« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019/05/28

超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 3

改めてこの映画から図書館の役割や奉仕(サービス)とは何かというごく当たり前の問いを突きつけられた思いだ。〈知〉の集積場所である図書館は、その本来の姿から進化し続け、高度な調査能力を持つ―現に映画では移民のルーツを訊ねてきた女性に懇切丁寧に応対している光景を映し出していた―ライブラリアン、地図コレクションや貴重書(グーテンベルグの聖書や作家カポーティの草稿ほか多数)の所蔵、映画のシーンでもお馴染みの大閲覧室(3階、ローズ・メイン・リーディング・ルーム)、オーディオ関係の貸出はもちろんのこと、作家らのトークショー、学習プログラム、音楽やダンス教室の開催そして今やネット接続用のツールまで貸出されている(インターネットのサポートには目を見張るものがある)。言わば、カルチャーセンターやコミュニティセンターとしての役割も担っているのだ。サラダボールのニューヨークの人口800万人のうち11%に相当する90万人が貧困層といわれているが、そういう人たちにも利用できるよういろいろと工夫されている。身分証があれば原則無料だ。また、それぞれの地域に根差した地域館ともいうべき分館の役割はそれを物語っていて、カメラも捉えて離さない。ブロンクスの就職フェア、チャイナタウンでのパソコン指導、黒人文化研究図書館の作家を招聘してのトークショー、舞台芸術図書館でのピアノ演奏、点字・録音本図書館の勇気ある試みなどカメラは執拗に本質を抉るように追う。筆者は特に作家らのトークショーや黒人文化研究図書館それに職員幹部たちの会議のシーンが印象に残った。シビアな論戦のシーンも。この図書館を利用して作家や芸術家になった人たちもいるのも頷ける。知的好奇心を求める人たちには大いに解放されているのだ。1980年代後半にここを訪ねた際に分館も2、3訪ねている。それは寒いニューヨーク歩きに一休みできる安全な場所としてだったか、或いはある明治期に発行された新聞をあてもなく探していた時期だったか、今となっては定かではない。が、その新聞のありかをニューヨーク公共図書館で再チャレンジして探してみようと考えている。デジタル化が進んだ今、発見できるかも。それはともかくあっという間の3時間、迫力があったしニューヨーク公共図書館の内部を垣間観れて大変興味深かった。昨夏北欧の公共図書館・大学図書館を訪ねた筆者なりの“リアルな図書館”の旅に新たな映画芸術の所産が加わった格好だ。何よりもここには生き生きとした人間が描かれている。リアリズム映画の極致と言ってもいい。平等と民主主義そして人間参加・讃歌――。

※辞書を引くと、エクス・リブリスEx librisは 蔵書からという意味のラテン語。英語はbookplateというらしい。日本では蔵書印。

 

2019/05/27

超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス 2

映画は図書館の科学者とのトークから始まる。やがてこれが民主主義だと言わんばかりの職員たちの熱い議論の場面が展開される。カメラは図書館の内部奧深く潜入していくが、基本はこの職員たちの熱い議論が全編を貫いている。公共図書館といっても中身は私立図書館でニューヨーク市の財政支援と残りは寄付で賄われているのが現状である。そこには財源確保に四苦八苦する図書館側の事情が見え隠れする。何にもまして企画立案がものをいうし、実現に向けて多種多様なプロジェクトを立ち上げ、分館や専門図書館を含めた巨大な図書館の運営が行政側にまた、寄付者側に対しても現実的に応えられているか、絶えず検証し続け結果を示している。でないと予算が削減され図書館運営に支障をきたすからだ。ニューヨーク公共図書館は、恐らく全ての点で世界中のライブラリアンが羨む、否憧れる筆頭図書館なのだ。

それでは3時間余の上映の中身をパンフレットで追ってみよう。午後の本 Books at Noon)~リチャード・ドーキンス博士   司書たちの対応   民間支援者に語りかけるマーク館長  ジェローム・パーティー分館   著者と語る~イスラム教と奴隷性   舞台芸術図書館~ブルーノ・パーティーワルター講堂のピアノコンサート   ブロンクス分館の就職フェア   幹部たちの会議   ピクチャー・コレクション   ニューヨークのユダヤ2世について著者のトーク   (公共図書館ライブ)~エルヴィス・コステロ   幹部たちの会議   (午後の本 Books at Noon)~ユーセフ・コマンヤーカ   中国系住民のためのパソコン講座   点字・録音本図書館   ミッドマンハッタン分館   ブロンクス分館の演奏会   黒人文化研究図書館~“ブラック・イマジネーション”展   舞台芸術図書館~マイルズ・ホッジス   幹部たちの会議   読書会   幹部たちの会議   舞台芸術図書館~劇場の手話通訳者   図書館の内側   パークチェスター分館   ジョージ・ブルース分館   シニアダンス教室   ウェストチェスター・スクエア分館   黒人文化研究図書館~90周年の祝賀会   読み聞かせ教室~マクドナルドおじさんの歌   ハーグ・コレクション   幹部たちの会議   印刷コレクション  各分館スタッフとのミーティング   点字・録音本図書館   ジェファーソン・マーケット分館   (公共図書館ライブ)~パティ・スミス   施設担当の報告  幹部たちの会議   図書館ディナーの準備    委員会への報告~黒人文化研究図書館の蔵書について   幹部たちの記念撮影   (公共図書館ライブ)~タナハシ・コーツ   幹部たちの会議   マコーズ・ブリッジ分館   (公共図書館ライブ)~エドムンド・デ・ワール   以上が上映内容である。

 

2019/05/24

超人の映画鑑賞 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス

_20190525_110215_20190525_110801_1 

世界的に有名なニューヨーク公共図書館 NewYork Public Library。三越ではないが二つのライオン像(ライオン像には母体となったAstorアスター図書館とLenoxレノックス図書館に因んだ名称がありまた、恐慌時代に名付けられたpatience忍耐とfortitude不屈の精神の愛称もある)が出迎えてくれる、あのニューヨークは5番街42丁目にある威厳のある図書館。その名前の経緯は何度も訪ねたり調べたりして筆者なりに分かっていたつもりでいたが、今回ドキュメンタリー映画を観てその名前をしかと認識した次第。氷解したのだ。名称はpublicだが中身はprivateなのだ。それは鉄鋼などで財をなしたカーネギ―たちが私財を投じてできた世界屈指の私立図書館だからである。カーネギーは教育、文化や福祉にも力を入れた慈善家としても有名だ(これに匹敵する人が日本では倉敷の実業家・慈善家大原孫三郎か)。筆者が最初に訪ねたのは1980年代後半だ。プライベート旅行だったが、当時勤めていた会社の商品を閲覧室のコンピューターを使って検索、その会社の商品の何点かが出てきて興奮したことを昨日ように鮮やかに覚えている。また、マップコレクション室や2階(?)にあるチャールズ・ディケンズの展示品等を観て回った。そのあとニューヨーク旅行では時々訪ねている。ニューヨーク公共図書館の建物のまわりには様々な人間模様が見て取れて、これまた興味深い。2013年春5月にはとうとう仕事でお邪魔して館内を案内されたりもした。映画のシーンでお馴染みの大閲覧室も。その時は日本関係の担当者が休暇中でイタリア旅行中、代わりにウェブデザイン担当の女性が応対してくれた。こちらはお近づきの印として日本から箸や和紙などを持参してプレゼントした。日本のラーメンがブームらしく(ここ2、3年でラーメンも更に進化したらしくニューヨークのあちこちに店舗ができているらしい)、話題は豚骨ラーメンの『一風堂』の話で盛り上がった。ラーメンにありつけるまで2時間待ちでtoo crazyと。一緒にお付き合い頂いた某書店ニューヨーク店のキューバ人を伴侶にした千葉県出身の女性スタッフと素晴らしい環境の事務室でしばし会話を楽しんだのだ。それも今となっては懐かしい思い出だ。

さて、『ニューヨーク公共図書館』は、NYPLの略で親しまれている、分館や研究図書館を含めて92館、予算規模340億(日本の公共図書館の数は3292館、経常予算1427億円―日本の図書館総計2018より)、蔵書5295万冊、職員3100人余、年間来館者数1700万人、貸出数346万人(ウィキペディア)の巨大かつ民主的な図書館だ。そこにカメラが入った。ドキュメンタリー映画の巨匠フレデリック・ワイズマン監督の『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』である。午後6時15分開始、午後9時50分に終了の3時間30分の上映(途中5分の休憩)だった。

2019/05/19

超人の面白建築 ヴィトラ社のベルヴィル チェア

_20190519_141718_1

ヴィトラ社のベルヴィル チェア。シンプルで機能性に優れた椅子。ヴィトラ社はフィンランドのアルテックの親会社。先日表参道にある『Artek Tokyo Store』で購入したもの。この椅子で3時間読書を楽しんだ。この椅子についての詳しい情報はこちらへアクセスされたい➡

https://www.vitra.com/ja-jp/product/belleville-chair

 

アホイズム

 

フォルムよフォルム

おまえはいつからそんなふうに立ち振舞っている?

晴れの日も雨の日でさえいつも同じ

何喰わぬ顔のおまえ

それがカワユイ

 

フォルムよフォルム

椅子椅子さあベンち

曲線のマジック

ブラック&ベージュ

 

 

2019/05/17

超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 11

『ちくま』を読了したあと、『一冊の本』を読み始めたら格段と読みやすくなった。やはりフォントやサイズは重要だ。これは何冊かよみくらべることで―ここではたった3冊だが―得られた結果だろう。PR誌3冊目の『一冊の本』も読み終えた。島薗進の「巻頭随筆――一冊の本  人は「喪失」とどうつきあってきたのか?――『ともに悲嘆をいきる――グリーフケアの文化と歴史』の射程」は、医学から宗教学に転じた学者の一文だが、東日本大震災と福島原発事故後に死と向き合うこと、ともに悲嘆(グリーフ)を生きることの意義を垣根を超えた新たな宗教者たちのグリーフケアを紹介しながら綴る。偶然にもこの記事を読み終えた日の夕刊に同じ執筆者の記事が掲載されていた(毎日新聞5月7日夕刊「特集ワイド」)。今注目の人かも。今回から始まった爆笑問題の太田光の「芸人人語 第1回  言葉」。父親の暴力で小学2年の女の子が死亡した事件を取り上げ、言葉で言い表せない部分、論理的に説明できない残虐性が潜んでいると書くが、「闇」の部分の解明が重要でまた、社会強いていえば近隣、学校側の気づきも必須。すでに黄色信号をあげていたというではないか。対応のまずさや遅れが悲惨な結果を招いた結果だろう。簑原俊洋の「アメリカから見た戦後日米関係史 7 パクス・アメリカーナの時代――アメリカの庇護下で国際社会への復帰を果たす日本」の記事は、戦後の日米関係を追った連載ものだ。1~6までまとめて読もうと該当のバックナンバーを揃えている。この手のものはいろいろと書かれてきてはいるが、アメリカからの視点がユニークなところ。アメリカカリフォルニア生まれで五百頭眞の弟子らしい。落合恵子の「明るい覚悟」では中也が出て来る、なぜかほっとさせてくれる。山田清機の「寿町のひとびと 32」は、バプテスト横浜教会とある牧師の話。武田砂鉄、群ようことエッセイが続く。岡本裕一朗の「世界を知るための思考実験 22」は、今回は不倫を取り上げ、サルトルとボーボワールの関係を例に論じている。お馴染みの佐藤優の「混沌とした時代のはじまり」は、こどもの虐待救出の話。前後するが、作家鴻上尚文(筆者はNHKの番組「Cool Japan」でお馴染み)の「ほがらかな人生相談 息苦しい「世間」を楽に生きる処方箋 第9回」が、意外と面白かった。発想の転換がいかに人を明るくさせるか考えさせられた。夢枕  獏の小説は少し興味がもてるかも知れないが、菊地秀行の小説にはお手上げだ。この類いの小説は読んだことがないので批評外、致し方ない。それにしてもカタカナ語の名前の覚えづらいこと!改めて 『一冊の本』(2019年4月号)を隅から隅まで読んでみた感想は、盛り過ぎで腹一杯それでいて読後感が意外とウスいということだ。やはり“躍動感”がほしい。蛇足だが、最後のページの広告に雑誌『JOURNALISM』3月号の特集「福島を見つめる、伝える」を見つけて書店に走った。幸い手に入れることができて、今筆者の手元にある。PR誌3点のうち小説を掲載していたのは『一冊の本』だけだ。

さて、『図書』、『ちくま』それに『一冊の本』を休み休み約1ヶ月かけて朝の通勤電車の中で読んできたわけだが、新書本丸々一冊読むことにも匹敵する分量で、エッセイや小論が中心しかもテーマは多種多様、雑誌編集者は、書き手の魅力を充分に引き出すことに成功していただろうか。筆者としては何点か興味を引いたものもあった。やがてこの中から書籍化されて世に出るものも。ネットの時代にあってこのような雑誌の役割もまだまだ需要があるはずだ。また、多種多様な文章を味わうことで感度を磨き、教養の幅を広げることに一役買ってきたと思うのだ。そして忘れてならないのは、PR誌は自社の書籍紹介がその役割だということだ。だから安価で提供しているのだ。編集・製作コストはそれなりにかかっているはずだ。これからもインパクトのある誌面づくりを期待したい。このコラムを書くきっかけは新聞の紙面批評だった。筆者にとってはまだまだこの手の雑誌に目が離せない。果たしてこの試みは意義があったか、あるいは大いなる時間のムダだったか――。

このコラムを終えるにあたり再度執筆陣に目を通した。新たに片山杜秀、佐伯泰英(今や売れっ子作家。辛苦を舐めた重いテーマを書いていたが、だからこそ今があるという人間の証明みたいなもの。書き残したかったのかも)、島薗進を新たに発見、勉強不足を恥じているが学ばせてもらった。休み休み読んでいたらすでに5月号が手元に届いていた!

 

続きを読む "超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 11" »

2019/05/12

超人の面白ラーメン紀行 262 JR保土ヶ谷駅 『櫻井中華そば店』

_20190512_115814

Dsc_0276

Dsc_0266 

初めて訪ねた時(筆者の誕生日の5月4日)には従業員が体調不調をきたして臨時休業していた『櫻井中華そば店』。気になっていた店なので再訪した。混んでいるのではないかと心配していたが、開店すぐにでもそんなに待たずに座れた。カウンター右端に座って待つこと5分、頼んだ中華そば(770円)が供された。一振りしてスープのまろやかさや醤油(茨城県日立太田市の老舗米菱醤油)の少し甘い味わいを堪能、麺はもみ麺でやわらか。少しゆっくりとレンゲにやや縮れたやわらか麺をためて食べていたら、ふとふあふあ感のあるインスタント麺のような感じになったから不思議。トッピングは細切りのやわらかいチャーシュー、メンマそれに刻みネギしか入っていないシンプルな仕立てだ。海苔も半熟玉子もない。中細麺の優しいラーメンである。戸塚『支那そばや』、湯河原『飯田商店』、恵比寿『AFURI』、神田淡路町『潮』などと並ぶ、いわゆる淡麗系ラーメンの部類。面白いことに、調達(こだわり)の鶏や醤油、麺の製法によって微妙に舌触りや味が違うのだ。当然といえば当然だが、これはもはや好みの領域に属する問題だ。醤油好きの筆者は、早速この店で使われている日立太田市で1800年から続いている老舗米菱醤油の人気商品「田舎醤油」をネットで注文した!こういうことは神田淡路町『潮』で使われている「にほんいち醤油 岡直三郎商店」以来2度目(この時は町田の醤油醸造元まで買いに行った)の出来事。開店してまだ1年半、男性2名と女性1名のスタッフで切り盛りしている、カウンター8席と2人掛けテーブル2つのこぢんまりした店だ。日曜日とあってか客は若い人に混じって家族連れや熟年夫婦も。厨房内は意外と小綺麗である。店はJR保土ヶ谷駅東口から徒歩5分、昭和の時代の雰囲気が残る商店街の一角にある。                                                    

JR保土ヶ谷駅『櫻井中華そば店』1.スープ★★★2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★☆

2019/05/09

超人の面白読書 137 出版社のPR誌をよみくらべる 10

PR誌『ちくま』は、興味を引いたところの記事から読んだ。鹿島茂の連載、「吉本隆明 2019」が前号から始まって2回目。鹿島流読み解き、解きほぐし、吉本隆明論だ。難解な吉本の重要なキーワードを一つひとつ解き明かしながら『共同幻想論』に迫る。何度も挫折した体験をもつ筆者には有難い企画だ。読み応えがある。鹿島茂はこの雑誌に以前にも「神保町書肆街考」や『一冊の本』に「ドーダの人、小林秀雄」のタイトルで小林秀雄論を連載していて、筆者は両方読んでいたのだ。注目して読んでいた戸田山和久「ひっこめ教養」がついに最終回だ。題して「教養くん、不死鳥のごとく蘇るの巻」。特に大学の教養教育ついて示唆に富むエッセイを残した。いわゆる「教養」本には筒井清忠や竹内洋のものがあるが。猪木武徳の「地霊を訪ねる 4 津山から柵原鉱山、智頭宿をぬけて岩井温泉へ」を読んだ。特に津山の洋学資料館を訪ねた件、コーヒーに珈琲を当てたのは洋学者宇田川榕庵だったことをこのエッセイで知った。文芸評論家斎藤美奈子の長期連載ものは、テーマに関わる書籍を毎回3冊を取り上げて論じている。「世の中ラボ」、今回は108回目、住民投票にはどんな意味があるのかがタイトル。巻原原発、吉野川可動堰、岩国米軍基地の住民投票を実現させた様子を紹介しコメントしている。住民投票の意義を示すヒントが。プレディみかこはイギリス在住のライターらしく、人と人を結ぶほのぼの愛犬の話だ。次にノンフィクション作家の井上理律子の〈絶滅危惧個人商店 5〉「吉祥寺ハモニカ横丁の「ウェスタン」」では老舗の洋品店の店主とジーンズ談義に花咲かせ、ジーンズやデムニの由来を書いていておもしろい。いつもながら聞き書きを得意とする作家だ。イラスト入りのほしおさなえは異人坂で、谷根千の根津周辺にスポットを当てて書いている。岡田、藤井、安藤、清水のエッセイ、書き手では若い方の部類に入る劇作家の藤田貴大の連載ものは独特な言葉使いで孤島の話。梨木、岸本、穂村、最果、ドミニクとそれぞれが個性的な書きぶりを披露。ここで気づいたことだが、16本のうち連載ものが12本とほとんど〈続きもの〉で構成されているのだ。紙面構成上安定はしているが、切れ味良いスポット的なものがほしい。強いていえば躍動感が足りないような気がする。それにしても字が小さくて読みにくい。書き手17名の平均年齢は54歳だった。意外と若くないことが判明した。そして、とてもユニークな西村ツチカ(男性のイラストレーター!)のちくまさん vol.28 壁活用ガールの8コマ漫画へ戻った。さて、いよいよ最後は『一冊の本』の読み解きだ。

2019/05/05

クロカル超人が行く 235 表参道 フィンランド インテリアブランド『Artek Tokyo Store』

Dsc_0262_1

Dsc_0264

Dsc_0259

_20190504_143910

Dsc_0258

Dsc_0261

フィンランドの有名な建築家アルヴァ・アアルトら4名が創業したインテリアブランド会社『Artekアルテック』(現在はスイスの家具メーカーVitraヴィトラの子会社)のアジア最初の店が表参道にオープンして1週間(2019年4月27日オープン)。連休後半の特別の日の今日、思い切って出かけてみた。目的はK's garden用の椅子(読書用椅子兼用)を見ることで、気に入れば買うというもの。アアルトといえば、3本脚の丸椅子stoolだが、いやいや、椅子の種類の豊富さはもちろんのこと、テーブル、ソファ、照明器具それにテキスタイル、小物類、果ては共同開発した、木の香りが施された香水まで、シンプルさと優れたデザインの数々がディスプレイされていた。この社の社員の男性によれば、藍染の丸椅子までありますと入口左側のディスプレイ品を見せてくれた。日本の家具と比べればやはり高額だが(一つひとつ手作りなので人件費が掛かっている由)、座り心地など人間工学的によくできている。試してみてよく分かった。手が出ないのが正直な気持ちと思っていたが・・・。

【写真 : ①旧アルテックのロゴが棚に並んだ布製品、トレーやマグカップなど   ②入口正面の日芬100周年記念用の丸椅子ほか ③壁一面に飾られた新旧のデザインが入り混った椅子の数々  ④ソファなど ⑤屋外用のブラスチック製の椅子など  ⑥テーブルや椅子など】

アルテックの日本進出は、上述した優しそうな男性社員によると、日本が世界で2番目のマーケットであることがその理由で更なる需要喚起を促すことらしい。また、北欧家具の人気は、日本人の感性にあっているのが最大の理由とも。フィンランド関連ものは飯能市にも。開園した「ムーミン谷のテーマパーク」も人気で、キャラクター商品、雑貨からレストランなど北欧もののショップが並んでいてこれまた人気らしい。

余談だが、スウェーデンなど北欧諸国でキャッシュレスが進んだのは、フィンランドではユーロ、スウェーデンではスウェーデンクローナ、デンマークではデンマーククローナを使用していて複雑なことも理由らしい。筆者も昨夏その体験をさせてもらった一人でなかなか厄介だった。

2019/05/03

クロカル超人が行く 234 江ノ島 2019年(令和元年)春

Dsc_0229

_20190504_002430

_20190504_004356

Dsc_0233

江ノ島は令和にはしゃぐ親子連れ

急坂の道急ぐも数珠続き

つねるダンナ若妻の尻見え隠れ

テラス脇若き女の白き尻

相模湾北斎の浪浴びる昼

 

 

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31