« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 北欧図書館研修 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】 北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 3 ノーベル文学賞受賞者トーマス・トランストロンメル氏の詩集をアカデミー書店で買ったことなど »

クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 2 海外旅行やスウェーデン語のことなど

海外旅行は1987年のアメリカ・ニューヨークを皮切りにサンフランシスコ、台湾、アトランタなど地域は限られているものの、ビジネストリップを含めて20回以上は行っている計算になるか。今回は2013年に愚息の卒業式出席・結婚記念日・コロンビア大学図書館・ニューヨーク大学図書館・ニューヨーク公共図書館・ニューヨーク市立大学の営業(半年後に成果があり、旅費等は賄えた)を兼ねてニューヨークに7日間滞在して以来5年振りの海外旅行である。そもそも北欧旅行は20才の学生時代にナホトカ経由で計画していて横浜港に船の出発時刻を調べに行ったほど。しかし、貧乏学生には費用面で無理だったのだ。もうはるか昔の話。ドイツ語は中学時代からNHKのラジオ講座で学び、高校時分に同じゲルマン語族に所属するスウェーデン語に興味を抱き、英語-スウェーデン語辞書を購入したりまた、外交官・北欧文学者・翻訳家の尾崎義(1903ー1969)の『スウェーデン語四週間』や文芸評論家・詩人・北欧文学者・翻訳家の山室静(1906ー2000)の『北欧文学の世界』などを読み、スウェーデン社会研究所のスウェーデン語講習会でスウェーデン語を学んだ。初級のABCから上級のノーベル文学賞受賞者ペール・ラーゲルクヴィストの作品『バラバ』を読むまで。講師は当時売れっ子だった石渡利康氏とスウェーデン人。これまたはるか昔の話。その講習会出身の人と知り合いになり、結構長くお付き合いをさせてもらった。彼は8年前(?)に亡くなったが、季刊雑誌『北欧』を20号まで出した。当時としては北欧研究者がつどった画期的な雑誌だった。高校時代にプロテスタント系教会の子どもを教えていたノルウェー人の女性の家で、週末にスウェーデン語、ノルウェー語それに英語を習った(その後渋谷の宇田川町で日本で建築を学んでいたスウェーデン人の青年から個人レッスンを少しの間受けた)。今でも思い出すのは、旧式のタイプライター_20180830_213207_2【写真: スウェーデン王立図書館内にあった年代物のタイプライター、確かメーカーは分からないがこの類いのタイプライターだったか】で打った、文化祭での英語弁論大会用の草稿に手を入れてくれたことだ。確か内容は高校野球のことでそのノルウェー人女性も来てくれた。会場はほぼ満員で150人以上の聴衆(教師と生徒)がいたはず。筆者の記憶が正しければの話だが。英語弁論は我ながら上手くいった。評判は意外と国語教師からも。これまた遠い昔の話だ。In those days! 今となってはその面影はほんの少し残すのみだが(笑)。この旅行に出掛ける直前にこのノルウェー人の所在をネットで探しだす試みをしたが近い女性は見つかったものの、まだ確証がないままだ。また、当時ノルウェーやスウェーデンには女性のペンパルがいてノルウェーやスウェーデンの近況それに教育改革の図表などを送ってくれたものだ。それは今も筆者の書棚の隅にある。
図書館をめぐる旅のストックホルムのバスの中で、現地ガイドさんが今週から学校が始まったが小学校の就学年齢が6才に引き上げられたと言っていた。【写真: 山室静著『北欧文学の世界』東海大学出版会 昭和55年刊】

20180830151457_00001


|

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 北欧図書館研修 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】 北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 3 ノーベル文学賞受賞者トーマス・トランストロンメル氏の詩集をアカデミー書店で買ったことなど »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 2 海外旅行やスウェーデン語のことなど:

« クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 北欧図書館研修 | トップページ | クロカル超人が行く 219 【北欧最新情報】 北欧フィンランド・ヘルシンキ&スウェーデン・ストックホルムとウプサラの旅 3 ノーベル文学賞受賞者トーマス・トランストロンメル氏の詩集をアカデミー書店で買ったことなど »