« クロカル超人が行く 144 横浜馬車道あたり | トップページ | 超人の面白、街の話題 10 駅ホーム転落事故 »

超人の面白読書 81 雑誌「A PUBLIC SPACE 」 12号 最新号を拾い読み

20110125200802_00001
 
 いつも手元に届くのが楽しみな雑誌の一つに「A PUBLIC SPACE」がある。その最新号の12号がつい先週届いた。ニューヨーク発信の新機軸の文芸雑誌だが、執筆者をグローバルにカバーしている。隅々まで読み込むには手間取るけれども面白い。筆者はまず最初の目次と最後の執筆者についての短い近況を読むことにしている。日本では馴染みのない作家やアーティストが多い。毎回特集を組んでいるが今回はないようだ。エッセイ、短編、詩、実録など申し分ない内容だが、小説はやや短すぎる感もしないではない。ニューヨークの断片を切り取った写真やイラストがあるのもこの雑誌の特徴で興味を引くが、何よりもユニークな発想や斬新なアイデアが散りばめられているところがいい。感受力、想像力それに理解力が求められることは言うまでもない。まずは英語力が試されるのだ。因みに最新号の内容は次のようだ。巻頭言「一見一言」3本、フィクション5本、エッセイ3本、詩9編、実録1本それに絵入りガイド1本。日本もそうだが文芸雑誌を発刊し維持させていくことはアメリカでも大変らしく、その証拠にしばしば雑誌発刊の遅延や支援策がメールで送られてくる。しかし、執筆者を呼んで文芸の夕べや講演会、討論会それにポエトリーリーディングと多角的に開催しているようだ。一昨年の秋にブルックリンにあるこの社を訪ねたかったが時間がなく実現出来なかった。〈続く〉

|

« クロカル超人が行く 144 横浜馬車道あたり | トップページ | 超人の面白、街の話題 10 駅ホーム転落事故 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/50682497

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 81 雑誌「A PUBLIC SPACE 」 12号 最新号を拾い読み:

« クロカル超人が行く 144 横浜馬車道あたり | トップページ | 超人の面白、街の話題 10 駅ホーム転落事故 »