« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »

2017年4月

超人の面白詩歌鑑賞 直近の谷川俊太郎の詩そして故大岡信の詩

1493287584443.jpg

「はなをこえて しろいくもが
くもをこえて ふかいそらが」
若いころ書いたこんな詩句が古くないのは
くりかえす自然が年ごとに新しいから
いまいぶきを手にするあなたのうちにも
生まれて初めての新しい春が息づいています
その泡のほろ苦い歓びに
乾杯 !

1493287585172.jpg

“Flowers beneath a spread of white clouds, and over the clouds a deep sky”
These words I wrote in my youth don't grow old
Tasting the essence of in your life, it has come alive in you.
Here's to your frothy, bitter delight !

谷川俊太郎

上記はキリンビールの春限定販売缶ビールに書かれている谷川俊太郎の詩と英訳。英訳には知り合いの先生が関わっている。この先生からご自身が英訳に使った底本、山本健吉著『こころのうた』(文春文庫 1981年刊)を頂いた。英訳の方は原本が絶版でコピーをもらえることになっている。詩人110人、153篇の詩を掲載。愛の世界、死と生と、人生、生活のうた、社会と人生、自然の中で、旅人のこころ、ふるさとと思い出の全8章312頁。谷川俊太郎の詩「空の嘘」も収録されている。


そして、願わくは春花の下に死なん、とまさにそれを全うして4月5日に亡くなった詩人・評論家の大岡信さん。その彼に捧げた谷川俊太郎さんの詩。朝日新聞に寄稿した一篇だ。

本当はヒト言葉で君を送りたくない
砂浜に寄せては返す波音で
風にそよぐ木々の葉音で
君を送りたい

声と文字に別れを告げて
君はあっさりと意味を後にして
朝露と腐葉土と星々と月の
ヒトの言葉よりも豊かな無言
今朝のこの青空の下で君を送ろう
散り初める桜の花びらとともに

君を春の寝床に誘うものに
その名を知らずに
安んじて君を託そう


詩人の和合亮一さんは4月25日付毎日新聞夕刊の詩月評「詩の橋を渡って」の中で、谷川俊太郎さんの詩に触れて次のように書いている。青年の頃より詩心を共にした歳月の親しさと本当の別れの寂しさについて、もはや言葉では綴れないという思いが伝わってくる。
筆者的には大岡信さんの詩と言えば、なぜか「春 少女に」の詩篇が咄嗟に浮かぶ。言葉の響きとイメージの鮮烈さが印象的だからかも。同名の詩集『春 少女に』は1978年(昭和53)の12月に刊行されて、翌年の1月からは朝日新聞にあの「折々のうた」の連載が始まる。


春 少女に

ごらん 火を腹にためて山が歓喜のうねりをあげ
数億のドラムをどつとたたくとき 人は蒼ざめ逃げまどふ

でも知つておきたまえ 春の齢の頂きにきみを押しあげる力こそ
氾濫する秋の川を動かして人の堤をうち砕く力なのだ

蟻地獄 髪切虫の卵どもを春まで地下で眠らせる力が
細いくだのてつぺんに秋の果実を押しあげるのだ

ぼくは西の古い都で噴水をいくつもめぐり
ドームの下で見た 神聖な名にかざられた人々の姿

迫害と殺戮のながいながい血の夜のあとで
聖なる名の人々はしんかんと大いなる無に帰してゐた

それでも壁に絵はあつた 聖別された苦しみのかたみとして
大いなるものは苦もなく少でありうると誇るかのやうに

ぼくは殉教できるほど まつすぐつましく生きてゐない
ひえびえとする臓腑の冬によみがへるのはそのこと

火を腹にためて人が憎悪のうなりをあげ
数個の火玉をうちあげただけで 蒼ざめるだろう ぼくは

でもきみは知つてゐてくれ 秋の川を動かして人の堤をうち砕く力こそ
春の齢の頂きにきみを置いた力なのだ

筆者のコラムで世田谷文学館「大岡信展」を読むはこちら→http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2015/11/post-7bfe.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 3

谷中銀座商店街に来る前には拉麺やは眼中になかった。すでに昼食を決めていた場所は千駄木駅近くの中華料理店だった。しかし、谷中銀座商店街の入口手前にあった拉麺やが何やら人だかりが出来ていたので(ちょうど昼時だった)、1時間後に用事を終えて立ち寄ったのが正直なところだ。
さて、ここから先がプチ散歩のおまけでミステリヤス、不思議発見。
拉麺やを後にした筆者は、隣の焼鳥やから出る煙の臭いを気にしながら元来た方へと先を急いだ。その途中この辺にも電気やがあるんだ、しかも、中古の電気やじゃないんだと勝手に想像しながら歩いていた。その時、あるビルの2階から小柄な女性が颯爽と降りてきた。フランス人形が突然路上に出現した感じ。日本人じゃないよ、ヨーロッパ系の可愛い、そう、かつてのフレンチポップの歌手フランス・ギャル、いやいや、ミュシャの描いたサラ・ベルナールみたいな、いやいや、アナイス・ニン似、化粧も程良く、薄めのピンクのブラウスに青系のスカートをはいた、20才過ぎくらいの女性が筆者の前を通り過ぎて行ったのだ。さて、おめかしてどちらへと声をかけたくなるほどの美人、しかも妖艶な雰囲気を醸し出しているではないか。一瞬見かけただけで筆者は胸キュン状態、メロメロ。そして妄想は膨み、ひょっとしたらあの女性はルーマニア人かも、もしかしたら錦*町の方へお出かけ?いやいや、それはなりませぬ、勝手な想像もー。あーぁ、勘違い、勘違いであれば良いのだが、神さま、仏さま!そうこうしているうちに彼女は遠ざかって人混みの中に消えた。もちろん、携帯で撮ることもできなかった!ふと気づくとそのビルは3階建てで2階以上はアパルトマン。パリの下町ではないが、ここはYANAKA 、妖しい女性は今何処? ひょっとしたら白昼夢ー。

筆者は白昼夢の余韻を残したまま、近くの公園に立ち寄り、千駄木駅を通りすぎて根津方面に向かった。高級魚やを訪ねてみようと思い立ったからだ。その前に本やを覗いて棚観察。ナンダロウ君らが編者の花森安治のイラスト集があったが、残念ながら中身はビニールで閉じられていて見られなかった。高級魚や『松本』を見つけられずにいたら、日曜日で休みだった。面白かったのはこの店、シャッター降ろした状態では何も書いてなくて魚やの目印すら見つけ出せなかったことだ。確かこの辺だと思って近くを2、3回ウロチョロしてしまった。決め手はもちろん住所だが、意外にもスマホの店紹介と照合して判明したのは、閉まっていたシャッターの上の方が白い板状(材質は板状にみえたが違うかも)だったことだ。(スマホの画像で見る限りでは店の外観が白を基調にしたオシャレな造りになっている。メザシ一匹が100円以上とか)。神隠しにあったみたいで不思議な体験だった。

追記 谷中2丁目界隈には女優川上麻衣子のスウェーデン小物・雑貨を扱った小さな店『SWEDEN GRACE 』があることをこのあとネットで知った。本人も店に出ている日もあるらしい。スウェーデンに関心のある筆者としてはダーラナ地方の伝統工芸品ダーラナヘストDalahäst, Dalarna horse(赤いダーラナの馬、置物)

1493638363613.jpg
ダーラナヘストの詳細はこちら→http://www.aterior.com/dalarnahourse.htm

やガラス工芸品が良いかも。今度訪ねてみようと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 2

1492955368954.jpg

風情のある酒やでちょい飲み後、陶器やなどを3、4軒覗いて谷中銀座商店街を抜けたところにある拉麺やに入った。家族連れのあとに待つこと20分、塩味が得意の店だがあえて醤油味に挑戦。11席の小さな店内に外国人が4人も。最近はSNSなどの発達で書き込みが世界中に拡散されて海外の旅行者も気軽に入ってくる時代である。路地裏やディープな場所まで入り込んでは日本的なものに直に触れている感じだ。
さて、大山鶏使用の醤油味の拉麺だが、少し塩辛いしコクがイマイチだ。中細麺もネチネチ。ミニ餃子も頼んだが、こちらも形状は良いけど具が生っぽい。辛うじてチャーシューが多少やわらかくて良かった程度で、残念ながら及第点は付けられない。塩味をセレクトすれば良かったと悔やんだ。店の雰囲気も男性3人がそれなりに仕事をこなしている感じで、筆者的には悪くはないが少しのんびりした様子に見受けられた。店主は目黒の拉麺やで修行し、6年前に独立したらしい。

『ひだまり』1.スープ★☆2.麺★☆3.トッピング★☆4.接客・雰囲気☆5.価格★☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街

1492934689634.jpg

ほぼ5年振りの谷中銀座商店街は予想通りの賑わいだった。晩春の晴れた日曜日の午後、路地があちこちに残る下町散歩は格別だが、人混みを避けたい気持ちも手伝って些か複雑な心境。5年前と比べると新規の店も出来ているがほとんど変わらずお馴染みの店が並ぶ。
ドーナツや、
陶器や、
酒や、
肉や、
着物や、
洋服や
蕎麦や、
花や、
珈琲や、
お茶・陶器や、
焼鳥や、
ギャラリー、
和物や、
拉麺や
それにプチバル
など。
どこか懐かしい昭和の香りが漂う。だから外国人が以前より増えても家族連れや年配の男女などで溢れていたのだ。ノスタルジア、あぁ、ノスタルジア。70人くらい並んでいたかき氷の店『ひみつ屋』はほとんどが若いカップル。肉やのメンチかつとコロッケで商店街を食べ歩き、酒やの前ではちょい呑み、楽しみ方はいろいろあるが、その一つがこのプチイベントだろう。筆者もまた両方味わったのだ。
実は以前にこの商店街の『金吉園』で買い求めたマグカップを壊してしまい、わざわざ遠くから買いに来たのだ。 ついでにもう一つ信楽焼のビアタンもゲット。

Img_0649

上の写真の焼き物が何故かアルジェリア風のオブジェに見えるから不思議(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊紹介 永江雅和(専修大学教授)著『京王沿線の近現代史』

20170420143603_00001 20170420143603_00002_2

クロスカルチャー出版の4月の新刊紹介

アメージングな京王線の旅〈CPCシリーズ 6 〉
永江雅和(専修大学教授/日本経済史)著
京王沿線の近現代史
A5判・並製・約180頁
定価1800円+税
ISBN978-4-908823-15-2

第1章 京王沿線の歴史を知るためのキーワード  
第2章 副都心新宿の形成と京王線
第3章 玉川上水沿いを走る京王線―渋谷区旧代々幡村地域の事例 
第4章 近郊農村から高級住宅地へ―京王線と世田谷の風景
第5章 環状鉄道の夢の跡―帝都電鉄から井の頭線へ 
第6章「東洋のハリウッド」―京王線と調布市 
第7章 南下する玉南電鉄―府中市と京王線 
本文91頁第7章の扉の写真と図を見るはこちら

第8章 聖蹟とニュータウン―京王線と多摩市
第9章 稲田堤の桜と多摩丘陵の開発―相模原線と川崎市・稲城市
第10章 動物園がやってきた―日野市と京王線 
第11章 御陵線から高尾線へ―京王線と八王子 
あとがき 関連年表、参考文献付。
                         
鉄道敷設は地域に何をもたらしたのか。京王線の魅力を写真・図・絵葉書入りでわかりやすく解説。知られざる京王線の謎が明らかに。

読んだあとめちゃ車窓の景色がかわる!

第7章関連 : 「京王線の府中駅に関するエピソード」

東京・府中。古代武蔵野国の国府跡にある大國魂神社は「聖域」だ。緑豊かな境内とケヤキ並木の参道が、どれほど尊いかというと「建設当初の京王線は、参道の横断を控え、道の両側に駅を作り、乗客は乗り換えを強いられた」という話があるほどだ。確かに1925年から3年ほど、府中駅は二つあり、直通列車もなかった。
ところが、参道をはさんだ駅を示す写真は京王社内を含め一枚もない。「重い貨物まで参道をはさんで積み替えたとは思えない」。中略。当時の駅設計図や地番を示す資料が新たに見つかる。両駅は隣接し、レールは最初から参道をまたいでいた。建設時の京王線は府中をはさみ違う会社が運営し、線路の幅も違った。線路幅を統一し、直通運転できるまで、駅が分かれていただけだったのだ。中略。「線路の幅」ではなく「聖域」にこそ伝説は宿る。―2017年2月6日付毎日新聞夕刊【憂楽帳】「聖域と伝説」より

同じ著者の前作は〈CPCシリーズ 5〉

小田急沿線の近現代史
定価1800円+税
ISBN978-4-905388-53-8
好評みたい。

文化講演会も開催予定
クロスカルチャー出版主催
第11回 文化講演会
魅惑の鉄道物語ー小田急・京王線の近現代史(仮題)

講師は永江雅和氏(専修大学教授)
2017年7月15日 午後1時半~4時半
江戸東京博物館1階学習室
資料代1000円(学生 500円)

鉄ちゃんはもちろんのこと、どなたでも参加歓迎みたい(定員50名、先着順)。
詳細はクロスカルチャー出版文化講演会係(03-5577-6707/
email:crocul99@sound.ocn.ne.jp)へ照会されたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おもしろ花見会

_20170408_115905_2 Dsc_0099

千鳥ヶ淵半周の花見後、総勢11名の花見会開催。その食料調達品の一部。刺身は朝9時のスーパー開店直後の鮮魚売場で捌いてもらったもの。新鮮で大好評。そしてもう一つ、少しでかいしゃけおにぎりも好評。100円以内の食料持ち込みを募ったところ、焼酎、和菓子、卵焼き、柏餅、お菓子、洋菓子などたくさん。狭いオフィスにもそれなりの豪華さがあった。参加者には持ち帰りのおみやげ付き。予算内で盛会だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の若桜観賞

1491622043345.jpg

1492130170320.jpg

今年の4月8日の若桜と去年の4月3日の若桜。
テレビで京都の桜守が言っていたが、桜は冬場が大事で栄養が行き届くように丁寧な手入れが必要とのこと。それが満開の桜を咲かすー。さて、こちらの今年の若桜は少しさびしい(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 200 千鳥ヶ淵の桜

Dsc_0092 Dsc_0089 Dsc_0091 Dsc_0262

【写真 : 左上から3枚目までは今年の4月6日に撮影。4枚目は去年の4月1日に撮影したもの】 

今年の桜は寒かったので長持ちしている。花見会で訪ねた千鳥ヶ淵はほぼ満開。


歩くほどいいねと叫ぶ一万回

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白半分転生人語 12 最近考えること 「北朝鮮問題」

ここにきて東アジア特に朝鮮半島の緊張が高まっている。今朝のテレビで北朝鮮が飛しょう物体を放ったとニュース速報を流したが、後にミサイルを発射し日本海に落ちたことが判明した。フロリダでのトランプ大統領と習近平首相の米中首脳会談を睨んだ挑発行為なのは明らかだ。2月には金正日総書記の長男、金正男がマレーシアの空港で暗殺されたが、事件の真相が解明されずに彼の遺体だけが北朝鮮に引き渡された。この間マレーシアと北朝鮮間の遺体取引で何があったかは謎のままだ。そして、4月に入ったばかりの今日、今度は北朝鮮からのミサイル発射である。明らかに日本の米軍駐留基地を射程においた挑発であろう。アメリカのトランプ大統領は北朝鮮の金正恩レジューム崩壊を企んでいて、すでに掃討作戦か斬首作戦を遂行するため、海軍の特殊部隊が秘密裏に動いているといわれている。今米韓で北朝鮮をターゲットにした共同軍事演習が具体的に行われているという。ある専門家は東アジアの地域紛争にとどまらず第三次世界大戦に発展してしまう可能性もあり得ると指摘している。何やら政治面で4月が“最も残酷な月”にならんことを祈るばかりだ。ここは冷静に関係諸国の為政者が叡知を絞って平和的に解決した方が得策なはずだ。北朝鮮の金正恩委員長もやんちゃ坊主過ぎるけれども、アメリカのトランプ大統領の言動も理解に苦しむところ大だ。翻って日本国、お坊っちゃま君の安倍首相は戦後レジュームの脱却とか言って昔の国に戻したがっている。先の戦争の反省から戦後の平和憲法や平和教育もあるのに何を考えているのか。皆さん、何かがおかしい。理性が足りな過ぎるのか、政治理念やら倫理が欠けているのか、政治が劣化している。

追記 北朝鮮がミサイルを今朝5時半頃発射し失敗した模様。筆者が予測した通りだが、暴発しないようにアメリカ、日本、韓国、中国、ロシアと包囲網を築き圧力をかけている中で、しかも国連安保理も緊急の対策を協議中にしかけた格好だ。何とも暴挙と言わざるえない。平和ボケの日本には刺激的過ぎるが、これが現実で私たちもゴールデンウィークの初日、浮かれている場合ではないのだ。(2017年4月30日 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月 | トップページ | 2017年5月 »