出である。
さて、小冊子から筆者の目に留まった箇所を抜き出してみたい。

鹿島 明治42年からある(筆者注: 主語はランチョン)。1972年、3年にランチョンが火事になった時に、僕の友人がその前を通るとビールを持って逃げ出してきた吉田健一に遭遇したそうです(笑)。

森 中央大学の先生でしょう。テストの採点をランチョンの人にやらせて自分はビールを飲んでいたとか(笑)。その話を書いて見せに行ったら、そこだけは書かないでくれと言われたことがありました。

吉田健一は文芸評論家、英文学者、作家でエッセイスト。あのぎょろっとした眼と目立つ鼻、それでいて英国紳士を地で行くような独特な風貌が懐かしい。旧字体で句読点の取り方がユニークな、くねくねした文章を書いた。当時筆者は『ヨオロッパの世紀末』のタイトルの“ヨオロッパ”の表記に不思議な匂いを感じたものだ。

鹿島 (中略)なぜ私立大学ができたかと言うと、東大が明治初年に外国語教育を英語だけに統一する方針を打ち出したからです。フランスやドイツで学んだ人たちの行き場がなくなってしまった。それでフランス留学組が明治大学、ドイツ留学組が日本大学の前身の法律学校を自分たちで作った。一方、英米のロースクールに留学した人たちは、官史養成の東大の法学部とは異なる弁護士養成のためにイギリス留学組が中央大学、アメリカ留学組が専修大学を作った。東大の英語統一が色々なところで余波を与えている。

森 どうして英語に統一したんでしたっけ?

鹿島 それは英独仏の3ヵ国語の授業があれば教師をたくさん雇わなくてはならないから。一人にたくさん授業をやらせる大学経営の簡略化です。これで日本の文化も随分変わったでしょうね。私立大学ができたから良いけれども。

ここには日本の大学の黎明期の話が手短に示されている。大学の成り立ちとつながりが解って面白い。いま大学では英語による授業が盛んになってきているが、その他のドイツ語やフランス語の衰退が叫ばれて久しい。その代わりに中国語の台頭が著しい。ヨーロッパの魅力が薄れているということか。インターネットの急速な普及が英語の世界的な制覇に拍車をかけた格好だ。多様な言語の活用がもっとあってもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 2

鹿島茂の『神田神保町書肆街考』は、『ちくま』連載時には読むのが楽しみなページで毎月ほとんど欠かさず読んでいた。その連載に多少加筆して分厚い一冊の本が出来た。目次は下記の通り。



1 神保町という地名
神保町の地理感覚 8

2 蕃書調所の設立
昌平黌と2つの官立大学 15
護持院ヶ原はどこにあったか 20
蕃書調所から洋書調所、そして開成所へ 27

3 東京大学の誕生
高等教育の始まり 34
まず外国語学校から 41
『高橋是清自伝』を読む 48
東京大学誕生の背景 54

4 『当世書生気質』に描かれた神保町
花街と丸善 62
淡路町の牛鍋屋 69
書生たちの懐事情 76



5 明治10年前後の古書店
古書店街を作った条例 84
有斐閣 90
三省堂書店 97
冨山房 104
東京堂書店 111
東京堂の取次進出 118
中西屋書店の記憶 125
中西屋のウィリアム・ブレーク 131

6 明治20年代の神保町
白樺派と東条書店 138
ピカロ・高山清太郎 145
セドリ事始め 152
『紙魚の昔がたり 明治大正篇』 158



7 神田の私立大学
明治大学 168
中央大学 175
専修大学 181
日本大学 188
法政大学 196
東京外国語学校と東京商業学校 203
共立女子職業学校の誕生 210

8 漱石と神田
成立学舎の漱石 219
坊っちゃんの東京物理学校 227

9 神田の予備校・専門学校
駿台予備校 236
百科学校・東京顕微鏡院・遊輪倶楽部自転車練習場・
東京政治学校・済生学舎 244



10 神田神保町というトポス
神保町の大火と岩波書店 254
神田の市街電車 262

11 中華街としての神田神保町
幻のチャイナタウン 271
松本亀次郎の東亜学校 279
中国共産党揺籃の地 286
古書店街は中華料理店街 293

12 フレンチ・クォーター
2つの三才社に集まった人々 309
仏英和高等女学校 317
ジョゼフ・ コット氏とアテネ・フランセ 324

13 お茶の水のニコライ堂
異様な建物 324



14 古書肆街の形成
大火以前以後 344
関東大震災の古書バブル 354
セリ市での修業 360
一誠堂の古本教育 368
九条家本購入始末 375
『玉屑』と反町茂雄 382
200軒の古本屋が並ぶ街 389
デパートで古書を売る 397
巌松堂から巌南堂へ 404
古書の街に救われた命 413

15 神田と映画館
三崎三座 421
神田パノラマ館・新声館・錦輝館・東洋キネマ…… 428
シネマパレスと銀映座 436
その後の東洋キネマ 443

16 神保町の地霊
駿河台のお屋敷町 453



17 戦後の神田神保町
『植草甚一日記』 466
空前絶後の古典籍の大移動 474
記録の人・八木敏夫 483
折口信夫と『遠野物語』の出会い 491

18 昭和40~50年代というターニングポイント
中央大学の移転とスキー用品店の進出 501
鈴木書店盛衰史 510
一ツ橋グループ今昔 518
現代詩の揺籃期 527
古書マンガブームの到来 540
サブカル・オタク化する神保町 547

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考

_20171030_212640_2

台風が過ぎ去った日の朝は秋晴れそのもので清々しい。このところ週末に二度も台風が日本列島を襲ったから尚更だ。
神保町古本祭りは10月27日~11月3日まで開催中だが、前半3日は雨にやられた格好だ。どうやら今週は木曜日頃までは天気はもつようだ。関係者は天気に負けず一踏ん張りしてほしい。
さて、東京古書会館で見つけた小冊子『神保町が好きだ!』最新号は、かつて筑摩書房PR誌『ちくま』に4年にわたって連載された『神田神保町書肆街考』を特集している。対談や座談会形式でわずか34ページだが内容は面白くかつ刺激的だ。鹿島茂、逢坂剛、森まゆみ、飯澤文夫、江草貞治、亀井崇雄、酒井健彦、八木壮一のそれぞれの分野の本に関するオーソリティーが登場している。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 8

さて、そろそろノーベル賞が発表される時期だが、日本のノーベル賞受賞の科学者が異口同音に話しているのは、このまま行けば日本はノーベル賞受賞者ゼロがずっと続くと嘆いている。なぜなら、科学の基礎研究にかける研究費があまりにも少なすぎるからだそうだ。一方、防衛費や防衛省の科研費がハネ上がっている現状をどうみるか。教育や研究にもっともっと予算を投入すべきだ。また、新自由主義の副産物で格差が広がり、経済的理由でまともに大学に行けない人も増えている。こちらも小手先だけではない手厚い救済制度が必要だろう。でないとアメリカみたいに大学は卒業したはいいが、奨学金返済で苦しむ羽目に陥ってしまいかねない。
本書の主眼は、様変わりしている大学の姿を追って、これから大学生になる人たちに確かなナビを提供することである。今大学は国公私立と問わず生き延びるのに必死だ。だからこそユニークな学部や学科が出来つつあるが、その中には理解に苦しむものも散見される。キーワードは“共創”とか。この際大学とはどんなところか再考してみてはどうだろう。専門学校に益々近づいた格好のような気が筆者にはするがー。それと統轄する文科省にも制度設計などに問題がある。アメとムチの使い分けが容赦ない。大学は企業と性格が違う。すべて目に見える成果主義で良いのか、要は質のいい人材育成と社会貢献ができる高水準の学問だろうか。そのためには時間がかかる。目先を追うだけではなく、長い地道な道程が必要だろう。グローバル、グローバル、いや、グローカリズム、英語がすべてではないので品のある母国語もしっかり大学で身につけてほしいものだ。仕事柄日本の大学を長らく訪ねた者の一人として、大学は強かに生き延びてほしい。
これでこの著者のものは『危ない私立大学 残る私立大学』に続き2冊目、手軽な新書版で読みやすかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 7

以上が小見出しであぶり出したすべて。著者は「あとがき」で大学情報関係雑誌に長年籍を置いた立場から大学の生き残りのヒントを提案しているが、やはり地方の大学の活性化がポイントのようだ。何せ来年から本格的な少子化の波がどっと押し寄せれば、どこかにしわ寄せが来るのは目に見えている。すでに潰れている私立大学が出ておりまた、有名女子私立短大も募集停止を打ち出している。国立大学は予算減、役割分担、改編に晒され、地方私大の公立化現象も起こるなど大学を取り巻く環境がまさに激変しているのだ。こうなると負の連鎖が起こるかも知れない。そういった時代状況の中で、必死に取り組んでいる大学の姿が浮かび上がってくる。これは著者の長年の取材の賜物だろう。それに説得力を持たせているのが最新データだ。これは門外漢の筆者にも大いに参考になる。そもそも18才人口が減少しているのに拘わらず、大学数は増加していること自体が変で、定員割れを起こすのも無理ないこと。外国からの留学生を積極的に受け入れているが国との関係が良くないと留学生数も減少する。アジア、特に中国や韓国を例に取れば一目瞭然、現に関西の中堅大学では留学生が激変したそうだ。しかし、筆者は大学の未来について悲観論を呈しているのではなく、高等教育機関の説得力のある交通整理が必要だと言っているのだ。戦前の教育の反省から戦後すぐGHQの要請で当時のいろいろな立場の知識人たちが教育改革について幅広い議論を行い、それが戦後教育の根幹をなしている。6・3・3制の導入をはじめ高等教育機関にも及んだ大改革である。それから70年以上が経ち社会とのミスマッチが目立ち制度疲労が露呈している。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 6

【第5章】高偏差値の一橋大がなぜ低評価なのか(文科省の再ミッション・3つの枠組み: 1.世界最高水準の教育研究 2.特定分野での世界的な教育研究 3.地域活性化の中核) 「世界最高水準の教育研究」とはどのように測るのか アメリカは大リーグ型、日本は甲子園型(大リーグ型→大リーグ的な金銭によるスカウト合戦 甲子園型→チームトレーニングで甲子園を目指す) 東京大学と経団連の「蜜月すぎる関係」が始まった 旧帝大系も地元の地域社会で足場を築かなければならない (東北大学経済学部の3年編入試験で神田外語学院から例年1~2名の合格者を出している!) 真価を発揮した名古屋と京都、追う大阪、九州 広島、金沢、千葉など利用有力大学の改革が意図するもの 入試の多様化は人材の多様化につながるのか

【第6章】64%の国立大がなぜ「地域活性化の中核」を選んだのか 教育系の国立単科大の軽視は文系軽視論と同じ文脈 強力に進めるべきCOC+プロジェクト(COC=地、知の拠点整備事業) ユニークな国立大学新学部が続々登場 地域科学では先駆者の岐阜大学(筆者は岐阜大学を訪ねたときに、旧教養学部を改編して新しい名称の書かれた看板の前で少し立ち止まって考えたものだ。地域科学部とはどういう学部かと。そうだったのか、アメリカの大学に肖っていたー) 学内改革と他大学との連携で古い殻を破る すべての国立大学が懸念する若手教員層の先細り

【第7章】共学化して成功した武蔵野大学 女子の選択ー第3の働き方 女子高校生の職業意識も変わりつつある 女子大志願者数トップの日本女子大学はスケールメリットを狙う 武庫川女子大学は、女子高生のニーズに敏感 津田塾大学は総合職キャリアに的を絞る 昭和女子大学は、お嬢様学校から即戦力育成へ 関西の女子大学は安定した強みを発揮 相模女子大学のユニークな地域貢献活動 福岡女子大学は、国際性で女子大ランキング2位 資格で勝負する女子栄養大学の強み 資格取得だけにこだわらないキャリアも育てる (続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 5

【第3章】強気の定員増を申請した東の明治大学と西の近畿大 1990年代とは様変わりの各大学の姿勢 医学部の有無が左右する科研費 「成成明國武」は人気急上昇中 中堅私立大学地方キャンパスの存在意義 苫小牧駒沢大学の「身売り」に見る地方系列大学の悲哀 一躍注目された京都産業大学の「幻の獣医学部」 警察官や消防官が多い中堅私立大の就職状況

【第4章】 自治体お抱えの地方私立大学が大量出現 地方私立大の「逃げ恥」作戦 公私協力方式の私立大でも公立化に挑戦 公立化は良いことばかりではない 公立大学のDNAは地域貢献 地域活性化にパワーを発揮している地方私立大   (続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 4

本書は「大学大倒産時代」の実態を明かし、大学の未来を探る目的で書かれた大学“入口”ナビ本。大学の現状をデータ(図表は大小24)を駆使して大学最新情報を伝えている。筆者的には先に目次を拾ったので、あとは小見出しを追えば大体のあらましが分かる。
【はじめに】大学大倒産時代は目前に迫っている

【序章】文系主体の私大がまず危機に陥る 大学倒産は政府の展望なき政策が引き起こす(〈図表3〉大学数の変化によれば、2016年現在国立大学86校、公立大学91校、私立大学600校の計777校)
軍事研究に手を出す工学系研究者 天下り問題に見る、文科省と国立大学の危うい関係 私立大学は生き残るのために天下りを積極利用

【第1章】大学が消滅すれば地方も沈没 東京以外の大学の40%が定員割れで大学倒産も続出か 関西の産近甲龍の科研費伸び率が目立つ 特別補助の多い私立大に注目 定員超過を定員増申請によって解消 国立大学にもある定員超過 定員割れを定員減で逃げるのは一時しのぎ 中退率2%のライン 専任教員の割合が少ない大学は心配だ 一般入試の比率が低いと、2020年入試改革に直撃される 倒産の大波は全大学に及ぶ

【第2章】東京の15私立大学だけで私大総志願者の3割近くを占める 慶応上智は受験生の質を重視か 合格者数上位の高校名でわかる大学学部別受験生事情 「大学ランキング」に見る大学の強みと弱み 科研費と司法試験実績は? 就職率はどうか? 早慶文系は10年前よりも学費ダウン(〈図表12〉主要私立大学の初年度納付金・最新年度の例によれば、早稲田大社会科学部118万円、国際教養学部159万円、慶応大総合政策学部154万円、看護医療学部181万円、上智大理工学部175万円、外国語学部126万円、明治大法学部129万円、農学部162万円、中央大総合政策学部155万円、法政大法学部126万円、関西大総合情報学部150万円、同志社大経済学部119万円、立命館大生命科学部172万円) 大学こそ人間形成の原点 関西圏の勢力図は? (続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 3

少子化や国立大学運営費交付金削減をもろに受けている国立大学、特に教育学部の改編劇が、2年前の“通達”からさらに加速しているという記事を毎日新聞が一昨日書いていたばかりで、今度は今年の司法試験合格者が発表され上位ランキングが示されていた。面白いことに司法試験合格者は法科大学院出身者ではなく、「予備試験」の通過者が圧倒的に多かったことだ。そして、法科大学院を巡っては、廃止や募集停止が相次いでいるという。立教大や青山学院大などは来年度から募集停止すると発表、法科大学院の凋落は政府の制度設計の甘さを如実に示しているようだ。法科大学院志願者が2004年には84,000人であったのに対し、13年後の今年度は8,159人まで激減している(2017年9月13日付『毎日新聞』朝刊)驚きである。高額の授業料を払って不合格ではやりきれないはずだ。またしても考えてしまう高等教育機関の問題。 本題の書評に戻ろう。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧