« 超人の面白ラーメン紀行 97 横浜市港南区『くじら軒上大岡店』 | トップページ | 超人の面白読書 47 雑誌「現代思想」9月号 »

2008/09/25

2008年 秋

初秋

暑かった夏が去り
まだ余韻が残る
いま
海の向こうではハリケーンが暴れしばし沈黙
しかし
政治の季節が吹き荒れている

暑さ寒さも彼岸まで

よく使われるフレーズは季節の到来を告げて

杓子定規が踊っている

「安倍」川餅と小「福」餅
包んだ新聞紙を
メチャメチャ丸めて投げると
彼女はそれを例のマジックで粉々にする

季節は秋
久しぶりにスーパー銭湯に行った
節々が泣いていて
かたかたと音がするのだ
趣向を凝らした洞窟風呂でフクロウが笑っている
しかも口からオユを出して

不苦労
風呂長寿

季節はやがて変わるのだ

« 超人の面白ラーメン紀行 97 横浜市港南区『くじら軒上大岡店』 | トップページ | 超人の面白読書 47 雑誌「現代思想」9月号 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2008年 秋:

« 超人の面白ラーメン紀行 97 横浜市港南区『くじら軒上大岡店』 | トップページ | 超人の面白読書 47 雑誌「現代思想」9月号 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31