« 文芸評論家加藤典洋の死 | トップページ | 超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』 »

2019/06/14

神田小川町『ポンチ軒』のかつカレー

_20190611_135909

若い頃は永井荷風ではないが、かつ丼に目がなかった。あれから幾星霜、かつ丼の魅力はだんだん薄れて、とんかつは食べるがかつ丼(都内でも名店は結構あるが)まではいかなかった。で、今度はかつカレーにハマっている。簡単そうでなかなか美味な絶品に出合わないのだ。カツカレーの有名店の『アサノ』(町田)や『ロダン』(八丁堀)は訪ねている。このコラムのどこかで書いたが、その昔白山にあった『つくば』のステンレスの皿にのったカレーたっぷりのカツカレーを昼時によく食べた。更に遡ること15、6年前、学生時代のアルバイト時期、当時あったとんかつ弁当店『さわだ』でも夕食によく食べた。

昔のことはさておき、昼食に神田小川町にあるとんかつの名店『ポンチ軒』に出向いてかつカレーを嗜んだ。とんかつでは知られた店で筆者は今回で2回目。相変わらず人気で少しの間並んだ。豚肉がやわらかくサクサク感がある。カレーも後から辛さが来る感じで食欲をそそる。味噌汁付きで1250円(少し高い)。


かつカレー辛さものせて夏来る

_20190614_220225

« 文芸評論家加藤典洋の死 | トップページ | 超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 文芸評論家加藤典洋の死 | トップページ | 超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31