« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラ8の旅 30 ウプサラ大学図書館 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 32 映画監督イングマール・ベルィマンの生家探し »

クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 31 ウプサラ大学図書館 続

_20180925_083935

【写真: ウプサラ大学図書館特別コレクションホールから眺めたウプサラ大聖堂と町並み】

ウプサラ大学図書館の“デジタル工房室”に行く前に少し余談を。日本関係書籍の特別展示をしてくれたホールには貴重書がずらり、コレクションの山である。羊皮紙の魅力をたっぷり堪能したのだ。諸言語の集積地、英知の結晶ともいえる。一つひとつ見て歩いたら相当時間がかかるにちがいない。その中で特別展示品の和綴本が異彩を放っていたことは特筆に値する。何故なら文化の相違なのか硬軟の差異を感じてしまうのだ。まさに異文化交流史の現場に居合わせたことに感慨深いものがあった。コレクションホールの窓外には今にも雨が降りそうな雲行きの下ウプサラ大聖堂が聳え立っていた。ツゥンベリーの本は今週末(26日)まで日瑞交流150周年記念行事で日本に特別貸出中だと図書館のスタッフ(確か今年の春だったかこのツゥンベリーの本の展示のことは新聞か何かで読んで知っていたが、忘れていて行かなかった。つい最近東京駅に隣接する商業施設『KITTE』で開催されていたことを知った。惜しいことをしたと思っている)。
館内を少し移動して“デジタル工房室”へ。この部門の専門担当者のプチレクチャーを受けて実演の現場に出向いた。スキャニングは特大、大、中、小とサイズによって作業室があり、そこには取り込み作業のマシンがそれぞれの役割を担って稼働している。その中で特に優れものは、ページを捲る超高速マシンの存在だろう(超高速スキャナー)。担当者が実演してくれたが、速いの何のそれは大袈裟にいえば新幹線並の速さなのだ。1分間にどのくらい捲れると言っていたか聞き漏らしてしまった。筆者などもこういった作業に大分関心はあるものの、これはテクノロジーの優れた一端を見せつけられた格好だ。この超高速ページ捲りマシンを再度実演してもらった時には上手く作動しなかった!加減が微妙なのだろう。優れものには多少の危険も伴うということか。ともかくいいものを見せていただいた。感謝である。

_20180925_084357

【写真: 超高速ページ捲りマシンのあるデジタル工房室】

|

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラ8の旅 30 ウプサラ大学図書館 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 32 映画監督イングマール・ベルィマンの生家探し »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/67212417

この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 31 ウプサラ大学図書館 続:

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラ8の旅 30 ウプサラ大学図書館 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 32 映画監督イングマール・ベルィマンの生家探し »