ジャーナリズム

超人のジャーナリスト・アイ 166  新聞凋落

今に始まったことではないが、衝撃的なネットニュースを読んだ。コビーを取ってじっくりと読もうとテーブルに置いたまでは良かったが、忘れてしまい今手元にない。昨日の「しんぶん赤旗」それに今日の「朝日新聞」といい、その凋落振りは尋常とは到底思えない。アメリカなどのローカル系リアル新聞は、ネットに喰われて廃刊や縮小もしくは電子版のみの新聞に追い込まれたところも。日本にもその波が押し寄せつつあるということかも知れない。朝日は不祥事が続いたことが祟ったのか500億円の減収と週刊誌が報じたという。その前日に「しんぶん赤旗」がここのところ急落しているとの報道があったばかりだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 163 オバマ大統領の歴史的な広島訪問

オバマ大統領の歴史的な広島訪問を外国メディアはどう伝えたか。下記はNPRからの記事。

Obama Makes Historic Visit To Hiroshima Memorial Peace Park
by Elise Hu & Camila Domonoske

"Seventy-one years ago, on a bright, cloudless morning, death fell from the sky and the world was changed," President Obama said Friday, in the first visit by a sitting U.S. president to Hiroshima, Japan.
In 1945, the United States dropped the first atomic bomb used in warfare on that city, killing an estimated 140,000 people. A second bomb was dropped on Nagasaki three days later. Within weeks, Japan surrendered, ending the war in the Pacific Theater.
Today, the city of Hiroshima is home to a park dedicated to honoring the dead and calling for peace. During Obama's historic visit, the president spoke at length about the costs of war and the need for peace and nuclear disarmament, without apologizing for any U.S. actions during World War II.
During the visit, Obama and Japanese Prime Minister Shinzo Abe walked silently down a long path in the park. A young woman handed the president a wreath, which he laid by the Memorial Cenotaph, a monument containing the names of the dead. A moment later, Abe was handed a wreath and did the same.
Speaking afterward in Hiroshima Peace Memorial Park, Obama said he was there to mourn the dead of World War II, and that the memory of Aug. 6, 1945 — the day the bomb was dropped on Hiroshima — "must never fade."
"That memory allows us to fight complacency," he said. "It fuels our moral imagination. It allows us to change."
Obama spoke about the "silent cry" of Hiroshima, and the suffering wrought on the day the bomb fell.
"In the image of a mushroom cloud that rose into these skies, we are most starkly reminded of humanity's core contradiction: how the very spark that marks us as a species — our thoughts, our imagination, our language, our tool-making, our ability to set ourselves apart from nature and bend it to our will — those very things also give us the capacity for unmatched destruction," he said.
The president called for the world to unite to prevent such violence from happening again. Nations need the ability to defend themselves, Obama said, but countries with nuclear arsenals "must have the courage to escape the logic of fear and pursue a world without them.
"We may not realize this goal in our lifetime, but persistent effort can roll back the possibility of catastrophe."
As NPR's Scott Horsley reported, Obama spelled out his vision of a world without nuclear weapons early in his presidency. That stated goal contributed to his winning of the Nobel Peace Prize.
But since then, he has made only "modest progress" in that campaign, as the president himself put it in an interview with the Japanese press this week.
Speaking at Hiroshima on Friday, Obama spoke more broadly — calling not only for an end to nuclear weapons, but for a broader peace. He called for the "radical and necessary notion that we are part of a single human family."
"We must change our mindset about war itself," Obama said.
After the speech, Obama met briefly with survivors of the Hiroshima attack who had been sitting in the audience during his remarks.
The Peace Memorial Park includes memorials for the dead, the iconic bombed-out Peace Dome — a building preserved as it looked after the attack — and a museum on the bomb and its aftermath. The entire park is dedicated to the pursuit of peace and nuclear disarmament.
In a visit heavy on symbolism, the street in front of the Hiroshima Peace Memorial Museum was lined with Japanese and American flags, flying side by side. Thousands of Japanese crowded in front of the entrance to the memorial, awaiting the president and Abe's arrival.
The announcement of the visit to Hiroshima reopened debates on the decision to attack Hiroshima and Nagasaki in the closing days of World War II.
As we've reported, the question of "apologizing" is fraught for Obama. During the 2012 presidential campaign, Obama was criticized by Republican candidate Mitt Romney for going on an "apology tour," traveling the world apologizing for American foreign policy.
The claim was denounced as untrue by multiple fact checkers, but the specter of that phrase has dogged Obama's foreign trips and statements on foreign policy decisions. Before the Hiroshima trip, the administration was particularly concerned about offending World War II veterans and their families, Scott Horsley reports.
President Obama did not offer an apology on this visit; Japan has said it did not seek one. Instead, leaders of both nations have described the visit as a chance to heal the wounds of the past and reaffirm a commitment to nuclear disarmament.
"Any more nuclear weapons is an inherently more dangerous world, more dangerous region," says Alexis Dudden, a history professor and Japan specialist at the University of Connecticut. "It's Obama's 'reality tour.' It's an acknowledgement at the highest level that the United States bombed a city, something that never happened before. The way to move all history forward is to acknowledge the truth of what has happened."
As NPR's Scott Horsley reported on Thursday, the atomic bombing of Hiroshima and Nagasaki is perceived very differently in the U.S. and Japan:
"Americans see the bombing as hastening the end of a costly and deadly war. A survey by the Pew Research Center last year found 56 percent of Americans approve of Truman's decision, while 34 percent disapprove. In Japan, nearly 8 out of 10 people see the bombings as unjustified.
"Japanese leaders have been accused of minimizing their own country's conduct during the war. Prime Minister Abe told reporters he has no immediate plans to visit Hawaii this year for the 75th anniversary of the Pearl Harbor attack. Abe noted that he did visit the World War II memorial in Washington last year and placed a wreath in honor of all those who died during the war."
Meanwhile, neighbors Korea and China, where many feel Japan hasn't properly atoned for its wartime atrocities, have been critical of the president's trip. China criticized Obama's decision to visit Hiroshima, calling it another opportunity for Japan to play victim rather than aggressor. Hundreds of thousands of Chinese civilians were killed in the Japanese Imperial Army's invasion and occupation of Manchuria; Korea was occupied by the Japanese from 1910 to 1945, and many of its women forced into sexual slavery, servicing the Japanese army at "comfort stations" near battlefields.
In his remarks, Obama looked forward in hope as frequently as he looked backward in mourning.
While he opened his remarks with death in the sky, he closed with a celebration of life.
"Today the children of this city will go through their day in peace," Obama said. "What a precious thing that is. It is worth protecting — and then extending to every child.
"That is a future we can choose."

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 155 沖縄『琉球新報』の初英文社説(電子版)

下記はジョン・F・ケネディ元アメリカ大統領の娘、キャロライン・ケネディ駐日米国大使の沖縄訪問に際し英文で呼びかけた地元沖縄の新聞『琉球新報』電子版2014年2月11日付社説。これは前代未聞、初の英文社説だ。

拝啓 米大使ケネディ様 辺野古断念へ決断の時 沖縄の民主主義尊重を

[Editorial]
Dear US ambassador to Japan Caroline Kennedy: We want the US government to change its Futenma replacement policy and cancel Henoko landfill

Dear US ambassador to Japan Caroline Kennedy

We sincerely welcome you to visit Okinawa. Japan and the United States have faced many challenges in negotiating on the areas of foreign, security, defense and economic policy. However, we hope that you as the US ambassador to Japan will exert your ability with exceptional insight and in the spirit of humanism to reconstruct the US-Japan relationship. We want multi-layered and sustainable relations backed up by mutual trust between both peoples, without overemphasis on military. We have a strong desire to share the universal values of freedom, democracy and mutual respect for basic human rights with American people.

Negative examples
During the 68 years since the end of World War II, the United States has been a teacher of democracy for the people of Okinawa both through positive and negative examples. Young people of the time, who had studied in the United States after the war, praised the democracy. Many of their generations were inspired to become ‘militarism boys’ through education. However, after completing their study in the United States inspired by the hope of democracy, they made use of their knowledge and experience to promote higher education and reconstruct Okinawan society. Meanwhile, it was the United States that captured their land from the residents at Isabama and Iejima “by bulldozers and bayonets” to construct the base in the early postwar period. Such conduct violated Article 46 of the Hague Convention stating that private property cannot be confiscated.

Before the war, people lived their lives in the place where U.S. Marine Corps Futenma Air Station is located. There were schools, a village office and agricultural land. We want the ambassador to understand this abnormal history and accept the reality that the U.S. government operates a military base in an area where it drove out civilians.

The governments of Japan and the United States say they will move forward with the plan to relocate the Futenma base to Henoko, Nago, under an agreement reached in 2006. MV-22 Osprey aircraft plagued with a history of serious accidents will station permanently at the new base and fighter aircraft will regularly use it, if it completed.

Okinawan people are concerned that the human rights, life and property of residents living in the northern region, will forever be compromised as they will be exposed to noise pollution and the risk of an accident.

Believed to be the origin of the mermaid legend, Dugongs live in the sea where coral reefs spread, off the Henoko district. The dugong is listed “1A” as critically endangered in Japanese Red List published by the Ministry of Environment. The US ambassador to Japan tweeted recently, commenting that the U.S. government opposes drive hunt fishing. While most readers responded favorably with grateful hearts to you on Twitter in English, there were many dissenting voices tweeting in Japanese that said dolphin fishing is a part of the life and tradition of residents in their community. You expressed that you were deeply concerned by the inhumaneness of drive hunt dolphin killing. Then is it not inhumane to pose a threat to the habitat of the dugongs by destroying their feeding grounds?

Currently, in your nation and many other regions, American organisations are providing shelter and sanctuary for manatees, which are internationally protected members of the Dugong family. The Fish and Wildlife Conservation Commission helps rescue manatees and transports them to rehabilitation facilities in Florida. They have a network of expert organizations, including biologists, to save manatees. The International Union for Conservation of Nature (IUCN) has made recommendations to protect the dugongs of Henoko three times. We hope you will accept the recommendations to save this endangered species.

Open the door to create new friendship
Ryukyu Shimpo wrote an editorial published on November 24, 1963, to mourn the death of your father, the 35th President of the United States John Fitzgerald Kennedy, after he was tragically killed by an assassin’s bullets. It reads: “President Kennedy struggled mightily to resolve both the international and internal issues such as the Cuban Missile Crisis, the Limited Test Ban Treaty and racial discrimination. He showed his ability to take action, determination and contribution to resolve the problems as the greatest leader of our age with passion and wisdom.” The death of the standard-bearer of the New Frontier spirit was a great shock for the people of Okinawa.

With the sense of responsibility coming from your father, would you open the door to create new friendship between the U.S. and Ryukyu, and put an end to the military colonial rule in Okinawa? We hope that your visit to Okinawa will help change the policy and allow the government to abandon the relocation plan to Henoko and to move the Futenma base outside Okinawa.


『琉球新報』HPからの転載。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト•アイ 153 森鷗外作『舞姫』のモデル、エリーゼ•ヴィーケルトのこと

20130902113927_00001_3

とうとう見つかった、森鷗外作『舞姫』のモデル、エリーゼ•ヴィーケルトの写真。但し森鷗外が留学していた時の写真ではなく、大分経って彼女40〜50歳頃の写真である。NHKでも7、8年前に森鷗外の『舞姫』のモデル、エリーゼ•ヴィーケルトをドイツまで追って探し出すという、スペシャル番組を放送した。この時も教会の洗礼記録に当っていたが、結局は確かな証拠が得られなかった。この時のディレクターが凄い、この『舞姫』モデル探しに一生をかけている人だ。その執念たるや見上げたもの。新聞によると、今回はドイツ在住の女性ジャーナリストが関係者から彼女の写真をゲットするのに成功した。参考までに筆者の2005年8月15日のコラムも一読されたい。
【写真:毎日新聞から】

追記 この女性ジャーナリスト六草いちか氏の『それからのエリス いま明らかになる鴎外「舞姫」の面影』を読んでいる。よく調査追求していて面白い(2013年9月18日 記)。

追記 2 日本大学教授の紅野謙介は「毎日新聞」9月の文芸時評欄でこの本を取り上げて、旅の記録でもあるし読み物としても魅力的と書いている(2013年9月27日 記)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 151 ジョンベネちゃん殺害事件

16、7年経った今も未解決事件のままの、美少女殺人事件、いわゆる「ジョンベネ殺害事件」だが(この事件に言及した2006年8月の筆者のコラムを参照)、新たな証拠が発見されたらしく、今日テレビ東京で放送される。この事件に捜査官として関わっていた人が最近自費出版して捜査内容など(一部プライバシーの部分は除いて)を公表した。彼はこの事件の犯人を身内説と唱えている人でもある。このところ特にテレビでこの事件を取り上げていて話題になっているが筆者は残念ながら視ていない。さて、事件解明の展開は?テレビを視た限りでは、そんなに目新しい情報もなく、結果は肩すかしだった!期待していたのに残念だった。アメリカの番組を買ったものか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 141 大地震報道展示会

 つい最近東京丸の内のプレスセンターで開催された東北大震災報道の展示会。3.11大地震直後の地方新聞社の奮闘振りが手に取るように分かる―。

下記はある知人からのメールリポート。

 特別展示 東日本大震災「その時、地元新聞は」5月24日(火)~30日(月)、午前9時~午後6時(無料)日曜日は休展日本プレスセンタービル1F玄関フロア(千代田区内幸町2-2-1) 平成23年3月11日、東日本大震災は発生した。震度7強の大地震と20mを超える巨大な津波が東日本の太平洋沿岸を襲っている。その時、地域の新聞と記者たちは果敢に取材活動を展開している。被災地の地元紙が、どのように震災報道と向きあったのか・・・。各紙の協力を得て貴重な歩みを展示する。 主催:3.11大震災被災地新聞を支援する会協力:(社)日本新聞協会/(株)日本プレスセンター/日本地域紙図書館

Cage0v3oCanhw10iCauefsa1

20110525113600002011052511350000

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 112 注目の新聞記事

 今回の超人のジャーナリスト・アイは注目の新聞記事を本日の朝刊からニ三点取り上げてみたい。まずはフロントページの記事から。バラク・オバマ大統領が今年のノーベル平和賞を受賞したというニュースには正直言って驚いた。大統領就任後に打ち出した中東和平交渉、プラハ平和宣言や国連での演説等々…。今朝の毎日新聞朝刊には21才のコロンビア大学生のときにすでに核廃絶についての論文を書いていたと恩師のバロン教授のコメントを載せていた。が、今回の受賞は実績ではなくこれからに期待だろう。
 次に注目の記事。それはトルコとアルメニアが歴史的な国交樹立という国際ニュースだ。ノーベル文学賞受賞者のオルハン・パムク氏がアルメニア人「大虐殺」について執筆したことで国家侮辱罪で起訴されたニュースは記憶に新しい。トルコでも歴史が動いたのだ。彼の青山学院大学での講演を思い出した。この講演については筆者のコラムでも言及した(2008年5月15日)。そして書評欄に目をやると、評者田中優子氏の平岡正明本、『快楽亭ブラックの毒落語』のやや長い書評だ。知らなかった、平岡正明が7月に亡くなっていたとは。親しい仲だったのか愛情深い書評になっている。筆者的にはジャズ評論家平岡正明が書いた『山口百恵は菩薩である』(文体が独特だったと記憶しているが)の著者としての方が印象深い。そう、多作のこの作家の本をあまり読んでいなかったのだ。しかし、どこかでこの落語家快楽亭ブラック氏について読んだり見たりしていたことが頭の隅に残っている。本屋に出かけてまずは表紙や帯を眺めて本文を立ち読みしたい。買うのはそれからだ。また、9月18日号の「週刊金曜日」平岡正明追悼記事も読んでみたい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のこぼれ話傑作集 タクシー無賃乗車

 今朝の毎日新聞社会面を読むと、JR品川駅から何と九州の太宰府ICまでタクシー無賃乗車をした49才の男性が逮捕されたことが書かれていた。しかも始めは鹿児島までと言ったらしく、タクシー運転手は九州の太宰府IC付近で事のおかしさに気づき、車内から通報したという。約1100キロ、約36万円をただ乗りしたのだ。
このような事件は過去にもあった。筆者の拙い記憶でその記事を再現してみよう。ある男性が大阪に行ってくれとJR東京駅八重洲口から真夜中にタクシーに乗車、途中高速道路のサービスエリアで丼物を食べ、その代金もタクシー運転手に払わせ、一路大阪に向かった。ところが、進路を京都に変更、京都に着くなり五条警察署へ行ってくれと頼まれ直行、そこで御用になってしまったという話。実はこの男性、元々服役中の身だった。乗車運賃約30万円がパー。この運転手はよほど堪えたのかその後出身地の新潟へ帰ってしまったそうだ。もうひと昔の話だが、当人に同情を禁じえない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 103 最新の面白新聞記事をピックアップ

 このところ昨年秋のリーマンショック以降急激な業績悪化で大企業の人員削減が新聞を賑わしている。トヨタ、ソニーに続き、今度は日立が7,000人、NECが20,000人削減の見出しだ。非正規雇用人員の失業が3月には12万人以上に達するとみられている中での発表である。特に大手自動車、電機メーカーなどが凄い。アメリカ、ヨーロッパ、ロシアをはじめ、中国やオーストラリアなどグローバル的で、それらの地域への輸出が振るわず円高が進んでいるのだ。日本経済においては致命的だ。活性化の糸口は政府がいち早く現状を直視し抜本的な政策を打ち出すことだ。製造業など産業構造が一大転換を迫られているのだ。百貨店は軒並み売り上げダウン、業界再編の動きが活発化しているし、テレビ局も広告収入などの減収でここでも存立の危機感を募らせている。

 そんな中小国アイスランドで動きがあった。以下はアメリカのCNN電子版が伝えた最新のニュース。月曜日にグリムソン大統領がオルデ首相率いる与党連立政権の辞職を受理、事実上崩壊した。2008年10月の金融破綻に陥ってから3ヶ月、先週土曜日の一般市民の大規模な抗議デモを受けた形だ。目下与党連立の社会民主党と独立党の間で今後の新政権樹立に向けて話し合いが続いているが、そこで後任の首相として浮上しているのがヨハンナ・シグルザルスドッティル社会問題相。彼女は同性愛者を公表、首相になれば女性初かつ世界初の同性愛者の首相誕生となる。客室乗務員時代に労働組合体験、議員歴は30年に及ぶ。パートナーは54才の女性で作家・脚本家だ。

 毎日新聞1月25日付書評欄で評者帳競氏が佐伯順子著『「愛」と「性」の文化史』の書評冒頭で、アメリカのサンディエゴ在住の22才の女性が、大学院の授業料を払うために、インターネットで自分の貞操をオークションにかけたら、入札金が370万ドルに達したという話。オーストラリア人が落札中とは他の新聞で読んだ。スタイルもいいらしい。勇気ある行動と言うべきかは筆者には分からない。この評者いわく。「愛」と「性」は、観念としてもまた社会的事実としても時代とともに大きく変化する。いつの時代の「愛」と「性」について語っているのか、常に最新の注意を払わなければならない、と。

 また、「日刊ゲンダイ」2009年1月31日号。作家の並木伸一郎氏のコラム「平成の新都市伝説」では、去年アフリカのコンゴの首都キンシャサで男のペニスを盗む呪術師が現れて街中がパニックになった話を取り上げていた。この記事によると、噂の火種は地元のラジオ局で「金の指輪をはめてバスに乗っている人物に要注意」という情報が次第にエスカレート、呪術師と疑われたバスの乗客へのリンチが相次ぐ惨事に発展したらしい。警察は呪術師と目された人たちを逮捕、被害にあった男性は「呪術師が触れると、ペニスが消えたり、縮んだりした」と訴えたという。この珍妙な事件の真相は、実は「ペニス・パニック」という集団ヒステリー現象で、「コロ(KORO)/性器収縮症候群)」によって起こされるという。ペニスが体の中に吸い込まれるような幻覚症状で、アフリカでは今もこれが魔法や呪術師の仕業と信じられているらしい。被害者には警察は、「自宅でじっくり確かめるように」と指導している。可笑しい―。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 97 あるジャーナリストの死 元テレビキャスター筑紫哲也

 ジャーナリストの筑紫哲也氏が先週の金曜日に肺癌で亡くなった。享年73才。ハイライトとマーブロを愛した愛煙家だった。棺には取材ノートなどは入れたが、タバコ関係は夫人の計らいでお法度だったとスポーツ紙が報じた。彼は政治、経済、外交、社会、文化や芸能に至るまで幅広い活動をしたマルチジャーナリストだった。同じ新聞記者出身のテレビキャスター鳥越氏は、朝日新聞記者(1959年入社、政治部記者、沖縄返還交渉取材、ニューヨーク特派員時はウォーター事件取材などで活躍)、雑誌「朝日ジャーナル」編集長、テレビキャスターと同じような道(因みに、鳥越氏は毎日新聞記者、サンデー毎日編集長、テレビキャスター)を辿った人は筑紫さんただ一人だったと語っていた。また、元日経新聞記者で早稲田大学教授の田勢氏は政治部時代を回想して同じところで隣り合わせ、群れずひょうひょうとしていたと語っている。白髪で甘いマスク、ソフトな語り口と笑顔、鋭い切れ味などある意味ではスター的な存在だった。TBSのニュース番組「NEWS 23」の“多事争論”では世相を短い時間で斬っていて小気味が良かった。今日はこんなところで、と筑紫さんの名文句で番組が終了していたが、目指したのは活字の映像化だろうか。しかしオーム真理教報道問題では苦い経験をしたのだ。「朝日ジャーナル 」編集長時代の時代を読む企画、インタビューなど印象深い。合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)