« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月

クロカル超人が行く 197 三島市 大岡信ことば館『谷川俊太郎展 本当の事を云おうか』続々

展示の目玉コーナーの一つは、鮮烈なデビューを果たした第一詩集、「ネロ他5篇」を収めた『20億光年の孤独』(創元社1952年6月刊) の書籍や推薦者三好達治の原稿など関連資料の展示だ。下記はその代表作の「20億光年の孤独」。

20億光年の孤独

人類は小さな球の上で
眠り起きそして働き
ときどき火星に仲間を欲しがったりする

火星人は小さな球の上で
何をしてるか 僕は知らない
(或はネリリし キルルし ハララしているか)
しかしときどき地球に仲間を欲しがったりする
それはまったくたしかなことだ

万有引力とは
引き合う孤独の力である

宇宙はひずんでいる
それ故みんなはもとめ合う

宇宙はどんどん膨らんでゆく
それ故みんなは不安である

20億光年の孤独に
僕は思わずくしゃみをした

筆者的な一言評。
少年のスケールは大きく孤独も深いが、何となくユーモラス。

(集英社文庫版『谷川俊太郎 詩選集 1』2005年)
※この集英社文庫版には巻末に収録詩集装幀選53点が収められている。下の写真はその1番目の『20億光年の孤独』の表紙。前にも見たと思うが、改めて見てみると時代の雰囲気が伝わって来るようだ。今回の「谷川俊太郎展 本当の事を云おうか」でも原画と作者が紹介されていた。キリッとした詩画集の感じを出したかったのかも。

Img088_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 197 三島市 大岡信ことば館『谷川俊太郎展 本当の事を云おうか』続

_20161225_145836

_20161225_145653

1484403321401.jpg

【写真上から: 展示配置などを記した簡単なチラシ 谷川俊太郎展 本当の事を云おうかに因んだかかどうか知らないけれど、自宅前で両手をあげている谷川俊太郎 造形を施した自己紹介の詩】

中でも谷川俊太郎と仲の良かった歌人寺山修司によるビデオ・レターが秀逸だ。「谷川俊太郎とは誰ですか ? 」、「彼の詩はいくらぐらいですか ? 」、「彼の詩をたとえてみれば何ですか ? 」といったような質問(筆者が覚えている限りでは)を津軽訛りの強いアクセントで一般人に浴びせる寺山修司(ナンセンスな仕掛けが小気味よい)、その質問に応えた一人の女性が印象的だった。「詩人です」「値打ちは99円かな」そして続けての質問に「その詩はマシュマロみたい」と言っていたが、“マシュマロ”とはさすが、谷川詩の本質を言い当てているような気がする。谷川詩には四角張ったところがなくまろやかなものが多いのだ。たとえば離婚のことを書いた詩には現実的にはそれなりの緊張感はあったと想像されるが、詩はむしろユーモアさえ漂わせる。
谷川俊太郎は大岡信という類稀な詩人・評論家と相互に響き合いながら独創的な詩的営為を続けている。その意味では大岡信ことば館に相応しい企画展である。欲を言えば、谷川詩の難解な詩にもっと焦点をあてて解説を施したものが欲しかった・・・。谷川俊太郎、バンザ―イ !

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 197 三島市 大岡信ことば館『谷川俊太郎展 本当の事を云おうか』

Image_2

Image_3

【写真上から: 大岡信ことば館入口 1階の関連書籍展示販売コーナー T出版社の本が売行第1位とか】

三島駅近くにある大岡信ことば館『谷川俊太郎展 本当の事を云おうか』を観に出かけた。今日が開催最終日、1.映像作品、2.模型飛行機、3.ラジオコレクション、4.『20億光年の孤独』、5.写真作品、6.朗読、7.詩集/絵本の原画、8.櫂、9.書簡資料、10.海外での活動、11.鉄腕アトム、12.大岡信の部屋を2時間かけてたっぷりと観賞。印象的だったのは、ノートに鉛筆で書き記されていた高校時代の詩篇(意外にもきれいな字!)と父谷川徹三のABC評価(筆者的には「20億光年の孤独」の自筆原稿が見たかった!)、三好達治の谷川詩を推奨する原稿、谷川俊太郎が献呈した作家の自筆御礼葉書(室生犀星、サトウハチロウ、堀口大學など。三島由紀夫は達筆)、父谷川徹三の息子宛の子を思う優しい葉書、寺山修司のビデオ・レター、ラヂオのコレクション(アメリカ製やドイツ製の貴重なラヂオは京都工繊大に寄贈した由)、模型飛行機(懐かしい。作ったことがあるある)、大岡信の机(使いこなされた大きめの木製机とその上に置かれた大辞典の数々)、フランクフルトでの連詩の試みの写真・巻物など。
谷川俊太郎に詩友と言わしめた大岡信には谷川詩についての小論があるが、その冒頭にはenfin terrible(恐ろしい子ども)とその鮮烈な詩を評価した文章が展示してあった。大岡信は『文學界』に掲載された「ネロ他5篇」を読んで衝撃を受けたと語っている。筆者は大岡信の仕事振りは先に世田谷文学館で鑑賞していたので想定内だった。しかし、その著作物には驚嘆せざるを得ない。幅広いジャンルに及び極めて生産性が高い。それに比べて谷川俊太郎は評論は手掛けなかったが、これまた幅広いジャンルで活躍している。いわゆる現代詩、連詩、鉄腕アトムの詞などアニメソングやコマーシャル、校歌、ライトヴァース、マザーグースのうたやスヌーピーの翻訳、絵本、脚本、自作詩の朗読(ポエトリーリーディング)、横のつながりに目をむけた「にほんご」など多岐多様、その詩的真髄はジャック・プレベール的なポエジーか、即興詩人のそれか。ことばに軽やかなリズムを吹きかけて異次元の世界を現出させる、言わば、現代のことばのマジシャンだ。言葉の異化作用をいとも簡単に成し遂げてしまう天才的なテクニシャンなのだ。それで“私は詩人ではない“と嘯く(谷川俊太郎展の「本当の事を云おうか」は、詩集『鳥羽』から取ったフレーズでそのあとに続く言葉がこれ。詩集が出てすぐ読んだ。何と人を喰ったフレーズであることか)。筆者は谷川俊太郎の詩とは20歳の頃から付き合ってきた。今日も「トルムソコラージュ」の中の長い詩を含めて10篇以上は声を出して読んだ。改めて詩の面白さを噛み締めたのだ。快い響きと解放感、それにナンセンス詩や言葉遊びがいい。

追記 大岡信ことば館の季刊雑誌『大岡信ことば館だより』(季刊第11号 2013年春)には、対話=谷川俊太郎/三浦雅士 大岡信との絆を語るという記事が掲載されている。「櫂連詩」から「ファザーネン通りの縄ばしご」までの副題が付けられた25頁もの。同人誌「櫂」に集った詩人たちの連詩をつくる過程と人柄がみえて勉強になった。影響力大の大岡信それに谷川俊太郎の連詩をつくるも良いものながなかったなど印象深かったところも。(2016.1,5 記)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のドキッとする絵画 29 神奈川県立近代美術館 葉山館『陽光礼讚 谷川晃一・宮迫千鶴展』 続

「谷川晃一・宮迫千鶴展」展示品、アトランダムにディスプレイ。

①②
1482578743588.jpg

1482578744382.jpg
④⑤
1482578745385.jpg
⑥⑦⑧
1482578746287.jpg
⑨⑩⑪
1482578747119.jpg
⑫⑬⑭⑮⑯⑰
1482578747932.jpg
⑱⑲
1482578748799.jpg

1483933625527_2


上からタイトルと制作年。

①T-16 La GOLONDORINA Ⅰ 2000年
②T-17 La GOLONDORINA Ⅱ 2000年
③美術評論、エッセイ、絵本など自著展示コーナー
④ T-14 大室山脈 2009年
⑤ T-35 大室山脈・秋 2009年
⑥ T-31 ムーンクロス 2005年
⑦ T-29 カラベラ・ダンス 2005年
⑧ T-26 マスク・ボックス 2005年
⑨M-63 コラージュC(「珈琲色のStory」 シリーズ) 2007年
⑩M-62 コーヒーアンドビスケット 2007年
⑪M-57 青いレモンの夜 2005年
⑫M-59 月のピアノ 2007年
⑬M-52 花言葉・月夜の夢 2007年
⑭M-53 花言葉・夕暮れの想い 2007年
⑮M-54 花言葉・静な夜 2007年
⑯M-55 花言葉・小さな情熱 2007年
⑰M-51 緑の庭 2006年
⑱T-50 静かな夜 2015年
⑲T-49 海辺の町 2015年
⑳T-70 大室山と大島 2016年
※T-番号: 谷川晃一の作品と展示番号
M-番号: 宮迫千鶴の作品と展示番号

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のドキッとする絵画 29 神奈川県立近代美術館 葉山館「陽光礼讚 谷川晃一・宮迫千鶴展」

1482048163456_4

21482048164133_4

Qit0_1482048164755_4

1482048165369_4

1482048166125_4

1482048167732_4

1482108561995_5

1482048168918_5

1482048169534_4

昨夜のテレビ東京の美術番組『美の巨人たち』は、ピカソが55歳時に描いた20世紀最高傑作『ゲルニカ』、25歳時の作品『アヴィニオンの女たち』

1482102737946_3

そして15歳時に描いた『科学と慈愛』を取り上げ、時間を逆戻りしながらピカソの早熟ぶりとその隠された苦悩それに創造と破壊に費やしたピカソ絵画の秘密を解き明かしていた。素直な子どもの絵を描くことがピカソの目標だったーそれはポップアートの第一人者谷川晃一にも当てはまる。今神奈川県立近代美術館葉山館で開催中の「陽光礼讚 谷川晃一・宮迫千鶴展」の図録解説からも読み取れる(「子どもに向かって成長する」)。もっともこの展覧会は伊豆高原での絵画芸術活動の作品群だ。今までの色彩に森のイメージとしての“緑”が多用されているのも彼の新しい境地かも知れない。興味を引くのは宮迫作品もポップアートを得意とする画家だったが、谷川作品と比べると色使いはもちろんのこと、線描写が少し太くゆったりした感じを受けるのだ。おおらかさがあるといっても過言ではない。谷川作品も刺激しあってポップアートの完成度が高くなっているのを感得できるが、最近の諸作品は“緑の王国”とも言っていい、豊かな森に入り木々と呼応している豊穣なイメージを私たちに与えてくれる。そこでは時間がゆったりと流れているのだ。

絵画鑑賞後美術館の裏手の海に通じる散歩コースを回り葉山の海を一瞥、冬の光が眩しく海は穏やかだった。“額縁”にと一枚を写真に収めたら、さながら19世紀のターナーやコンスタブルの英国風景画が現前にあるような構図に。不思議な光景である。

追記 日曜美術館(2016年12月4日放送)「絵は歌うように生まれてくる~画家・谷川晃一森の生活~」を11日の再放送で観た。かつて前衛画家として名を馳せた谷川晃一氏の最新映像だ。伊豆高原での画家・谷川晃一さんの暮らしぶりを追った番組。コックをやっていたこともあるしく料理の腕前はなかなかなもの、さらに驚いたことには仏壇に向かって般若心経をすらすらと唱えていたことだ。時間が止まるようなゆったりとのんびりした芸術生活があって羨ましい。高齢にもかかわらず仕事に意欲的でアトリエでの絵筆を持つ仕草も若々しく見えた。

写真上から : 筆者撮影
西日を浴びた神奈川県立近代美術館葉山館
「陽光礼讚 谷川晃一・宮迫千鶴展」図録表紙 チラシ

眠りの舟 2001年 アクリル 紙 35.0×51.0cm(谷川晃一)
太陽の鳥 1993年 アクリル カンヴァス 90.8×116.50cm (谷川晃一)
キャラバン 2005年 ミクストメディア 43.0×33.0×12.3cm (谷川晃一)
南下するナウマン象 2005年 ミクストメディア43.0×33.0×12.3cm (谷川晃一)
旅のトランプ 2005年 ミクストメディア 43.0×33.0×12.0cm (谷川晃一)
マスク・ボックス 2005年 ミクストメディア 43.0×33.0×14.0cm(谷川晃一)

畑の至福 1992年 コラージュ グアッシュ 紙 パネル 141.0×103.0cm (宮迫千鶴)
奥の農場 1992年 コラージュ グアッシュ 紙 パネル 146.0×104.0cm(宮迫千鶴)
5月の風 1992年 コラージュ グアッシュ 紙 パネル 140.5×103.0cm(宮迫千鶴)
フィンランドの夏 1995年 コラージュ グアッシュ 紙 パネル 146.0×103.0cm(宮迫千鶴)

雑木林の音楽 2015年 アクリル 紙 パネル 73.0×103.0cm(谷川晃一)
神奈川県立近代美術館葉山館裏手から眺めた葉山の海

追記 一度だけ筆者は編集者のT 氏の計らいで谷川氏、宮迫さんと談笑する機会があった。もう遠い昔、宮迫さんからは便箋に書かれたメモをもらった記憶があるが、はてどこにあるか?その後何十年か振りで谷川氏とはドイツ文学者の種村季弘展でお会いした。大きな文字の名刺が印象的だった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の生真面目半分転生人語 10 ウラジミール・プーチンロシア大統領の来日に思うこと

プーチンロシア大統領が12月15日に来日、山口県長門市の老舗旅館で日露トップ会談が行われた。翌日は場所を東京に移し共同記者会見で会談を終えた。会談時間は約2時間半。終わってみれば領土問題は進展なし。経済支援ばかり(約3000億円の経済投資)が 引き出された格好だ。プーチン大統領のしたたか外交が目立った。何だったの、こんなに期待を持たせて安倍首相!勘違いやら外交交渉の常道に見落としや読み間違いがあったのではと言われても仕方がないほどの成果のなさだ。
最近の地政学研究やトランプ次期大統領の登場で、地政学的見地に加えて“地経学”(2016年12月17日付毎日新聞朝刊2面を参照)見地も必要になってくるかも。最近の国際情勢の変化の中で、日本の立場をいかに国際社会にアピールするかがまさに問われているのだ。
土曜日夕方のTBS報道番組で金平キャスターが「読売新聞・日本テレビ記者がモスクワのクレムリンで来日前のプーチン大統領との会見で、領土問題はないとプーチン大統領の口から引き出したことはスクープだ」と語ったことが今回のプーチン大統領の訪日を象徴しているだろうか。そのプーチン大統領の胸の内を読み切れなかったということか。プーチン大統領に振り回されたか。メディアの騒ぎ立ても安倍首相の“意気込み”に乗った感じだ。元島民の女性はテレビのインタビューに応えて「期待したいが期待せず」の複雑な心境を語っていた。2時間半以上遅れて、予定の15分前に切り上げてさっと帰国してしまう神経もなんだが、日本の外交の脆弱さを見事に見せつけられた形である。最後は弘道館での柔道見学で日本滞在2日の外交日程を終えた。プーチン大統領到着前の長門市の老舗旅館周辺の警備は異常なほど厳しかったけれども、弘道館への道路の警備も物々しいかった。その警備員の一人に筆者が“プーチン車”のことを訊ねたら、「プーチン車はほんの2、3分前に通り過ぎたと」。オバマ大統領が鎌倉の大仏前の店に抹茶を食べに来た時は沿道に並んで写真を撮ったが、今回のプーチン大統領ではそれほどの関心はなかった。
安倍首相は今回の来日記念として幕末の日露交渉を象徴する「プチャーチン来航図」の複製画をプーチン大統領に贈ったとメディアが報じた。この船の歴史的なエピソードは和歌山県沖でトルコ軍艦遭難事件のそれと劣らず素晴らしい出来事だった。トルコは親日家が多いと聞くが、これからは日露関係も民間レベルでの交流をもっと盛んにしてロシアにたくさんの親日家を創り上げることが政治レベルでの硬直化を突き破る鍵かも知れない。

1482039227030.jpg

追伸 NHKスペシャル「日ロ交渉の裏側」やフジテレビの番組「Mr.サンデー」に出演した安倍首相を見ていると何だかオプティミストにみえてしょうがないと思うのは筆者だけだろうか。メディアに対する偏見も露呈する首相だが、はて、この先の北方領土問題解決はどう進展するのかこれからも注視していく必要がありそうだ。ある程度対等な関係で相手に切り込んでいく強硬な姿勢も必要だろう。そこからみえてくるものを信頼する他ないのだ。日露関係の未来は過去の柵を一つ一つ解きほぐす道程だ。あらゆる面で相互理解を深めることが、結局は国益に繋がることかも知れない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白食物発見 恵比寿駅 鯛焼き店『ひいらぎ』

『AFURI』のラーメンを食べたあと別の味噌ラーメン店も気になり場所確認後、恵比寿駅へ行く途中にこの鯛焼き店を発見。1個150円の鯛焼きを3個ゲット。やたらにウマイ、ウマイと連発しながら鯛焼きを食べた女性もいた。確かに餡は量は多いし甘さも控え目、30分かけて焼き上げた皮はパリパリ。美味。この鯛焼きを食べたら他の鯛焼きは食べられないー。

Image


追記 下記は店のチラシ。
当店のたい焼きは、30分以上かけて表面がパリパリになるまで焼いた生地の中に、北海道産小豆100%使用の自家製餡を、頭から尻尾までぎっしりと入れております。
たい焼きは出来るだけ早くお召し上がり下さい。温め直す時は、そのまま電子レンジで温めた後、霧吹きで表面を湿らせ、オーブントースターで軽く表面を焼いて下さい。
※温め過ぎると中の餡がパサパサになるので、ご注意下さい。
当日中にお召し上がにならない場合は、冷凍して下さい。賞味期限は冷凍で一週間です。

恵比寿たいやき ひいらぎ

〒150-0013 東京都渋谷区恵比寿1-4-1
恵比寿アーバンハウス1F
定休日 月曜日
TEL 03-3473-7050

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 218 恵比寿駅『AFURI 』

Image_2

今回で恵比寿駅近くのラーメン店『AFURI』の訪問は二度目。相変わらずの人気店で店内はアメリカから来た男女や若い女性もいて、20席のカウンターは満席。一つ隣のアメリカ人の女性は、たっぷりの麺を箸でつかみ、するすると音を立てて食べていた。食べっぷりは豪快で楽しげ。阿夫利神社の水が売りのこの店はご利益たっぷり?細麺系は少し粉っぽく感じたが。しかし、淡麗系は健在だった。
【写真に一言。胡椒をかける前に撮影するはずが後に(笑)】

麺啜る音楽しげなアメリカン


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の生真面目半分転生人語 9 名古屋・関西出張

1481804099119.jpg

翌日も京都で仕事。衣笠あたりから千本北大路に向かうためタクシーに乗った。前夜に発生した通り魔事件の現場近くをタクシーで通ったら、タクシードライバーが「警察官が4発発砲して犯人の足に命中した」とやや興奮気味に話してくれた。5歳の子どもが通りがかった男性にいきなり頭など刃物で切りつけられたらしい。幸い子どもの命には別状なかったが、いつなんどき不可解なことが起こるか分からない。犯人は入院後逮捕された。発砲理由として警察官は襲いかかってきたのでやもうえなかったと話している。犯人の動機の詳細は分からなままだ。そういえば、京都精華大学近くの通り魔事件、山科区の『餃子の王将』社長殺害事件(一部足掛かりは分かり始めているが捜査の全面究明には至っていない)などの“京都事件”も未解決のままだ。
ここ最近でも大阪環状線の駅で線路に女性二人を突き落とした事件も発生している。ただの通りすがりで衝動的にやったことが怖い。こういった事件が多くなってきていて、何か社会の歪み、ぎすぎすした感じを受ける。テレビ局の車などが止まっていた現場を通りすぎてから筆者も少しの間動揺を隠せなかった。
昼に京都御所の庭を通り抜け、烏丸通りのホテルで知り合いの先生と食事しながら談笑し、日本庭園(小川治兵衛作の池泉回遊式。この日は結婚式もあって和服姿の花嫁花婿が庭園に映えていた)を眺めてやっと京都の紅葉を味わった。最近読んだブログの孫引きだが、文芸評論家の小林秀雄の文章に「言葉も季節によって色付く」という卓越した表現があった。まさしくその表現に相応しい季節に遭遇。リアルステックでかつ風情のある晩秋の京都だ。さらに夕方にはクリスマスツリーも間近に見ることができた。

1481804100267.jpg

1481804101335.jpg

【写真上から : 同志社大学図書館前のクリスマスツリー 、京都御所と京都平安ホテルの庭の紅葉 】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の生真面目半分転生人語 9 名古屋・関西出張 2

京都行脚の続き。
国立国会図書館関西館を訪ねる前に、昼食をとることにしたのだが、少し気が利いたところがないか探しているうちにプチショッピングみたいな一角を発見した。その一つの丸亀うどん店に入った。例のセルフサービス形式の讃岐うどん店だ。筆者の地域にもあって日曜日の午後に時々車で出かけている店である。造りもほぼ同じ、客はやはり地元の人特に年配者が多かった。祝園駅のある精華町は来ない間にマンションやらプチショッピングやらできている。サントリーの研究所も移って来ているとか。そうそう、悪評高かった「しごと館」は閉鎖したか。辺鄙なところだが企業の研究所がいろいろあって広大、関西文化学術研究都市(通称けいはんな学研都市)を標榜しているものの、果たして東のつくば学園都市と比べて成果のほどは?京都、大阪、奈良県に跨がって130もの施設があるらしい。特に筆者が興味のあるのは国会図書館関西館、人の入りはどうだろう。気になるところだ。でも、この辺に持ち家を購入して大阪や京都の中心部に通っている人たちも案外多いそうだ。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の生真面目半分転生人語 10 名古屋・関西出張

このところ忙しくてこのコラムもご無沙汰。11月の最終週から名古屋、京都、大阪それに神戸と出張したせいで書く暇がなかなか取れなかったのだ。何せ名古屋入りしたらその日のうちに京都へ移動の強硬スケジュールだった。名古屋は夕方、知人のいる刈谷市のレストランまで出かけた。店主は2年前にここに来たらしく、ここがついのすみかと言っていた。長野県ではビジネスは上手くいっていたはずだが、彼の口から思いがけない一言が。会社経営は面倒だったー。察するにあまりあるようだった。この辺はトヨタ車体の本社があるが、車がない人には結構不便。往生しながら何とか名鉄とJRの新幹線を乗り継いで京都に着いたのは夜11時過ぎ。京都は紅葉狩り真っ只中と思いきや、色付きは11月23日~週末の25、6日がピークだったらしく、あとは色鮮やかとはいかなかった。名古屋の先生がぜひ東福寺と薦めてくれたこともあって(京都はこれまで仕事で頻繁に来ていたが、意外と古寺巡礼はほんの少し)、着いた翌朝行ってみようと京都駅(やはり外国の観光客と国内のおばちゃん族が多かった)の奈良線に乗ったまでは良かった。が、最寄り駅から1キロもあると聞いて行くのを諦めたのだった。事前にある先生とアポを取りつけていたため、仕事に差し支えたら大変と考えてのことだ。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »