« 超人の面白読書 49 吉本隆明著『詩の力』 | トップページ | クロカル超人が行く 101事件の現場 中央大学理工学部キャンパス »

超人の面白ラーメン紀行 103 千代田区『味噌や』

超人の面白ラーメン紀行 102
先週横浜家系ラーメンの一つ、六角家本家のラーメンを食したが、期待はずれでしばらくこの手のラーメンから距離をおこうと考えていた矢先、テレビでやっていたのを思い出し、そうだ、神保町の覆面ラーメンに行こうと考えた。が、見当をつけていったが見つけられず、前から気になっていた三省堂書店本店近くの『味噌や』に入った。看板には北海道直送の麺とあり、味噌にこだわった北海道系否札幌系ラーメンだ。5人目に並んで10分、16席あるカウンターのほぼ真ん中に座った。すでに並んでいるときにオーダーは取っていたのだが、注文の味噌ラーメンが出てくるまで多少時間がかかった。昼時忙しい時だからだが。
「味噌ラーメン」(750円)はてんこ盛りで出てきた。もやしとキャベツなど炒めたトッピングは、同じ神保町界隈にある『ラーメン二郎神保町店』も顔負けそうなほどだ。そう、シャキシャキ感はある。ネギ、メンマ、タマゴの常連がいない。ノリは2枚どんぶりの端の方に置かれている。そしてスープを一啜り、思い出した、思い出したのだ、20年ほど前に札幌は時計台の近くで食べたもやしたっぷりの札幌味噌ラーメンを。この『味噌や』の方が炒めた分もやしは柔らかい。しかし、体調がイマイチのせいか、黄色縮め中細麺の多少の固さとバターの味が色濃かったスープに、ちょっとついていけなかったのだ。こうなると俄然昔の味噌味がなつかしくなる。チャーシューは3片、これは柔くて美味。
メニューは味噌オロチョンらーめん(750円)オロチョンらーめん(700円)醤油らーめん(650円)塩らーめん(650円)つけ麺(700円)。
味噌や』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★☆

|

« 超人の面白読書 49 吉本隆明著『詩の力』 | トップページ | クロカル超人が行く 101事件の現場 中央大学理工学部キャンパス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/43739427

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白ラーメン紀行 103 千代田区『味噌や』:

« 超人の面白読書 49 吉本隆明著『詩の力』 | トップページ | クロカル超人が行く 101事件の現場 中央大学理工学部キャンパス »