« 超人の面白ラーメン紀行 251 再びの東急池上線大崎広小路駅『平太周 味庵』 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 172 大阪北部地震での流言 »

超人のジャーナリスト・アイ 171 シンガポールでの米朝首脳会談

2018年6月12日午前10時、シンガポールのホテルで史上初の米朝首脳会談が行われた。焦点は北朝鮮の完全非核化と朝鮮半島の平和維持それに金正恩体制の保証等だったが、結果は期待していたほどでもなかったようだ。完全な非核化に至るまでの道筋はまだまだで、これから決めていく感じだ。では、何が話し合われたかだ。詰めるまでには時間が足りないということなのか。来週にもトランプ大統領の側近が平壌に飛び更なる具体的な完全なる非核化の詰めに入るという。経済制裁はまだ続けるといい、一方で米韓合同演習は止めて駐留軍隊を引き上げるとも。記者会見でトランプ大統領は、莫大な経費の削減にもなるとも述べた。やはり“政治ショー的”色彩が濃かったと見るべきかも。特にトランプ大統領と金正恩委員長とが二国の国旗を背景に歩み寄りちょうど真ん中で握手するシーンは、世界中に映像が配信された。見事な演出と言わざるを得ない。また、トランプ大統領の記者会見が始まる前アメリカが用意した北朝鮮の近未来を描いた短いビデオが流された。非核化後の北朝鮮の経済発展を促すビデオだ。共同宣言では結局北朝鮮の体制維持は盛り込まれたものの、あれだけトランプ大統領が強調した完全な非核化は具体的には盛り込まれなかった。日本の拉致問題も言及されたがあとは二国間で交渉を、とのようだ。帰国直後のトランプ大統領が記者から人権無視の北朝鮮金委員長は大丈夫かと質問され(2018年6月14日朝8時台のNHKBS世界の放送局から。ABCテレビ)、一方で、北朝鮮の国営テレビは首脳会談の成果を強調していた。今後の推移を注視するしかないようだ。拉致問題を含め対話路線で朝鮮半島の実質的な平和と朝鮮戦争の終結を一早く実現してもらいたい。それにしてもワーキング ランチは質素なものだった。ともかく世界中から3000人もの報道人が集結した(日本のテレビもキャスターを現地に送り込んでいたが・・・)一大政治ショーは終わった。“チビっ子 ロケットマン”と“老いぼれ”と互いに罵り合って、一触発の危機もあったアメリカと北朝鮮だが、1年後にこうなるとは誰も予想だにしなかったことだ。平和への道は確かに一歩前進したのだ。たとえ中身が薄くとも。要はこれからが勝負だろう。ディールだけを考えずに、互恵関係を築きながら根気よく続けていくことだろうか。

|

« 超人の面白ラーメン紀行 251 再びの東急池上線大崎広小路駅『平太周 味庵』 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 172 大阪北部地震での流言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/66823461

この記事へのトラックバック一覧です: 超人のジャーナリスト・アイ 171 シンガポールでの米朝首脳会談:

« 超人の面白ラーメン紀行 251 再びの東急池上線大崎広小路駅『平太周 味庵』 | トップページ | 超人のジャーナリスト・アイ 172 大阪北部地震での流言 »