« 超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 240 銀座『伊藤』 »

超人の面白ラーメン紀行 239 平塚『泪橋』

平塚のラーメン店『泪橋』のしょうゆラーメン(650円)。

_20171101_195409

写真のようにともかくこぼれ落ちそうになるほどのスープたっぷりの、昔懐かしいラーメンの味を堪能。スープ大好きの人間には堪らない。醤油ダレは甘系、細麺、トッピングはチャーシュー、生タマネギとミズナの極めてシンプルなラーメンだが、チャーシューは超やわらか、美味。シンプルだがコクが感じられる一杯。はて、このスープの正体は何かといろいろ考えながら食べた。女子2人と連れだった隣の男子が二郎系よろしくマンモスラーメン(800円)を楽しく食べていた。その形状のスゴいこと改めて感心させられた。
午後5時半始まりだと思って店に10分前に到着したが、5時半過ぎになっても開かなかったので店に電話をしたら、6時からと店主が一言。また30分待った。外にある券売機で食券を買ってようやく一番乗りで入った。外見は強面そうな感じだが、話してみれば気さくな店主だった。激戦区新橋駅の烏森入口近くでやっていたが契約が切れて4年前に平塚で再オープンした由。新橋では評判のラーメン店だったらしい。帰り際野性的な店主の風貌がどこかの焼鳥屋の若い店主と似ているなと少し親しみを感じた。
メニューは次の通り。つけめんor辛つけめん 小(750円) 中(800円) 大(850円)、マンモスラーメン(800円) 辛マンモスラーメン(850円) 塩マンモスラーメン(850円) カレーマンモスラーメン(850円) 塩らあーめん(650円)ほかぎょうざやもやしいためもある。

平塚『泪橋』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★★

Dsc_0317_2

_20171102_095559

【写真上: たっぷりのしょうゆらーあめん 左下: 開店20分前の店正面 右下: 開店5分前に店主が点した看板】

追記 この店は休みがユニークで朝のテレビ番組で取り上げられたほど。ディズニーランドに行ってきますので本日は休みますとシャッターに貼紙をしたとか。

|

« 超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 240 銀座『伊藤』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/65990908

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 239 平塚『泪橋』:

« 超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 | トップページ | 超人の面白ラーメン紀行 240 銀座『伊藤』 »