« 超人の面白ラーメン紀行 259 神田三崎町『麺屋こばやし』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 261 横浜市戸塚区『カミカゼ』 »

2019/03/28

超人の面白ラーメン紀行 260 横浜市戸塚区『ラーメン豚幸』

Dsc_0104

横浜市戸塚区も故佐野実氏の『支那そばや 本店』をはじめ多種多様なラーメン店が犇めく激戦区だ。そんな中戸塚警察署や箱根駅伝の戸塚中継所近くに、先月26日に忽然と現れたラーメン店、『ラーメン豚幸』。とんこう、と呼ぶのかどうか迷っていたが、「ぶたゆき」と呼ぶらしいことは店に入って気づいた。醤油ラーメン(780円)を頼んだ。店の横幕には朝ラーメンと書かれていたが、朝からがっちり食べるというメッセージかも。二郎系・家系のラーメンは、まずは量の多さに圧倒されるが、それより何よりここでは牛肉の塊と形状に驚かされた。とにかくでかく切り口が斜、断崖絶壁感ぽい。どこから手をつけて良いか迷っているうちにがぶつく始末。柔らかいが味は微妙、ともかく食べるのに一工夫が要るのだ。スープは豚骨醤油、少し塩辛い、麺は中太麺、もやしたっぷりそれにニンニクを添えた。久し振りの二郎系はショッキング ガッツ ラーメンといったところ。もはや若者組ではない筆者にとっては少しキツイ感じか。餃子は値段のわりに小ぶり。二郎ラーメンでは定番の“盛り”のトッピングがあるが、この店でも後ろの席で頼んでいた若者がいた。

厨房はチャレンジャーっぽい男性3人が、まだ客の評価が定まらない浅い日にちにも関わらず果敢に闘っていた。店内はカウンター席7席とテーブル席が3つくらいあって意外と広い。客はというと、家族連れや中高年夫婦、作業服の方や若い男性とかぼちぼち――。

横浜市戸塚区『ラーメン豚幸』1.スープ★☆☆2.麺★☆☆3.トッピング★★☆4.接客・雰囲気★☆5.価格★★

_20190321_144841

« 超人の面白ラーメン紀行 259 神田三崎町『麺屋こばやし』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 261 横浜市戸塚区『カミカゼ』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人の面白ラーメン紀行 259 神田三崎町『麺屋こばやし』 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 261 横浜市戸塚区『カミカゼ』 »

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31