« 超人のジャーナリスト・アイ 164 広島訪問 オバマ米大統領所感 | トップページ | 超人の面白読書 125 サカキシンイチロウ著『博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか』 »

2016/05/31

文化講演会の案内 クロスカルチャー出版主催 第10回文化講演会 光本 滋北海道大学准教授『学問と教育の危機―「文系廃止」』問題の本質

昨日(2016年5月30日)の毎日新聞夕刊には、「即戦力育成に重点、中教審答申 職業大学制度創設」の見出しが躍った。中央教育審議会は30日、ITなど成長分野で即戦力となる人材育成を目指し、実践的な職業教育を行う新しい高等教育機関の創設を馳浩文部科学省大臣に答申したとの記事。「専門職大学」「専門職業大学」の名称案を考え、2019年春の開学を目指し、法改正や制度設計を進めるという。ITや観光、農業などの成長分野の現場で牽引役を担う人材育成が必要との指摘。4年生課程と2、3年の短大など専門高校を含む高卒者だけではなく、工業高校など専門学校生や大学生、社会人などを受け入れると。この記事で真っ先に思い出したのは50年以上前に鳴り物入りで国立高等専門学校(高専)ができたことだった。この高専がその役割に陰りが出始めたのはいつごろからだったか―。ドイツや北欧の国々では早くからこの職業学校、ギムナジウムがあるが、その高等教育機関という位置づけか。一体日本ではどう根付くのか。少子化なのに大学をまたつくる? 時代の変化に対応といっても既存の大学がいろいろと疲弊している中、それこそ100年後を目指す人材を育成できる大学、自治を守れる大学、、自由闊達で幅広い教養を身に付けられる大学を抜本的に考えて制度設計を見直すことが求められていると思うのだが。目先だけでは何年もつか、危ういのだ。グローバル大学ができたが、予算は当初より削減されるわ、余計な仕事が多くなるわ、と理想にほど遠いと嘆いている関係者の声もあるのも事実だ。
さて、この職業大学制度創設の話も出るはずと思われる文化講演会がクロスカルチャー出版主催で開催される。記念の第10回文化講演会の演題は、学問と教育の危機―「文系廃止」問題の本質。講師は光本 滋北海道大学准教授(高等教育論が専門で『危機に立つ国立大学』の著者)。
2016年7月9日(土)午後1時半~4時半まで江戸東京博物館1階学習室。サプライズコーナーもあるし、ともかくわかりやすくてめちゃおもしろいかも。奮って参集されたい。詳しくはこちらを。「20160531173938.pdf」をダウンロード

« 超人のジャーナリスト・アイ 164 広島訪問 オバマ米大統領所感 | トップページ | 超人の面白読書 125 サカキシンイチロウ著『博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか』 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 超人のジャーナリスト・アイ 164 広島訪問 オバマ米大統領所感 | トップページ | 超人の面白読書 125 サカキシンイチロウ著『博多うどんはなぜ関門海峡を越えなかったのか』 »

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30