« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019/06/25

超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』 2

目次

提言 富国有徳の国づくり
第1部 富国の士民
1 平成の“米騒動”と勤勉の徳
2 西洋の資本主義と東洋の資本主義
3 富の再定義――マルクスからラスキンへ
4 市民から士民へ
第2部 対談
1 鎖国と天皇――日中韓「近代化」の検証(毛利敏彦×川勝平太)
2 日本経済はどこから来てどこへ行くのか(速水 融×川勝平太)
3 東西文明システムと殖産融合― 一国資本主義から文明論へ(角山 榮×川勝平太)
4 シュムペーターを超えて(岩井克人×川勝平太)
第3部 今西錦司と宮沢賢治

1 心の書―今西錦司『生物の世界』今西錦司翁との一期一会
2 今西自然学の可能性
4 今西錦司と宮沢賢治
5 宮沢賢治―「地球時代」の先駆者
あとがき

追記   一通り読んで大分経つが、コメントする前にこの本が約四半世紀前の1995年に出版された本に注目したい。バブルが弾けてから少し経った時期に相当するのだ。それとその前に刊行された『日本文明と近代西洋「鎖国」再考』(NHKブックス 1991年初版)では、イギリスとインドの具体的な例を取り上げて、有名な“イースタン・インパクト(東洋の衝撃)”について書かれている。いやー、何十年か振りで書店で再購入した。前に購入した本は手元にない。現物が書店にあることが不思議なくらい。普通なら絶版だが、いわゆるロングセラーものだ。購入した本は奥付けに2015年12月、19版とある。いろんな意味でインパクトのある本だ(2019.7.9   記)。

追記2 『日本文明と近代西洋「鎖国」再考』(NHKブックス 1995年19版)の目次。

序  アイデンティティーの探求
グローバルな経済史をもとめて  経済学者の自然観   本書の立場と構成   社会科学の個性
第1部 日本と西洋の併行的「脱亜」―アジア文明圏からな自立
1 鎖国と近代世界システムの連関
木綿の西方伝播とイギリス産業革命
木綿の東方伝播と日本産業革命
「脱亜」の2つの形
第2部「経済と文化」の構想
1  唯物史観と近代日本
2  今西「自然学」への注目
3  文化・物産複合論
4 日本文明の形

(2019.7.15 記)

2019/06/24

超人の面白読書 138 川勝平太著『富国有徳論』

_20190525_110022

「ココログ」を使用してもう10年以上経つが、このところ環境整備に忙しいのか、何だか慌ただしい。競争が激しいのはわかるが仕様やスタイルなどプロバイダーの姿勢が問われかねない出来事が起こっているような気がする。お客様は神様だと言った流行歌手がいたが、そこまでいかなくともビジネスは相手があってなんぼのもの。目線が大事。やはり使い勝手が居心地良い環境を創るのだ。そこのところをはき違えないでほしい。

それはともか「有徳」とは何かを考えているが、「道徳」とももちろん意味合いが違う。平たくいえば、「有徳」は徳があること、他方、「道徳」は人の道。人が社会生活を送るときに守るべきルール。因みに、広辞苑を繙くと、「有徳」は徳を備えた人と定義は短い。しかし、「道徳」となると俄然長いのだ。人のふみ行うべき道。ある社会で、その成員の社会に対する、あるいは 成員相互間の行為の善悪を判断する基準として、一般に承認されている規範の総体。法律のような外面的強制力や違法性を伴うものではなく、個人の内面的な原理。今日では、自然や文化財や技術的な商品など事物に対する人間のあるべき態度もこれに含む、とある。

「有徳」をネットで検索サイトしたら大分前に出た川勝平太の『富国有徳論』(紀伊国屋書店 1995年刊)を見つけた。が、この本は絶版で仕方なく図書館で借りて読んだ。

本書は、『RONZA  (ろんざ)』、『週刊ダイヤモンド』、『毎日新聞』夕刊、『日本女子大学教養特別講座二七集』、『日本の進路を考える・セミナーシリーズ』第4号、『諸君』、『現代思想』21巻13号、『朝日新聞』夕刊、『ボイス』、『新・校本宮沢賢治全集』第9巻、月報などで書いたものを編んで一冊にまとめたもの。(続く)

2019/06/14

神田小川町『ポンチ軒』のかつカレー

_20190611_135909

若い頃は永井荷風ではないが、かつ丼に目がなかった。あれから幾星霜、かつ丼の魅力はだんだん薄れて、とんかつは食べるがかつ丼(都内でも名店は結構あるが)まではいかなかった。で、今度はかつカレーにハマっている。簡単そうでなかなか美味な絶品に出合わないのだ。カツカレーの有名店の『アサノ』(町田)や『ロダン』(八丁堀)は訪ねている。このコラムのどこかで書いたが、その昔白山にあった『つくば』のステンレスの皿にのったカレーたっぷりのカツカレーを昼時によく食べた。更に遡ること15、6年前、学生時代のアルバイト時期、当時あったとんかつ弁当店『さわだ』でも夕食によく食べた。

昔のことはさておき、昼食に神田小川町にあるとんかつの名店『ポンチ軒』に出向いてかつカレーを嗜んだ。とんかつでは知られた店で筆者は今回で2回目。相変わらず人気で少しの間並んだ。豚肉がやわらかくサクサク感がある。カレーも後から辛さが来る感じで食欲をそそる。味噌汁付きで1250円(少し高い)。


かつカレー辛さものせて夏来る

_20190614_220225

2019/06/04

文芸評論家加藤典洋の死

筆者は、文芸評論芸評論家加藤典洋氏が5月16日に死去したことを偶然にも朝日新聞の日曜日の記事で知った。死因は肺炎、享年71歳。まだまだ長生きできる年齢だ。加藤典洋といえば、当時勤めていた明治学院大学国際学部のキャンパスの一角で何か考えている風でうつむいていた姿が忘れられない。かつては京大の農学部付近で梅原猛が何かに取り憑かれるたような姿を目撃している。何れも偶然通りかかっただけであるが。今筆者の机の上には読みかけの『戦後的思考』(講談社学芸文庫)がある。彼の叙述は一見理解しにくい文章構造を持っているが、この朝日新聞に寄稿した歴史学者與那覇潤氏が、一度身体を潜らせて言葉を紡ぎ出す独特の思考のスタイルと書いているが、いやに説得力がある。『現代詩手帖 』だったかに山形での講演記録を掲載したものを読んで大変印象深かった。国立国会図書館の職員時代にカナダへの留学時に好きで研究していた中原中也についての原稿などを消失してしまい、それ以後中也研究は諦めた、というような内容だったように記憶しているが、今となっては定かではない(この文庫本年譜で触れている!)。この人が詩に造詣が深く研究までしていたとは知らなかった。こちらが勉強不足だった。『アメリカの影』は確か今も筆者の本棚の隅にあるはずだ。吉本隆明といい、優れた文芸評論家が少なくなってまた一段と寂しくなる。誰かが書いていたが、今一番不人気なのが文芸評論のジャンルらしい。良き水先案内人はいつの時代でも必要なのだが。


この記事を書いてしばらく経つが、講談社学芸文庫に入ったのは比較的新しく2016年で約3年前、しかも若い世代の思想家東浩紀が解説を書いている。13頁に及ぶ詳細な文庫本の年譜を読んだ。解ったことがある。鶴見俊輔にぞっこんだったことだ。それともともと仏文出だが、必要あって英語を猛勉強したことで文学論、サブカルチャーを内外に広めたこと、その後世界のあちこちに行ってはレクチャーをし、更にはいろいろな国々に旅行もしていることがわかった。著者自身による年譜の後には自著が並ぶ。単行本はこの時点で46冊もある。毎日新聞、東京新聞などの加藤典洋の訃報記事もネットで読んだ。
今『アメリカの影』を家と会社で探しているがまだ見つからない。(その後灯台もとくらしとはこのことかと思わせることが。何と会社の書棚に収まっているのを発見したのだ。愚かである)

追記 書店で雑誌『群像』最新号を覗いていたら、表紙に些か小さめの活字で「加藤典洋追悼」と書いてあった。で、ページを捲って驚いた。たった二人しかも元同僚の短文のみ掲載である。扱いが酷いとはいわないが寂しい感じだ。(2019年6月17日 記)

追記2 毎日新聞読書欄(2019年6月16日朝刊)の「この3冊」は、西谷修・選 加藤典洋 ①戦後的思考 ②9条入門 ③君と世界の戦いでは、世界に支援せよだ。(2019年6月18日 記)

追記3 前後するが、毎日新聞6月6日夕刊特集ワイドでは、藤原章生記者の記事が掲載されている。友人の文芸評論家神山睦美氏のインタビューも混ぜて、タイトルは「自分は雑魚」ベースにだ。デンマークなどの留学日記を綴った『小さな天体』、加藤典洋の本音が出ている『人類が永遠に続かないとしたら』(2014年),も読んでみたい。ご子息が交通事故で亡くしたことが大分痛手であったようだ。(2019年6月21日 記)

追記4 ジャーナリストの古田大輔氏が、加藤典洋の『敗戦後論』に言及しつつ、戦後は今も終わっていないのではないだろうか。私たちはなおあの歴史を総括できていない、と書いていた。(2019年7月14付毎日新聞読書欄「昨日読んだ文庫」) (2019.7.15 記)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31