« 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 5 | トップページ | 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 7 »

超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 6

ここで特に注目に値するのは⑧の養い家族の場合。親がアル中や薬中の場合には市の社会委員会が適任者を見つけて住まわせる臨時の場合と養子縁組の場合があるという。養子縁組は主にアジアやアフリカから乳児を連れてくる場合が多いらしい。スウェーデンの人口の約2割は外国人で、スウェーデンは積極的に労働者や難民を受け入れていて、その結果容貌の違う人たちが歌手やスポーツ選手として幅広い分野で活躍している、と著者は書いている。彼らの多くは外国からの移住者や難民らしい。また、親が何度も結婚するとどこまでが家族かわからなくなる、新しい現象も今起きているらしい。
この後は小見出しを追おう。家族の範囲?離婚、スウェーデンの親子関係。ここでは日本と似た現象も書かれている。子どもたちに自立心を強く促しているスウェーデンでも「マムボ」mamboなる現象があると知って、筆者などは少しほっとするが。マムボとは大人になっても実家に住みついている人、特に成人した息子が母親と暮らすケースも見られるという。この現象を皮肉的な意味も込めて「マムボ」(=母親と一緒に住む)というらしい。小見出しの続き。おしおき禁止、男女平等の国、育児け休暇、保育所ー。(つづく)

|

« 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 5 | トップページ | 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 7 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/57125760

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 6:

« 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 5 | トップページ | 超人の面白読書 99 三瓶恵子著『人を見捨てない国、スウェーデン』 7 »