« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 17 コンサート ホール近くでランチ | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 19 へトルイェトHötorget »

2018/09/13

クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 18 コンサートホール近くでランチ 続

キャッシュレスの話の続き。つい一週間前に起きた北海道の大地震で想定外の「ブラック アウト」(大停電)があったが、北海道では全域で人々の日常生活に大打撃をもたらした。そこで浮上した問題は、カード決済を中心に据えた人たちが身動きが取れない状態に陥ったということだ。自然災害で文明の利器の限界を浮き彫りにされた格好だ。日本郵便は当初の計画を前倒しにして2020年の東京オリンピック開催にあわせてキャッシュレス化を急ぐと発表したが、果たしてそんなに急ぐ必要があるのか。キャッシュレス化にはいろいろとメリットはあるらしいがデミリットも充分考慮してほしい。
さて、ストックホルムの中心街でのランチの話しに戻るが、時間制限もあってセルフ式の海鮮料理店でランチメニューから魚スープをチョイスしてレジに進んだ。キャッシュを出すとカードでと催促されたが、ここは折角スウェーデンクローナに替えて臨んだわけだから使わなきゃ損と一応押し通した。女性店員は、渋々レジの下からキャッシュを探しておつりをくれた。日本では考えられない光景だか本当に現金がないのだ。わずか20クローナ以下のランチの代金までカード支払いで済ますのだ。仲間の一人は戸惑ったがどうにかクリアした。魚スープとパンそれにビールでランチを食べ終えて、さて、トイレタイム。トイレはスクウェア形の地下食堂街の左端にあって、先客が在室中で塞がっていた。しばらく経つと次の人の順番だったが、ここで問題が。入ろうとしたら有料でしかもカードで6クローナ支払いとトイレの左側入口に小さなカード支払い機が設置されているではないか。仲間の一人がカードを入れるもなかなか「non-approved」と表示され、3度目でやっと「approvedlと表示され入れた!急いで用を足す人はさぞ困ってしまうと短絡的に考えてしまうのだが。要は慣れかー。
キャッシュレスがここまで進んでいるストックホルムの現状を「視察」できたことはありがたいことだったか、戸惑う筆者だった。

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 17 コンサート ホール近くでランチ | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 19 へトルイェトHötorget »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 17 コンサート ホール近くでランチ | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 19 へトルイェトHötorget »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30