« 超人の文学散歩 本郷界隈 樋口一葉ゆかりの地 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本−異文化としての庶民生活』 »

畜生の時代

畜生
こんちくしょう

何とでも暴言が吐けて
心がすっきりしても
まだ わだかまりが残っている

私たちは永遠に生き永得るわけでもなく
さりとてそれに異を唱えることでもなく

応えが出せないまま
ついここまで来てしまった

ブルーライン
グリーンライン

一字がはみ出したからと言って
全てが終末ロンに片付けられては困るのだ

青い線
緑の線

センとチヒロくらいちがうが今は
赤の線が少しだけ欲しい

鎌倉の海岸に行けば
真っ赤に染め上げた沈む夕陽が富士山の頂上に
見えるという

そうか
永遠かー

ただの赤い線かい

それでもバーチャル
それがバーチャル

都会はみんな地下に潜ぐりたがる

いくら掘っても掘っても出てくるのは
金の木偶の坊
灯りのない地球の姿

畜生
えっ、チクショウだい

|

« 超人の文学散歩 本郷界隈 樋口一葉ゆかりの地 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本−異文化としての庶民生活』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/41525391

この記事へのトラックバック一覧です: 畜生の時代:

« 超人の文学散歩 本郷界隈 樋口一葉ゆかりの地 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本−異文化としての庶民生活』 »