« 超人の面白ラーメン紀行 242 再びの『支那そばや本店』 | トップページ | 超人の面白北欧映画 ノルウェー映画『ヒットラーに屈しなかった国王』続々 »

超人の面白ラーメン紀行 243 大和市渋谷『郷 』

_20180113_141557

書評紙の某営業部長から聞いて駆けつけたのが札幌すみれ系のラーメン店『郷』。味噌ラーメン(800円)と餃子(460円)を頼んだ。満席で少し待たされての味噌ラーメンは、やや縮れ黄色系中細麺で、濃厚な味噌味によく絡んでいた。難を言えば、筆者的には少し塩辛い。熱々でスープの啜り甲斐は申し分ないが、進化系にはもはやもやし、ゆで卵やコーンそれに海苔のかつての定番アイテムが見当たらない。そう言えば、船堀のラーメン店『大島』には味噌ラーメン クラッシックなるものがあったっけ。トッピングは主役不在の殺風景な感じだ。やはりシャキシャキ感のある多めのもやし、茹で卵、海苔と大きめの柔らかチャーシューもほしいところ。このところ時節柄か味噌ラーメンを中心に食べ歩きしているが、さて、最新版超簡単な番付である。大和市渋谷の『郷』より横浜市戸塚の『支那そばや』、『支那そばや』よりは江戸川区船堀の『大島』の方が上か。青森産のニンニクを使い、野菜に拘った餃子は、癖がなく上品でウマイがやや高価。
年齢や個性が違う男子3人衆の仕事振りと接客の女子とのコンビネーションが良いのか、店はテキパキしていて明るい雰囲気だ。

大和市渋谷『郷』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★☆☆4.接客・雰囲気★★☆価格★★

_20180113_150707


|

« 超人の面白ラーメン紀行 242 再びの『支那そばや本店』 | トップページ | 超人の面白北欧映画 ノルウェー映画『ヒットラーに屈しなかった国王』続々 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 超人の面白ラーメン紀行 242 再びの『支那そばや本店』 | トップページ | 超人の面白北欧映画 ノルウェー映画『ヒットラーに屈しなかった国王』続々 »