« 超人の面白読書 132 大西比呂志著『横浜をめぐる7つの物語』 5 | トップページ | 超人の面白読書 132 大西比呂志著『横浜をめぐる7つの物語』 7 »

超人の面白読書 132 大西比呂志著『横浜をめぐる7つの物語』 6

第6章の「戦争遺跡が示すもの」に入る前に、直近のテレビニュースから一つ。毎年夏が近づくと戦争関連ものが話題になるが、今年もその類いのニュースが飛び込んで来た。福井県の若狭湾でナチスドイツのUボート(Unterseeboot 潜水艦)が発見されたニュースだ。日本に製造依頼(川崎重工)して出来なかったもの。戦後すぐGHQによって沈められたという。前章でナチスドイツに触れたがまさしく「戦争遺跡」、3年前には戦艦「武蔵」がフィリピン沖でアメリカの富豪マイクロソフトの創業者ポール・アレン氏よって発見され話題になったことも記憶に新しい。
さて、この章では「戦争遺跡」の簡単な定義に始まって、原爆ドーム、戦争遺跡の種類、横浜の戦争遺跡、日吉の巨大地下豪、横浜の大空襲の傷跡それにフェリスと戦争を扱っている。やはり日吉の地下豪と横浜の大空襲が見逃せない。(続く)

|

« 超人の面白読書 132 大西比呂志著『横浜をめぐる7つの物語』 5 | トップページ | 超人の面白読書 132 大西比呂志著『横浜をめぐる7つの物語』 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/66906290

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 132 大西比呂志著『横浜をめぐる7つの物語』 6:

« 超人の面白読書 132 大西比呂志著『横浜をめぐる7つの物語』 5 | トップページ | 超人の面白読書 132 大西比呂志著『横浜をめぐる7つの物語』 7 »