« クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 2 | トップページ | 超人の面白詩歌鑑賞 直近の谷川俊太郎の詩そして故大岡信の詩 »

クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 3

谷中銀座商店街に来る前には拉麺やは眼中になかった。すでに昼食を決めていた場所は千駄木駅近くの中華料理店だった。しかし、谷中銀座商店街の入口手前にあった拉麺やが何やら人だかりが出来ていたので(ちょうど昼時だった)、1時間後に用事を終えて立ち寄ったのが正直なところだ。
さて、ここから先がプチ散歩のおまけでミステリヤス、不思議発見。
拉麺やを後にした筆者は、隣の焼鳥やから出る煙の臭いを気にしながら元来た方へと先を急いだ。その途中この辺にも電気やがあるんだ、しかも、中古の電気やじゃないんだと勝手に想像しながら歩いていた。その時、あるビルの2階から小柄な女性が颯爽と降りてきた。フランス人形が突然路上に出現した感じ。日本人じゃないよ、ヨーロッパ系の可愛い、そう、かつてのフレンチポップの歌手フランス・ギャル、いやいや、ミュシャの描いたサラ・ベルナールみたいな、いやいや、アナイス・ニン似、化粧も程良く、薄めのピンクのブラウスに青系のスカートをはいた、20才過ぎくらいの女性が筆者の前を通り過ぎて行ったのだ。さて、おめかしてどちらへと声をかけたくなるほどの美人、しかも妖艶な雰囲気を醸し出しているではないか。一瞬見かけただけで筆者は胸キュン状態、メロメロ。そして妄想は膨み、ひょっとしたらあの女性はルーマニア人かも、もしかしたら錦*町の方へお出かけ?いやいや、それはなりませぬ、勝手な想像もー。あーぁ、勘違い、勘違いであれば良いのだが、神さま、仏さま!そうこうしているうちに彼女は遠ざかって人混みの中に消えた。もちろん、携帯で撮ることもできなかった!ふと気づくとそのビルは3階建てで2階以上はアパルトマン。パリの下町ではないが、ここはYANAKA 、妖しい女性は今何処? ひょっとしたら白昼夢ー。

筆者は白昼夢の余韻を残したまま、近くの公園に立ち寄り、千駄木駅を通りすぎて根津方面に向かった。高級魚やを訪ねてみようと思い立ったからだ。その前に本やを覗いて棚観察。ナンダロウ君らが編者の花森安治のイラスト集があったが、残念ながら中身はビニールで閉じられていて見られなかった。高級魚や『松本』を見つけられずにいたら、日曜日で休みだった。面白かったのはこの店、シャッター降ろした状態では何も書いてなくて魚やの目印すら見つけ出せなかったことだ。確かこの辺だと思って近くを2、3回ウロチョロしてしまった。決め手はもちろん住所だが、意外にもスマホの店紹介と照合して判明したのは、閉まっていたシャッターの上の方が白い板状(材質は板状にみえたが違うかも)だったことだ。(スマホの画像で見る限りでは店の外観が白を基調にしたオシャレな造りになっている。メザシ一匹が100円以上とか)。神隠しにあったみたいで不思議な体験だった。

追記 谷中2丁目界隈には女優川上麻衣子のスウェーデン小物・雑貨を扱った小さな店『SWEDEN GRACE 』があることをこのあとネットで知った。本人も店に出ている日もあるらしい。スウェーデンに関心のある筆者としてはダーラナ地方の伝統工芸品ダーラナヘストDalahäst, Dalarna horse(赤いダーラナの馬、置物)

1493638363613.jpg
ダーラナヘストの詳細はこちら→http://www.aterior.com/dalarnahourse.htm

やガラス工芸品が良いかも。今度訪ねてみようと。

|

« クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 2 | トップページ | 超人の面白詩歌鑑賞 直近の谷川俊太郎の詩そして故大岡信の詩 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/65189527

この記事へのトラックバック一覧です: クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 3:

« クロカル超人が行く 201 再びの谷中銀座商店街 2 | トップページ | 超人の面白詩歌鑑賞 直近の谷川俊太郎の詩そして故大岡信の詩 »