« 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 5 | トップページ | 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 7 »

超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 6

さて、本題に戻ろう。第4章 西脇順三郎の詩の魅力をあじわうは、加藤氏と太田氏の西脇詩の代表作を例にとって解釈を試みた書き下ろしである。この章を再読して感じたことは、西脇詩を子細に読み解きかつ分かりやすく解説している点だ。有名な「雨」(註)ついての解釈では、戦後バージョンの「雨」に言及しつつ、改稿などという次元を超えて、あきらかに二つの異なる詩集と書き、歌人らしく戦後版『あんばるわりあ』の影響を受けた塚本邦雄の話に触れている(本文P.115)。同じく代表作「眼」についても戦前版と戦後版を比較し、一つひとつていねいに読み進み、解釈を施したあと、この詩を秀逸な出来映えと讃える。加藤氏の西脇詩に対する鑑賞力の鋭さ(冴えと切れ)があり、西脇詩の喩えに関しても独自の見解を持ち小気味いい。そして鑑賞は『近代の寓話』へ。「秋」Ⅰ、Ⅱ。

灌木について語りたいと思うが
キノコの生えた丸太に腰かけて
考えてる間に
麦の穂や薔薇や蕾を入れた
籠にはもう林檎や栗を入れなければならない。
生垣をめぐらす人々は自分の庭の中で
神酒を入れるヒョウタンを磨き始めた。

タイフーンの吹いている朝
近所の店に行って
あの黄色い外国製の鉛筆を買った
扇のように軽い鉛筆だ
あのやわらかい木
けずった木屑を燃やすと
バラモンのにおいがする
門をとじて思うのだ
明朝はもう秋だ

なるほど Ⅱ がいい。文房具にいろいろと刺激されている筆者としては堪らないが、“バラモンのにおいがする”には喩えが効きすぎる。そして、バラモンを講釈する加藤氏。「際立っている」と言うのも頷ける。
著者の加藤氏は『旅人かへらず』、『禮記』のなかから詩句を引用して、「幻影の人」、「遠いものの連結」や「無常観」を分かりやすく解説する。そして、土俗と近代との揺れのなかに、西脇の詩が存在したことを特記すべきと書く。

(註)戦前版の「雨」の詩と参考までにドナルド・キーンの英訳それに著作の中の西脇順三郎について。

南風は柔らかい女神をもたらした。
青銅をぬらした、噴水をぬらした、
ツバメの羽と黄金の毛をぬらした、
潮をぬらし、砂をぬらし、魚をぬらした。
静かに寺院と風呂場と劇場をぬらした、
この静かな柔い女神の行列が
私の舌をぬらした。

Rain

The south wind has brought soft godnesses.
They have wet the bronze, wet the fountain.
Wet the swallow's wings, wet the golden feathers
wet the tidewater , wet the sand, wet the fishes.
Gently, wet the temples, baths and theaters
The procession of gentle, soft godnesses
Has wet my tongue.

From DAWN TO THE WEST
Japanese Literature of the Modern Era
POETRY, DRAMA, CRITICISM
DONALD KEENE
HOLT, RINEHART AND WINSTON  1984  NEW YORK P.326

ドナルド・キーン氏の西脇順三郎について書いた文章は、2016年7月29日のこのコラムで読める
http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2016/07/post-dc66.html

「幻影の人」はドナルド・キーン訳では“phantom man”だ。


|

« 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 5 | トップページ | 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/65384581

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 6:

« 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 5 | トップページ | 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 7 »