« 超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 3 | トップページ | 神田小川町『ポンチ軒』のかつカレー »

2019/06/04

文芸評論家加藤典洋の死

筆者は、文芸評論芸評論家加藤典洋氏が5月16日に死去したことを偶然にも朝日新聞の日曜日の記事で知った。死因は肺炎、享年71歳。まだまだ長生きできる年齢だ。加藤典洋といえば、当時勤めていた明治学院大学国際学部のキャンパスの一角で何か考えている風でうつむいていた姿が忘れられない。かつては京大の農学部付近で梅原猛が何かに取り憑かれるたような姿を目撃している。何れも偶然通りかかっただけであるが。今筆者の机の上には読みかけの『戦後的思考』(講談社学芸文庫)がある。彼の叙述は一見理解しにくい文章構造を持っているが、この朝日新聞に寄稿した歴史学者與那覇潤氏が、一度身体を潜らせて言葉を紡ぎ出す独特の思考のスタイルと書いているが、いやに説得力がある。『現代詩手帖 』だったかに山形での講演記録を掲載したものを読んで大変印象深かった。国立国会図書館の職員時代にカナダへの留学時に好きで研究していた中原中也についての原稿などを消失してしまい、それ以後中也研究は諦めた、というような内容だったように記憶しているが、今となっては定かではない(この文庫本年譜で触れている!)。この人が詩に造詣が深く研究までしていたとは知らなかった。こちらが勉強不足だった。『アメリカの影』は確か今も筆者の本棚の隅にあるはずだ。吉本隆明といい、優れた文芸評論家が少なくなってまた一段と寂しくなる。誰かが書いていたが、今一番不人気なのが文芸評論のジャンルらしい。良き水先案内人はいつの時代でも必要なのだが。


この記事を書いてしばらく経つが、講談社学芸文庫に入ったのは比較的新しく2016年で約3年前、しかも若い世代の思想家東浩紀が解説を書いている。13頁に及ぶ詳細な文庫本の年譜を読んだ。解ったことがある。鶴見俊輔にぞっこんだったことだ。それともともと仏文出だが、必要あって英語を猛勉強したことで文学論、サブカルチャーを内外に広めたこと、その後世界のあちこちに行ってはレクチャーをし、更にはいろいろな国々に旅行もしていることがわかった。著者自身による年譜の後には自著が並ぶ。単行本はこの時点で46冊もある。毎日新聞、東京新聞などの加藤典洋の訃報記事もネットで読んだ。
今『アメリカの影』を家と会社で探しているがまだ見つからない。(その後灯台もとくらしとはこのことかと思わせることが。何と会社の書棚に収まっているのを発見したのだ。愚かである)

追記 書店で雑誌『群像』最新号を覗いていたら、表紙に些か小さめの活字で「加藤典洋追悼」と書いてあった。で、ページを捲って驚いた。たった二人しかも元同僚の短文のみ掲載である。扱いが酷いとはいわないが寂しい感じだ。(2019年6月17日 記)

追記2 毎日新聞読書欄(2019年6月16日朝刊)の「この3冊」は、西谷修・選 加藤典洋 ①戦後的思考 ②9条入門 ③君と世界の戦いでは、世界に支援せよだ。(2019年6月18日 記)

追記3 前後するが、毎日新聞6月6日夕刊特集ワイドでは、藤原章生記者の記事が掲載されている。友人の文芸評論家神山睦美氏のインタビューも混ぜて、タイトルは「自分は雑魚」ベースにだ。デンマークなどの留学日記を綴った『小さな天体』、加藤典洋の本音が出ている『人類が永遠に続かないとしたら』(2014年),も読んでみたい。ご子息が交通事故で亡くしたことが大分痛手であったようだ。(2019年6月21日 記)

追記4 ジャーナリストの古田大輔氏が、加藤典洋の『敗戦後論』に言及しつつ、戦後は今も終わっていないのではないだろうか。私たちはなおあの歴史を総括できていない、と書いていた。(2019年7月14付毎日新聞読書欄「昨日読んだ文庫」) (2019.7.15 記)

追記5 雑誌『ちくま』2019年8月号に追悼加藤典洋の記事。その記事を読むはこちら→

追悼加藤典洋の記事 - 20190819190412.pdf

追記6 朝日新聞2019年7月27日(土)の読書欄 ひもとく 加藤典洋の仕事の記事。その記事を読むはこちら→

朝日読書欄 ひもとく 加藤典洋の仕事 - 20190819190501.pdf

« 超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 3 | トップページ | 神田小川町『ポンチ軒』のかつカレー »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 3 | トップページ | 神田小川町『ポンチ軒』のかつカレー »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31