« 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本−異文化としての庶民生活』 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本-異文化としての庶民生活』 3 »

超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本-異文化としての庶民生活』 2

 実践ビジネス英語7月号巻末にあるドミニク・チータムのコラム「Sing a Song of Sixpence」 第4回でクール・ジャンパンを取り上げている。伝統的で愛国的な歌「ルール・ブリタニア」のパロデイ→「クール・ブリタニア」(1967年リリースのボンゾ・ドッグ・ドゥー・ダーバンドの曲、筆者は知らなんだ)→ドミニク・チータムの一捻りで「クール・ジャパン」、それが今回のタイトルだ。 そのコラムの中で彼は、アメリカの雑誌「ハーパーズ・ニュー・マンスリー・マガジン」(1860年創刊の有名な一般月刊誌だが最も古い雑誌)の1856年3月に、アメリカのペリー提督が初めて日本を訪れたときの記事を「クール」に引っ掛けて紹介している。アメリカ人と日本人の出会いを紹介し日本人の好奇心や日本の役人たちが初めてのシャンパンやウイスキーを満喫した様子、それに日本から贈られた「有名な漆を塗って美しく磨き上げられた木製のお椀、上質な絹、グロテスクに飾られた扇子」に言及している。その後の日本ブームをこのコラムニストはミステリアス、ファッショナブル、アグレッシブ、プラスチック、エレクトロニクスそしてクールと形容詞一語で短く表現していて見事だ。
ところで、このペリー日本初上陸の記事が気になったので筆者は図書館やインターネットで探した。そして上述の原文は以下のようだ(抜粋)。

Yezaimon was always prepared to take his part in any conviviality on hand, and seemed now to enjoy keenly the ship's biscuit, the ham and cold tongue, and especially the whisky. As the Japanese rose to go, they crammed into their spacious sleeves pieces of the bread and ham, and other remnants of the feast, and took leave in the most courtly and friendly manner.
The Commondore on the next day transferred his flag to the Mississippi, and pushed his way to a distance whithin seven miles of Yedo, so near, in fact, that he could distanctly see the suburb although not the capital itself, for projecting promontory hid it from view. There was no interruption to the progress of the steamer, but evently great interest excited on shore, as the inhabitants crowded down to the water's edge in multitudes, and the troops thronged about the batteries. On the Mississippi returning to her anchorage,
Yezaimon came on board, bringing with him some presents for the Commodore of no great value, but interesting as speciments of Japanese workmanship. There were a few wooden cups beautifully polished with their famous lacquer, some pieces of fine silks, and several grotesquely ornamented fans. There were only accepted on the condition that something of at least equal value should be received in return, which, after some demur on the part of Yezaimon, was finally complied with.
-from an article of p.465, March edition in 1856 of The Harper's New Monthly Magazine.

さて、話を元に戻そう。<続く>

|

« 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本−異文化としての庶民生活』 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本-異文化としての庶民生活』 3 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/77059/41613184

この記事へのトラックバック一覧です: 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本-異文化としての庶民生活』 2 :

« 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本−異文化としての庶民生活』 | トップページ | 超人の面白読書 42 石川榮吉著『欧米人が見た開国期日本-異文化としての庶民生活』 3 »