« 超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 10 | トップページ | 超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 11 »

2019/05/12

超人の面白ラーメン紀行 262 JR保土ヶ谷駅 『櫻井中華そば店』

_20190512_115814

Dsc_0276

Dsc_0266 

初めて訪ねた時(筆者の誕生日の5月4日)には従業員が体調不調をきたして臨時休業していた『櫻井中華そば店』。気になっていた店なので再訪した。混んでいるのではないかと心配していたが、開店すぐにでもそんなに待たずに座れた。カウンター右端に座って待つこと5分、頼んだ中華そば(770円)が供された。一振りしてスープのまろやかさや醤油(茨城県日立太田市の老舗米菱醤油)の少し甘い味わいを堪能、麺はもみ麺でやわらか。少しゆっくりとレンゲにやや縮れたやわらか麺をためて食べていたら、ふとふあふあ感のあるインスタント麺のような感じになったから不思議。トッピングは細切りのやわらかいチャーシュー、メンマそれに刻みネギしか入っていないシンプルな仕立てだ。海苔も半熟玉子もない。中細麺の優しいラーメンである。戸塚『支那そばや』、湯河原『飯田商店』、恵比寿『AFURI』、神田淡路町『潮』などと並ぶ、いわゆる淡麗系ラーメンの部類。面白いことに、調達(こだわり)の鶏や醤油、麺の製法によって微妙に舌触りや味が違うのだ。当然といえば当然だが、これはもはや好みの領域に属する問題だ。醤油好きの筆者は、早速この店で使われている日立太田市で1800年から続いている老舗米菱醤油の人気商品「田舎醤油」をネットで注文した!こういうことは神田淡路町『潮』で使われている「にほんいち醤油 岡直三郎商店」以来2度目(この時は町田の醤油醸造元まで買いに行った)の出来事。開店してまだ1年半、男性2名と女性1名のスタッフで切り盛りしている、カウンター8席と2人掛けテーブル2つのこぢんまりした店だ。日曜日とあってか客は若い人に混じって家族連れや熟年夫婦も。厨房内は意外と小綺麗である。店はJR保土ヶ谷駅東口から徒歩5分、昭和の時代の雰囲気が残る商店街の一角にある。                                                    

JR保土ヶ谷駅『櫻井中華そば店』1.スープ★★★2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★☆

« 超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 10 | トップページ | 超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 11 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 10 | トップページ | 超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 11 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31