« クロカル超人が行く 234 江ノ島 2019年(令和元年)春 | トップページ | 超人の面白読書 134 出版社のPR誌をよみくらべる 10 »

2019/05/05

クロカル超人が行く 235 表参道 フィンランド インテリアブランド『Artek Tokyo Store』

Dsc_0262_1

Dsc_0264

Dsc_0259

_20190504_143910

Dsc_0258

Dsc_0261

フィンランドの有名な建築家アルヴァ・アアルトら4名が創業したインテリアブランド会社『Artekアルテック』(現在はスイスの家具メーカーVitraヴィトラの子会社)のアジア最初の店が表参道にオープンして1週間(2019年4月27日オープン)。連休後半の特別の日の今日、思い切って出かけてみた。目的はK's garden用の椅子(読書用椅子兼用)を見ることで、気に入れば買うというもの。アアルトといえば、3本脚の丸椅子stoolだが、いやいや、椅子の種類の豊富さはもちろんのこと、テーブル、ソファ、照明器具それにテキスタイル、小物類、果ては共同開発した、木の香りが施された香水まで、シンプルさと優れたデザインの数々がディスプレイされていた。この社の社員の男性によれば、藍染の丸椅子までありますと入口左側のディスプレイ品を見せてくれた。日本の家具と比べればやはり高額だが(一つひとつ手作りなので人件費が掛かっている由)、座り心地など人間工学的によくできている。試してみてよく分かった。手が出ないのが正直な気持ちと思っていたが・・・。

【写真 : ①旧アルテックのロゴが棚に並んだ布製品、トレーやマグカップなど   ②入口正面の日芬100周年記念用の丸椅子ほか ③壁一面に飾られた新旧のデザインが入り混った椅子の数々  ④ソファなど ⑤屋外用のブラスチック製の椅子など  ⑥テーブルや椅子など】

アルテックの日本進出は、上述した優しそうな男性社員によると、日本が世界で2番目のマーケットであることがその理由で更なる需要喚起を促すことらしい。また、北欧家具の人気は、日本人の感性にあっているのが最大の理由とも。フィンランド関連ものは飯能市にも。開園した「ムーミン谷のテーマパーク」も人気で、キャラクター商品、雑貨からレストランなど北欧もののショップが並んでいてこれまた人気らしい。

余談だが、スウェーデンなど北欧諸国でキャッシュレスが進んだのは、フィンランドではユーロ、スウェーデンではスウェーデンクローナ、デンマークではデンマーククローナを使用していて複雑なことも理由らしい。筆者も昨夏その体験をさせてもらった一人でなかなか厄介だった。

« クロカル超人が行く 234 江ノ島 2019年(令和元年)春 | トップページ | 超人の面白読書 134 出版社のPR誌をよみくらべる 10 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロカル超人が行く 234 江ノ島 2019年(令和元年)春 | トップページ | 超人の面白読書 134 出版社のPR誌をよみくらべる 10 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30