« 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウドゴルド最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)“わが闘争”の紹介や書評を読む 4  | トップページ | 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)”わが闘争』の紹介や書評を読む 6 »

超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp 』( English title : My Struggle)”わが闘争”の紹介や書評を読む 5

彼は託児所で2人の子どもを亡くした。前の結婚と関係していて、自分が何年も住んだ非支配的で非生産的かつ堕落的そして極端に破滅的な空間と関係している。彼は最初ノルウェーからストックホルムにやって来た時に、過去のトラブルを考えることに多くの時間を費やした。「マルセル・プルーストの小説『失われた時を求めて』を読むだけではなく、きちっと吸収することとはどんな意味があるのか」しかし今彼はこの破滅的な時をほとんど考えていない。彼は書いている、大概は子供たちのためだと信じ、だから今ここでの彼らとの生活がすべてなのだと。そして続ける。

かすかな期待としての未来、輝かしいものそしてどんな時でも飽きさせない未来に覆い尽くされなければならない一連の地帯として時間をみると、ここでの私たちの生活は共に結合されている。全体的には違ったやり方だが。視覚的なイメージで描けば、無理に繋がれたボートになってしまう。人生はすべての面で漏れている時間によって遅々と不可抗力的にもたされる。詳細を除けばすべてはいつも同じだ。どんな過ぎ去りし日々に関しても熱い想いはその一瞬に育まれる。人生が頂点にさしかかった一瞬や水門が開けられ、人生が最期に動き続ける一瞬に熱い想いが育まれるのだ。同時に私はこの反復性、囲い込みや不変化が必要だとはっきりとみている。それが私を守ってくれているのだ。時々私は離れた。昔の不幸がぶり返す。

だから彼は安定性や生存の反復的な平凡さを大事にするがいらいらもする。というのは、いつか例外的なことを書く野望、大人の生活全体を進み続ける野望が自分の決まり切った忙しさで脅かされるからだ。
〈続く〉

|

« 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウドゴルド最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)“わが闘争”の紹介や書評を読む 4  | トップページ | 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)”わが闘争』の紹介や書評を読む 6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/55525601

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp 』( English title : My Struggle)”わが闘争”の紹介や書評を読む 5:

« 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウドゴルド最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)“わが闘争”の紹介や書評を読む 4  | トップページ | 超人の面白読書 95 ノルウェーのベストセラー作家カール・オヴェ・クナウスゴルドの最新作『Min Kamp』(English title : My Struggle)”わが闘争』の紹介や書評を読む 6 »