趣味

超人の若桜観賞

1491622043345.jpg

1492130170320.jpg

今年の4月8日の若桜と去年の4月3日の若桜。
テレビで京都の桜守が言っていたが、桜は冬場が大事で栄養が行き届くように丁寧な手入れが必要とのこと。それが満開の桜を咲かすー。さて、こちらの今年の若桜は少しさびしい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白落語鑑賞 立川志の八の落語

1477918342484_2

12月を思わせる寒い日曜日の午後、久しぶりに落語を鑑賞した。と言っても、テレビではたまに見る程度で(否、「笑点」は見ている方かも)、ましてや寄席にはめったに行ったことがない。横浜の「にぎわい座」に行ったのが最後だから、さて、何年経ったかー。
今回の落語鑑賞は、NHKの長寿番組「ためしてガッテンの司会者立川志の輔の2番弟子で横浜市出身の立川志の八の落語。薄茶系の着物を羽織った端正な顔立ちの41歳、メリハリの効いた、表情豊かな語りは積み上げた芸の域を広げてあまりある。演目は古典落語から「権助魚」と「二番煎じ」の2つ。午後1時から始まって2時40分まで。途中休憩10分。枕で嫉妬のjealousyは良い意味の嫉妬で、envyは悪い意味の嫉妬(ひょっとしたらenvyが良い意味の嫉妬のはず。聞き間違えでなければの話だが)と語ってから本題の「権助魚」に(出し物はあとで調べてわかった)。使用人の権助が女将に旦那の浮気の追跡に1円の小遣いをもらうが、追跡するはずの旦那に2円で買収され、魚釣りに行って、あげくは湯河原まで出かけてしまったので今日は帰って来ないと女将に行っておくれと告げられ、アリバイ作りに魚屋でスケソウダラ、ニシン、魔物のタコそれにかまぼこまで買って女将に持って行く。それを見た女将が海釣りの魚ばかりで川釣りのものがない!ましてや、かまぼこは釣れるものかいとバレバレ。権助は関東一円ではダメだったが、旦那さんからは2円もらったよと。これが一番目の出し物「権助魚」の大体のあらすじ。枕からすうーと入って場面は江戸の商家の女将と使用人権助の会話へ、身振り手振りを駆使して独特な話芸が展開される。演じる志の八の顔の表情、特に惚けた表情をリアルに画き切るしぐさ、その首を上下に振り、白黒させる目の動きが絶妙。思わず笑ってしまう。声の張りといい、全体的なしぐさといい、イメージの喚起力が強く観客を引き寄せる魅力がある。面白かった。高座の狭い場所から異空間に観客を誘い、庶民の哀楽を巧みに話芸で描くのだ。そして最後にオチがつく―。この「権助魚」にもバリエーションがあるらしい。魚の種類を替えるとか―。
志の八、今度は黒い着物に着替えて登場。10分間休憩中に寒いので暖房を入れたとか。2番目の出し物は「二番煎じ」。江戸の町で旦那衆が火の用心で夜回りをするが、寒いので詰所で次の夜回りが来るまで暖を取ることに。物足りないので誰か酒がないかと言うと酒を持ち込んだ者がいて持ってくる。そのうちに鍋がないかと言うと鍋を持ち込んだ者がいる。次にししはあるかと尋ねるとシィ(火)ならありますと猪肉を持ち込み猪鍋に。そのうち宴がたけなわになる。火の用心の夜回りの休憩どころか酔っぱらいまで出る始末。次の夜回りの来るのを気にしながら呑んでいると、ダン、ダンという音がして、それまで酒盛り中だった旦那衆が急に酔いざめの状態に。役人が入ってきたのだ。提灯を股に、酒や鍋をそれぞれのやり方で隠す。すると、役人がそれはなんだ、あれはなんだと問い質したので、男衆の一人が恐る恐る役人に薬だと酒を差し出す。役人は風邪気味なのでこの薬はちょうど良いとゴクンと飲み干す。これはうまい、もう一杯くれとゴクンと二杯目も呑んでしまう。もう酒は土瓶にないと役人に告げると、一回りしてくるからその時までに二番煎じておけと。この「二番煎じ」の噺にもバリエーションがあるらしい。これはネットで検索して知った。
寒い日だったが午後の1時間半、即席の寄席で演芸をたっぷり楽しんだ。心暖まるには落語に限る、とは少し大袈裟か(笑)。観客は年配衆が大半で70名はいたか。

追記 筆者は英語落語にも興味があるので上の噺の英語版があったら探して書き写してみたい。

追記2 昨日か一昨日の深夜に「ためしてガッテン」の再放送をたまたま見ていたら、ナレーターが筆者の知り合いのS氏ではなかった!誰かは知らないが若い人の声、S氏は辞めたか?(2016.11.1 記)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の愛用の筆記具 モンブランの万年筆ほか

Image_2

筆者の愛用の筆記具。


書き記し使い分けては光堂


追記 大昔高校時分にペリカン万年筆が特に気に入っていたS.N君がいた。当時筆者たちは放課後比較的大きな文具店に通っては万年筆談義に花咲かせたものだ。風邪の便りでは彼は高校の理科の教師になったらしい。教師の息子で環境がそうさせたのか冷めていたが、温かみもあった。もう定年だろう。万年筆といえばS.N君を思い出す。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

七葉変幻 副産物

Image

コラム「七葉変幻」(2015年9月5日)の2。“日比谷公園で開かれていた朝顔テント”で購入した朝顔の種、蒔いて約2ヶ月後見事に開花した。今朝ほど雨のなか咲いているのに気づいてパチリ。鮮やかさのなかにしっとり感もたっぷり。
【葉形】青班入蝉葉 【花銘】修石 【色彩】紅無地

遅蒔きの遅咲きの顔雨に萌え

追記 快晴の朝の朝顔、11日後の変幻?
(2015.10.6)

1444092123241.jpg


| | コメント (0) | トラックバック (0)

Chojin's hobby : bonnsai dwarfted tree in a pot

Image_2

待つならばいつまで待とかドクターマツ

凡才や非凡のおぼんで今日は

招き猫ワキ役はまるや五月晴


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ゲーム発見 来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー 続

家人が挑戦した「来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー」の結果は下記の通り。情報提供は家人。64駅制覇したのだ。おめでとう!前半5時間で31ゲット、後半8時間半で33ゲット、合計13時間半での制覇である。疲れ切ったのか家人の次の一言が面白い。「乗車の合間にパンを一口入れただけのラリーだったので疲れた!もうやりたくない!」だって。“あーぁ”とザオリの声が聞こえそうー。

Image Image_2 Image_17 Image_11 Image_12 Image_13 Image_14 Image_15


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ゲーム発見 来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー

Image_16 Image_18
Image_10 Image_15 Image_11 Image_12

東京駅100周年記念スイカ限定販売では想定外の購入者に大慌てしたJR東日本。ネットでの購入数は300万枚を超えて、購入者の手元に届くまで大分時間がかかるという。収入の方はホクホクだがこれでは希少価値は皆無だ。そのJR東日本が今度はユニークな企画を打ち立てて話題になっている。2015年1月13日〜2月27日までJR設置駅でスタンプを押して集める「来たぞ我らの!ウルトラマンスタンプラリー」が開催中だ。ラリー参加に便利な都区内パス(1日間有効で大人750円、こども370円)もあり、全64駅制覇した人には制覇証をプレゼントし、さらに抽選でオリジナルフィギュアなど豪華賞品が当たる。ウルトラマン好きの人たちをゲーム感覚で参加してもらう趣向だ。切り口を変えた新たな乗客獲得作戦だろうか。スタンプ台紙は参加の駅にスタンプと一緒に置いてあって、それを持って駅を回る仕組みだ。
何を隠そう筆者の家人はすでに31駅のスタンプをゲット、さらに33駅に挑戦して全駅制覇を目指すと早朝6時に家を出ている。それにしてもウルトラマンスタンプラリーの台紙の中身はよくできていて眺めるだけでも楽しいが、今回のは街に出てゲームを味わうことらしい。さてさて、どうなるか楽しみである。

シュワッチ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 192 鎌倉市雪ノ下の萩焼専門店『彩炎』

鎌倉市雪ノ下の萩焼専門店『彩炎』で見つけた青色の光沢を放つ内富晋作の『湯呑』。この一品のみらしい。高額なので今回は写真を撮影しただけ。病み上がりの女性店主と珍問答しても解はなかった…。

Image

以前に買った湯呑茶碗がひび割れたり欠けたりしたので同じものと考えていたが、残念ながら買い求めていたものがなく、形状、色彩それに風合いが違った別物に。予算内での買い物だから仕方がなかったかー。

Image_3

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊びごごろのあるガーデンニング その2

冗談でも花壇だよ。春の花の舞。

Image_4

Image_5


| | コメント (0) | トラックバック (0)

遊び心のあるガーデニング

Ncm_0896Ncm_0895 

    早く秋来いよと彼女目をかくし 

 


| | コメント (0) | トラックバック (0)