旅行・地域

ニューヨーク地下鉄新路線「2番街線 Second Avenue Line」

Line_p20170207_200502443_2 Line_p20170207_200502547_2 Line_p20170207_200502530 Line_p20170207_200502492_2  Line_p20170207_200502518_2

ニューヨーク地下鉄新路線「2番街線 Second Avenue Line」の一部が2017年1月1日に開業。1929年に計画が公表して以来だから、何と88年振り。世界恐慌やニューヨークの財政難があって計画は中断していたという。今回は96丁目駅、86丁目駅と72丁目駅の3駅、約3キロ。20万人くらいが恩恵に被るとか。2番街線は北はハーレム125丁目から南はハノーバー通りの約14キロの区間でマンハッタン東部を南北に貫く計画だが、全面開通の目処は立っていない。
ニューヨークにいる私設特派員から約1カ月遅れのlineでの写真が上記。今までのニューヨークの地下鉄のイメージとは違って超モダンだ。86丁目駅の写真には“E PULURIBUS UNUM“out of many, one、その意味は多数から一つ、多州から成る統一国家、アメリカ合衆国を意味するラテン語の文字(上から5番目の写真)でオバマ前大統領がよくこのようなことを言っていたと思う。また、“ポイ捨てはここで止めて”との文字も(上から3番目の写真)。このlitterの文字は時々通る南麻布の有栖川記念公園でも見かける。ニューヨークも1980年代終わり頃とは180度違って街が見違えるほどクリーンになってきた。ニューヨーク前市長の陣頭指揮が奏効したのだ。筆者が6年前に遭遇したグランドセントラル駅近くのバスターミナルの前のビル1階には朝早い時間にも拘わらずお揃いのグリーンの制服を着た清掃員たちが待機していたっけ。また、3年前の初夏、ニューヨーク6番街の路上で出会った清掃員がビニール袋をもって仕事をしていたのを筆者はビデオカメラ片手に目撃している。
地下鉄新線駅は、それこそトランプタワーも近くにあるのだ。ま、5番街だけど、少し歩くかな・・・。

追記 この記事を書き終えてあと『The New Yorker』の電子版最新号(NEW YORKER JOURNAL FEBRUARY 13 & 20, 2017 ISSUE)にアクセスしたら、偶然にもこの記事と同じようなものが“THE SECOND AVENUE SUBWAY IS HERE ! ”というタイトルで掲載されていた。17ページもある長文の記事。こういった偶然の巡り合わせもあるのだ。本場ニューヨークの最新地下鉄事情が分かって面白い。興味のある方はこちらにアクセスされたい。
http://www.newyorker.com/magazine/2017/02/13/the-second-avenue-subway-is-here (2017.2.9 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の鎌倉散歩 5 長谷の大仏

Image_9

1479025061335.jpg

夕暮れの長谷の大仏。スーパームーンになりかけの月も見えるー。

北鎌倉では洒落た店をチョイ覗きしたが食べずに。コンビニの肉まんとフランクフルトソーセージ、炙り煎餅、 牛肉メンチと小ビール、コーヒー(コロンビア)それにラーメン&ビール、これが北鎌倉→鎌倉→長谷までのプチ散歩で食べたすべて。巡ったのは寺社4と文学館1の5ヵ所で一人1300円也。万歩計は25,000歩。さすがに足が少し痛い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の鎌倉散歩 4 鎌倉文学館

1479024622752.jpg

1479024623629.jpg

1479024624658.jpg

1479024625720.jpg

1479024626786.jpg

特別展「ビブリア古書堂の事件手帖」開催中。筆者的には特に歌人塚本邦雄宛の寺山修二の手紙、そのユニークな文字に注目。“ベルサイユのばら”まである多種多様なバラ園は見事。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の鎌倉散歩 3 建長寺

1479024255231.jpg

1479024256495.jpg

1479024257425.jpg

1479024258488.jpg

1479024259512.jpg

1479024260879.jpg

建長寺の総門、三門、庭園など。新日本名木百選の柏槇も。


1479047025740.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の鎌倉散歩 2 浄智寺

1479023805852.jpg

1479023806884.jpg

1479023807726.jpg

1479023808808.jpg

七福神の浄智寺。布袋さん(God of happiness)の腹に触って元気をもらった。

付記 いやー、知人に言われて大失敗。澁澤龍彦の墓参りをするのを忘れた!迂闊だった。寺のパンフレットにも書いてあって脳裏に残っていたはずなのだが。境内の途中で布袋さんの方へ惹かれてしまったか・・・。実はあの小高い丘の近くまで行き、その上にある墓の周りを人が歩いていて(中には外国人もいたけど)、何かあるような感じがして些か不思議がっていたことは確か(その光景は今も瞼に浮かぶ!)。そこの一角に澁澤家の墓があったとは。その時に澁澤龍彦の墓があると咄嗟に気づけばよかったのだ。鈍いのである。この寺を訪ねる前、東慶寺で小林秀雄の墓を少し探したことも尾を引いたのか、もう墓参りはいいと。言い訳だけど。今年は澁澤龍彦没後30年だったー。至極残念。(2016.11.17 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋の鎌倉散歩 東慶寺

1479017398171.jpg

1479017399647.jpg

1479023804565.jpg

1479017401306.jpg

1479017402788.jpg

1479017404966.jpg

1479035504444.jpg

1479035507864.jpg


古都鎌倉プチ散歩の最初は、縁切り寺で有名な東慶寺。夏目漱石座禅100年記念碑(上から3番目)、評論家小林秀雄(上から4番目)、禅の英訳者・禅の伝道師鈴木大拙(上から5番目)、哲学者和辻哲郎(上から6番目)の文人の墓や1964年の東京オリンピック女子バレーボール優勝監督の大松博文(上から7番目)やアムステルダムオリンピック三段跳び金メダルの織田幹雄(上から8番目)のスポーツで活躍した人の墓も。小林秀雄の墓を見つけるには少々時間がかかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白写真館 立教大学のチャペルで結婚式記念撮影準備中に遭遇

Tmp_1477480961350_3

先週の日曜日、立教大学での仕事の合間にチャペルに寄ったらサプライズ。結婚式が。チャペルの前で新郎新婦が記念写真の準備中。新婦は美人でかつ微笑みが素敵だった。秋晴れに恵まれた日、お二人にとってはさぞかし思い出の貴重な一枚になるはず。Congratulations !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 196 横浜ユーラシア文化館特別展『ギリシャ考古学の父 シュリーマン』 続々

20160725114641_00001_2


シュリーマン自伝。

BIOGRAPHICAL NOTE

The son of a Lutheran pastor, Heinrich Ernst Schliemann was born on January 6, 1822 in Neubuckow, Mecklenberg-Schwerin, Germany. The following year, his family moved to Ankershagen, the town that Heinrich Schliemann considered his hometown. The house where he grew up has since been converted to the Heinrich Schliemann Museum. In 1841, at the age of 19, he planned to leave Germany and sail to Colombia, South America for employment opportunities. The ship, however, met with a tremendous storm and made it only as far as Holland before it was stranded on the coast. With the help of a local family, Schliemann recuperated from the shipwreck and moved on to Amsterdam where he worked as a clerk and began to study a wide variety of languages. As it turns out, Schliemann had an aptitude for languages and during his life expanded his knowledge to include English, French, Dutch, Spanish, Portuguese, Swedish, Danish, Polish, Italian, Greek, Latin, Russian, Arabic, and Turkish.

In 1844 he became an employee of the trading house B.H. Schröder and Co. Two years later, after learning Russian, the company sent him to St. Petersburg to serve as a commodities trading agent. Although he remained an agent for B.H. Schröder, Schliemann started his own agency as well. This independent venture was the first step in accumulating his great personal fortune. In 1852, he married a Russian woman, Ekaterina Lyshina, and had three children with her. In the following years, Schliemann, by now economically secure, began the first of his many travels around the world which would eventually include Egypt, Greece, the Near East, North Africa, India, Singapore, China, Japan, North and South America. During these travels he always kept a diary and it is from these that we learn much about his life. Today, these diaries reside in the Gennadius Library.

In 1863, worn out by the commercial business world and estranged from his Russian wife, Schliemann decided to semi-retire and revert to his childhood love of ancient Greek. The story Schliemann himself told was that he became enamored with ancient Greek as a young grocer’s apprentice when he heard a drunken man in the store reciting passages of Homer. In 1866-7 he made formal steps towards the study of ancient Greece by enrolling in archaeology courses at the Sorbonne in Paris. As Schliemann became more absorbed in the ancient Greek world and more estranged from Russia and his Russian wife, he decided to make Greece his home and began searching for a Greek wife. While on a trip to America in 1869, Schliemann was granted U.S. citizenship in New York and a divorce from his Russian wife by the State of Indiana. In September of that same year he married the 17 year-old Sophia Engastromenos, who was chosen from a pool of prospective brides presented to him by Theocletos Vimpos, Archbishop of Mantinea and Schliemann’s friend and former ancient Greek teacher. The following year, Schliemann commissioned Ernst Ziller to construct a permanent residence for his new bride. The house, named the Iliou Melathron in honor of Troy, was finished in 1880 and still stands—one of the finest examples of Neoclassical architecture in Athens today. It presently houses the Numismatic Museum of Greece.

Schliemann absorbed by his passion for Homer and archaeology, spent the remainder of his life on archaeological endeavors all of which he was able to finance personally. The discovery of Troy (1870-73) was one of Schliemann’s greatest accomplishments and brought him worldwide fame. His other excavations were also significant and include important sites such as Mycenae, Tiryns, and Orchomenos. In 1882 he met Wilhelm Dörpfeld, with whom he collaborated at Troy and Mycenae for the rest of his years and who, after Schliemann’s death, continued excavations at Troy with the financial help of Sophia. Despite all these activities, Schliemann managed to publish the results of his excavations quite rapidly, and often in more than one language (see, for example, major publications such as Mycenae, Ilios, and Tiryns).

Heinrich Schliemann died December 26, 1890 in Naples, Italy succumbing to an infection which had developed after an ear operation earlier that November in Halle, Germany. Wilhelm Dörpfeld accompanied the body back to Athens a few days later. Schliemann is buried in the First Cemetery of Athens in a mausoleum he designed himself. His second wife, Sophia, and their daughter, Andromache, along with her family (surnamed Melas) are also buried there. Heinrich and Sophia’s son Agamemnon is buried in Paris, France.

在アテネ米国古典学研究所・ゲンナディオス図書館のシュリーマン文書のリスト一覧からの引用。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 196 横浜ユーラシア文化館特別展『ギリシャ考古学の父 シュリーマン』 続

1470913443790_2

今日横浜ユーラシア文化館で開催中の「ギリシャ考古学の父 シュリーマン」展を再訪。シュリーマン自筆の原稿を観に。それはイギリスの植物学者宛の書簡。きれいな字で書かれていたが、慣れないと流れるような英語(ペン字)は判読しにくいみたい。再度じっくり展示物を観ていたら、学芸員(福原さん)の説明会に偶然出くわし、30分ほど説明を聞くことができた。特に『日本旅行記』のシュリーマン自筆原稿(パリで1867年に出版された時の清書されて編集者に渡されたもの)をもとに幕末の日本、江戸の見聞を写真や浮世絵で追った企画はこの館独自のもの、手作り感もあって解りやすい。本にしたらともいわれているらしい。独自さは活字になる前の清書原稿を読むことの意義だ。情熱や雰囲気や好奇心が伝わってくるのだ。残念ながらwebからの取り込みらしく鮮明さがイマイチ。この自筆原稿は、アテネの米国古典学研究所・ゲンナディオス図書館のシュリーマン文書にあってネットでも見られる。(2016.8.11 記)

付記 該当の自筆原稿(Diary A6)を読むはこちら→http://www.ascsa.edu.gr/pdf/uploads/Schliemann_Diary_A6.pdf。また、続きの自筆原稿(Diary A7)を読むはこちら→ http://www.ascsa.edu.gr/pdf/uploads/Schliemann_Diary_A7.pdf

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 193 近鉄名駅のナナちゃん人形

1463490867728.jpg

名古屋名物ナナちゃん人形、夏バージョンに衣替え中のところをパチリ。これは貴重!
女版ガリバーはどこを見ている?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧