« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 26 ガムラスタンとその周辺の街歩き 続 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 28 ガムラスタンの路地など »

クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 27 ガムラスタンとその周辺の街歩き 続々

Dsc_0409

地下鉄ガムラスタン駅Gamla stanを出てとりあえずメインストリートを目指した。午後7時頃ガムラスタンに灯りがともった。夕暮れのガムラスタンは12、3世紀からの石造建築物が残っていて狭い路地とともに映えること、映えること、誰かが書いていたが美しすぎる景観だ。西洋と東洋の違いは当然あるが、京都の木屋町や祇園の街並みを思い描けば夕暮れの美しさが分かるというものだ。片方は石造り、もう片方は木造りの大きな違いはあるものの、その根っこは歴史が織り成す人間の営みの遺産だろう。いな、過去、現在、未来と受け継がれるべく人類の所産、それが美しすぎる街並みを形成したと見るべきだろう。この路地の佇まいと石畳の強靭さには驚嘆する。しかし、所々に見られる石の綻びも歴史がもたらす愛嬌といったものでこれ又いい。中世のハンザ同盟で港湾都市が栄華を極めた頃に思いを馳せるのも、このガムラスタン(旧市街)散策の魅力かも知れない。

「えっ、こちらの通りかも」
相棒がすでに「STOCKHOLM 散策MAP」を見ていてアドバイスをしてくれた。

やがて路地を何本も通り抜け、メインストリートに到着。土産物店、古本屋、陶器店、ブティック、カフェ、レストランなどが立ち並ぶあたりだ。やはり夕暮れ時は人が多い。特に目立ったのは中南米からの家族連れの観光客が多く見受けられたことだ。ドイツ教会をパチリと写真に収めて近くのレストランで相棒とディナー。オープンテラスでの食事は格別で、生ビール(日本のビールとほとんど変わりはない。強いていえば苦味が少し足りないくらい)とパスタ(まあまあの遜色ない味。店員は外国人だったが)を食した。通りに面しているので観光客がひっきりなしだ。一息ついたので街並み再開。ドイツ教会を右手に上り坂を北の方へ、大広場やノーベル博物館、大聖堂、王宮の方へと歩いた。王宮(今は王室関係者は郊外に住んでいて執務があるときだけここに来ているらしい)では衛兵と“面会”、しかめっ面の若い衛兵にスウェーデン語でほんの少し冗談を言ってみた。

「Alltid leenedeいつも微笑んで」

少し笑ったように感じた。夕闇が迫っていたので鉄兜の下の顔が薄暗く表情が分かりにくかったことも手伝ってか“感じ”たと曖昧な表現にならざるを得なかった。別な門にいたもう一人の衛兵にも話かけてみたがこちらは無表情のままだった。そうこうしているうちに相棒が闇に消えた風で少し捜したが、すでに先方はるかStrömbron橋の方へ歩いていた。遊覧船乗り場から見る夜景はこれ又絵になる、美しすぎる光景である。王立公園を左手にトラムとすれ違いになりながら横断歩道を渡りグランドホテルの脇を通り、王立劇場や舞台芸術博物館に辿り着いた。夕暮れ→夕闇→夜景と北欧の長い夜を堪能したのだ。

夏歩き
王宮の窓に
月明かり

_20180922_151723_2

_20180922_151919

【写真上から: 夕暮れの王宮 船着き場からの夜景 レストランの生ビール】

|

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 26 ガムラスタンとその周辺の街歩き 続 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 28 ガムラスタンの路地など »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/67198176

この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 27 ガムラスタンとその周辺の街歩き 続々:

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 26 ガムラスタンとその周辺の街歩き 続 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 28 ガムラスタンの路地など »