グルメ・ラーメン

超人の面白ラーメン紀行 232 JR 水道橋駅『麺や すする水道橋店』

Img_0683

JR水道橋駅東口ガード下にオープンしたラーメン店『麺や すする』(因みに「すする」の英語はslurp で音をたててすするの意。欧米ではsipの音をたてないですするという言葉が一般的。スープを音をたててすすることはマナー違反とされている。食文化の違いがー。ところが、アーバンラーメンがニューヨークに進出して日本のラーメンの食べ方を店に表示した、その中心概念はslurpだった!)たまたま仕事でこの辺を通りかかった時に見つけた店で、店の名前に“すする”をネーミングするほど麺とスープにこだわった、新感覚系つけ麺専門店だ。去年設立され本店が学芸大学前にあるらしい。
つけ麺(880円)を頼んだ。供されたつけ麺は美的センスのあるレイアウトのトレーに濃厚魚介系スープ、中太ストレート麺、チャーシュー、薬味のネギ。カウンターにはつけ麺をすすって食べる効果的な指南書も置かれていて、柚子酢やラー油などを加えることで味の変化を楽しむことができるのだ。一啜り、二啜りしてつける麺とその後の食感を味わった。濃厚スープにもちもちした麺が絡み美味。啜る音もまたいい。チャーシューは多少歯応えがあった。実はこのチャーシューは、店のホームページによれば、一度スープに30秒ほどつけてから食べると柔らかて美味しく食べられるらしい。
店内はカウンター席とボックス席併せて17席、土曜日の昼の時間帯で店は混んでいた。まだ開店して1ヶ月半、不慣れなところが目立った。
『麺や すする水道橋店』1.スープ★★☆2.麺★★☆3.トッピング★★4.雰囲気★☆5.価格★☆

追記 今度はラーメン(850円)に挑戦したが、味は良いのにスープが濃厚過ぎた!塩辛い。思わずテーブルにあった魔法瓶のスープ割をひねりの効いたどんぶり(残念ながら下の写真ではうねったところが隠れていて見えない)に注いだのだ。咄嗟の調合である。麺もやや硬めでもちもち感がイマイチ、チャーシューは硬めの豚バラ、スープの量も少なめ、つけ麺とは二味も違っていたか。

1498565310487.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 2

1492955368954.jpg

風情のある酒やでちょい飲み後、陶器やなどを3、4軒覗いて谷中銀座商店街を抜けたところにある拉麺やに入った。家族連れのあとに待つこと20分、塩味が得意の店だがあえて醤油味に挑戦。11席の小さな店内に外国人が4人も。最近はSNSなどの発達で書き込みが世界中に拡散されて海外の旅行者も気軽に入ってくる時代である。路地裏やディープな場所まで入り込んでは日本的なものに直に触れている感じだ。
さて、大山鶏使用の醤油味の拉麺だが、少し塩辛いしコクがイマイチだ。中細麺もネチネチ。ミニ餃子も頼んだが、こちらも形状は良いけど具が生っぽい。辛うじてチャーシューが多少やわらかくて良かった程度で、残念ながら及第点は付けられない。塩味をセレクトすれば良かったと悔やんだ。店の雰囲気も男性3人がそれなりに仕事をこなしている感じで、筆者的には悪くはないが少しのんびりした様子に見受けられた。店主は目黒の拉麺やで修行し、6年前に独立したらしい。

『ひだまり』1.スープ★☆2.麺★☆3.トッピング★☆4.接客・雰囲気☆5.価格★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 231 町田『胡心房』再訪

1490878328790.jpg

仕事で町田に来たついでに昼飯にと再訪したのが『胡心房』。久し振りに入った感想はともかく接客力抜群。普通ラーメン店は接客にイマイチの店が多い中ここは違った。前に入ったよりテキパキしている感じだ。外国人の脇に座ろうと思って座りかけたらこちらへお願いしますと奥のテーブル席に案内された。女性店員曰く、あそこの椅子は少し高く壊れていますと。外国人にラーメンの感想を尋ねたかったが・・・。
定番のラーメンを頼んだ(700円)。豚骨魚介系でトッピングに柔らかチャーシューやレタスなどがのっているのが特徴。味は良いが好みかも。カウンターで食べていた中年男性は旨い、旨いと連呼して帰っていった。それだけではない、その後の青年も旨いと呟き帰って行ったのだ。豚骨魚介系が好みの人には堪らないのかも。筆者的にはもう少しすっきりしたスープがほしい・・・。

花冷えのラーメンにレタス笑み全開

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 230 即席ラーメン『利尻昆布ラーメン』

1490413640459.jpg

旨いと評判の利尻漁業協同組合のとろろ昆布入『利尻昆布ラーメン』(塩味、238円)を有楽町駅近くの「北海道どさんこプラザ」でゲット。最初は夜食で袋の裏に書かれたシンプルな調理法で、2度目は昼飯に家にあった野菜(タマネギ、ネギ、ピーマン、海苔)少々を茹で玉子をトッピングして、そして3度目の具にはモヤシ、ネギ、玉ネギ、ピーマンそれにウィンナーを炒め、茹で玉子を添えて完食。利尻昆布を練り込んだ麺それにとろろ昆布を混ぜたスープ、さすが利尻の昆布だけあって潮の香りが醸し出すなか、アッサリした塩味がほどよい。即席麺とは思わぬ逸品。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 221 神田須田町『Ginza Noodles むぎとオリーブ Clam Ramen』マーチエキュート神田万世橋店

1489835515112_3

フレンチ出身の人がチャレンジした、ヨーロッパの香り漂う何ともユニークなラーメン店が銀座にあって、「ぶらり途中下車の旅」でも紹介された。進化系(?)ラーメンの『Ginza noodles むぎとオリーブ Clam Ramen』だ。その店を訪ねてみようと機会を伺っていたが、偶然にもコンビニでこの店のカップラーメン(へぇ、発売されてんだ!)をゲットして、本末転倒や、と思いつつ神田須田町の煉瓦造りを活かしたルネサンス・ 万世橋マーチエキュートの一角を訪れたのが今日!狭い食空間ながらなかなかオシャレ。「ミシュラン」に3年連続選ばれた店らしく、ニューウェブラーメン系のキング、いや、クイーンかー。
初めて入った店では普通はその店の定番ものを注文するのだが、定番の「鶏そば」(880円)にはこの店の売りの蛤がないので、一度注文した「鶏そば」を取り消して「鶏・煮干・蛤トリプルそば」に。いや、「ぶらり旅」で旅人のタレント(?)が蛤の味に大分興味をそそられたみたいだったので、その残像が残っていたのだ。5、6分経って注文のラーメンがテーブルに運ばれてきた。店の男性が「左側にむね肉、ひねってあるのがナルト、白い細長いものはメンマではなく山芋、蛤は右側に。普通のラーメンのイメージとはかなり違います」と一応説明。親切である。さて、例によってスープを一啜りしてみた感想は、埼玉、群馬、香川3県の老舗メーカーの醤油(メニューから)をブレンドそれに大山鶏がらと魚介をミックスしたスープには透明感があり、コクがあってマイルド、独特な舌触りだ。これって、どこかの味に似ていやしないかと思い出していたら、中華そばの『藤本』の味に似ていた。
和洋折衷だ。美味。麺は細麺ストレート、トッピングはなかな華やか。チャーシューではなく鶏のむね肉(低温調理で歯ごたえが少々)、メンマと違った感触を味わえる山芋、海苔、水菜、一味添えた蛤と役者がフレンチ風に衣替えした感じだ。完食。トレビアン!昼時の午後2時過ぎ、カウンター7席、テーブル席8席、テラス席もあって、店内に6人、テラス席にはアジアからの観光客が6名くらいはいたか。店は男性2人と女性が2人。雰囲気もまあまあ。この店のほかに銀座本店、さいたま新都心店、日本橋店の4店舗あり。
フレンチ系ラーメンと言えば、“道頓堀神座(かむむら)”で有名な神座チェーンだが、今や関西圏だけではなく、関東圏にも進出していて渋谷や横浜にも店舗がある。現在37店舗展開中。筆者は道頓堀、大阪、渋谷の店で食べた。コンソメスープと野菜が豊富なのが特徴だ。

住所 : 東京都千代田区神田須田町1-25-4 マーチエキュート神田万世橋1階
電話 : 03-3258-3131 営業時間 : [月~土]11:00~22:00 [日・祝]11:00~20:00 定休日 : なし

神田須田町『Ginza noodles むぎとオリーブ Clam Ramen』マーチエキュート神田万世橋店
1.スープ★★★2.麺★★☆3.トッピング★★☆4.接客・雰囲気★★5.価格★☆

_20170317_225224_11 Dsc_0060

食べ蛤(がい)はスープに仏味トレビアン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 220 六本木 『アオリの神隠し 総本店』

Img_0642_4

Img_0643_3

久しり振りに六本木ミッドタウン周辺を歩いた。国立新美術館で『ミュシャ展』を観に行った帰りに立ち寄った店がラーメン店『アオリの神隠し総本店』。飯田橋駅近くのラーメン店『たかはし』で3時間半前に食べ、美術鑑賞後にまたラーメンである。こんなことは初めてだ。美術館に行く前にこの店を通りかかったら人集りができていたので興味津々、どんな店かと思わず呟いたのだ。で、帰り道この店の前 でお子さん連れの若い女性に「この店は何系?」と訊ねたら「トンコツかな、美味しいですよ」と教えてくれたのでついつられて入ってしまったのだ。想定外の出来事だ。『一蘭』似の仕切りのある食空間で好みも選べる。筆者は中辛を選択したけど、辛くて咳き込むこと咳き込むこと、肝心の味がぼけてしまったほど。演出たっぷりの暗い店内を元気に応対していたのは若い女性。聞けば店は一ヶ月前にオープンしたばかりらしい。
頼んだアオリラーメン(980円)はトンコツ系。麺は極細麺ストレート系、味は豚骨マイルド(クセがなく結構イケる)、トッピングは柔らかチャーシュー、海苔、メンマ、玉子、刻みネギ少々のシンプルデザインで、どんぶりの色合いが何とも廓的な空間を醸し出し、黒と深紅っぽい色でエロい。10席以上ある仕切られたカウンターではなぜか子どもたちがはしゃいでいた。若いラーメン好きのママたちが連れてきているのだ。それにしてもここから3、4軒先には昔夜遅く〆に立ち寄ったラーメン店(筆者の記憶が正しいければ)が風化したまま置き去りにしてある。確か目印は墨で書かれた屋号が入った提灯。昔の栄華今何処ー。

六本木『アオリの神隠し 総本店』1.スープ★★★2.★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★★☆5.価格★☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 219 横浜・伊勢佐木町『玉泉亭』

1488502349620_2

サンマー麺の発祥地の一つとして知られている『玉泉亭』。この近くにある映画館に行ったついでにぶらついていたらこの店があるのに気づいた次第。実はラーメンを食べようと家系ラーメンを探していたのだ。店を見つけ出したがさて、今度はどちらに入ろうかと迷ってしまった。この辺は滅多に来ないのでサンマの乗っているラーメン(笑)にしようと『玉泉亭』に入ってサンマー麺(600円)を食べた。誰かが長崎チャンポンみたいと書いていたが、確かに野菜たっぷりのシンプルな醤油味であんかけが絶妙。“身体にやさしい栄養たっぷりのラーメン”とは店のお品書きに添えてあった。午後の3時、中華料理店内はがらがらで男性客一人に母子二人連れのみ。レジ付近には朝ドラ「まれ」でだらしない父親役を演じて好評(?)だった大泉洋の写真やタレントの色紙が。2、3年前に入ったポルタ店の方がここより客は入っていた。場所柄か?いやいや、デイープなエリアにはラーメン店が似合っているのかやたらにラーメン店の看板が多い。激戦区かも。夜のお仕事帰りに一杯か―。急いで付け加えればサンマー麺のサンマーとは中国語で生馬と書き、「生」→しゃきしゃきとした、「馬」→上にのせると意味だそうだ。


横浜・伊勢佐木町『玉泉亭』1.スープ★☆2.麺★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気☆5.価格★★★

1488544693660.jpg

↑新家系ラーメンのチェーン店。店の前を通ったら10席位のカウンター席は満杯。

1488599189983

→音楽演奏などに使われる多目的ホール『クロスストリート』。名付け親は歌手のゆず。『玉泉亭』の前にあるモダンな建築だ。右端に『玉泉亭』の“亭”の看板が見える―。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 218 恵比寿駅『AFURI 』

Image_2

今回で恵比寿駅近くのラーメン店『AFURI』の訪問は二度目。相変わらずの人気店で店内はアメリカから来た男女や若い女性もいて、20席のカウンターは満席。一つ隣のアメリカ人の女性は、たっぷりの麺を箸でつかみ、するすると音を立てて食べていた。食べっぷりは豪快で楽しげ。阿夫利神社の水が売りのこの店はご利益たっぷり?細麺系は少し粉っぽく感じたが。しかし、淡麗系は健在だった。
【写真に一言。胡椒をかける前に撮影するはずが後に(笑)】

麺啜る音楽しげなアメリカン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 217 鎌倉『一閑人』

Image

Image_2

江ノ電和田塚駅徒歩3分のところにあるオシャレなラーメン店『一閑人』。今年の夏に芸能界のラーメン通で知られるタレントの勝俣氏がテレビの散歩の番組で訪ねたところ。 鎌倉野菜とアジアンテイストのオシャレな新感覚のラーメン店だと紹介していて、鎌倉に来たら寄ってみようと考えていたのだ。ラーメンでは藤沢や戸塚より出遅れた感じのする鎌倉だが、最近ぼちぼち新しいのが出来始めている。実はこの近くにもう一軒『HANABI』(あっさり系のラーメンとか)という店もあって迷ったのだ(和田塚駅近辺のコーヒー店主に訊いたのだが。実はその3時間前鎌倉文学館に行く途中で見かけていたのだ!)。
ラーメンのスープはドロドロ系の濃厚とんこつ、一啜りして最後に甘味が多少残ったが味は悪くない。麺は即席麺の明星チャルメラを想起させるちぢれ麺でスープと絡み具合がいい。トッピングのチャーシューはやわらか、メンマにレタスそれに海苔、ネギはない。ラーメンにレタスが入るとヘルシーに感じられるから不思議。2つ隣のカップルは鎌倉野菜が盛りたくさんのつけ麺を食べていた。カウンター7席、テープル8席、迷ってしまい(よく見かけるラーメン店の看板ではなかったからか?)昼の部の3時半には間に合わず、夜の部開店の6時に再訪して試食。2、30分後店内はほぼ満席で家族連れは待ちの状態。辛系、野菜系、豆乳系と女性受けするメニューが豊富だ。ドリンクももいろいろ。アジアンテイストに関するチラシも掲示されていた。レイアウトと中間色の色調もいい。そうそう、書き忘れるところだった、ラーメンのどんぶりの右手にも小さなアクセントがー。惜しいかな、もう少し愛想があっても良さそうな店。
鎌倉『一閑人』1.スープ★★2.麺★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★5.価格★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 216 池袋『GAGANA』池袋店

Tmp_1477198605007

『麺屋ごとう』の跡地に2年前の夏にオープンした『GAGANA』。黒毛和牛炙りホルモン入りつけ麺が売りの店らしいが、初めに入った店では基本のラーメン(830円)を食した。濃厚とんこつスープにストレートの中細麺、柔らかチャーシュー、刻みネギ少々、メンマや海苔それに茹でたキャベツのトッピングと量少な目のバラエティーにとんだ具がいい。美的なセンスも。どんぶりは最近ご無沙汰気味のすり鉢状の白物。まあ美味。
実は『麺屋ごとう』は大塚へ移転して営業中らしい。ネットの書き込みでは“ごとう”ファンも押し寄せているとか。『GAGANA』ラーメンは川崎に本部があって本職はラーメンと無縁の職種らしい。いやはや、食べ終えてこの店を出る際に看板を見上げ、あれっ、と二三回看板の“G・A・G・A・N・A”文字を不思議そうに読み直したのだ。確か後藤、ごとうだったはずと記憶を辿りつつ、次第に店が替わったのだとわかった。すぐにネット検索をかけて確認したのだった。たまたま立教大学で仕事があったので寄ってみたかっただけだが、イメージがガラリと違っていたのにはサプライズ。前の店『麺屋ごとう』を訪ねたのは知り合いの小さな会社がこのすぐ近くにあったからで、さて、どのくらい前だったか、恐らくは15、6年は経っているかも。『麺屋ごとう』は池袋『大勝軒』の山岸大将に惚れ込んで店を出したほどの人物。翻って今度の店はカフェ風ラーメン店?オーダー後水と小さな白い陶器に出された茶色飲み物が烏龍茶だったとはー。これ何ですかと思わず店員に訊いてしまったほど。ラーメンにかける調味料の一種かと迷っていたので、まさか烏龍茶だとは。先入観がそうさせたのかも(笑)。不思議そうについでにもうひとつ、店名の「GAGANA」はサモア語で言葉という意味だそうだ。

池袋『GAGANA』①スープ★★☆②麺★★③トッピング★★☆④接客・雰囲気★★⑤価格★★

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧