« 草野心平詩集(岩波文庫)『 侏羅紀の果ての昨今』抄から 或る永遠 J.N氏に | トップページ | クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックスルーフガーデン 2 »

クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックス ルーフガーデン

Dsc_0218_3

【写真: 映画『男はつらいよ』の有名な口上が書いてある碑】

私 生まれも育ちも
葛飾柴又です
帝釈天で産湯をつかい
姓は車 名は寅次郎
人呼んで
フ―テンの寅と発します

山田洋次

山田洋次監督渥美清主演の国民的映画『男はつらいよ』の舞台を訪ねた。台風一過で真夏のような日、矢切の渡しがすぐ近くにある葛飾区柴又駅で下車して帝釈天の参道を歩いた。川魚料理店、漬物屋、駄菓子屋、団子屋などの商店街を抜けて帝釈天に到着。松が木造の古寺に見事なまでに映えていて、古いチャンバラ映画の一シーンを切り取った感じだ。白壁があれば申し分ない。シブイ。『寅さん記念館』と『山田洋次ミュージアム』それにこの辺の実業家だった人の庭園がある『山本亭』を見て回った。中までは入らず。そして、渥美清がロケの合間に休憩を取っていた草団子で有名な『高木屋老舗』に寄って草団子、焼団子などを食べた。壁には渥美清の写真や映画『男はつらいよ』関係の写真が所狭しと飾ってあった。筆者が店の従業員の年配の女性に尋ねた。
「渥美清の写真が飾ってある向かい側の店には入れないの?」するとその女性応えて曰く「向かい側は店頭販売のみで、こちらでしか食事はできません」
以前にこの店には渥美清の特等席があったと知っていたので、食事を終えてから向かい側の店に寄って訊いてみた。すると、その特等席(予約席)に座って写真まで撮影してもらった。店の比較的若い女性に感謝である。柴又はこの辺にして銀座に出た。新旧の妙を季節の移り変わりに感じたいという小さな旅は“新”のほうへ、銀座の新名所GINZA SIXの屋上、ROOF GARDENへ。


|

« 草野心平詩集(岩波文庫)『 侏羅紀の果ての昨今』抄から 或る永遠 J.N氏に | トップページ | クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックスルーフガーデン 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/65807306

この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックス ルーフガーデン:

« 草野心平詩集(岩波文庫)『 侏羅紀の果ての昨今』抄から 或る永遠 J.N氏に | トップページ | クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックスルーフガーデン 2 »