« 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授 ) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 4 | トップページ | 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 6 »

超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 5

20170606101229_00001

閑話休題 2。もう一つの話題を。実は西脇順三郎を偲ぶ会主催の講演会があって、この日は詩人の白石かずこさんの詩の朗読と弟さんのサックス演奏があった。コラボというやつだ。題して遠い記憶、詩の旅、西脇順三郎の理解者を招いての講演会だったが(白石かずこさんは2回目)、86歳にもなる恐るべき大詩人の朗読を聴けるとは大変光栄、しかも、サックス演奏付きだ。西脇順三郎の詩に影響を受けた詩人として面白い話が聴けるとてっきり思っていた筆者は、ある意味で肩透かし(“カタルシス”ではない!)を喰った格好だ。西脇順三郎の話はほんの少しで、和紙の巻き紙の上に毛筆書きの詩を朗読するという、お馴染みのパフォーマンスが始まったのである。代表作「ハドソン川のそば」に英文を挿入したアレンジ版(?)ほか直近の詩まで。過去に何度か聴いていた筆者は、カラフルな衣装でパフォーミングする仕草はお見事と言うしかないが(所々マイクの調子がおかしかったのか彼女の声が途切れてしまったのはご愛嬌)、いつの間にかエキサイティングな魂の叫びに心を奪われてしまったから不思議。サックス奏者の弟さんが、「姉はいま、大変興奮しておりますー」と隣で言っていたのが印象的だった。世界中を駆け巡ってパフォーマンスを実演してきた自信がみなぎっていた。瞬間芸の極致、白石ワールドは枯れることを知らない詩芸だ。Thank you very much !
西脇順三郎も草むらの陰でにんまりしているに違いない。(続く)

|

« 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授 ) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 4 | トップページ | 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/65374741

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 5 :

« 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授 ) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 4 | トップページ | 超人の面白読書 127 加藤孝男(東海学園大学教授) 太田昌孝(名古屋短期大学教授) 『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』 6 »