« 超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 2 | トップページ | 文芸評論家加藤典洋の死 »

2019/05/28

超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 3

改めてこの映画から図書館の役割や奉仕(サービス)とは何かというごく当たり前の問いを突きつけられた思いだ。〈知〉の集積場所である図書館は、その本来の姿から進化し続け、高度な調査能力を持つ―現に映画では移民のルーツを訊ねてきた女性に懇切丁寧に応対している光景を映し出していた―ライブラリアン、地図コレクションや貴重書(グーテンベルグの聖書や作家カポーティの草稿ほか多数)の所蔵、映画のシーンでもお馴染みの大閲覧室(3階、ローズ・メイン・リーディング・ルーム)、オーディオ関係の貸出はもちろんのこと、作家らのトークショー、学習プログラム、音楽やダンス教室の開催そして今やネット接続用のツールまで貸出されている(インターネットのサポートには目を見張るものがある)。言わば、カルチャーセンターやコミュニティセンターとしての役割も担っているのだ。サラダボールのニューヨークの人口800万人のうち11%に相当する90万人が貧困層といわれているが、そういう人たちにも利用できるよういろいろと工夫されている。身分証があれば原則無料だ。また、それぞれの地域に根差した地域館ともいうべき分館の役割はそれを物語っていて、カメラも捉えて離さない。ブロンクスの就職フェア、チャイナタウンでのパソコン指導、黒人文化研究図書館の作家を招聘してのトークショー、舞台芸術図書館でのピアノ演奏、点字・録音本図書館の勇気ある試みなどカメラは執拗に本質を抉るように追う。筆者は特に作家らのトークショーや黒人文化研究図書館それに職員幹部たちの会議のシーンが印象に残った。シビアな論戦のシーンも。この図書館を利用して作家や芸術家になった人たちもいるのも頷ける。知的好奇心を求める人たちには大いに解放されているのだ。1980年代後半にここを訪ねた際に分館も2、3訪ねている。それは寒いニューヨーク歩きに一休みできる安全な場所としてだったか、或いはある明治期に発行された新聞をあてもなく探していた時期だったか、今となっては定かではない。が、その新聞のありかをニューヨーク公共図書館で再チャレンジして探してみようと考えている。デジタル化が進んだ今、発見できるかも。それはともかくあっという間の3時間、迫力があったしニューヨーク公共図書館の内部を垣間観れて大変興味深かった。昨夏北欧の公共図書館・大学図書館を訪ねた筆者なりの“リアルな図書館”の旅に新たな映画芸術の所産が加わった格好だ。何よりもここには生き生きとした人間が描かれている。リアリズム映画の極致と言ってもいい。平等と民主主義そして人間参加・讃歌――。

※辞書を引くと、エクス・リブリスEx librisは 蔵書からという意味のラテン語。英語はbookplateというらしい。日本では蔵書印。

 

« 超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 2 | トップページ | 文芸評論家加藤典洋の死 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 2 | トップページ | 文芸評論家加藤典洋の死 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30