« 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(Englisn title: My Struggle)”わが闘争”の紹介や書評を読む 12 | トップページ | 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)”わが闘争”の紹介や書評を読む 14 »

超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp 』(English title: My Struggle)"わが闘争"の紹介や書評を読む 13

私もまたギター演奏用のすべてのアクセサリーが好きだった。綿毛のボックス、コーラスペダル、リード、フラグ、ピックや弦の小さなパケット、隘路、カーポ、内張りされたギターケースとすべての小さな区切りものだ。ギブソン、フェンダー、ハーグストレム、リッケンパッカー、マーシャル、ミュージックマン、ヴォックスそれにローランドのようなブランドの名前が好きだった。

一杯の紅茶で同じ扱いを受ける。

しばらくして私はティーポットを取り上げ注いだ。木のようなこげ茶色の紅茶が白いカップの中から立ち上がった。葉が渦巻き浮いて、他のものは底の黒いマットに沈む。ミルクとシュガー3つを加え、かき混ぜ、葉が底に沈むまで待って飲んだ。
うーん。
「私たちはその夜知り合いの3人の女の子と出かけた。私はオールドスパイスという防腐剤を借りた」
全てに名前が付けられ接続され、真面目に明記記入される。数百ページの後私は呟き始めた。これは『わが闘争』と理解したが、また、”わが”闘争でなければならなかったのか?デビッド・ミッチェルの魅惑的な小説『Black Swan Green』がこの領域を交差してしまった。(大袈雑把に言えば、1980年代における北ヨーロッパの青年を忌まわしくしてしまうこと)。この小説にはクナウスゴルドが呼び求めるよりもさらに大きな活気さと喜劇がある。私たちは多くの検死の詳細についてページを共有する必要があるなら、アダム・マース-ジョーンズが小説風の微細リアリズムの手法で終わりのない計画の中に、最近二つの厖大な巻を上手く編んだように放っておけば良い。
しかしながら、クラウスコルドのオムニバス形式は事故以外のものと分かる。また、平凡さは極端なために反対になるし、極端に透明感のあるところでは目立ったり、好奇心のあるものとなるのだ。ギターを弾くこと、紅茶を飲むこと、ドク・マーティンの服を着ること、ウォークマンを聴くこと、兄のイングレがクウィーンの音楽をいかに独断と偏見で見下げていたか、後に兄(すばらしくカフカ追随者と名付けて)と一緒に作ったバンドの名前などのページによる全体的な必要性もまた、すばらしく、ダラダラした最上の通路(パッサージュ)をもたらしている。クナウスゴルドが眠れず、自分のアパートを歩き回るような通路なのだが。身ごもる妻リンダがベッドにいる時には、窓の外を眺めて、コンサートホールの外でいく人かのグループが立っているのを見ているのだ。〈続く〉


|

« 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(Englisn title: My Struggle)”わが闘争”の紹介や書評を読む 12 | トップページ | 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)”わが闘争”の紹介や書評を読む 14 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/55614929

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp 』(English title: My Struggle)"わが闘争"の紹介や書評を読む 13 :

« 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(Englisn title: My Struggle)”わが闘争”の紹介や書評を読む 12 | トップページ | 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)”わが闘争”の紹介や書評を読む 14 »