« 超人の面白ラーメン紀行 261 横浜市戸塚区『カミカゼ』 | トップページ | クロカル超人が行く 232 東京駅ステーションギャラリーでフィンランドの建築家アルヴァ・アアルト展を鑑賞 »

2019/04/06

今年の桜 新元号「令和」が発表された4月初めが満開

Dsc_0128     _20190331_221735

Dsc_0141_2 Dsc_0145_1

_20190407_111703 _20190407_111852

今年の桜は格別。新元号の「令和」が4月1日に発表になったからだ。出典は万葉集から。しかし、“平和を命じる”と意味にも取れる。施行は5月1日。開花宣言してから気温が冬並みに下がり、今年の桜は比較的長持ちしているのだ。

今朝の夢掴みたいけどパッと散り

 

追記   この「令和」に関して万葉集の研究者の中西進氏が、飽くまで令は令嬢の令で良いという意味で、命令の令の意味ではないと談話を発表(毎日新聞2019年4月13日朝刊)。辞書には最初に命令の令の意味が出てくるし、そう捉えられても仕方がないのでは。要は誤解を招くような言葉を使用しないことだと思うのだが・・・。

追記   外国メディアが新元号「令和」をorder and harmonyと報道したことに対して、外務省が改めてBeautiful harmonyの意味だと説明した由。(2019.5.3  記)

 

Dsc_0199 Dsc_0194_5

川越に京急走る花見かな

止まり木に泡とトリ並べる高等遊民

愛でる花川面には風景色消す

« 超人の面白ラーメン紀行 261 横浜市戸塚区『カミカゼ』 | トップページ | クロカル超人が行く 232 東京駅ステーションギャラリーでフィンランドの建築家アルヴァ・アアルト展を鑑賞 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白ラーメン紀行 261 横浜市戸塚区『カミカゼ』 | トップページ | クロカル超人が行く 232 東京駅ステーションギャラリーでフィンランドの建築家アルヴァ・アアルト展を鑑賞 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30