クロカル超人が行く 217 相鉄本線・小田急江ノ島線大和駅『大和市立図書館』続

Dsc_0016


_20180521_101347


_20180521_093645


Dsc_0014

【写真上から: 大和市立図書館外観 案内板 2階の外には神社が】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く  217 相鉄本線・小田急江ノ島線大和駅駅『大和市立図書館』

_20180520_151018 _20180520_154107

【写真左上: 大和市立図書館 『 図書館雑誌 』Vol.112. No.2 2018年2月号より 写真右・写真下の図書館内の写真は全て筆者=撮影】

Dsc_0003 Dsc_0002 Dsc_0006_3 Dsc_0007 Dsc_0008 Dsc_0009

2016年11月3日に場所を替えオープンした大和市立図書館。オープンして1年半、ハードとソフトの両面で画期的な試みが奏功したのか、300万人以上の来館者があり今や日本一の図書館に。何しろ今までの図書館のイメージを覆して縛りをなくし、自由に読書できる空間を提供したことがウケたらしい。逆転の発想もこうなるとアッパレというほかない。館内での飲み食いは自由、スタバとローソンも入って、芸術文化ホール、生涯学習センター、キッズが遊べる場所や小さな学び空間などもあり、子どもから大人まで読書しながら楽しめる、それが文化創造拠点SiRiUS、言わば、リテラシー改革の発信基地だ。心に響く・心が躍る・心をつなぐがキャッチフレーズ。地域の牽引力としての公共図書館の未来形(will)が少しみえた。
さて、入館。趣のあるがっしりとした旧館は何度か訪ねたことがあるが、新館は、周辺が整備されて更に駅に近くなった。外観は何となく“環境に優しい要塞基地”を思わせる”コンテンポラリーな建築物である。1階から6階までコンセプトが明確なレイアウト(1階~3階まではエスカレーターでそれ以上はエレベーター使用。もちろん階段も利用可能)、ブラウン系の落ち着いた棚の色、本や雑誌など大きな数字で分かりやすくジャンル分けして配置、快適に読書できるよう用途に応じた机や椅子の組み合わせ等々斬新な試みがいくつも目についた。5階には本や雑誌などが自由に検索できる端末機と貸出等が簡単にできる端末機が置いてある。スキャナー技術が進化し、その技術の応用が貸出や返却のシステムにもみられる。特に高校生のプチグループや中高年が目立ったが、キッズ連れのファミリーも。中には車椅子で来館した元気な年配者もいた。4階は健康都市図書館と命名された健康に関する本や雑誌が陳列されている。館内には健康をチェックできる器具や館内でエクササイズができる器具まである。大和市は健康都市宣言を謳い、高齢者の健康維持で治療費などをおえる運動を展開中だ。その他に託児所施設も。一日中いても飽きない図書館だ。この図書館の詳細情報はこちらが参考になる→https://www.trc.co.jp/topics/event/e_yamato.html

| | コメント (0)

超人のジャーナリスト・アイ 170 スウェーデン アカデミーのスキャンダル

前回の作家シャスティン・エックマン女史の『A Public Space』記事で、スウェーデン アカデミーのことが書かれていたが、そのスウェーデン アカデミーで前代未聞のスキャンダルが起きて、今年のノーベル文学賞は中止になり、来年二人の受賞者を発表すると報道された。18世紀に創設された伝統あるスウェーデン アカデミーは、権威失墜を免れず建て直しに時間がかかる見通しだ。改革派と守旧派が激しく対立し、事務局長や会員の辞任が相次いでいるという。下記はスウェーデンの文芸ジャーナリスト、クリステル・デューク氏(夫人は2011年ノーベル文学賞受賞者のスウェーデンの詩人、トーマス・トランスロンメル氏の作品『悲しみのゴンドラ』の翻訳者)がこのスウェーデン アカデミーのスキャンダルの動向について毎日新聞に寄稿した記事。その記事を読むはこちら→「20180518123452.pdf」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 169 ニューヨーク・ブルックリンの文芸雑誌『A Public Space』からつい先程メールで届いた最新情報に作家Kerstin Ekmanの記事

忘れかけていたスウェーデンの作家Kerstin Ekmanの記事。やはりニューヨークの文学シーンには北欧文学は時折登場するのかしら。下記は本日メールで届いた『A Public Space』の最新記事から。Reflecting on Dissent Writing from the APS Archive.

Given the dialogues within and around the Nobel academy, we're revisiting our feature on Kerstin Ekman, who was profiled by Dorthe Nors in our pages:

The Work of Kerstin Ekman | Selected and Introduced by Dorthe Nors • May 2, 2014 Share:

Literature Begets Literature

All through my twenties I sat immersed in Kerstin Ekman’s novels. I believe she taught me to write. Now I have traveled to Stockholm to meet her. It feels like going back in time.
We have arranged to meet at Clas på Hörnet on Surbrunnsgatan, one of the city’s oldest restaurants (legend has it that the likes of King Gustav III and Sweden’s great eighteenth-century troubadour Carl Michael Bellman regularly let their hair down here). When I arrive Kerstin Ekman is waiting on a chair in the lobby. Famous people look like they do in pictures: her hair is white and neat, her deep-set eyes keen and kind, but with an air of authority too. The same authority with which she resigned from the Swedish Academy in 1989 because of what she saw as the laxity of its stance on Salman Rushdie’s fatwa. I sense that walking out like that wouldn’t have bothered her in the slightest. More likely it suited her fine to pull on a pair of walking boots and stride off into the Swedish wilds. Her literature is like that too.
*
Kerstin Ekman was born in 1933 in Katrineholm, a small, industrial town in the middle of Sweden. After studying German at university, she published several crime novels, but in the 1960s her writing changed aspect as she expanded the genre novel with grand, existential prose; and in the 1970s, with Women and the City, a series of trailblazing historical novels, she established her reputation as one of Sweden’s sharpest social critics and an important figure in a generation that radically changed the destinies of women, including women writers.

When I read Ekman’s books as a young woman I was very absorbed with the things she wrote about the importance of memory, not only to us as individuals but also for a narrative. The process of remembering is a big part of the narrative—that is life—and without acknowledging it we lose track. Reading her work again now, at the age of forty-three, I discover how much the plight of women stands at the center of the ouevre. I also realize that what she—and other Swedish artists—taught me was to stay in the painful process of creation. To be courageous. To stick to it.

At lunch Ekman is polite and discerning, though when she notices a dog outside the window, a golden retriever rolling in the snow, she welcomes the distraction. (Ekman loves dogs. Not only do they appear in all her books, but one of her novels, The Dog, even has one as its main character.) “Hello, there,” she says, tapping her finger against the pane. The dog looks at her gleefully.

“I prefer to sit at home reading and writing,” Ekman confesses when I ask her how she relates to the world abroad. Our fish is served and we crunch conspicuously on our toasted bread. “I haven’t traveled overseas that much to promote my books. I don’t consider I have the time. I’m an introvert. But I have traveled extensively in the Nordic countries, and some years ago I was in Germany, though I really hadn’t the inclination. There was a school reunion in Katrineholm to which I was invited and didn’t want to go, and then came this invitation from Germany that I could use as an excuse. It was because my old high-school sweetheart, whom I was so very much in love with at the time, was going to be there at the reunion. I couldn’t bear the thought of seeing him as a fat old man. I wanted to remember him as he was then, and so I went to Germany instead. It was hell, going from one bookstore to the next to do readings and then stand there toasting with champagne in the company of mayors. And when I returned home I was sent a photograph from the reunion—and there he was in the picture, so handsome. How fortunate I hadn’t taken part! Imagine what could have happened!

“So no, I haven’t traveled much with my books. I find it so much nicer being at home—I know that I have to write in my own way, and if I sit in a corner of the world and offer resistance, then that’s my way of doing things. One has to believe that someone will discover the things one writes. The valuable work always survives. Books have their readers, and from that moment things can take a turn, things of a literary or political nature, or something else entirely. I believe that. If I didn’t, to keep on writing wouldn’t be much fun at all.”

After lunch, I ask if I can take her photograph. Like a doting mother (Ekman’s middle name is Lillemor, little mother, and we become what we are called) she beckons me to sit down next to her. We exchange books. She writes a dedication to me in her own, and I do likewise. It’s a happy conclusion, our lunch is over, and then the idol of my youth is gone, departed into Stockholm’s winter.

1. A Question for My Father

In this talk from a writers’ conference in 1995 at the Louisiana Museum of Modern Art, Ekman sketches the fundamental themes of her work and what has inspired her over the years—women’s ambivalent relationship to the construction of society.

“It’s natural for me to depict society and to write about politics and technology—in that respect, as A Question for My Father makes clear, my father is there in the background. He was an incorrigible optimist when it came to science and progress, which he believed would save the world. Imagine if he had been around to see how far we’ve come! His world was in stark contrast to that of my mother. My mother was a born storyteller. She wasn’t an active proponent of the women’s cause, but she always took a female aspect on things. Gradually I began to realize there is a need to combat male construction of history. Which is not the same as saying that I don’t love my father and can’t see that he was dependent upon the beliefs he possessed. But after all, I am a woman and I see things from the woman’s viewpoint.”

2. Witches’ Rings

This is the first volume in Women and the City, a series of four novels set in and around Katrineholm—the small, industrial town where Ekman grew up—as it grows from a village to a provincial city over the course of the twentieth century.

“I had read a lot of books that took place in important places. I was about seventeen, I suppose, and would go to the Stadsbibliotek at home in Katrineholm. When I reached the age when I began to really ingest literature, I devoured the books that came in volumes. The Forsythe Saga, for instance. Les Thibault by Roger Martin du Gard. That sort of thing. You might wonder how much a high-school student from Katrineholm got out of reading about the Catholic environment portrayed in a work like that. But I think it attracted me because the small town in which I grew up was rather dull. And so it came as something of a shock to me to read Eyvind Johnson’s Minnas because it was set in a town just like that. I thought: Aha, so you don’t have to write about Paris.”

Ekman’s female characters often must subordinate themselves to their gender. In this scene, which takes places in the early 1900s, thirteen year old Edla, a scullery maid at the local railway hotel, eavesdrops behind doors and is initiated into the biblical tale of the virgin birth, while biology is already at work to determine her fate.

“In the nineteenth century, woman was biologicalized completely. Our gray matter was insufficient for us to think, our brains weighed too little and Darwin saw woman as a midway stage between child and man. But the fact is that we do possess a biological destiny and it entails that we become pregnant and give birth—not forgetting the power of comfort and caring. We carry a very considerable heritage on our shoulders, not only historically, politically, and socially, but also biologically. It is a heritage with which we are saddled. And if we refuse to carry it, we lose much of our reality.”

3. The Knife-Thrower’s Woman

The biological destiny of women is a theme to which Ekman has returned often in her work. The Knife-Thrower’s Woman, her only published volume of poetry, is an intensely personal account of a young woman’s ectopic pregnancy, miscarriage, and subsequent hysterectomy. Suffering from depression after the operation, she descends in a mythic journey into the darkest recesses of herself in order to regain her life.

“Moa Martinson wrote about this subject in Sweden—the female body, she wrote, is as scarred as a runestone by pregnancy and childbirth. I remember an illustrious critic by the name of Anders Österling, whom I knew from my time in the Swedish Academy, reviewing one of her books and concluding: the perspective of the womb prevails here. The perspective of the womb! I had no idea he was capable of such an opinion. I was very fond of Österling but when I read that, it was as though something exploded in my mind. I immediately went upstairs to my study and dug out a manuscript I had decided never to publish. It became The Knife Thrower’s Woman, and I can assure you it is a book in which the perspective of the womb prevails! But to think: I had put it away in a cupboard, and I had put it there precisely because in that manuscript the perspective of the womb prevailed. Astonishing, don’t you think?”

I love Ekman’s description of compassion as that which is divine in the relationship between people: “How wondrous it is that some want to get up early / drink instant coffee, take the bus and soothe / or try to soothe the pain, to heal.”

4. Bring Me Back to Life

“I believe very strongly that literature begets literature. That’s how it works."

Although this novel—in which a group of women meet regularly for conversation in Stockholm during the 1990s—can be read independently, it is very much in conversation with Eyvind Johnson’s Krilon Suite trilogy. Written during World War II and fiercely critical of National Socialism, Johnson’s trilogy portrays the character of Johannes Krilon and the work carried out by his resistance cell.

“It was after I left the Academy. We had bought an apartment here in Stockholm and one evening we had friends round, a professor of literature and his wife. We got talking about Eyvind Johnson’s Krilon Suite, and the morning after I went out for a walk with the dog. I walked towards Bellevue with her. Silva was her name. The idea suddenly came to me as we were walking along. I wanted to write a book in which women make up a kind of resistance movement, just like the men of Johnson’s Krilon Suite. I couldn’t stop thinking about it and didn’t dare go home again. It was just welling up in me there and we kept on walking. Eventually the dog tired, although she was a hunting hound, but I felt no sense of fatigue at all. When we got home I sat down and filled eleven small notebooks. Afterwards, I was so exhausted I could have fainted.”

You also see another one of Ekman’s central themes—the significance of memory, for us as individuals and for the narrative—in this novel, the title of which refers obliquely to the “remember me” aria in Dido and Aeneas.

“I was thinking of remember as re-member or bring me back to life. It is a bit of falsified etymology, for I think that remember and member as in limb actually have different origins. Yet memory is indeed that which assembles a person’s limbs into a living gestalt. I find the thought fascinating—and besides, I’m getting closer and closer to the age of Oda. Actually I may have reached her age now.”


5. The Practice of Murder

This novel, set in the early twentieth century, depicts the motivations of a cynic with precision and, like Bring Me Back to Life, is also in conversation with another book—in this case, Hjalmar Söderberg’s novel Doctor Glas. Pontus Revinge, a young physician who earns his living from examining prostitutes for sexually transmitted diseases, he poisons his part-time employer, Dr. Johannes Harms, marries his widow, and takes over his victim’s practice and life. (He also nurtures an infatuation with their daughter).

“Although this chapter doesn’t exactly showcase its most attractive characters, it’s an entertaining book. I enjoyed writing it, but it also made my gorge rise. You see, I wanted to show where misogyny comes from.”

In this scene, Revinge who has recently murdered Harms, finds out that his widow plans to sell him the practice.

6. Scratchcards

This is the third volume in Ekman’s Wolfskin trilogy. Elis (aka Elias) Elv, who was a very young man when the trilogy opened, is now an elderly man, with many secrets. In the first excerpt below, we follow one of his many “crimes.” The essence of Scratchcards is how the past always catches up with us. In the second excerpt Risten, the Sami narrator of all three books, tells how her son Klemens killed a wolf. In the northernmost part of Sweden, the Samis are attempting in vain to preserve their traditional way of life as the laws of contemporary civilization are imposed on them. Klemens is trapped between tradition and modernity and marginalized, as are the Sami generally. The wolf, a pervasive symbol, begins and ends this trilogy, which spans the twentieth century.

7. The Con Game—Grand Finale

In her latest novel, Ekman describes the intertwined fates of two women: Lillemor Troj appears to be a well-known contemporary author who has won may literary prizes. Her friend Barbro (Babba) Andersson, however, turns out to be the real writer, but is convinced that she cannot live up to her status because of an unattractive exterior and an antisocial bent. Together, the two women enjoy a long, successful literary collaboration until Babba decides to come out of hiding. Lillemor has been a sort of mask for her, a position she now attacks by writing in secret and submitting to “their” publisher a manuscript revealing the truth.

« The 2014 Emerging Writer Fellows

A Question for My Father »

Back to Top
AUTHOR
Dorthe Nors is the author of five books in her native Denmark, including the story collection Karate Chop, for which she received the 2014 Per Olov Enquist Literary Prize. She lives in Jutland.

CATEGORIES
Magazine
News
ARCHIVE

ABOUT
A Public Space is an independent nonprofit publisher of an eponymous award-winning literary, arts, and culture magazine, and APS Books. Under the direction of founding editor Brigid Hughes since 2006, it has been our mission to seek out overlooked and unclassifiable work, and to publish writing from beyond established confines. Subscribe today, and join the conversation.

この文芸雑誌は増刊号から知っているがよく続いている。短編が中心で詩、評論、エッセイ、翻訳、ルポ、写真、美術評論ほか盛りだくさんしかも執筆者も様々で多彩かつ斬新、いつも感心している。

作家Kerstin Ekmanは、大分前にスウェーデンの文芸評論家が書いた「北欧文学素描」に出てくる。筆者による翻訳記事を読むはこちら→http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2005/05/6_bad5.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 132 ネットで西脇順三郎『旅人かえらず』を読む

詩人の和合亮一氏が、毎日新聞夕刊の詩月評「詩の橋を渡って」(2018年4月13日)の冒頭で西脇順三郎の詩『旅人かえらず』(講談社学芸文庫)について言及していた。テレビ番組のコーナーで脚本家の大石静氏がこの文庫をカバンに入れて持ち歩いていることを紹介。今静かな話題になっていると書いていた。西脇順三郎の初期傑作を新鮮な覚醒の詩と評価し、それに対して、戦後すぐに刊行された『旅人かえらず』は、誰にでも親しめる身近な短い詩だと書き記した。『詩人 西脇順三郎』(クロスカルチャー出版)の著者の一人、太田昌孝氏に倣えば、『旅人かえらず』はアタルシア(心の平安)をもたらす詩なのだ。検索して解ったことなのだが、テレビ番組は安定した視聴率を誇る、つい1ヶ月ほど前まで有働由美子が司会を務めていたNHK「あさイチ」(2018年4月13日放送)だった。この番組は全国放送なので影響力があるはず。試しにアマゾンを覗いたらこの文庫は品切状態で、一部の古本屋にも在庫がなかった。筆者は大分前に手にして何度も読んでいる。今回ネットで読めることを発見したのだ。在阪の文学愛好者のサイトだ。このサイトで1時間かけて全168篇を再読。なるほど、なるほど。多摩川周辺を逍遙する西脇順三郎がいる、自然と戯れ、ときどき学識を散りばめながら自由自在に歩く〈幻影の人〉がいた。何故か永井荷風の下町逍遙を思い出した。少し時代は違うが同じ慶応の教授だった。仏文学と英文学の違いはあったが、後年は二人とも日本の江戸文学と民俗学に傾いた。『旅人かえらず』を読めるサイトはこちら→
http://www.asahi-net.or.jp/~va6n-nsok/shi1/tabibito-shi.html

このサイトから一篇。こういう詩もあるのだ。

二八

学問もやれず
絵もかけず
鎌倉の奥
釈迦堂の坂道を歩く
淋しい夏を過ごした
あの岩のトンネルの中で
石地蔵の頭をひろつたり
草をつんだり
トンネルの近くで
下から
うなぎを追つて来た二人の男に
あつたこんな山の上で


追記 筆者は今江ノ島アイランドに。これから鎌倉へ。ゴールデンウィークの後半戦、ときどき強い風が吹いているが、夏日を思わせる暑さと人混み、が、海からの風でクールな気分。マラルメの詩の『海の微風』の一篇も良いが、西脇詩、いいね。(5月4日 記)

追記2 この3月に退職した英米文学研究者(エズラ・パウンド研究、谷川俊太郎などの日本の詩人の翻訳などが専門)のN先生から最近贈られてきた翻訳本(An Anthology of Japanese Poems (1900s-1960s THE SINGING HEART compiled and annotated by Yamamoto Kenkichi Translated by William I. Elliot and Nishihara Katsumasa, Hon-no-shiro 2001. 原書: 山本健吉著『こころのうた』)文春文庫 1981年5月25日第1刷)、その中の西脇順三郎の「旅人かえらず」のページをN先生に許可を得て抜粋してみた。ドナルド・キ―ン訳などと比較すると良い詩歌鑑賞になるのではないかと。その抜粋部分を読むはこちら→表紙と翻訳文「20180515114523.pdf」をダウンロード 原書『こころのうた』の西脇順三郎「旅人かえらず」のページ「20180515114506.pdf」をダウンロード (5月15日 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白テレビ視聴 歌手・ヴァイオリニスト サラ・オレイン 続

実は昨日の土曜日から妖精、癒しの歌姫、サラ・オレイン
Sarah Àlainnさん(筆者は昨年度だったか、NHK語学番組「大人の基礎英語」に講師として出演していたので少しは知っていた)の歌やゲスト出演した番組をずっとYouTubeで視聴していたのだ。3オクターブの音域を持つ、父親がオーストリア人の外交官、母親が音楽教授の日本人でオーストリア国籍のシンガー・ヴァイオリニスト。また、作詞家、作曲家、翻訳者、ディレクター、コピーライターの顔も。シドニー大学では言語学部でイタリア語など、音楽部では音楽理論などを専攻し首席で卒業(『ジブリ』などのアニメで日本語を学び、三島由紀夫の『金閣寺』The Golden Pavilionを読み衝撃を受け、日本文学、文化にも興味を持ったらしい。母親は日本人だが家では専ら英語だった)、当時の東大教養学部にも留学している。まさしく才色兼備の女性だ。高音で歌い上げる歌は、しっかりした音程の上に感情が乗り、サラワールド、そう、アルファ波を出すヒーリング感たっぷりの新しい世界を創り出している(1/fのゆらぎの声の持ち主)。2010年にメジャーデビューを果たしている。なぜか九州での仕事が多いようだ。2012年11月にはNHKBS-1「地球テレビ エルモンド」に出演していた。この番組は筆者もよく観ていたが、サラ・オレインさんが出ていたとは知らなんだ!彼女のwebsiteによれば今秋からコンサートツアーが始まる。これからのサラ・オレインさんの“芸術”活動に目が離せない。サラ・オレインさんの詳細を知りたい方はこちらへアクセスされたい→http://www.sarahalainn.net/menu/index.html
追記 サラ・オレインさんの「ワイドナショー」に初出演した感想や次のテレビ番組出演まで書いている最新のインスタはこちらで→https://www.instagram.com/p/Bit8CiCl7KR/
ここで彼女が書いていたが「ワイドナショー」に出演した時の服装は私服だった。でもピンクが映えていた。So cute !
鬼母親はマイッタ、気持ちは分かるけど、ここは厳しい母親かママぐらいに。Sarah Àlainn の“Àlainn”の名前は、スコットランド・ゲール語(Old Irish)で美しいという意味らしい。やはり妖精fairyがたくさん住む国から来たようだ。(2018.5.14 記)
追記 サラ・オレインさん、ムーミンが大好きみたい。

追記2 サラ・オレインさんが昨夜BS-TBSの番組『Sound Inn“S”』に出演して、「Time To Say Goodbye」 、「君をのせて」、ビートルズメドレーなどを歌い、自ら作曲したヴァイオリン曲「Animus」を披露した。衣装の色は赤、構成などを考えての歌(本人が言っていたが、一曲の歌を出だしは母国語の英語で歌い、次にヴァイオリン演奏を挟み、最後は日本語の歌で締める)とヴァイオリン演奏は、今までのアーティストとは一線を画する、チャレンジするアーティスト、表現者のようにみえた。これからも注目したい。この番組の詳細は収録模様を書いていたこちらで→https://news.yahoo.co.jp/byline/tanakahisakatsu/20180519-00085379/

| | コメント (0)

超人の面白テレビ視聴 歌手・ヴァイオリニスト サラ・オレイン

歌手でヴァイオリニストのサラ・オレインSarah Àlainnさんがフジテレビの「ワイドナショー」にゲストコメンターとして初出演を果した。IT社長と芸能人の結婚、スペインのサッカーチームの大物のJリーグへの移籍の可能性、世界卓球選手権での北朝鮮と韓国との突然組まれた合同コリアンチームと日本チームの戸惑いそれにルール問題、セクハラの罪云々の麻生財務大臣と記者との短いやり取り、北東アジア情勢で北朝鮮、中国、韓国の動きに日本が蚊帳の外状態、北朝鮮の金正恩委員長と米国のトランプ大統領との史上初首脳会談の話題、東大生協が食堂リニューアルで飾ってあった絵画を破棄した新聞記事、母の日に花を贈ること等ワイドショー的な切り口に、一部面白いコメントも見受けられたが、ここまではごく常識的な範囲のコメントのようだった(もっとも初登場で緊張していたのかも知れない)。が、音に関する話題になると、俄然本領を発揮していた。それは音デザイナーズの調査のリストで日常的に不快に感じる音、例えば、蚊の飛ぶ音、歯ぎしりする音、ガラスを爪で鳴らす音、歯の削る音だったりと人が生理的に受け入れづらい音なのだが、サラ・オレインさんにどう思うかと司会者が尋ねると、驚いたことに、絶対音感の持ち主でかつ音を色で言い表わすことができる共感覚の持ち主だったのだ。映画『サウンド オブ ミュージック』のドレミの歌のドは実際はドの音ではないとも(実際の音を言っていたが失念した、Bフラットとか言っていた?)。そういう音に違和感を覚えるという。幼少期、音の違いに気づき元に戻らないのではないかという恐怖感に悩んで薬を飲んだこともあったと、筆者には理解しにくい“衝撃的な音楽体験”を語ってくれた。ゲストのタレントのヒロミがコップを叩いて音当てを試みたら、サラ・オレインさんがその音を見事に言い当てていた。この番組の中心メンバーの芸人松本人志などはこの話題についていけない様子だった。もう一人ゲストコメンテーターのミュージシャン土屋社央(筆者はほとんど知らないが)が時折気の効いたコメントを出していた。
尚、グーグルなどで「ワイドナショー」と検索をかけると、この番組を視聴できるみたい。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 131 ジョージ・オーウェル『1984』 5

It was a bright cold day in April, and the clocks were striking thirteen. Winston Smith, his chin nuzzled into his breast in an effort to escape the vile wind, slipped quickly through the glass door of Victory Mansions, though not quickly enough to prevent a swirl of gritty dust from entering along with him.


―from GEORGE ORWELL Nineteen Eighty- Four with an Introduction by Thomas Pynchon and A Note on the Text by Peter Davison, Penguin Books

4月の晴れた寒い日だった。時計が13時を打っている。ウィンストン・スミスは不快な風を避けようと顎を胸に埋めるようにしながら、ヴィクトリー・マンションのガラス製のドアを素早く通り抜けた。素早くとは言っても、砂埃の渦が自分について入ってくるのは防ぎようがない。

高橋和久訳(ハヤカワ文庫 2017年2月15日31刷)

これがジョージ・オーウェル作『1984』の原著、Nineteen Eighty-four の出だしである。第1部8章、第2部10章、第3部11章と附録からなるディストピア(反ユートピア)小説。去年6月に高橋和久訳の『1984』を通勤電車の中で読み終えたが、同じく主に通勤電車の中で再読(いやはや、約1年前に読んでいたのだが、内容を大分忘れていた!情けない)、こちらは所々晴天下、狭い庭先の椅子にもたれての読書となった。休日の野外での読書は至福の時で、同時に、室内から流れるクラシック音楽(この時はボッチャーのバイオリンなど)を聴きながらの読書はこれまた、格別だ。“プロール”に毛のはいた筆者の身分では別荘で過ごしているような錯覚である(笑)。弁解めくが注意深く読んでみようと考えたことは確かだ・・・。所々原書と併読しながら高橋和久訳の『1984』(481頁)を読み終えたわけだが、「こなれた訳」と前回読んだと同じような感想を持った。いや、更にその思いを強く持ったと言ったほうがより正確だろうか。ともかく読み易いのだ。それと原著『Nineteen Eighty-Four』のジョージ・オーウェルの文章には複雑な文の構造が比較的少なく、平易な言葉で綴られていることだ。が、その代わりいわゆる“オーウェル語”の定義を正確に理解することまた、当時(1930年~1940年代頃)の時代背景をおさえておくことは必須だ。むしろ、こちらのほうがより重要で頭に叩き込んでおく必要があるだろう。余談だが、訳者の高橋和久氏のトークショーが先週観た芝居『1984』後にあったことを帰りの電車の中で気づいた。後の祭りだった。ぜひ拝聴したかったのに残念である。(続く)

追記 You Tubeで『Nineteen Eighty-Four』の朗読が聴ける。→ https://youtu.be/xMzBETLocSA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 131 ジョージ・オーウェル『1984』 4

閑話休題。
昨日朝鮮半島では歴史的な南北首脳会談が行われた。板門店の韓国側施設「平和の家」で韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が会談、休戦状態にある朝鮮戦争の終結を今年中に、また、半島の非核化目標などを宣言した。今までの北朝鮮の動きを見ているとにわかに信じがたい政治的大転換で、平和的に朝鮮統一が実現できれば、真の意味での戦後の冷戦構造がなくなることになり大歓迎だ。しかし、ミサイル発射や核施設開発などで国際社会から経済制裁を受けて苦しい北朝鮮が、経済的な援助を引き出す目的だけの政治ショーでは北朝鮮のしたたか外交術を見せつけられただけで真の平和的な解決にはならないだろう。ここはこれから約束を励行するかどうか注視していくことが特に日本(拉致問題は喫緊の問題)、アメリカ、中国それにロシアなどを含めた関係国に求められる。

ジョージ・オーウェルの『1984』は1949年に刊行された。その一年後の1950年に朝鮮戦争が勃発し3年後に休戦状態に。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く  216  新国立劇場小劇場で演劇鑑賞 ジョージ・オーウェル原作 戯曲「1984」 2

【動画: 新国立劇場公開サイト「1984」】
https://youtu.be/8O_XvxJP0kI

観客席から見て舞台右側前方に、「1984」の主人公ウィンストン・スミスの小机、その上にスタンドに照らされたノートが配置されている。全体的には暗くてまわりや奥行きが見えない。スポットライディングは小机周辺のみ。可愛らしい女性の声のナレーションが入る(これには筆者も予想外、プチサプライズだった)。やがて登場人物が現れ、机に座るやいなやペンをもち何やら黄ばんだノートに書き記す。それが1984の数字、同時に上方の中央、左右の壁、いな、遠近のあるテレスクリーン(双方向テレビと監視カメラを兼ね備えた装置)にその数字が大きく映し出される。やがて場面は男女数人が本を抱えて『1984』の附録の「ニュースピークの諸原理」について群読・分析する場面に切り替わる。時は2050年以降。右端にはファイルが収納できる木製のキャビネットが並ぶ。
これが舞台「1984」の最初の場面である。ここから監視と恋愛ドラマが始まり、党に批判的な真理省記録局で新聞などの書き換え、改竄を仕事としている主人公が、党幹部から洗脳、尋問、自白を強要され、その後人間改造の酷い拷問を受け、最後には全てを受け入れる。そして、この群読・分析の場面に戻り終了する。上演時間約2時間。
演出家の眼差しを筆者なりに少し感じ取った。きつい展開のはずなのに全体的には不思議とやわらかさが感じられた芝居だ。原作は論理展開がいやというほど散りばめられていて理屈っぽいが、コンテンポラリーで多層的な舞台装置の仕掛け(遠近法的なレイアウト、配色、照明、音響など)が上手く施され観客を魅了した。特に少し長く続いた拷問の場面は圧巻。主人公、準主人公それに脇役のセリフは長い。それを克服している役者魂に共感を覚えた。それは「あっという間の2時間」という表現が物語っていて、まさに観劇の面白さを味わったのだ。
二度目の原作を注意深く読む試みは、あと少しで終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く  216  新国立劇場小劇場で演劇鑑賞 ジョージ・オーウェル原作 戯曲「1984」

20180423101743_00001 _20180422_122700

ほぼ満員の新国立劇場小劇場(326席)で、原作ジョージ・オーウェル、脚本ロバート・アイク/ダンカン・マクミラン、翻訳平川大作、演出小川絵梨子の「1984」を鑑賞。反ユートピア小説を描いたジョージ・オーウェルの原作を題材にした戯曲で、ロンドン、ニューヨークで評判を呼んだもの。井上芳雄、ともさかりえ、森下能幸、宮地雅子、山口翔悟、神農直隆、武子太郎、曽我部洋士などが出演、迫力のある演技と斬新な舞台設定、特に照明、映像それに音響が光っていた。休憩なしの2時間はあっという間に終わった感じだ。本当に久しぶりに芝居を観たが良かった!

時は2050年以降の世界。人々が小説『1984』とその"附録"「ニュースピークの諸原理」について分析している。過去現在未来を物語り、やがて小説の世界へと入って行く...。
1984年。1950年代に発生した核戦争によって、世界はオセアニア、ユーラシア、イースタシアの3つの超大国により分割統治されており、その3国間で絶え間なく戦争が繰り返されていた。オセアニアでは思想、言語、結婚等全てが統制され、市民は"ビッグブラザー"を頂点とする党によって、常に全ての行動が監視されていた。
真実省の役人、ウィンストン・スミスは、ノートに自分の考えを書いて整理するという、発覚すれば死刑となる行為に手を染め、やがて党への不信感をつのらせ、同じ考えを持ったジュリアと行動をともにするようになる。
ある日、ウィンストンは、高級官僚オブライエンと出会い、現体制に疑問を持っていることを告白する。すると反政府地下組織を指揮しているエマニュエル・ゴールドスタインが書いたとされる禁書を渡され、体制の裏側を知るようになる。
はたして、この"附録"は誰によって、どのように書かれたのか? それは真実なのか? そして今、この世界で、何が、どれが真実なのだと、いったい誰がどうやって分かるのだろうか......。(新国立劇場webpage「1984」あらすじ より)

ドラマ「1984」の詳細はこちらを参照されたい→
http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/16_009661.html


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 215 明治大学リバティーホール「佐藤栄佐久氏のドキュメンタリー映画『知事抹殺』の真実」を見て~共謀罪廃止を考える集い~

_20180416_160748 _20180416_160707

友人からもらったチケットで元福島県知事の佐藤栄佐久氏のドキュメンタリー映画『知事抹殺』の真実を見て~共謀罪廃止を考える集い~に参加した。明治大学リバティーホールでの上映では慣れないせいか音声や映像にハプニングがあったものの、映画はドキュメンタリーならではの魅力を引き出していて内容は濃かった。佐藤栄佐久氏が知事在職時に官製談合事件で辞任し逮捕された。その事件に関する初動、過程、地検による執拗な取調室での模様、一審二審の裁判の収賄額ゼロの有罪判決を受ける最終章まで元知事佐藤栄佐久氏と会社経営者の弟氏などの関係者の証言それに再現映像などで事件の真相に迫った。しかし、土地売買に絡んだ収賄を巡っては謂れのない巧妙な手口によってでっち上げられ反証するも叶わず逮捕され有罪判決を受けてしまう。この不条理、無法!真実を証明することがいかに難しいか、ナレーションの効果抜群の映画は語る。佐藤栄佐久知事在職中、佐藤氏は東京電力福島第一・第二原子力発電所での事故やトラブルを隠蔽する、国や電力会社の体質に、福島県民の安全のため対峙していた。これらの原発に対する知事の活動が、この事件の原因になっている様子。それを匂わせる証言が。佐藤氏の弟が東京拘置所の取調室で、担当検事から「知事は日本にとってよろしくない。いずれ抹殺する」と言われたいう。これが事件の本質だったか―(一部配布されたチラシを参照)。
第一部のドキュメンタリー映画観賞に続いて、第二部では佐藤栄佐久氏と三宅弘弁護士との対談があった(ドキュメンタリー映画「『知事抹殺』の真実」を見ての報告 三宅弘弁護士、佐藤栄佐久さんのQ&A ― 尋問形式による― 知事抹殺の真実を探る 福島原発開設から事故に至るまで Q&A知事抹殺の真実をさぐる 東京地検特捜部が描いた虚構図 検察の虚構による起訴状 Q&A知事抹殺の真実をさぐるなど)。弁護士が一方的に話し、佐藤氏が質問に答えたり感想を訊かれたりしていたが、何か噛み合わない様子。佐藤氏の記憶が年を重ねることで曖昧になっているのか、話す内容がイマイチはっきりしないのだ(対談が終わったあとの休憩時間に漏れ聞いた話では、最近かどうかは分からないが、どうやら何かの調子で頭を打ったそうだ(本日も体調はあまり良くないと関係者が言っていたが)。難問解決は現実的には司法(刑事事件)のあり方や手続きを変えないと罪のない人間を貶めてしまう恐れがあるのだ。それは民主主義国家ではあるまじき裁判制度ではないか。氏は対談の最後で対談相手の弁護士に「現行の裁判制度を変えるにはあなたたち弁護士先生が頑張らないといけない」と何度も言っていたのが印象的だった。第二部後半の対談は時間がなかったので途中で退場した。
対談の三宅弘弁護士は、『原子力情報の公開と司法国家―情報公開法改正の課題と展望』の著書もある日本弁護士連合会副会長、第二東京弁護士会会長を歴任した人。

Dsc_0041
 【写真: 左から元秘書の遠藤氏 佐藤氏 三宅弁護士】

「このイベントのチラシとチケット」をダウンロード


追記 偶然にNHKBS番組「ブレイブ 勇敢なる者 えん罪弁護士 完全版」の再放送を観た。有罪率99.9%に挑む男!大反響受け再び‼とサブタイトルを冠したえん罪を扱う今井核弁護士を追った番組だが、柔軟な発想、推理力を駆使し、証拠写真の画像処理に対しては工学系や心理学系の専門家も動員しながら緻密さを心掛け、科学に裏打ちされた陳述を展開してえん罪に持ち込む弁護士魂に脱帽だ。アッパレ!番組では実例として痴漢を取り上げていた。えん罪を扱う弁護士は儲からない・・・。こういう弁護士もいるのだ。この番組をたまたま二度観た。昼といい、夜といい、共謀罪・えん罪について考えさせられた一日だった。

福島原発に関する関連記事を読むはこちら➡️
http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2018/03/post-6e3f.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く  214  神田神保町『揚子江菜館』

_20180411_115547

神田神保町『揚子江菜館』。ここで中国人の某先生と食べたのはもう10年くらい前になるか。それ以来の訪問だ。最近ではテレビでフリーアナウンサーの草野仁氏が紹介していた。
さて、昼飯に酢豚定食(1030円)を頼んだのだがイマイチ。これがウマイ味だといわれれば困ってしまうほど。冷やし中華発祥の地として有名だが、仙台に行くとおらが冷やし中華の発祥地といって憚らないのも事実。周恩来が通った店、池波正太郎が愛した店等々エピソードに事欠かない中華料理店である。やはり年配者の夫婦が目立つ。その一組は冷やし中華を頼んでいた。ここに来て冷やし中華を食べるのが何よりも楽しみにしている様子。

_20180411_115640


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く  213 御茶ノ水駅『ナポリの下町食堂』

JR御茶ノ水駅から徒歩3分のところにあるイタリアン『ナポリの下町食堂』。大分前に食べに行ったきりだから店内はうろ覚え。地下にあるもなかなか広い。昼時少し過ぎた時間でもやはり女性客が多い。“パスタ人”の居住区みたい。しかし、大分高齢の男性がこの店の看板の窯で焼いたマルガリータを美味しそうに食べていたのが印象的。そう、食べたアマトリチャーナ(1164円)は、酸味の効いたトマトベースにパンチェッタ(豚バラ肉)、ベーコン、玉ねぎ、唐辛子それにチーズが入った辛系パスタ。量はグラムで選べるのでやや多めのものを頼んだ。パスタの食感がユニーク、大きめでかための玉ねぎは最後に2つほどハネた。味は及第点。飲み物にスープはなかったがフリードリンク制。今度は夜の時間帯に訪ねてみたい。営業時間: 11:00~23:00。無休。

_20180409_213620

【アマトリチャーナ L'amatiriciana 】

_20180409_213317

追記2 明大リバティーホールのイベントに参加。その前に昼食に立ち寄った。

Dsc_0034

Dsc_0032

_20180415_124351

_20180415_124234

ピッツァの旨い店についてはこちらも参照されたい。
http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2012/12/71-7e47.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 247 横浜駅西口『麺場 浜虎』

_20180405_130702_2

3月はじめに某先生と訪ねたラーメン店『麺場 浜虎』。今回は仕事ついでにここで昼食。こい醤そば(790円)はダブルスープで濃厚、量は少なめ。やや太めの縮り麺にトッピングのチャーシューは鶏肉ででかっ。味はいい。昼時は賑やかだが結構捌けてる。無料の自分で作るCotton candy(綿菓子)製造マシーンがあるのは珍しい。キッチンをはじめ店内はかなり斬新。工事現場みたいと誰かが書いていた。今様若者組のアートデザイン?

横浜駅西口『麺場 浜虎』1.スープ★★2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.定価★★

_20180405_130752_3


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 131 ジョージ・オーウェル『1984』  3

_20180404_080442

文芸評論家田中和生氏は、毎日新聞の文芸時評(2018年3月28日夕刊文化欄)「ポスト真実の時代に 虚構が語る事実」の冒頭で森友学園に触れて次のように書いている。

森友学園の問題から出てきた、公文書改竄という事態を文学的に見ると、言葉がかつてなく軽くなっていると感じる。なぜなら現政権が折に触れて示しているのは、言葉は事実でも真実でもなくてよいという言語観だからである。それでも政治の現場では、これまでの常識にしたがって言葉を「事実らしい」「真実らしい」ものにするという力が働くので事実や真実の方をねじ曲げるようなことも起きる。しかし居心地が悪いのは、この言語観を「言葉では事実も真実も語れない」と言い換えると、多くの文学者が同意するものになることだ。

この後も個別的な文学作品評に入る前にこの文芸評論家の“ことば”は続くが、“ポストトゥルース=ポスト真実=客観的な事実よりも主観的な感情を優先する言説”にも通じるものとしながら、そのような時代の文学はなんらかの方法で事実や真実に向かわなければならないと思えると作家の使命を書き留めている。
小説『1984』を再読している。原著Penguin BooksのPenguin Classics: Nineteen Eighty-Fourも併読しながら。映画『1984』(1985年劇場公開版)をDVDで観た。コミック版もゲット(どんなものだか見るだけだったが)近々『1984』の演劇も観るつもりだ。筆者のジョージ・オーウェル『1984』の旅は始まったばかり。(続く)

_20180404_074447_2 _20180404_073847_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のラーメン紀行 246 東京メトロ有楽町線・副都心線成増駅『中華めん処 道頓堀』

_20180331_144337

12時半過ぎに仕事を終えて成増・旭町3丁目にある有名ラーメン店『べんてん』を訪ねたが、到着するやいなや麺がなくなり筆者の直前で終了。営業終了時間の午後2時半までは1時間足らずあったのにだ。予想されたとはいえ至極残念!しかも直前での打ち切りは非情である。それで帰り際寄ったのが東京メトロ有楽町線・副都心線成増駅近くの『中華めん処 道頓堀』である。すでに5人が並んでいてここも2時で昼時の営業は終わるらしく、滑り込みセーフの感じだった。
初めて入る店は定番をオーダーするのが筆者流。メニューは醤油中華そば、つけ麺、塩らーめんの3種類のみ。醤油中華そばを頼んだ(750円)。その中華そばが供されるまでまずは外の入口の前で、次に中の階段でそれにカウンターに着いてからも待たされた。計22、3分は待った感じだ。煮干&鰹出汁の中華そばは濃厚ドロドロ系で中細ストレート麺にマッチングしていて古き良き味を醸し出していた。トッピングにはノリ、ネギ、メンマ、ナルトにチャーシューなどがのった定番の品々が並ぶ。中でもチャーシューは小粒ながら一捻りしてあるみたい(豚もも肉使用)で歯応えもあって美味。昭和の匂いが漂う、昔懐かしいラーメンだ。肝っ玉母さんぽい女将と外見とは違って心優しい旦那との名コンビで切り盛りする老舗のラーメン店は、人情を一味添えたユニークな店で地元の常連客も多いようだ。筆者が座ったカウンター右隣の木製の仕切りが自由自在に動くのにはサプライズ。10人座れるカウンター調整には思わず笑ってしまうほどの抜群の能力を発揮していた。カウンターとテーブル席は満杯、家族連れ、カップルほか20人位いたか。

東京メトロ有楽町線・副都心線成増駅『中華めん処 道頓堀』1.スープ★★☆2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★★☆5.価格★★

_20180331_135443_3

_20180401_125152
   【べんてん、支度中に!】

追記 『べんてん』の店主がBSフジの番組「Ramen-do」に出ていたが、今度はNHKの番組「プロフェッショナル」で福島・白河の『とら食堂』の店主(二代目)が出演(2018.年4月9日放送)していた。究極の中華そばは、結局「ラーメン」人生そのもの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 212  春 港ヨコハマ点景 

Dsc_0008_2
Dsc_0007_3
Dsc_0013 Dsc_0009_3 Dsc_0010 Dsc_0012 Dsc_0011 Dsc_0014_2

【写真: 上から ①②③横浜・日本大通りの街路花、チューリップほか 手入れが行き届いていて気持ちがいい④シルクホテル前 英一番館跡 居留地の地図を思い浮かんだ ⑤スカンディア界隈 デンマーク料理にはウナギも⑥横浜開港資料館前 日米和親条約締結地 今年は明治から150年 あまり盛り上がらないねと新聞に書いていたのは近代史研究家の某先生 ⑦ほぼ満開の桜 構図といい最高 ⑧みなとみらい線日本大通り駅のプレート 因みにニューヨーク市の地下鉄116丁目コロンビア駅のプレートはカラータイル】
【地下鉄116丁目コロンビア大学駅: 2009年9月筆者撮影】

200909181049000_2


咲いた
さいた
サクラに
チューリップ

港ヨコハマ
大通り

異人さんは
いずこ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 131 ジョージ・オーウェル『1984』 2

昨夜NHKのテレビ番組で「フェイクニュース」を扱っていたが、今や「フェイク」の文字がアメリカのトランプ大統領を筆頭にネットで横行し、一度拡散してしまうと消しようがないらしい。真実と嘘が見分けにくくなっているのだ。ネットでは広告が溢れ、本当らしいところに注目してクリックすればその広告を押し上げ儲かるシステムになっているのだ。見分け方が難しくなっている。番組ではドイツ、フランスそしてお膝元のNHKが「フェイクニュース」をチェックする姿を写し出していたが途方もない作業であることは間違いない。

ジョージ・オーウェルの『1984』の解説で作家のトーマス・ピンチョン氏が、この本のキーワードの一つである、“過去を改竄した〈二重思考 ダブルシンク〉”について次のように書いている。少し長いが引用してみたい。

現在(この解説を書いた2003年頃)のアメリカ合衆国に目を向けてほしい。戦争を造りだす装置が“国防省”と呼ばれていることを疑問に思っている人はほとんどいない。同様に、司法省がその恐るべき直轄部門であるFBIを用いて、基本的人権を含む憲法の保障する権利を踏みにじっていることは、十分な証拠が書類として提出されているにもかかわらず、我々はその省を真顔で“正義 ジャスティスの省”と呼んで平気でいる。表向きは自由とされている報道機関も、常に“バランスの取れた”報道をすることが求められ、あらゆる“真実”は、同等の価値を持つ正反対の情報によって即座に去勢される。世論は日々、修正された歴史、公式的な記憶喪失、明白な嘘を与えられているのだが、そうした情報操作はすべて好意的に“ひねった解釈 スピン”などと呼ばれ、楽しげにスピンするメリーゴーラウンドと同様、何の危険もないと考えられている。我々は伝えられることが真実でないと知りながら、それが真実であって欲しいと思っている。信じると同時に疑っているのだ。結局、多くの問題に対して簡単に態度を決めずに少なくとも二つの見解を持つことが、現在の超大国における政治思想の状況ではないだろうか。言うまでもなく、その地位に、可能であれば永久に、留まりたいと思っている権力者にとって、これは計り知れないメリットがある。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 131 ジョージ・オーウェル『1984』

_20180404_080330

最近のニュースをみていると、財務省の改竄問題、他方で、文科省の監視問題が浮上し両問題とも民主主義の根幹を揺るがす重大な出来事が浮上してきた。それで喚起されるのがジョージ・オーウェルの『1984』である。ディストピア、反ユートピア小説といわれるこの小説は、近未来の社会を空恐ろしく描き出している。そこでは日常的に改竄や監視が行われているのだ。まさしく日本の今を写し出していて怖い。
実は、先週の日曜日何気なくこのジョージ・オーウェルの『1984』をふと思い出していたら、その日の朝日新聞の朝刊をたまたま買って読んで驚いた(大分前はこの新聞だったが、今は他紙を購読していて書評欄を読みたかったからわざわざコンビニまで買いに行ったまでだが)。「日曜に想う」の欄のタイトルが“思い起こした「1984」”とだったからだ。執筆者が読者からの川柳、“現実にあったオーウェル「真理省」”を紹介しながら、ジョージ・オーウェルの小説の主人公が「真理省記録局」という部署に勤めていて、政府の都合と主張に合わせて過去の新聞に記事を改変するのが仕事と記したあと、復古的なイデオロギーを仲立ちにして、権力側とその威を借る者が連みあった結果であろうと執筆者は書いている。
さて、全体主義の社会を見据えたジャーナリスト上がりのジョージ・オーウェルが描きたかった社会は、どういう社会なのか興味を引きつけられる。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の新刊紹介 澤正宏(福島大学名誉教授)編著『詳説福島原発・伊方原発年表』

_20180216_144556_20180216_143729

澤正宏(福島大学名誉教授)編著『詳説福島原発・伊方原発年表』が2月28日クロスカルチャー出版から発売になった。B5判・上製・総約500頁 定価25000円+税。ISBN978-4-908823-32-9。1940年~2016年までを記述しているが、重要な事項は2017まで書き込んでいる。特に3.11原発事故以後の活写は詳細を極め、単に歴史的な記述に止まらず記録文学としても読める。編著者渾身の一冊。必読必備のレファレンス本。3.11からまもなく7年。この節目の時期に読者諸氏にぜひおすすめしたい本である。詳細はクロスカルチャー出版のホームページを参照されたい→http://crosscul.com

追記 この原発年表が、今日の毎日新聞朝刊(2018年3月11日)の読書欄に掲載された由。

20180420113345_00001


追記2 東京新聞・中日新聞の朝刊(2018年3月18日)の書評欄「出版情報」にも掲載されたみたい。

20180420113429_00001

追記3 先週の土曜日夜(2018年3月17日)のNHKスペシャル「原発メルトダウン」迷走の2日間に何が?大杉漣ドラマと新資料で迫る汚染拡大の真相の番組で、7年前の3.11後に起きた東京電力第一発電所のメルトダウンを、ビックデータを駆使して分析しまた、再現ドラマで当時何が起きていたのかの検証を試みていた。膨大な言葉のやり取りの解析から見えてきたのは、現場の最高指揮官が人の安全を最優先して動いたこと―それはそれで優先すべき課題だったが、同時に、原子炉内の容器にもっと注力すれば放射能が漏れて拡散してしまうことを防げた―で結果的には放射能の予期しない拡散を北は岩手県、南は静岡県まで広域に招いてしまったことだ。テレビはそのことを科学的に立証しようとしていたが、この『詳説福島原発・伊方原発年表』は、新聞や雑誌等を詳細に追ってまさしく年表形式で再現を試みた労作だ。原発の世界情勢、原発に関わる日本の政治や経済の動き、政府機関、東京電力、福島県、地元住民を含む県民の動向、汚染水、汚染土の動向、原発労働者の実態、原発事故による関連死者、土地や食品の放射線量、子供の被曝などと多岐にわたっている。また、伊方原発年表を併せて載せる理由は、原発に関する行政訴訟で「日本初の科学裁判」といわれた伊方原発裁判の動向から多くを学んできたからである。一部『詳細福島原発・伊方原発年表』のパンフレットを参照。

追記4 出版ニュース3月下旬号には少し詳しく書評が載ったみたい。

20180420114925_00001_3

追記5 国会内(参議院側)の書店のウインドウにもポップが。その下には脱原発を進める元首相の小泉純一郎氏の著作の宣伝もみえる。

_20180415_110956

追記6 図書新聞2018年4月28日号に詳しい書評が載ったみたい。

20180420112545_00001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の音楽アラカルト The Brothers Four : Seven Daffodils

_20180316_121203

【写真: かつては桜木町と新港を結ぶ“汽車道”だったプロムナード。その両サイドに咲く「七つの水仙」が綺麗。 撮影=筆者】

寒暖計踊っているよ春の海

もうすぐ桜が開花。今年の冬は寒かったがこのところの陽気が良かったのか平年より10日以上も早く開花するらしい。たまには海の向こうに思いを巡らしたいとパスポートの書き換えに出向いた。豪華客船『飛鳥Ⅱ』

_20180412_224031

が接岸されているも、港ヨコハマの桟橋は生憎の小雨で人出が少ない。すれ違った小人数のパーティーのガイドさんは些か声に張りがなかった。山下公園からみなとみらい地区をJR桜木町駅に向かって歩くと、少し強い春風に突き動かされて気持ち足早になる。ふと木製のプロムナードの端に咲く水仙に目を奪われて思い出したのが、ブラザーズフォーの“七つの水仙”。大昔友人宅で何度も聴いたフォークソングの名曲だ。その家も7年前の大震災で半壊、しばらくして引き払ったらしい。そのドラマチックなストーリーは人生の悲哀を伝えて切ない。
「七つの水仙」は、歌詞もメロディーもいい。愛や小さな幸せを唄っていて心にしみる唄だ。

Seven Daffodils

I may not have a mansion, I haven't any land.
Not even paper dollar to crinkle in my hands
But I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils

I do not have a fortune to buy you pretty things
But I can weave you moonbeams for necklaces and rings
And I can show you morning on a thousand hills
And kiss you and give you seven daffodils

Oh, seven golden daffodils all shining in the sun
To light our way to evening when our day is done
And I will give you music and a crust of bread
And a pillow of piny boughs to rest your head
A pillow of piny boughs to rest your head

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 211 朝日カルチャーセンター名古屋教室 特別企画2回目「西脇順三郎 その詩を読み解く」

_20180310_105843

朝日カルチャーセンター名古屋教室特別企画「詩人 西脇順三郎―その生涯と作品」(2月と3月の2回開催)を聴きに名古屋まで出かけた。講師は司会役の歌人の鈴木竹志氏、パネラーは歌人で東海学園大学教授の加藤孝男氏と詩人で名古屋短大教授の太田昌孝氏。第1回は2月18日に開催され西脇順三郎の生涯について上記3名のパネラーが語り合った。今回は2回目でもう1人、芥川賞作家の諏訪哲史氏が参加するはずだったが、前日に腰痛で救急車で運ばれたらしく不参加だった。これは筆者にとってはショッキングな出来事!諏訪哲史氏にサインしてもらおうと著作2冊を携えて臨んだからだ。残念。その代わりに『詩人 西脇順三郎』の著者加藤孝男先生と太田昌孝先生の生の講義を聴講できた。共著を読んで気づいたことだが、加藤先生の筆による文章と太田先生の文章には温度差があって、前者が柔らかいのに比べ、後者がやや硬い感じになっていることだった。しかし、シンポ形式の講義では、鈴木竹志氏の名司会の誘導で語るお二人の口調が逆転していたことが筆者とっては何より新鮮だった。
シンポ形式の講義は、有名な「天気」から始まって「雨」、「眼」、「秋」、「はしがき」(「幻影の人」の解釈はとても解りやすくすてきだった)、「山樝(さんざし)の実」などを読み解きながら、両者の感受力を駆使して独自の解釈を披露した。特に太田先生の解り易い解説は初めて聴く者にとって、難解で知られる西脇詩の“難→易変換”―例えば、パソコンの漢字からかな変換するようにやさしく(優しく・易しく)―を可能にし西脇詩の解釈を豊かにしている。一方、歌人である加藤先生は、塚本邦雄や萩原朔太郎を通じて西脇順三郎の詩を知ったと語る。そして、西脇詩の「眼」に注目し、その戦前版と戦後版の差異に一つひとつ鋭い解釈(改稿された戦後版の「眼」がすごいと絶賛。興奮気味)を施す。また、司会の鈴木氏選の詩は、「皿」と「雨」だ。その「雨」の詩。



南風は柔い女神をもたらした。
青銅をぬらした、噴水をぬらした、
ツバメの羽と黄金の毛をぬらした、
潮をぬらし、砂をぬらし、魚をぬらした。
静かに寺院と風呂場と劇場をぬらした、
この静かな柔い女神の行列が
私の舌をぬらした。

何ともエロチック。動詞「ぬらす」の効果が抜群の詩。 筆者的にはひらがな「ぬ」の文字が音韻「nu」と視覚のイメージ〈ぬ〉それに意味を重ねることによってポエジーを産み出していると思うのだ。それに何をぬらしているか、対象がおもしろい。「雨」の詩はイマジズムの手法を取り入れていると指摘したのは西脇順三郎研究家の澤正宏先生。ドナルド・キーン氏の「雨」の英訳ではそれを単純だが上手く表現している。“wet”の妙技―。

ドナルド・キーン氏の英訳を読むはこちら→http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2015/07/post-2929.html

ドナルド・キーン著『Dawn to the West』の西脇順三郎の言及の項を読むはこちらhttp://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2016/07/post-dc66.html

こうして質疑応答を含めて2時間のシンポ形式の講義は終了した。面白かった。
このあと場所を名駅近くの中華料理店『平和園』に移して懇親会があった。歌人が集まる場所だそうだ。作家志望の院生・学生さんも交えて講師の先生たちと楽しく歓談後、新幹線で帰宅。時刻はすでに午前0時を過ぎていた。

1520677340757.jpg

【写真上: 朝日カルチャーセンター名古屋教室 写真下: 中華料理店『平和園』に集った人たち いずれも筆者撮影】


付記 昨日(2018年3月9日)アマゾンのwebslteを閲覧していたら『詩人 西脇順三郎』は、☆5つだった!

付記2 駄作を一つ。


〈覆されたダイヤモンド〉の夜
窓辺で誰もが叫ぶ
それはオーロラの誕生

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く  210  名古屋市瑞穂区 ドイツ料理店『Zur Deele ツア・ディーレ』

1520557790265.jpg
1520557791355.jpg
1520557793003.jpg
1520557794000.jpg

【写真上から: 大通りに面した店の看板と外観、正面玄関、入口それに店内】

この日は気温が上昇してコートが要らないくらいの温かさだった。ドイツ料理とは洒落ているが、昨秋に知人が予約していて筆者の都合でスキップしたところ。ランチを嗜んだが、やはりドイツビール(エルディンガ―ヘルやラオホ)やワイン(シャーレス ブラン・ド・ノワール)で盛り上がってしまい、肝心の料理の方の写真撮影を忘れてしまったのだ。ドイツ料理といえば、相場はソーセージやベーコン、平べったい揚げ物、ポテトそれにやはりビールだろう。しかし、この店ではAランチ(スープ、魚、追加ソーセージ)、Bランチ(スープ、肉、ソーセージ)などコース制で肉か魚料理をチョイスできるのだ。オプションには単品のソーセージを頼んだ。久し振りに会った知人の表情はいつもと変わらない様子。この知人とは連絡がなかなか取れず、最後はファクスでやり取りしたほど。午後3時には栄にある朝日カルチャーセンターに行かなければならなかったので2時間ほど食事しながらの近況報告だった。ホール係の男性とのちょこっと会話は飛び過ぎ、シュールで、筆者が「おまけはないの」とからかうとその男性は「パンならあります」と切り返してきた。そこにしっかり者の名古屋人を見たような気がした。店名の“Zur Deele”のDeeleはドイツ語の方言でみんなが集まるところという意味だそうだ。「みんなが集まる店へ」という意味になる。結婚式などスペシャルな日にも対応している“街の西洋料理さん”といったところか。それにしてもこの店に来るまで筆者がなぜか何度も口ずさんでいた横浜のドイツ料理店“Alte Liebe”にはまだ行けてないのだ。ついでに書けば、ドイツ料理を気軽に飲食できるところは野外だが横浜赤レンガ倉庫前や日比谷などである(最近ではお台場や東北でも開催。しかし、本場ミュンヘンのオクトバーフェストは世界中から観光客が600万人も集まる超有名なフェスト)。毎年10月にオクトバーフェストを開催しているのだ(この“オクトバーフェスト”は季節外れの2月に大阪でも開催していたことを思い出した)。ドイツからのミュージシャンと一緒にOans, zwoa,drei, g'suffa! Prost! (1、2、3飲み干せ! 乾杯!)と乾杯の唄(Ein Prosit)を合唱するのが醍醐味だ。二度ほど行ったことがある。京都は河原町には半ば日本化した『ミュンヘン』もある。

追記 この店の詳細を知りたい方はこちらへアクセスされたい→http://www.zurdeele.co.jp/

_20180310_104823_2

1521165097196.jpg

【写真: 『Alte Liebe』横浜本店 筆者=撮影】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 209 神田神保町『神田天丼家』

Dsc_0081

隠れ家的なラーメン店『黒須』(千代田区神田神保町3-1-19)から徒歩1分のところにある『神田天丼家』(千代田区神田神保町3-1-14)。専修大学前交差点裏)。天ぷら『いもや』(水道橋駅方面から白山通りを右側に入ったラーメン店『さぶちゃん』近くの天ぷら『いもや』は、長らく店を切り盛りしていた料理人が辞めてからしばらくして潰れたが、白山通りの興産信金を左折したところにある天ぷら『いもや』は健在)でたまに食べている筆者が驚いたのは、『神田天丼家』が神保町の人生劇場裏で営業していたことだ。知らなんだ。
この店の天丼はどちらかといえば値段も手頃(600円)で庶民的な味。暖簾を潜れば中に10人は並んでいる。しかし、腰の低そうな店主の段取りが良いのかスムーズに流れ、席に着いたときには時間差がなく天丼が供される。リズミカルなのだ。ご飯も大盛、中盛、小盛と天丼をつくりながら訊いてくるきめ細かいサービスもいい。海老などの具材は決して大きくはないが手頃感たっぷり、タレも満遍なくかかっていてカリアリ、しっとり。多少気になるといえば油、これはこの値段では仕方がないのかも。お新香もこの店の売りらしく頼んでいた客も結構いて、白木造りのカウンターには専用の醤油もおいてあった。店主と明るい女性2人で切り盛りするカウンター席のみのこぢんまりした店である。

Dsc_0080
【写真上: 天丼&きす 写真下: 強風に煽られた暖簾】


_20180306_165540
【写真: 『神田天丼家』の ある通り。
この先左折すると『黒須』がある】

追記 神保町界隈にとんかつ、天丼、天ぷらなどのコンパクトな店を展開してきた『いもや』が、突然3月一杯をもって閉店するという(直営店のみ)。理由は分からない。突然の貼り紙(2週間前位に)でそれを見た常連客が並び、昼時の光景が一変している。(2018年3月27日 記)。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 208 東京駅『EATALY グランスタ店』

Dsc_0078_7

東京駅北口丸の内側地下にある『EATALY グランスタ店』。eat 食べる、shop 買う、learn 学ぶのコンセプトを掲げた、イタリアはトリノ発の新興勢力企業。2007年創業で東京には去年8月進出。日本橋三越や横浜にも支店がある。高級イタリア食材を扱い、ショップにレストランまである。チョコレート、イタリアンコーヒー、イタリア農家のチーズや生ハム類、パスタやソース類のコーナー、イタリア人による実演、本格的な窯で焼いた切り売りのピッツァ各種そして奥にレストランがある。イタリア娘が流暢な日本語で応対してくれて楽しい雰囲気を醸し出している(少しかたい感じで柔軟さがほしい)。食材もそうだが全体に高めの価格だ。ほしい食材が一杯あるけど手頃に食べるには手が届かない―。写真は典型的イタリア家庭料理のトマトベースのパスタ(プカチィーニ アナトリチャーナ、パンチェッタと玉ねぎをトマトと煮込んだソース。1280円)、ピッツァ(マルガリータ、モッツァレラとパジリコのシンプルピッツァ1/2。残り1/2は家人。1680円)、オリーブ(価格?)それにメニュー。味は確かに本場イタリアの味だったかも。もちろんイタリアンビールや赤ワインも嗜んだ。日本のビールが置いていなかったのが残念。

_20180212_200709

_20180212_200640

_20180212_200805

_20180306_085313

_20180306_085103


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の映画鑑賞 ゴーギャン タヒチ、楽園への旅

_20180304_100452_2 _20180304_100900_2

ポール・ゴーギャン生誕170周年記念フランス映画。タヒチを舞台に繰り広げられる画家と現地の野性味溢れる少女との愛と苦悩を描いた作品。性の倫理を問う作品。2月中旬、渋谷のルシネマで鑑賞。全体的には物静かでフランス的といえる内面を抉った映画だ。最後のナレーションが印象的。“ゴーギャンはその後タヒチで出会った少女とは二度と会わなかった”要は寝取られたのだ。些か哀しさが残った感じ。しかし、ゴーギャンには妻や子どももいた━。ゴッホとの関係もそうだが、自分の身の置きどころに懊脳した画家だったか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 207 市川市文学ミュージアム企画展―永井荷風の見つめた女性たち― 5

_20180301_114126

市川市文学ミュージアムの売店で購入した図録『永井荷風―「断腸亭日乗」と「遺品」でたどる365日―』を丹念に読んだ。そもそもは市川市文学ミュージアム開館記念特別展(2013年)用に作成されたもので、筆者が購入した図録は2018年1月に再版されたもの。「断腸亭日乗」をひもとく(大正7年から昭和36年まで44年間綴った日記は、作家の井上ひさしが言うように日記文学の傑作)、創作から広がる荷風の世界、荷風の本棚(フランス語の原書も並ぶ。興味津々)、荷風の暮らし(七輪を使って自炊していたこと、葬式の模様など興味深い)、市川を歩く(当時の市川の様子がよくわかる)、東京と荷風(銀座にあった『萬茶亭』と『ラインゴルト』。荷風が描いた店と女給。スケッチも上手い。1932年(昭和7)当時、なかなか洒落ていた様子が伺えて面白い)、玉の井(「通り抜けできます」の文字。猥雑な路地を訪ねてみたい。浄閑寺の詩碑「震災」は訪ねた)、浅草(ベレー帽と眼鏡がトレードマークの荷風が踊り子などをこよなく愛したところ。『ロック座』は何度か行ったことがある)、荷風をめぐる人々、ある日の荷風(何気ない日常の一コマが切り取られ表情が豊か。ファニー。これがとても面白い)など。
この図録に寄せた作家の井上ひさしは、荷風の浅草通いを近くで見ていた人で、『フランス座』でのエピソードを紹介していて可笑しい。ずっこけて笑った荷風の歯は汚なかった、と書いている。また、評論家の川本三郎は、荷風はどのように女性を愛したか、というタイトルで荷風の女好きの真髄に迫っている。かいつまんで引用しよう。「娼妓、芸者、女給、私娼など玄人を相手にしたわけは、明治人の女性に対する倫理観それに金銭を介した情事だから、ビジネスライクに割りきれる。江戸時代の男が吉原など遊郭で遊ぶのと同じ感覚である。ただ荷風の場合には、それだけにとどまらない独特の女性観がある。それは、何人もの男を相手にする玄人の女性を、ミューズ、美神としてみてしまう詩人としての目である。汚れたもののなかに美しさを見る。『墨東奇譚』の玉の井の私娼、お雪はそういうミューズの代表になっている」。そして、荷風の作品は老人文学と定義し、自分を無用の者、世捨人に見立て女性を見る。そこにぎらぎらした欲望をそぎ落とした詩情が生まれると書く。

図録(P..27まで)を読むはこちら→「20180227110540.pdf」をダウンロード

永井荷風展を観に市川市文学ミュージアムを訪ねたプチトリップは、予想外の副産物を生み出した。いろいろと読みたい本が山積みの筆者だが、『断腸亭日乗』をさらに読み進んでみたい。
『墨東奇譚』を青空文庫で読むはこちら→http://www.aozora.gr.jp/cards/001341/files/52016_42178.html「20180227110540.pdf」をダウンロード

松岡正剛の千夜一夜の『断腸亭日乗』http://1000ya.isis.ne.jp/0450.html
なかなかオモロイ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 207  市川市文学ミュージアム企画展―永井荷風の見つめた女性たち― 4

ここに岩波文庫版『墨東奇譚』のページに挟まれた一片の新聞記事がある。_20180308_083459

9年近く前のものだ。そこには荷風散人、独り逝くとの見出しで永井荷風の死が簡潔に綴られている。

私とは全然違うが、あんな孤独な生活を私もしてみたらよかったと思うほどうらやましかった。1959(昭和34)年4月

30日朝、永井荷風が千葉県市川市八幡の独居宅で吐血してこときれているのを通いのお手伝いが見つけた。79歳。胃かいようだった。その日の毎日新聞夕刊で谷崎潤一郎がこう語っている。耽美世界を思うままに描き、また現実に生きたはずの谷崎にもうらやましがられた。自由、反骨、奇行の人だった。日記「断腸亭日乗」(岩波書店)は死の直前、29日まで付けられている。〈四月廿九日。陰〉具合が悪くなったのは3月初めだ。〈三月一日。日曜日。雨。正午浅草。病魔歩行殆ど困難となる〉
荷風は自動車を雇って家に帰り病臥するが、しばらくすると習慣を再開する。近くの料理店〈大黒屋〉(大黒家)通いである。(中略)彼は通帳類など全財産を詰めたボストンバッグを持ち歩き、浅草のストリップ劇場へ行く時も手放さなかったという伝説がある。(毎日新聞夕刊 2009年4月30日 ●肉声再生 プレーバック 玉木研二)

遺体の脇にはボストンバッグがあって、中身の預金通帳の額面の総額はなんと2,334万円以上、それに現金31万円が入っていたという。
谷崎潤一郎も羨ましがった荷風の生き方、そこには荷風流の美学があったかも。特に市川時代の晩年は逍遙老人、徘徊老人として自由気ままに散策を楽しんでいた。 そう言えば、1952年の文化勲章受賞理由はこうだ。「温雅な詩情と高慢な文明批評と透徹した現実観照の三面が備わる多くの優れた創作を出した他江戸文学の研究、外国文学の移植に業績を上げ、わが国近代文学史上に独自の巨歩を印した」と。筆者は特に「透徹した現実観照」の表現に興味を引かれた。(「ウィキペディア」参照)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 207 市川市文学ミュージアム企画展―永井荷風の見つめた女性たち― 3

_20180302_171836

印象に残った展示品を展示目録から列挙してみよう。【第一章 異国女性気風】上海での家族写真、1897年(明治30)【第二章 憧れの花柳界】筆記具(鉛筆/つけペン)、「断腸亭日乗」1巻原稿、1917年(大正6)9月16日、明治の新橋芸者栄龍(展示パネル)絵葉書、新橋新翁屋富松(展示パネル)写真、1912年(大正元)、「萬朝報」複製、1916年(大正5)、新橋巴家八重次(展示パネル)写真、1908年(明治41)、藤陰静枝(展示パネル)写真、「文明」第1巻1号、1916年(大正5)4月、偏奇館の登記権利証、1936年(昭和11年)、荷風生誕の屋敷見取り図原稿、1893年(明治26) 【第三章 最先端のカフェー】永井荷風自画像軸、1922年(大正11)、銀座のカフェーWaitress服装採集(展示パネル)原稿、1926年(昭和元)、今和次郎コレクション 【第四章 玉の井はユートピア】昭和九年玉の井富川町 風景写真、1934年(昭和9)、荷風撮影 玉の井界隈夜景写真、関根歌と荷風(展示パネル)写真、1932年(昭和7)、荷風筆 白百合さくや扇面書画、荷風撮影 玉の井夜景5葉写真、「お雪さん」のモデルとされる女性、「墨東奇譚」(複製)原稿、1971年(昭和46)中央公論社、手革包、荷風宛谷崎潤一郎葉書書簡、1947年(昭和22)9月21日付、荷風宛谷崎潤一郎書簡、1945年(昭和20)6月27日付 【第五章 新しい時代の到来】いろは通り旧玉の井特飲街の入口 墨田3-5(展示パネル)写真、1965年(昭和40)頃、ロック座の楽屋で踊子に囲まれる荷風複製、1951年(昭和26)、阿部雪子と行徳橋にて(展示パネル)、1952年(昭和27)、新潮社印税領収書写真、1959年(昭和34)、キッチン・アリゾナメニュー、キッチン・アリゾナマッチ箱、大黒家(展示パネル)写真、1959年(昭和34)、晩年の荷風自宅にて(展示パネル)、1958年(昭和33)、三つ揃いスーツ、かばん、机、筆/つけペン。(続く)

この展示の目録と年譜を読むはこちら→
「20180227110414.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 207 市川市文学ミュージアム企画展―永井荷風の見つめた女性たち― 2

_20180222_103335

市川ゆかりの作家に次のような人がいる。主な作家を挙げると、井上ひさし、五木寛之、郭沫若、北原白秋、草野心平、幸田文、幸田露伴、島尾敏雄、宗左近、高野公彦、中野孝次、永井荷風、葉山修平、安岡章太郎、山本夏彦、吉井勇、吉野俊彦、和田芳恵など。そうそうたる作家たちが市川に住んでいた(市川市文学ミュージアムの施設案内パンフレットより)。都心から近く国鉄(現JR)、私鉄、地下鉄と3つの鉄道路線があって便利だからかも。
ある知人から頂いた招待券を持参して市川市文学ミュージアムで開催中の企画展―永井荷風の見つめた女たちを観に出掛けた(2月18日までで終了)。永井荷風は耽美派作家で知られ、師匠は森鴎外、明治末から大正期の6年間は慶応大学仏文の教授そして『三田文学』を創刊し谷崎潤一郎を見出だした作家である。今回は荷風が愛した女たちに注目。展示品は写真、原稿、愛用品、雑誌、図書、軸、台本、屏風、書画、新聞、書簡、印刷物、ノートなど総数152点。第1章 異国女性の気風 第2章 憧れの花柳界 第3章 最先端のカフェー 第4章 玉の井はユートピア 第5章 新しい時代の到来で構成。文学館展示としては規模が小さいが、まめだった荷風のノート、写真、原稿、書簡が観られたことは貴重だった。「断腸亭日乗」を綴る几帳面な文字群、見事という他ない。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 207 市川市文学ミュージアム企画展―永井荷風の見つめた女性たち―

_20180213_091911

筆者が青春の一時期お世話になった虎ノ門の共同通信社ビル地下にあったR書房(かつてあった洋販の子会社で毎日新聞社、サンケイ新聞社、赤坂東急ホテル、虎ノ門共同通信社ビル、青山ツインタワー、銀座、フジテレビ、田町、広尾、成田空港、溝ノ口NEC内、市川などに店を構えていた。筆者はR書房については青山ブックセンターに吸収されたまでは覚えているが、その後はブックオフに。紆余屈折を辿って今はTSUTAYA・多田屋等の書店を経営する、日販系のプラスコーポレーション傘下にあるらしい。ネットで調べたらR書房フジテレビ店はあるのでR書房の名前は残しているみたい)。そこで共同通信社に勤務のいつもスーツ姿できめていた紳士風の常連客が『荷風全集』を定期購入していたのをふと思い出した。高価な本を購入しているサラリーマンもいるんだと感心したほど。
さて、本八幡駅でラーメンを食べたあと、目的地の市川市文学ミュージアムを目指した。駅からこの文学ミュージアム付近まではシャトルバスも出ているらしいが歩いた。この辺は市川市中央図書館が設立されて少したった頃に訪ねたことがあったが、駅から気持ち遠かった記憶がある。
商店街を通り抜け7分くらい歩くと比較的大きな通りに出た。横断歩道先の左側にこんもりした一角を発見してこの辺かなとスマホのナビを見たら、指し示す方向が違っていたのでナビの誘導に従った(後で気づいたことだが、チケットに書いてある地図を再確認すれば良かった!)。スマホナビを信じて右折、比較的大きな通りに沿ってその方向へさらに進み、市川市の仮庁舎を過ぎ、四つ角を通過したら高速道路風のやや高く広い道路にぶち当たり、再度スマホナビを確認。で、指し示す方向へ歩いた時になぜかスマホナビの位置情報が突然変わったようなのだ。なぜって、指し示す方向が仮庁舎の先にあったのだ。変、先ほど来たところへ向かっている、要はある大きな区画を一巡した格好だ。いやはや、GPSがいつの間にか軌道修正していたのかも知れない。筆者が知らないうちに誤動作していたのか、不思議である。しかし、相当遠回りしたおかげで今まで見かけない日常に出会いかつエクササイズにもなった。この辺は住宅地やマンションが立ち並ぶ地域だ。散策好きの荷風に倣ったか(笑)。しかし、戦後昭和20年代の荷風が散策している写真を見れば、街の風景が一変していることがよくわかる。土地開発が進んだ地域なのだろう。先ほど見かけたこんもりした一角に文学ミュージアムがあったのだ。うっかりである。ついでに書けばこの一角はニッケコルトンプラザ(日本毛織の工場跡地にできた商業施設)、千葉県立産業科学館、美術館それに市川市中央図書館などがある文化ゾーン。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 245 市川市『八幡 だんちょう亭』

_20180211_131246

通算1900本目の記念の記事。

土曜日の昼、本八幡にある文学ミュージアムを訪ねる前にラーメン店に寄った。千葉方面のラーメン店訪問は松戸の『とみ田』以来久し振りだ。炙りチャーシューが売りの店は駅降りて3分のところに。入ってプチサプライズ、店内が妙に暗く、紙片に書かれたテレビで騒がれていますの文字がいやに目立つ。カウンター8名、テーブル席4名(小さなちゃぶ台2台)の小さな店は土曜の昼時とあってカップルなどで占められていた。さて、ラーメンである。醤油もいいが味噌系の旨いところを探索中なので、ここはやはり味噌らーめん(850円)を頼んだ。炙りチャーシューが1枚しか入ってないらしく、オプションで炙りチャーシュー(3枚で300円)を追加注文。一啜りした舌触りは特別に味わい深いというわけではなく、ベースの味噌がやや甘めで香ばしい炙りチャーシューがやわらかく際立った感じ。黄色味がかった麺はまあまあ、トッピングの炙りチャーシュー以外のもやし、メンマ、ネギ、葉物の類いもごく普通。ラーメンの他に餃子や釜飯も。杏仁豆腐がカウンターの女性に出てきたのにはまたプチサプライズ。店主とチャイニーズの女性で切り盛りしている昭和レトロを演出した、ラーメン店にしてはややディープな店だ。店の名前は永井荷風の『断腸亭日乗』に因んで付けたのかしら。実はその永井荷風展が開催しているということで本八幡駅にやって来たのだ。この文学ミュージアムの話は別なコラムで。

市川市『八幡だんちょう亭』1.スープ★★2.麺★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★5.価格★☆☆

_20180213_091744


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白北欧映画 雑誌『ニューヨーカー』に載ったイングマール・ベルイマン生誕100周年に因んでロングランで上映するという記事

Lanetheimmortalworldofingmarbergm_3

たまたま雑誌『ニューヨーカー』の電子版を覗いていたら思わぬ記事に出くわし、そうか、ベルイマンが生まれて100年かと思いを新たにした。難解で知られている彼の作品を完全制覇したいと考えている筆者だが、仕事もあるのでまだ実現していない。確か去年の2月にスカパーでベルイマン映画特集をしていたはず。今度は海の向こうのニューヨークで上映会か、行ってみたい気もするが時間がないし遠い……。
下記は『ニューヨーカー』2018年2月7日号に掲載された記事(執筆者は映画評論家のアンソニー・レイン氏)の一部を試訳。

イングマール・ベルイマンの不滅の世界

今年はイングマール・ベルイマン生誕100周年で敬意を払うに熱心なニューヨーカーのために、今旅が始まる。木曜日の『第七の封印』を皮切りに5週間以上にわたってフイルムフォーラムが47作品を上映するのだ。ベルイマンの最大の魅力的な特徴の一つ、それは彼の映画が難解で危険を孕んでいることはつとに有名だが、彼がほとんど手に負えないほど映画にたくさん吐露されたことである。彼はほかに公開されないことを知っていた。映画について夢を見、引き出し、考え込み、精査しそして苦悩した。その結果、ほとんどはスリラーとワルツの優雅さを掴んだ。中間的なものができると思い起こさせようとするなら、あるいは、見破られるのを待ちながらセルロイドの平らな皮膚の下に潜む深淵を考えるなら、ベルイマンこそ最高の人だ。
回顧的なものが好きな人にとって少なからぬ喜びが繋がるチャンスになる。例えば、1955年の作品『女たちの夢』の軽やかなヒロイン役のハリエット・アンディション(筆者注:1932年1月14日生まれだから今年86歳)が老年の放蕩者の家で立ち並ぶレコード盤を探し、抜き出して、“サラバンド“や“バッハ”(もっとも彼女は“バッチ”と発音しているが)と言いながら大声でラベルを読む。すぐに私たちの気持ちは、内面を更に掘り下げた作品、“叫びとささやき”へと向かう。バッハのチェロ無伴奏組曲5番からの律動があって、悲しげなサラバンドが和解のシーンの間中聴こえてくる。シンプルなタイトルの2003年スウェーデン放送用に制作されたベルイマンの最後の仕事の時にもそのままもう一度聴こえてくる。いずれのケースもベルイマンの映画には不可欠のもう一人の女優、リブ・ウルマンが音楽の奏でるようにスクリーン上に現れる。もっとリンクしたい?“叫びとささやき”の作品ではガンで亡くなる女性の役割をハリエット・アンディションが演じている。これらすべての映画は、何十年と離れていても相互に同じ軌道を通過する。観ているのが多ければ多いほど引力が大きくなるのだ。

冒頭の写真はハリエット・アンディション。1953年作の『不良少女モニカ』(英語名: Summer with Monika.
原題(瑞語):Sommaren med Monika)からの一場面、と書かれている。何ともいえない少しセクシーな健康美。自由で解放的なアプレゲール的雰囲気がプンプン。

『ニューヨーカー』2017年2月7日号の原文を読むはこちら→https://www.newyorker.com/culture/culture-desk/the-immortal-world-of-ingmar-bergman

関連サイトを見るはこちら→http://www.ingmarbergman.se/en/event/bergman-100-years
スウェーデン美術館で開催。そのタイトルは「真実と嘘」。こちらも訪ねてみたい…。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のジャーナリスト・アイ 168 最近の 新聞記事から

昨日の朝日新聞朝刊13面に興味ある記事が掲載されていた。“おばあちゃんが残した天才のメモ”と題された記事だ。日本人の父とドイツ人の母の間に生まれた男性が、祖母が持っていたアインシュタインのメモを自分が持っていても劣化してしまうと考えて競売にかけたところ、なんと156万ドル(1億6900万円)で落札され、フランスに住む投資会社の男性に渡ったという。“静かで質素な生活は、絶え間ない不安にかられながら成功を追い求めるより、多くの喜びをもたらす”と心情を綴ったアインシュタインのメモは、1922年、滞在した帝国ホテルのベルボーイに渡されたもの。そのメモを妹の祖母が譲り受け大切に保管、妹である祖母の死後父にそして息子である男性に渡ったというストーリーである。

アインシュタインに関しては筆者も、学生時代にちょっとした手伝いをした時に、来日時の船上でのアインシュタインと撮った写真とサイン(確か)を見せてもらったことがあった。場所は藤沢橋の横断歩道の近くの家で、すでに引退していた福本和夫氏(福本イズムで有名な経済学者・科学史家・文化史家)の自宅、彼が書いた分厚い『日本ルネッサンス試論』(東西書房 1967年刊)を届けに行った時だった。大昔の話だが今も記憶に残っている。あの写真とサインはまだあるのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 208 雪のカトリック神田教会ほか

1516664256813.jpg

1516664257589.jpg

1516664258479.jpg

1516664259568.jpg

1516664260390.jpg

この日東京は3年振りの積雪21㎝の大雪。夜の風景は銀世界に変身、この時間になると行き交う人も疎ら。

雪見たしはしゃぐ子どもは路地駆けて


それにしても思い出すのは4年前の2月14日のそれこそ大雪が降った日だ。その“ドキュメント5h”はこちら→http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2014/02/post-3a41.html

追記 「カトリック神田教会」については鹿島茂著『神田神保町書肆街考』の“12 フレンチ・クォーター”に詳しい。
その頁を読むはこちら→

「20180125131304.pdf」をダウンロード

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 244 横浜市『伝丸 踊場店』

Pic0003af

牛丼チェーンのすき家を展開するゼンショウの子会社で味噌ラーメンが売りのラーメンチェーン店『伝丸』。20年以上前に神田西口駅付近でよく食べた『味源』(このエリアは超ラーメン激戦区、今あるかどうか)もこのグループらしい。白味噌ラーメン(630円)を食べたが、極々普通のラーメン。素朴ならもっと素朴に、進化系ならもっとチャレンジを、と言いたい一杯。

横浜市『伝丸 踊場店』1.スープ★☆2.麺★☆3.トッピング★☆4.接客・雰囲気.☆☆5.価格★★☆


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白北欧映画 ノルウェー映画『ヒットラーに屈しなかった国王』続々

藤原帰一氏は前述の毎日新聞のコラムで書いている。
「国王がドイツを拒む姿には感動があります。国民に責任を負う者が国民を見捨てることはあってはならない。ホーコン7世は、君主のエゴや国家の大義ではなく、ノルウェーの立憲君主制という制度と、国民への責任からドイツの要請を拒みました。
これが、ノルウェー国民が忘れてならない過去なのでしょう。ひねりや工夫のない、直球だけで投げたような映画ですが、それだけに印象が強い。小国の意地と誇りを感じました」
また、映画監督の井筒和幸氏は、自身のコラムで(『週刊現代』の井筒和幸の映画監督ムービーメーカー)次のような監督らしいユニークな映画評を書いている。
「ハリウッド製では味わえない深刻な緊迫感で見せていく作り手たちの手腕にも、そして、すべての俳優らの即興演技にも脱帽だよ。ガキのじゃれ会い映画しか作れなくなった邦画界。自然さがまったくない、セリフセリフした言い回ししか出来ない今の俳優モドキは、これを観て、一から勉強し直したらどうだと思ったよ。中略。『私はノルウェーで唯一、国民に選ばれた国王』とキングが自負してきた国。だから今も世界幸福度も民主主義も第1位なのか。戦前、キングではなく、エンペラー(皇帝)がいた某国の今の有り様も改めて考えさせられたよ。年の瀬に良い映画を観た」

「昭和天皇は国民と共に歩んだ。映像に映ったホーコン7世の決断は昭和天皇の言葉と重なった。生涯2度自分の意思で決めたことがある。2.26事件とポツダム宣言だ」(皇室ジャーナリスト・神田秀一 映画 『ヒトラーに屈しなかった国王』のチラシから)

雪のなか、老人が子どもとかくれんぼをして遊んでいる、一見のどかで静的な映画のスタートシーンと村人と共に雪の原野を命がけで逃げる国王の緊張感漂う動的なラストシーンの対比も見もの。

Anders_baasmo_christiansen_og_jes_4
【https://www.filmweb.no/film/からの画像】

この映画についてノルウェーのネットを見るはこちら→
https://www.filmweb.no/film/article953091.ece

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 243 大和市渋谷『郷 』

_20180113_141557

書評紙の某営業部長から聞いて駆けつけたのが札幌すみれ系のラーメン店『郷』。味噌ラーメン(800円)と餃子(460円)を頼んだ。満席で少し待たされての味噌ラーメンは、やや縮れ黄色系中細麺で、濃厚な味噌味によく絡んでいた。難を言えば、筆者的には少し塩辛い。熱々でスープの啜り甲斐は申し分ないが、進化系にはもはやもやし、ゆで卵やコーンそれに海苔のかつての定番アイテムが見当たらない。そう言えば、船堀のラーメン店『大島』には味噌ラーメン クラッシックなるものがあったっけ。トッピングは主役不在の殺風景な感じだ。やはりシャキシャキ感のある多めのもやし、茹で卵、海苔と大きめの柔らかチャーシューもほしいところ。このところ時節柄か味噌ラーメンを中心に食べ歩きしているが、さて、最新版超簡単な番付である。大和市渋谷の『郷』より横浜市戸塚の『支那そばや』、『支那そばや』よりは江戸川区船堀の『大島』の方が上か。青森産のニンニクを使い、野菜に拘った餃子は、癖がなく上品でウマイがやや高価。
年齢や個性が違う男子3人衆の仕事振りと接客の女子とのコンビネーションが良いのか、店はテキパキしていて明るい雰囲気だ。

大和市渋谷『郷』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★☆☆4.接客・雰囲気★★☆価格★★

_20180113_150707


| | コメント (0)

超人の面白ラーメン紀行 242 再びの『支那そばや本店』

_20180108_180756

3連休の2日目に『支那そばや本店』に寄って「味噌ラーメン」(1050円)を食した。かつて横浜相鉄ジョイナス地下街にあった『札幌や』の味噌ラーメン似。少し濃厚な進化系味噌ラーメンといった感じ。美味。
ところで、夜TBSのドキュメンタリー番組「情熱大陸」を観ていたら、今やラーメン界のリーデング ショップ、湯河原の『飯田商店』の店主が出演していた。彼が心の師匠としてリスペクトしているのが、本日食べに行った『支那そばや本店』の店主だった故佐野実氏だ。その飯田商店店主は、探求心旺盛な若者なのだが、今度は蕎麦にヒントを得て新種のラーメン作りに励み、レスペクトしている佐野実氏の奥様に試食を頼みお墨付きをもらった。淡麗系のラーメンには変わりはないが、スープはもとより究極の麺にこだわり続けているのだ。そもそもこの麺のこだわりは心の師匠である佐野実氏の麺に対する姿勢を見てショックを受けたことが起因だった。和食が世界的に認知されて来ている昨今、ラーメンはそのブームのフロントランナーで、外国から来る観光客にも人気の和食アイテムだ。そして、忘れてならないのは、この湯河原にある『飯田商店』の立地は必ずしもいいとは言えないことだ。それでも集客力が凄い。ここには学ぶべきことがたくさん隠されているように思える。筆者も3年半前に食べに行っている(改装したみたいで、当時とは違って店内はきれいだ)。そのブログはこちら→

http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2014/07/188-3033.html

また、9年前に訪ねた『支那そばや本店』はこちら→

http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2008/11/100-4591.html

横浜市戸塚『支那そばや』1.スープ★★★2.麺★★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★☆

追記 『支那そばや本店』のカウンター席で味噌ラーメンを食べている最中に珍事が起こった。筆者のすぐ左隣の男性が喉を詰まらせたのか咳き込み、その異常な事態に気づいたお連れさんとカウンター内にいた店の女性が背中などを擦って、幸いに最悪の事態は免れたが、一時はどうなることかと思えたほど。いやー、ラーメン食の珍事だ。その原因をいろいろ考えてみたが……。しかし、隣席にいた筆者に“災難”が降りかかって来たらと想像すると今でもぞっとする。

追記2 聞けば佐野実のこの店は、彼が亡くなったあとは直系経営ではなくなったらしい。子息は大阪で洋食屋をやっているとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白北欧映画 ノルウェー映画『ヒトラーに屈しなかった国王』 続

国民投票で選ばれた最初の国王が語った言葉は、民主主義の基本で重い。

“この国の行く末は密談によって決まるものではない。国民の総意で決まるのだ”

“降伏に屈したならば私は国王を辞し王室を解散する”

1940年4月9日、ナチス・ドイツ軍がノルウェーの首都オスロに侵攻(一言でいうと、大義はナチスドイツがスウェーデンの鉄鉱石を手に入れたいため、諸事情により海上輸送ルートとしてノルウェー沿岸を使用可能な状態にしたかった)。ドイツ軍の攻撃に交戦するノルウェー軍だったが、圧倒的な軍事力によって、主要な都市は相次いで占領される。降伏を求めてくるドイツ軍に対しノルウェー政府はそれを拒否し、ノルウェー国王のホーコン7世は、家族、政府閣僚とともにオスロを離れて郊外のハーマルに逃れる。一方、ヒトラーの命を受けたドイツ公使は、ノルウェー政府に国王との謁見の場を設けるように、最後通告をつきつける。翌日、ドイツ公使と対峙した国王は、ナチスに従うか、国を離れて抵抗を続けるか、家族のため、国民ため、国の運命を左右する究極の選択を迫られる━。
この映画のエピローグ。ノルウェー国王7世がナチスに屈しない決断を下したあと、ノルウェーはナチスドイツに協力するヴィドクン・クヴィスリング政権になり、事実上ドイツの支配下に。国王の家族はアメリカに、自身はイギリスに亡命、後に連合軍が勝利しノルウェーは解放され、国王はノルウェーに戻り1957年に死去。一方、ドイツ公使はその後ロシアに赴任、敗戦後流刑された。最後にこの映画は事実に基づいたフィクションであるとの断り書きで字幕が終了、続いて関係者の名前がずらっとリストアップされて映画は終わる。

上映時間136分。出演: イェスパー・クリステンセン、アンドレス・バースモ・クリスティアンセン、カールマルコヴィクスほか。監督: エリック・ポッぺ 。 製作: ピーター・ガーデン[メランコリア] 2016年ノルウェー。言語: ノルウェー語、ドイツ語、デンマーク語、スウェーデン語。字幕翻訳: 佐藤南 。原題: KONGENS NEI /英: The King's Choice
(一部はこの映画のチラシから抜粋)

Dsc_0457_2
【上映館: ジャック アンド べティ 撮影時刻: 18時30分】


世界の王室で最も開かれた王室(買物など護衛なしで市民が通うごく普通の市場にも行っているなど)であるノルウェー王室は、ホーコン7世が死去したあと子息のオーラヴ5世が継ぎ、今は平民出身のソニアさんと結婚した(1968年8月。結婚にあたっては日本の皇室を参考したと伝えられている)ハーラル5世が国王である。その子息ホーコン王太子が子持ちのシングルマザーと結婚し、世界中を驚かせ話題を振りまいたことは記憶に新しい。
【超簡単なノルウェー王国年表】
ノルウェー王国(872ー1319)
スウェーデン・ノルウェー連合(1319ー1380)
デンマーク・ノルウェー連合(1380ー1814)
スウェーデン・ノルウェー連合(1814ー1905)
ノルウェー王国(1905ー現在)


北欧映画 | | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白北欧映画 ノルウェー映画『ヒトラーに屈しなかった国王』

1515299480341.jpg

久し振りに北欧映画を観た。今回はノルウェー映画だ。毎日新聞の日曜版「藤原帰一の映画愛」(2017年12月17日)で紹介された『ヒトラーに屈しなかった国王』を観に出かけた(藤原帰一氏といえば、もう4、5ヶ月前になるか偶然にも帰りの通勤電車で隣席に居合わせたことがあった。先生は原稿を執筆中だったのか長い時間スマホで文字を打っていた。【筆者注】。今度はテレビで拝見。2018年1月12日朝7時台のBS1NHK国際ニュース関係の番組にゲスト出演していた。たまたまチャンネルを捻って。滞留時間はわずか1分位!)。3連休の初日、スウェーデン家具の『IKEA』で買物とスウェーデン家庭料理の定番ミートボールなどを含め軽い食事を済ましたあと、横浜の阪東橋近辺で古本屋2、3軒を見て回り、簡単早分かりの全国鉄道会社関係の文庫本と矢崎泰久氏が書いた雑誌『話の特集』の顛末記なる本をゲット。まだ上映開始までには時間があったので、手作り焙煎のカフェ『まめや』やサンマー麺で有名な『玉泉亭』に寄ったあと映画観賞となった。何せ夜の8時55分の始まりなので、『IKEA』を出てから約4時間もあったのだ。おかげで伊勢佐木町~黄金町にかけてのディープなエリアをあぶない、アブナイと言い聞かせながら徘徊させてもらった。

ノルウェー映画『ヒトラーに屈しなかった国王』は、第二次世界大戦中の1940年4月9日~11日のたった3日間の出来事を描いているが、実はこのたったの3日間が北欧の小国、ノルウェー王国が歴史上かつてなかったほどの大国難に見舞われ、国家の存続の危機に大きく揺れた、とんでもない3日間だったのだ。ノルウェーがヒトラー政権のドイツに占領されるかの瀬戸際外交が、国王とそのファミリーそれに時の政権の首相など上層部たちとヒトラー政権下の公使間でなされたが、そのタフなネゴシエイターたちの様子をリアリステックに描き出したドキュメンタリー風の映画だ。迫り来る決断の日々を追う人間ドラマは感動的だ。ドイツとの激しい戦いも痛々しい。大国の部隊と若者も巻き込まざるを得なかった小部隊との戦いでもあったのだ。
今朝のテレビの報道番組ではドイツやインドで台頭するヒトラー讚美の政党や若者の姿を映し出していたが、排除や分断や自分ファーストが更に表面に噴出した感じを強く持った。不寛容さと狭い了見が横行しているのだ。それがエスカレートすると、まさしくかつて私たちが辿った戦争への道に繋がりかねない危険な道だ。そこでは酷い殺戮やホロコーストが起こった。戦後はその反省のもと、今日の平和維持が世界規模で成立して来たはずなのに、特にここ15、6年前頃からかその空気感が変わり始めていて、日本も例外ではなく、平和憲法すら維持できなくなりつつあり、懸念される社会状況が現出している。その文脈からいえば、この映画の主人公ノルウェー国王ホーコン7世が苦渋の末下した決断は、歴史に学ぶ最良の教訓ではないだろうか。歴史は繰り返すというが、繰り返してならない歴史を創ることを私たちはもっと学ばなければならない。この映画はそのことを強く訴えているように思える。特に印象に残った言葉は国王の下記の言葉だ。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 207 東京新名所① 東京駅丸の内広場

1513860318818.jpg
1513860319619.jpg
Img_0735_2
1513860320277.jpg
1513860320961.jpg
1513860322380.jpg
1513860323016.jpg
1513860323596.jpg

【①東京駅中央正面の松 右側に東京中央郵便局のあるKITTEビル ②東京駅中央正面口 左下の「東京駅」の文字をフレームに③真正面からの東京駅中央正面口 建築家辰野金吾はオランダのアムステルダム中央駅に倣った ④丸ビル手前からの東京駅 おめかししてパフォーマンスも ⑤皇居方面の夜景 超モダンなぼんぼり 行幸通りはまだ工事中 ⑥灯りがほどよい東京駅 ⑦ライトアップされた東京駅 ⑧東京駅正面入口に戻って出来たばかりの広場を撮影 夜景が美しい】

東京駅丸の内

東京駅丸の内
駅舎の外には
ストーン カーペット

怪しい光を放って
ぼんぼりも整列

ポストモダンよ今晩は
さながら異空間

はねるでもなし
うねるでもなし

真っ直ぐ伸びて
お城のある方へ

ビルビルビールと
叫んでみたものの

ビルは今宵に限って
すました美人顔

仄かに赤く染まって
しかもほろ酔い気分

かつてここは人々を
戦地へ送り出したところ

惜別の唄も聴こえた
軍靴の音も響いた

忘れようとしても忘れられない
ボウヨウとした宵闇

構内では多くの勤め人が
足早に家路を急ぐ

流れからはみ出たら弾かれる
振り向けば張り倒される

駅舎は寄宿舎に似て
広場は歴史の箱庭のよう


| | コメント (0) | トラックバック (0)

ノーベル文学賞受賞者カズオ・イシグロ 余滴

12月16日の毎日新聞夕刊コラム「土記」には、カズオ・イシグロ氏の父親についての興味深い話が書いてあった。海洋学者であった父親が発明した「高潮予測シミュレーター」がイギリスロンドンの科学博物館に新設された数学ギャラリーの目玉展示の一つとして展示されているという記事だ。また、この父親は長崎気象台時代には「長崎気象台の歌」なる作曲もしている多才な学者なのだ。毎日新聞夕刊の記事を読むはこちら→
https://mainichi.jp/articles/20171216/ddm/003/070/050000c
NHKBS1ではノーベル受賞式直前にインタビューした模様を放送(12月16日午後7時~7時50分)。そこで語られたことはノーベル平和賞を受賞した「I CAN」の核廃絶に向けた運動の評価、イギリスのEU離脱に対して否を唱えていることそれに日本の漫画にヒントを得た作品を書く用意があることなどだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 4

神保町の新刊書店、古書店、版元それに取次店4者の座談会の中である古書店主の話が面白く印象的だ。

酒井 小学生のときからランドセルしょって口笛吹きながら通っている生意気な子どもがいたけどね。何十年も前に何千円も買っていったのでびっくりしました。今はかなりの個人コレクターになりましたけどね。ある銀行の担当者も、彼はまだ30歳前だけど、小学生の頃から神保町に通っていたとかで、神保町の支店に転勤になって嬉しいとしょっちゅう歩いていますよ。有名な大名の末裔です。そういう人もいるんです。

他にも神保町を舞台した朝ドラを制作したらなど現場からの声に耳を傾けたくなるような話が満載、しかも手軽に読める。必ずしも安泰としてはいられない神保町本屋事情も解って、本好きな人あるいは予備軍さんよ、ネットばかりに頼るのではなくもっと書を探しに神保町を闊歩したらいい。鹿島茂の『神保町書肆街考』はそういう人たちにとって確かに応援歌になり得る一冊である。神保町もだんだんと違った業種に侵食されつつあるが、そこは雑多な文化の香りも良しとし共存共栄を図って生き延びてほしいものだ。

下記は本文から明治期の三省堂書店と大正2年の一誠堂の写真。何とも風情があるではないか。当時の書店さんの様子が手に取るようにわかる。家屋や店員たちにもその時代の特色が出ていて面白い。

20171214185718_00001 20171214185745_00001


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 3

神保町も来年1月から「神田神保町」と神田が付く地名に変わる。二文字増えていろいろと大変なことも。住所表記を直さないといけないからだ。それはともかく神保町は神保某の地名に由来するが、鹿島茂氏が描き出した界隈は、古本の街の歴史だがそれより何より大学街としての神保町を浮かび上がらせたことだ。社史や大学史それに区史などを駆使して幕末からの神保町の変遷を辿っている。博識な著者の面目躍如といったところ。池上彰ではないが、ああ、そうだったのか、神保町さん、といったところが随所に出てきて興味が尽きずまた、教えられることもしばしば。トレビアの噴出である。
さて、小冊子から筆者の目に留まった箇所を抜き出してみたい。

鹿島 明治42年からある(筆者注: 主語はランチョン)。1972年、3年にランチョンが火事になった時に、僕の友人がその前を通るとビールを持って逃げ出してきた吉田健一に遭遇したそうです(笑)。

森 中央大学の先生でしょう。テストの採点をランチョンの人にやらせて自分はビールを飲んでいたとか(笑)。その話を書いて見せに行ったら、そこだけは書かないでくれと言われたことがありました。

吉田健一は文芸評論家、英文学者、作家でエッセイスト。あのぎょろっとした眼と目立つ鼻、それでいて英国紳士を地で行くような独特な風貌が懐かしい。旧字体で句読点の取り方がユニークな、くねくねした文章を書いた。当時筆者は『ヨオロッパの世紀末』のタイトルの“ヨオロッパ”の表記に不思議な匂いを感じたものだ。

鹿島 (中略)なぜ私立大学ができたかと言うと、東大が明治初年に外国語教育を英語だけに統一する方針を打ち出したからです。フランスやドイツで学んだ人たちの行き場がなくなってしまった。それでフランス留学組が明治大学、ドイツ留学組が日本大学の前身の法律学校を自分たちで作った。一方、英米のロースクールに留学した人たちは、官史養成の東大の法学部とは異なる弁護士養成のためにイギリス留学組が中央大学、アメリカ留学組が専修大学を作った。東大の英語統一が色々なところで余波を与えている。

森 どうして英語に統一したんでしたっけ?

鹿島 それは英独仏の3ヵ国語の授業があれば教師をたくさん雇わなくてはならないから。一人にたくさん授業をやらせる大学経営の簡略化です。これで日本の文化も随分変わったでしょうね。私立大学ができたから良いけれども。

ここには日本の大学の黎明期の話が手短に示されている。大学の成り立ちとつながりが解って面白い。いま大学では英語による授業が盛んになってきているが、その他のドイツ語やフランス語の衰退が叫ばれて久しい。その代わりに中国語の台頭が著しい。ヨーロッパの魅力が薄れているということか。インターネットの急速な普及が英語の世界的な制覇に拍車をかけた格好だ。多様な言語の活用がもっとあってもいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年ノーベル文学賞受賞者式 日系英国人作家カズオ・イシグロ氏のスピーチ

下記は昨夜(12月10日)スウェーデンのストックホルムで行われたノーベル賞受賞式でのノーベル文学賞受賞者・日系英国人作家カズオ・イシグロ氏のスピーチ。

Kazuo Ishiguro - Banquet Speech
Kazuo Ishiguro's speech at the Nobel Banquet, 10 December 2017.

Your Majesties, your Royal Highnesses, ladies and gentlemen.
I remember vividly the large face of a foreigner, a Western man, illustrated in rich colours, dominating the whole page of my book. Behind this looming face, to one side, was smoke and dust from an explosion. On the other side, rising from the explosion, white birds climbing to the sky. I was five years old, lying on my front on a traditional Japanese tatami floor. Perhaps this moment left an impression because my mother's voice, somewhere behind me, was filled with a special emotion as she told the story about a man who'd invented dynamite, then concerned about its applications, had created the Nobel Sho - I first heard of it by its Japanese name. The Nobel Sho, she said, was to promote heiwa - meaning peace or harmony. This was just fourteen years after our city, Nagasaki, had been devastated by the atomic bomb, and young as I was, I knew heiwa was something important; that without it fearful things might invade my world.
The Nobel Prize, like many great ideas, is a simple one - something a child can grasp - and that is perhaps why it continues to have such a powerful hold on the world's imagination. The pride we feel when someone from our nation wins a Nobel Prize is different from the one we feel witnessing one of our athletes winning an Olympic medal. We don't feel the pride of our tribe demonstrating superiority over other tribes. Rather, it's the pride that comes from knowing that one of us has made a significant contribution to our common human endeavour. The emotion aroused is a larger one, a unifying one.
We live today in a time of growing tribal enmities, of communities fracturing into bitterly opposed groups. Like literature, my own field, the Nobel Prize is an idea that, in times like these, helps us to think beyond our dividing walls, that reminds us of what we must struggle for together as human beings. It's the sort of idea mothers will tell their small children, as they always have, all around the world, to inspire them and to give themselves hope. Am I happy to receive this honour? Yes, I am. I am happy to receive the Nobel Sho, as I instinctively called it when, minutes after receiving my astounding news I telephoned my mother, now 91 years old. I more or less grasped its meaning back then in Nagasaki, and I believe I do so now. I stand here awed that I've been allowed to become part of its story. Thank you.
ーノーベル賞委員会公式ホームページより
また、12月7日のカズオ・イシグロ氏の記念講演の内容や模様を見るはこちらへアクセスされたい。http://www.nobelprize.org


文化・芸術 | | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考 2

20171219115054_00001


鹿島茂の『神田神保町書肆街考』は、『ちくま』連載時には読むのが楽しみなページで毎月ほとんど欠かさず読んでいた。その連載に多少加筆して分厚い一冊の本が出来た。目次は下記の通り。



1 神保町という地名
神保町の地理感覚 8

2 蕃書調所の設立
昌平黌と2つの官立大学 15
護持院ヶ原はどこにあったか 20
蕃書調所から洋書調所、そして開成所へ 27

3 東京大学の誕生
高等教育の始まり 34
まず外国語学校から 41
『高橋是清自伝』を読む 48
東京大学誕生の背景 54

4 『当世書生気質』に描かれた神保町
花街と丸善 62
淡路町の牛鍋屋 69
書生たちの懐事情 76



5 明治10年前後の古書店
古書店街を作った条例 84
有斐閣 90
三省堂書店 97
冨山房 104
東京堂書店 111
東京堂の取次進出 118
中西屋書店の記憶 125
中西屋のウィリアム・ブレーク 131

6 明治20年代の神保町
白樺派と東条書店 138
ピカロ・高山清太郎 145
セドリ事始め 152
『紙魚の昔がたり 明治大正篇』 158



7 神田の私立大学
明治大学 168
中央大学 175
専修大学 181
日本大学 188
法政大学 196
東京外国語学校と東京商業学校 203
共立女子職業学校の誕生 210

8 漱石と神田
成立学舎の漱石 219
坊っちゃんの東京物理学校 227

9 神田の予備校・専門学校
駿台予備校 236
百科学校・東京顕微鏡院・遊輪倶楽部自転車練習場・
東京政治学校・済生学舎 244



10 神田神保町というトポス
神保町の大火と岩波書店 254
神田の市街電車 262

11 中華街としての神田神保町
幻のチャイナタウン 271
松本亀次郎の東亜学校 279
中国共産党揺籃の地 286
古書店街は中華料理店街 293

12 フレンチ・クォーター
2つの三才社に集まった人々 309
仏英和高等女学校 317
ジョゼフ・ コット氏とアテネ・フランセ 324

13 お茶の水のニコライ堂
異様な建物 324



14 古書肆街の形成
大火以前以後 344
関東大震災の古書バブル 354
セリ市での修業 360
一誠堂の古本教育 368
九条家本購入始末 375
『玉屑』と反町茂雄 382
200軒の古本屋が並ぶ街 389
デパートで古書を売る 397
巌松堂から巌南堂へ 404
古書の街に救われた命 413

15 神田と映画館
三崎三座 421
神田パノラマ館・新声館・錦輝館・東洋キネマ…… 428
シネマパレスと銀映座 436
その後の東洋キネマ 443

16 神保町の地霊
駿河台のお屋敷町 453



17 戦後の神田神保町
『植草甚一日記』 466
空前絶後の古典籍の大移動 474
記録の人・八木敏夫 483
折口信夫と『遠野物語』の出会い 491

18 昭和40~50年代というターニングポイント
中央大学の移転とスキー用品店の進出 501
鈴木書店盛衰史 510
一ツ橋グループ今昔 518
現代詩の揺籃期 527
古書マンガブームの到来 540
サブカル・オタク化する神保町 547

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 206 世田谷文学館「澁澤龍彦展 ドラコニアの世界」番外編

Dsc_0348

世田谷文学館で「澁澤龍彦 ドラコニアの地平」を鑑賞しながら、展示品以外にも“あること”をきっかけに関心を抱いた。文学館の企画展会場の設営、多種多様なパネル、展示品や入れ物、レイアウト、映像や音響、貴重品の扱い、集客や注目度を上げるためのコーナーの仕掛け、順路(これが時として解り難い)、関連グッズなど所謂企画展構築はブランから実際の組み立てに至るまでの作業(格好良くいえば、感動的な空間プロデュース)ーそれは当事者の腕の見せどころとなるがーにはやはり並大抵ではない苦労があるはず。美術館や博物館それに文学館のイベントを扱う専門の業者が関わるとは思うのだが、どう造られていくのか興味のあるところだ。裏方の仕事に興味津々、それこそ達成感に向けた人間ドラマが展開しているのではと勝手に想像してしまう。いやいや、これは筆者の思い過ごしで専門業者に丸投げしているのが事実かもしれない。そうだ、こういうことは長らく美術館や文学記念館に携わってきた友人S氏に訊いてみた方が良いかも。
ところで、前に“あること”をきっかけにと書いたが、それは2階の展示入口から順路を辿ってちょうど中間地点にあった、澁澤龍彦本が約70冊くらい、確か4段にわたって配列された壁と一体型の奥行があまりない陳列棚だのことである。バックの壁と浅い陳列棚は白一色に統一され、透明なガラス(多分アクリル製)に覆われた澁澤本がことのほか映えていた。これこそback to the futureそのもの。見事である。それでこのスタイリッシュな陳列棚がほしくなったというわけ。実は最近ある部屋の入口付近にこのような書籍用のディスプレイ シェルフを置きたいと探していたのだ。この陳列棚の前に立ってラフスケッチを試みた。今ある業者に依頼しようと思っている。
そう、世田谷文学館はしばらく改装のため休館していて最近再オープンしたのだ。それを知ったのはこの文学館を12月に入ってすぐに取材した【東京サイト】の動画でしかもユーチューブでだった。それによると大胆に模様替えしたみたいで、地元の作家たちの作品や遺品がディスプレイされていて以前とは格段に違い充実度が窺い知れる。知らなんだ!改装中なのは何かの用事のついでに現地に赴いて知っていた。今回の「澁澤龍彦展」の鑑賞後に館内を一巡すれば良かったと猛省。

ところで、芦花公園駅に来たついでに近くのラーメン店『アイバン』を覗いてみようと思い寄り道をした。以前に立ち寄って、もはやこれまでかと店の将来を心配したのだが、その後どうなったか確認したかったのだ。夕方の5時半過ぎ、果たしてその店はまだあるのか思い巡らしながら店に近づいた。店は夜の部がまだ開店前らしく看板文字を照らす灯りだけで半開き、よくよく見ると、あれっ、看板の文字が違っている、どういうこと、やはり「アイバン」ラーメン店は無くなっていて人の手に渡っていた? 暗い中店の貼り紙を恐る恐る読んで納得。貼り紙には秋刀鮪出汁のラーメン、アイバンラーメンで修行した者、と書かれていた。アイバン氏が弟子に譲った格好なのか。店の名前は「アイバン」ではなく「宣久」だった。6時開店なのでパチリと撮ってその場を後にした。当のアイバン氏は出身地のニューヨークでラーメン店を開いて繁盛しているらしい。

Dsc_0350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 206 世田谷文学館「澁澤龍彦展 ドラコニアの世界」続

_20171201_072213

_20171201_072946

【写真: ⑧『高丘親王航海記』最後の長編小説。唐に渡り天竺をめざした9世紀日本の僧侶・真如(高丘親王)を主人公に長旅を綴った作品。⑨『高丘親王航海記』草稿と最終章「頻伽」】

渋澤龍彦略年譜と主要著作(図録P.266~P.274)☞「20171201181449.pdf」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 206 世田谷文学館「澁澤龍彦 ドラコニアの地平」

l_20171125_084156
_20171125_083535
_20171125_083612
_20171125_083658
_20171125_084015
_20171125_083940
_20171125_083828

【写真上から下へ: ①澁澤龍彦展チラシ ②図録 ドラコニアの地平 ③球体、円環への志向 ④「さようなら、土方巽」1986年1月 土方巽への弔辞 ⑤ジャン・コクトーからの手紙ほか ⑤金子國義・四谷シモンの作品 ⑦北欧神話 宇宙樹イグドラジィルの話と愛用のパーカー万年筆それに澁澤龍彦のネーム入り原稿用紙】②~⑦は『図録 ドラコニアの地平』(平凡社 2017年10月刊)より。

世田谷文学館で開催中の没後30周年特別企画「澁澤龍彦 ドラコニアの地平」を観に出かけた。10年前に横須賀美術館で開催された没後20周年記念イベント、「澁澤龍彦 幻想美術館」を観たが、今回はどんな展覧会になるか楽しみだった。また、美術館と文学館での展示の相違はあるのか、あれこれ思考を巡らせたのだ。その相違は歴然で、manuscriptの祝祭ともいうべきディスプレイ、書き記した夥しい数の生原稿の類が現前、ドラコニア(龍の世界)へようこそといった感じだ。鉛筆で書いた丸みがかった文字の原稿はとてもきれいで読みやすい。それにしても原稿、原稿また原稿のオンパレードである。約2時間鑑賞。興味深いところはいろいろとあったけれども、筆者が特に印象的だったところを図録(巻頭に菅野昭正「高丘親王航海記」讃、巖谷國士「澁澤龍彦と文学の旅」の好エッセーを掲載。展示内容を編集して反映している)から拾ってみた。

②見返しに黒を配して澁澤龍彦の世界をシンボライズしページ配置等細工を施した凝った本、その表紙。自分自身を写し出した鏡、キルヒャーの『シナ図説』、四谷シモンの「機械仕掛けの少女」ほか。帯には待望の大回顧展 公式カタログと書かれている。図録に挟み込まれた小冊子には妻の澁澤龍子さんと四谷シモン氏の対談があってなかなか読ませる。龍子さんから澁澤龍彦の日常が見えてきて何となく親しみが沸いてきた。食べ物や服の話など。著名人のエッセイも面白いが、その中でも芥川賞作家の諏訪哲史氏の澁澤龍彦評が秀逸。それはこのコラムの最後に引用したい。③球体、円環への志向のページには次のような言辞が。伸縮自在のマクロコスモスとミクロコスモスの観念を、二つながら手に入れることが必要ではないかと。円環志向はどこかの版元のモットーでもある。3つの矢を射る円環運動 : 異文化・文学・歴史統計。多分に澁澤龍彦の影響下にあるはず。マジナリアしかり。ついでに球体ほかオブジェに言及すると、地球儀、アストロラーベ(古代の天体観測器)、ウニの標本、ドライフラワー.鉱物、鏡、貝殻、小瓶のなかの玉虫等々。偏愛の賜物。④土方巽の弔辞、独特のかすれ声にひかれた。一つひとつ原稿を追った。文章も味わい深い。次を捲ると、右頁が土井典作「貞操帯」と左頁が雑誌『血と薔薇』。

⑤ジャン・コクトーの手紙。筆者的にはこの展示会で一番の収穫。便箋に万年筆で書いたジャン・コクトーのやわらかい文字が踊る。ブルーカラーのCher Tasso Shibusawaがいいね! likes ! 澁澤龍彦、初翻訳はジャン・コクトーの『大股びらき』(白水社 1954年8月)だ。次頁は東京大学仏文学科に提出した卒業論文「サドの現代性」(1952年12月)⑥画家金子國義と人形作家四谷シモン、いわば、澁澤龍彦ファミリーの人たちの作品、「エロティシズム」と「天使ー澁澤龍彦に捧ぐ」⑦北欧神話を読み解くエッセイ、宇宙樹イグドラジィル(ユグドラシル Yggdrasill)に魅せられて。羽のデザインが特徴のパーカー万年筆、筆者の高校時代の一時期、当時の友人N男と万年筆談義に花を咲かせていた。専らボディの緑が特徴のドイツ製ペリカン万年筆をあれこれ話題に。買えないくせにカタログを弄っていた。もちろんスマートなアメリカ製パーカー万年筆も地元の大きなステーショナリーで特別に見せてもらったりした。パーカー万年筆もゲットしたが、胸ボケットにさしているうちに羽の部分が何かに引っ掛かって折れたりしたので、それ以来使っていない。やがて大学生になってモンブランを手に入れ、今も愛用している。モンブランのカタログでは一番先に登場するモデルだ。たまに銀座のモンブランの日本支社に行ってオーバーホールをしてもらっている。澁澤龍彦のパーカー万年筆は保管が良いのか歴史性を感じさせない。Good fountain-pen, good job ! 自家製原稿用紙には澁澤龍彦の「彦」の独特なのばし方に魅了される。遊び心たっぷりなところがいい。原稿用紙はそれこそ銀座の「伊東屋」に行って気に入ったものをゲットしたりしたが、筆者にはどうも馴染まない。きちんと文章を書くのが目的なのに、いやに升目の鉛筆文字の格好を気にし過ぎていたのかも。升目を埋める丸みのある澁澤龍彦の文字群を“見る”と、一見さりげなく綺麗に並んではいるが、どういうわけか不思議な魔力を感じざるを得ない。そう、野中ユリの作品「新月輪の澁澤龍彦」がそれを見事に表現している。筆者は横須賀美術館の「澁澤龍彦 幻想美術館」の最後にこの作品が飾られていたのをよく覚えているしまた、ずっとそれこそ頭を抱えて考えていたことも事実なのだ。構図の奇抜性(宇宙観・感、大きなものとちっぽけな眼差し、その対比のオモシロさ、『高丘親王航海記』の原稿の配置、幻想、闇考)だけではあるまい・・・。そして今、謎が少しずつ解けていくような、溶けていかないような、健全な暗黒世界に誘われている。澁澤龍彦はいつも無限の可能性を秘めているのだ。

さて、芥川賞作家諏訪哲史氏の図録に寄せたエッセイだ。最後の何行かを引用してこのコラムを締めよう。
「澁澤龍彦とは果たして人がいうような異端者であろうか。偏綺を愛する彼自身の本質とは天使の如き「聖性」だ。サドが時に聖侯爵と呼ばれるように、澁澤さんはいわば裏返された聖人であった。」(図録『 澁澤龍彦 ドラコニアの地平』P.261より)

世田谷文学館の「渋澤龍彦 ドラコニアの地平」の展示会の実際の様子はこちらへアクセスされたい。→http://s.webry.info/sp/mignonbis.at.webry.info/201710/article_2.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 241 神田神保町『こうさぎ 』

_20171114_082817

2週間前に出来たばかりのラーメン店『こうさぎ』で醤油ラーメン(750円)を食べた。スープはさっぱり系で麺はやや太系、小振りのチャーシュー、メンマにミズナとこの手の淡麗系では定番もの。味はまあまあ。醤油ラーメンのほかに担々麺も。昼時過ぎた時間帯のせいか客は疎ら。神保町はラーメンの激戦区なので一味違った美味なラーメンを提供してほしい。

神保町『こうさぎ』1.スープ★★2.麺★★3.トッピング★☆4.接客・雰囲気★☆☆3.価格★★


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 240 銀座『伊藤』

Dsc_0328_2

銀座7丁目に用事があり、40分ほど待つ間に近くにあったラーメン店『伊藤』に寄った。銀座でたまには昼食にラーメンも良いかと自家製麺が看板のこの店をチョイス。もちろん初めて。地下にあるカウンター6席、テーブル8席の落ち着いた感じの 、いわゆるa tiny ramen noodle shopだ。人気No.1の肉そば 小(750円)を注文。少し経って出てきた ラーメンを見て思わず呟く。量が少なすぎっ!これでこの値段、いやはや―。しかし、スープが少ない分麺が多く、しかも綺麗、これは珍しい。一振りのスープの味は煮干し醤油系だが一味かましたまろやかさだ。さらに中細麺ストレート、これが店のいうバリバリ感たっぷりで美味。かわいい4枚のチャーシューも超やわらか、憎いほど旨い。あとはネギのみのトッピングで極めてシンプルなラーメンだ。周りが黒基調のせいかどんぶりの白さがいやに映えた。完食。この店のほかに赤羽店や赤坂店もある。

銀座『伊藤』1.スープ★★☆2.麺★★★3.トッピング★★☆4.接客・雰囲気★☆5.価格★★☆

Dsc_0326

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 239 平塚『泪橋』

平塚のラーメン店『泪橋』のしょうゆラーメン(650円)。

_20171101_195409

写真のようにともかくこぼれ落ちそうになるほどのスープたっぷりの、昔懐かしいラーメンの味を堪能。スープ大好きの人間には堪らない。醤油ダレは甘系、細麺、トッピングはチャーシュー、生タマネギとミズナの極めてシンプルなラーメンだが、チャーシューは超やわらか、美味。シンプルだがコクが感じられる一杯。はて、このスープの正体は何かといろいろ考えながら食べた。女子2人と連れだった隣の男子が二郎系よろしくマンモスラーメン(800円)を楽しく食べていた。その形状のスゴいこと改めて感心させられた。
午後5時半始まりだと思って店に10分前に到着したが、5時半過ぎになっても開かなかったので店に電話をしたら、6時からと店主が一言。また30分待った。外にある券売機で食券を買ってようやく一番乗りで入った。外見は強面そうな感じだが、話してみれば気さくな店主だった。激戦区新橋駅の烏森入口近くでやっていたが契約が切れて4年前に平塚で再オープンした由。新橋では評判のラーメン店だったらしい。帰り際野性的な店主の風貌がどこかの焼鳥屋の若い店主と似ているなと少し親しみを感じた。
メニューは次の通り。つけめんor辛つけめん 小(750円) 中(800円) 大(850円)、マンモスラーメン(800円) 辛マンモスラーメン(850円) 塩マンモスラーメン(850円) カレーマンモスラーメン(850円) 塩らあーめん(650円)ほかぎょうざやもやしいためもある。

平塚『泪橋』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆5.価格★★★

Dsc_0317_2

_20171102_095559

【写真上: たっぷりのしょうゆらーあめん 左下: 開店20分前の店正面 右下: 開店5分前に店主が点した看板】

追記 この店は休みがユニークで朝のテレビ番組で取り上げられたほど。ディズニーランドに行ってきますので本日は休みますとシャッターに貼紙をしたとか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 130 小冊子『神保町が好きだ!』第11号 特集 神田神保町書肆街考

_20171030_212640_2

台風が過ぎ去った日の朝は秋晴れそのもので清々しい。このところ週末に二度も台風が日本列島を襲ったから尚更だ。
神保町古本祭りは10月27日~11月3日まで開催中だが、前半3日は雨にやられた格好だ。どうやら今週は木曜日頃までは天気はもつようだ。関係者は天気に負けず一踏ん張りしてほしい。
さて、東京古書会館で見つけた小冊子『神保町が好きだ!』最新号は、かつて筑摩書房PR誌『ちくま』に4年にわたって連載された『神田神保町書肆街考』を特集している。対談や座談会形式でわずか34ページだが内容は面白くかつ刺激的だ。鹿島茂、逢坂剛、森まゆみ、飯澤文夫、江草貞治、亀井崇雄、酒井健彦、八木壮一のそれぞれの分野の本に関するオーソリティーが登場している。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 238 神田神保町『黒須』

_20171027_135651

今年も始まった神保町古本祭り。その古本を漁る前に専大前、集英社の通用口の真ん前にある、隠れ家風のラーメン店『黒須』に寄った。たまたま読んだある小冊子の座談会で古本屋の店主が薦めていたので出掛けた次第。神保町界隈のラーメン店はこれで何軒目か、結構通って食べ歩いているがまだまだ奥が深い。それに最近特に新興ラーメン店の進出が多くフォーローするのもしんどい。
さて、初めて入る店は、定番のラーメンを頼むのが筆者の流儀だが、あえて少し高額の特製醤油蕎麦(1000円)に挑んだ。カウンター7席しかない、a tiny ramen noodle shopで待つこと7分、若い男子がつくり若い女子が運んでくれた特製醤油蕎麦、これまた筆者の流儀に倣ってスープを一啜りした感想はelegant and rich taste。淡麗系で西早稲田の『らぁ麺 やまぐち』似だ。やや甘味のある醤油を使い、更に香味油のほのかな匂いも醸し出す。麺はやや黄色味がかった細麺ストレート系でスープによく絡んでいた。トッピングの赤味がかったチャーシューはよく調理されていてやわらか、美味。ゆでたまごの硬さ加減もいい。刻んだネギやミズナそれに太めのメンマも見た目だけではなく味にもワンポイント彩りをつけた感じだ。完食。今度は塩や煮干蕎麦に挑戦したい。
営業時間: 11:00ー15:00のみ ! 定休日: 日曜・祭日

神田神保町『黒須』1.スープ★★★2.麺★★☆3.トッピング★★★4.接客・雰囲気★★5.価格★★

Dsc_0312

夜、灯りが消えたばかりの神保町古本祭りの会場のある一角、『兵六』を右折した路地の『ミロンガ』でブレンドコーヒー(700円!)を啜った。

Dsc_0313

追記 『黒須』再訪。今度は特製煮干蕎麦(1000円)を食べた。淡麗系究極のラーメンと言いたいところだが、如何せんダシが効きすぎた。少々硬めの麺ややわらかチャーシューは美味。ラーメンを極めたいという情熱が伝わる一杯。味にこだわり、1日100杯限定。(2017.11.16 記)

_20171117_082539 _20171117_082646


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の生真面目半分転生人語 最近の政治ショー 続

大型台風21号が関東地方に接近した22日の日曜日、衆議院選挙が行われた。悪天候にも拘わらず前回より2ボイント以上上がって戦後最低の投票率は回避。だが、開けてみてビックリ自民党の圧勝で小池“希望の党”は絶望の党化し、「選別」・「排除」から立ち上がった枝野“立憲民主党”の大躍進、公明党、維新の会、共産党が伸び悩みの選挙結果となった。東京新聞夕刊(2017年10月23日)によれば、自民280(290)、公明29(35)、立憲54(16)、共産12(21)、社民1(2)、希望49(57)、維新10(14)、こころ0(0)、諸派・無所属26(37)。()内の数字は公示前の数字。安倍総理は今回の選挙で、もりかけ問題解決、実感できない経済、消費税率引き上げ、原発問題それに格差や憲法改正などを遡上に乗せず、北朝鮮の脅威論や教育の無償化、子育て支援など国民にすり寄った公約で、はぐらかされたような選挙戦だった。にも拘らず、自民党の圧勝だ。阿倍総理率いる自民党に対して、小池希望の党がもう一つの保守としての立つ位置を明確にしながらも、充分な批判足り得ず自滅してしまった感が強い。小池希望の党への民進党との駆け込み合流でにわかにできた故の政治理念の未熟さと曖昧さが露呈した形だ。総選挙後の昨日、落選した小池百合子代表の側近の若狭勝氏がいみじくも「排除」はキツかったと語っていた。いやいや、“緑のタヌキ”と揶揄した自民党の輩もいたようだ。小選挙区制度がまたもや憚り野党の苦戦が強いられたが、一つ、共産党にみられる共闘が意外と新たな道を模索するきっかけを創ったかも。野党の統一的な戦いができればやがて面白い政治ショーがみられるか。マックス・ウェーバーの『職業としての政治』を持ち出した選挙特番のテレビ局もあったが、やはりstatesmanとpoliticianの違いを見せつけられた衆議院選挙だった。
20日間にわたって途切れ途切れに綴ったこのコラムも、この間身内に不幸があったりと非日常の世界も味わったが、政治に携わる人はやれ不倫だとか国会答弁が できないとか極めて不誠実な議員をそれこそ“排除”してほしい。いや、有権者が選ばないことだ。今回もそんな連中が当選している。小選挙区制のおかげと野党分裂で漁夫の利を得た自民党だが、この日本国はどうなっているのか、政治倫理が問われている。それより何より安倍首相のもりかけ問題の解決、これこそ問われている問題なのだ。もう一つ、原発問題はどこへ行った? (2017年10月24日 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の生真面目半分転生人語 最近の政治ショー

10月に入ってまだ暑い日が続くかと思いきや、寒気が急にやって来た。昨夜は十五夜、仲秋の名月を雲の間から見えて予想外。月にはうさぎはいなかったが地上にはぴょんぴょん跳ねるうさぎがあちこちに。月が出た出た、とは何とのどかなことか。十五夜が見える縁側に季節の花の薄と一緒に備えられた団子を物色するため、悪ガキ隊がめぼしい家を回っては長い棒で突いて獲物をゲットして食べるスリル満点の、畏怖と驚嘆が複雑に絡み合うキッズゲームも懐かしい。ご馳走に預かりそうな家を探すのがミソなのだが。その風情は消えたが心象風景としては永遠だ。筆者などは年少組でよくやらされたものだ。
最近はショッキングな内外ニュースが入れ替わり入って来て、それこそ自分なりに整理するのがタイヘン。
9月に入って北朝鮮の挑発、アメリカの人種差別問題、イギリスのEU離脱問題、フランス大統領の不人気、ドイツメルケル首相率いるキリスト教民主同盟の辛勝、ロシアの不気味な政治的な動き、クルド人の独立運動、中国の習近平体制の異常なまでの政治基盤強化策、メキシコの2度にわたる大地震やカリブ海沿岸国やアメリカを襲ったハリケーンなどの自然大災害、スペインバルセロナの住民投票での独立宣言そして信じられない事件、アメリカラスベガスでのコンサート銃襲撃事件等々目まぐるしく世界のあちこちで重要なことが起こり、ニュースになって瞬時にオンラインで知らされる。
日本国でも安倍晋三首相が伝家の宝刀を抜いて突然の大義のない(自分では取って付けたような“国難選挙”と言っているが)衆議院解散を宣言、実りの秋の大繁忙期に600億円かけて馬鹿げた選挙に打って出たのである。野党の再編が固まらないうちに、もりかけ隠しを押し通して、自公が圧勝すれば国民の信任が得られたと憲法改正を急ぎ、憲法第9条に自衛隊明記ができると考えているのだ。ある議員の言葉ではないが“わが逃走”選挙だろう。で、先の東京都の都議会選挙で大躍進した都民ファーストの会率いる小池百合子都知事と、民進党の代表や他の保守系の議員が話し合いを持ち、新たに希望の党が誕生し、小池百合子都知事が代表になった。安倍晋三首相もまだ野党が再編準備中と踏んでいたのでこれは明らかに誤算、しかし、保守系新党の希望の党の小池百合子代表が、民進党全員を引き受けて民進党の解党→新党合流の流れになりかけたが、リベラル派や首相経験者は排除すると言い出し、新たに枝野幸男議員が代表の立憲民主党まで出来てしまった。9月28日から10月4日までの政界の地殻大変動劇は、国民のなかで選挙に勝ちたいばかりの国会議員のエゴが目立ち過ぎると筆者には映る。国民不在なのだ。何が何だかさっぱり分からないとぼやく有権者は筆者を含めて多いはず。保守対保守では自民党の補完政党で、政権取りを狙った動きと思っても政策的に違いのない政党集団を作ったに過ぎない。小池百合子都知事・希望の党代表よ、あまりにも急ぎて綻びも見え隠れしないか。細川護煕元首相も小池氏に苦言を呈しているなど気をもんでいる様子(2017年10月4日付毎日新聞夕刊)。2017年10月3日 記。

ここまで書いて少し各党の闘いぶりをみようと様子見していたら、新聞などの序盤戦のアンケート調査が出て、小池の希望の党が失速、枝野の立憲民主党が大躍進、自民党が300議席に迫る勢いという意外や意外の調査結果。政治は一寸先は闇とはよく言ったものだ。“排除”が有権者に予想外に効いて希望の党に風が吹かなかったか。まだまだだが、果たして終盤戦、どうなるか。(2017年10月17日 記)(続く)

| | コメント (0)

クロカル超人が行く 205 八丁堀欧風カレー『ロダン』のカツカレー

_20171018_145832 Dsc_0308

八丁堀にある欧風カレー専門店でロースカツカレーを食べた(850円)。カツは揚げたてでサクサク、カレーは甘口の欧風。燻玉と小さめのじゃがいも半分もサイドに。手作り感たっぷりだ。店主はテレビのバラエティー番組に出てカツカレーを実際に揚げて供した。その食べ方コーナーで師匠のマッキー松元がカツカレーの究極の食べ方を伝授。①カツにルーをかけない②カツはフォークで半分にカット③重ねる順番で味が変わる。③の場合、ごはん、カツ、カレーと組み合わせが6通りあって、それぞれの味が楽しめる由(詳細はこちらにアクセスされたい。https://selfshot-digi.com)いざ食べる段階になると忘れてしまい、カツにカレーをかけて食べるといういつものパターンに。今度はフォークとスプーンを使って食べてみたものの、ぎこちなくステーキを食べるスタイルでナイフを探したが見つからず(ひょっとしたらフォークやスプーンが置いてあるところにあったか?)、結局はスプーンでカツを切りフォークで刺して食べた。ガツンと一切れ全部食べるのが普通かも。カツカレーと言えば、筆者的にはその昔白山上にあった洋食屋が思い浮かぶ。ステンレスの皿にカレーをたっぷりかけたカツカレーだ。今もそのイメージが強烈で頭から離れない。
『ロダン』のロースカツカレーは上記の写真のように見た目はきれいで美味だが筆者的にはもう少し辛いカレーが好み。フランス的な絵が飾ってある店内は15、6人が入れば一杯の昔風な雰囲気の店。券売機は外に備えてあって店構えもレトロ。入ってすぐにアジア系の女性に案内されたのにはビックリ。スタッフは店主ほか3名。店の昼終了時間の40分前に入ったが、この時間帯でも客が結構入って来る。これでカツカレーの店1位、2位を“制覇”。あとはキッチン南海のカツカレーか。キッチン南海のカツカレーはずっと昔に食べているはずだが。

追記 これが『キッチン南海 神保町店』のカツカレー(750円)。カツはサクサク、カレーは甘系。(2017年11月20日 記)

_20171117_140525


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 237 御茶ノ水駅『なおじ 御茶ノ水店』

Dsc_0301

2017年9月オープンの新潟のラーメン『なおじ』の御茶ノ水店。2010年6月に某大学大学院生の合宿に誘われて2泊3日の旅(新潟市内での学会参加→佐渡島での合宿)の途中に寄ったのが『なおじ』。ラーメンの下調べをして筆者が先生方他を誘ったのだ。この時は醤油味の「なおじろう」を食べたが、御茶ノ水店にはこのメニューがなかった。食べたのは「中華そば」(720円)だ。鶏ガラ+煮干しのダブルスープ、もちもち感たっぷりの太麺、やわらかいチャーシュー3枚それにメンマと刻んだタマネギの見た目はシンプル系だが味は背脂も入って濃厚。筆者的には新潟で食べた「なおじろう」の方が良い。
店はJR御茶ノ水駅を降りてすぐの駅隣接地で確かここはその昔洋酒酒場だったところ。2階に上がってみれば一目瞭然、木製のテーブルと椅子のユニークな形状に見覚えが。時代は変転するのだ。 JR御茶ノ水駅は只今工事中で2020年には新しく生まれ変わる予定とか。
JR御茶ノ水駅新潟ラーメン『なおじ』1.スープ★★2.麺★★☆3.トッピング★★4.接客・雰囲気★☆☆5.価格★★

_20171017_091721 Dsc_0302


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 236 神田神保町『蘭州拉麺 馬子禄 牛肉面』

_20171013_112902_2 Dsc_0296_2

中国甘粛省蘭州市(古くはシルクロードの要衝でイスラム系住民が多いところ)の蘭州拉麺日本第1号店が8月22日に神田神保町の老舗鞄屋『レオ マカラズヤ』の隣にオープンした。前から行列ができていて気になっていたラーメン店だが、正直言って中国系と少し敬遠していた。2日前に仕事関係で親しくしている部長さんが、筆者に神保町を歩いていたら行列のできている中国系のラーメン店が開店したと少し驚いた様子で話してくれた。それで翌日の昼に思いきって並んで食べたのだ。
店一押しの牛肉面(880円)を注文、しばらくして供された色鮮やかなラーメンは見た目はグー(写真面左上)。面白かったのは麺が細麺、平面、三角麺から選択でき、しかもトッピングのラー油やパクチーの量も好みに応じて注文できるのだ。蘭州拉麺には大原則があるらしく、1.清 澄んだスープ 2.白 薄い大根 3.紅 ラー油で辛さを 4.緑 パクチーやニラの野菜系 5.黄 手作り麺の食感が基本で、牛骨スープに10種類のスパイスをまぜた薬膳風味(ハーブ系のコリアンダー)が特長だ。店の人にスープの出汁について訊ねると牛骨であとはいろいろとブレンドしているとのこと。確かに選択した細麺はイケるが、スープの薬膳風味が少し慣れるまで時間がかかりそう。トッピングのラー油は少なめでパクチーなしにしたのが幸いしたのか、散りばめられたニラの味を引き出していた。日本のラーメンのようには行かなかったが、味的には薬膳風味をモノにすれば良いかも。しかし、この薬膳風味が問題だ。好みが分かれるところだろう。筆者的にはこの味はイマイチ苦手。だから結局のところ蘭州拉麺は美味に近いが微妙。麺を少し残して中国蘭州拉麺の初挑戦は終わった。40人位入る中国情緒の漂う店内にはやはり中国人やアジア系の人たちが多く、中国語が飛び交っていた。ちょっとした異国感も味わえるのだ。奥の方の厨房では麺作りのパフォーマンスも見れる。開店は11時、スープがなくなり次第閉店とか。宣伝はしていないのに逆に取材されたとは店の日本人の男性の話。
この店ができる前は何の店だったか。2017年の神保町古本屋地図一覧では『神保町茶房』と書いてあったが、洋書などを扱っていた『タトル商会』はここにあったはずだ。10年以上前には。調べたら今は救世軍ビルの4階にあるらしい。このところの古本の街神保町界隈は店の出入りが激しく元あった店を思い出すのに一苦労する。そして一つずつ古本屋が消えて、カレー屋、ラーメン屋などの食べ物屋が増え文化の香りが薄らいでいる。

神田神保町『蘭州拉麺 馬子禄牛肉面』1.スープ★★ 2.麺★★☆ 3.トッピング★★ 4.接客・雰囲気★★ 5.価格★★


追記 下記は昨日(2017年12月17日)の「蘭州ラーメン」についてのネット記事。記事を読むはこちら→

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171214-00000001-withnews-int

| | コメント (0) | トラックバック (0)

遠い記憶 ある死その7 長男Y男の少し早すぎた死

栄枯盛衰世のならわしとは含蓄に富んだ言葉だ。一地方の小企業が昭和20年代後半でピークを迎えるとそれ以降は次第に地方に進出して来た大企業に駆逐されて行く。かつてのK家もその例に漏れなかった。日本国が大きく変化し高度成長を遂げ始まるきっかけをつくった昭和39年の東京オリンピック、その時期から遡ること4、5年前だったか。半商半農のK家は当時両親と男4人女2人の6人兄弟姉妹の家族構成で、生活は決して楽ではなく子どもたちは家業の手伝いを余儀なくされていた。春夏秋冬ほとんど休みのない子どもたちの家業の手伝いは、ある意味ではかけがいのない労働力を提供して家計を助けたはずだが、それでも家計は苦しく外に働きに出ざる得ない状況もあったのだ。遠い記憶はその家族の犠牲者となった一人の人物を否応なしに引き出す。シリアス映画のワンシーンそのもの。その人物こそ3日前に急死した長男Y男である。
ある夜のこと、珍しくK家では深刻な家族会議が玄関を入ってすぐの六畳の居間で行われた。子どもたちの前で父が家業の窮状を告げ、それに対して二言三言言ってすすり泣く母がいた。奥の納戸の前に座っていた長男に父がT屋に働きに出てくれと告げた。それが長男Y男とっての出稼ぎの始まりだった。要は長男故稼ぎの糧にされたのである。
家業がうまく行っている間長男長女は大事に扱われたが、せいぜい7、8才止まりだった。長女N子ともどものんびりした性格で育ちの良さも伺えるほどだ。その頃K家の洒落た薄黄色の小さな工場の裏には何本もの無花果の木と桐木があって、小学生だった丸坊主で制服を着た長男Y男がその無花果の木に登っておどけて見せた。無花果の木の下には笊に一杯の取り立ての無花果があった。弟たちに自慢したかったのかもー。それは家族の古いアルバムの一ページにモノクロの写真で収められていたが、はて、古い家が放火で焼失(そう、K男は実家が焼失し新築した時期は、青春時代のど真ん中でアルバイト三昧の日々。正直言って経済的にも全く余裕がなかった。だから実家の放火→新築の過程は分からず。しかし、家計を支えていたのは長男Y男夫婦だったのである)してからは、今実家を継いでいる末弟M男が持っているのか定かではない。かつてK家で働いていたH女史が撮ったものか、今となってはそれこそ遠い消えかえそうな記憶だ。そういう楽しい日々もあったのだ。それから何年か経って家業が傾き、前に書いたように長男の出稼ぎが始まったのである。
Here's an eldest brother in family history.
記憶はさらに違った局面も抉り出す。こんなこともあった。一つは何かの調子で父の逆鱗に触れ、長男Y男が当時家業で使っていた大きな冷蔵庫に小一時間閉じ込められたこと、また、地元の夕刊紙にも写真入りで掲載された台風余波中洲置き去り事件は、小さな集落の大事件で今もって語り草となっている。長男Y男の母が亡くなったあとすぐ彼の家に焼香に来てくれた友人の一人に、彼の叔父がその当時のことを尋ねていたので、やはり伝説化していて関係者の脳裏に焼き付いていたのだ。夏のある日、台風が近づいているにも拘わらず近所の同級生何人かとN川で水遊びをしている最中に、台風の影響で急にN川の水かさが増して流され、中洲に漂着したものの引き返しができず置き去りにされてしまった。通報を受けた消防隊員が助けに出て一命をとりとめたという、誠に人騒がせな出来事だった。それは今たがらこそ笑える話だが一歩間違えば命を落としかねない非常事態だ。幼少期の苦い思い出だろう。
長男Y男はその後仕事を替えてサラリーマンになった。ある時期から請われて叔母夫妻の青果店の店長として働き独立、すでに結婚していて夫婦ではじめた青果店だったが、Y男はその事業をU駅近くのショッピングセンターの中でしばらく続けたが、立地が悪いのか客足が今一でうまくいかなかった。それと自分たちではじめた青果店だが以前に働いていた青果会社の叔母たちが役員に入り、まだ事業が利益を十分に出させずにいる段階でそれなりの報酬を払っていたことも経営を圧迫していたのかも知れない。これはK男が長男Y男から実際に聞いた話で、今だから書けるが、叔母にはこの役員報酬の話は内緒にと口止めされていたのだ。長男Y男にも遠慮があったのだ。そこはビジネスと割り切って事業が軌道に乗るまで凍結してもらっても良さそうに思うが、見栄というか独立するときの条件か何か柵があったのか、門外漢のK男には分からないままだ。それはどうだろう、K男が想像するにビジネスの基本で最も重要なことだが、計画的な事業遂行が見通せなければ撤退も仕方なしの大原則の決断を踏襲することなのだが、これができなくずるずるとさらなる悪化を招いてしまったのだと想像する。経営悪化の泥沼化だ。確かにどのタイミングで決断を下すかがなかなか難しいことなのだが。会社経営している人たちが攻めの営業展開するより守りを固めることがもっと難しいかよく知っていると思うのだ。長男Y男はこのビジネスの総合的判断からして見通しの甘さを露呈した形だ。時すでに遅しー。生前Y男の叔母がどういうつもりで言ったか知らないが、K男に「Y店長は計画性がないね」と言っていたことを思い出す。若い頃から一家の長として自分のやりたいことがままならないジレンマと闘ううちに(それは経済的な理由で満足に上級学校に進学できなかった無念さもあったことは容易に想像がつく)、自然と「仕方がない、今日を生きさえすればいい」という刹那的な見方や諦観や無常観が芽生えていたのだろう。さらに長男Y男が母から子どもが授からないことを咎めらたとK男に話していたこともあった。そのことも長男Y男の諦観や無常観を助長したものと思われるのだ。優しい繊細な男の心情を慮る配慮がK家には不足していたのかも知れない。今でいう家族のコミュニケーション力が足りなかったのだ。家父長制が多分に残っていて長男長女の両親にもそれなりの重荷に耐えた歴史があったからこそ、母の言葉も自然と出てきたことなのかも知れない。跡継ぎ問題はどこの家庭でも重要なテーマだ。K男が思うに、そこには母の表面的な取り繕った構えた仕草ではない、もう一つの子どもに対する深い愛情に支えられた仕草があってしかるべきだった。母にその感情があったなら長男K男のその後の生き方も柔らかな肯定的な人生を歩んだはずだ。かつて帰省したときなど送迎の車の中で、家督を譲ってもいいと言っていたのを思い出す。それは諸事情が重なって嫌になっていた時期だったかも知れない。これも遠い記憶、消えかけた記憶の一つだ。そして長男Y男は青果店つながりで運送屋に。それから細君と惣菜店を営み、その商売が上向き出した時期に病に倒れた。心身ともどもボロボロだったかも知れない。70才の生涯だった。少し早すぎた死だ。せめて人生の帳尻が合う時期まで生きて欲しかった。あと10年はー。さぞ無念さが残る一生だったとは本人が一番知っていたかも知れない。酒、タバコそして競輪のギャンブルもやった。あまりにもあまりにも人間的であった。波乱万丈ともいえる長男Y男に長年連れ添った細君T女史には大感謝だろう。苦労が絶えなかったはずだが明るく振る舞ってくれた。
K男は小さいときから長男N男とは何となく少し距離をおいていた。とことん話し合ったことは一度もなかった。多分相互に干渉されたくない関係を保ちたかったのだろう。しかし、彼の人生を他山の石としたい。そして、作家梅崎春生の言葉を贈ろう。「人生 幻化(げんけ)に似たり」。ありがとう。Y男兄さん。さようなら。安らかにお休みください。合掌。
(2017年10月9日 記 10月10日修正)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今年のノーベル文学賞は英国の日系作家カズオ・イシグロ氏に

今年のノーベル文学賞は英国の日系作家カズオ・イシグロ氏が受賞。受賞理由の英文は次のようだ。
“Who, in novel of great emotional force, has uncovered of the abyss beneath our ilusory sense of connection with world.”「世界と私たちがつながるという幻想の下、暗い深淵を感情豊かな力のある作品で明らかにした」としている。残念ながら今年も村上春樹氏の受賞は見送られた。下記はスウェーデンの小さな新聞『8 sidor』(5 oktober 2017 )から。

171005_nobel1750x402

Författaren Kazuo Ishiguro
får Nobelpriset i litteratur.
Han är född i Japan
men bor i Storbritannien
sedan många år.

62-åriga Kazuo Ishiguro
har skrivit många böcker.
Några av de mest kända är
Återstoden av dagen(『日の名残り』),
Begravd jätte (『忘れられた巨人』)och
Den otröstade(『充たされざる者』).

Många säger att han
skriver böcker som är
ganska lätta att läsa.

Den som inte orkar läsa
honom kan se filmen
Återstoden av dagen
som är gjord på hans bok.

Dela på internet.

ノーベル文学賞受賞の詳細はこちらへアクセスされたい。ノーベル賞委員会公式ホームページhttps://www.nobelprize.org/

追記 NHKが2年前に放送した、カズオ・イシグロ氏講演の「文学白熱教室」の再放送を視た。更に再度ユーチューブでも視聴。フィクションを書きたいのは、ただ単に情報を伝えるのではなく、感情を分かち合いたいからだと語っていた。マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』の読書体験を通じながら、「記憶」についても語っていたが、筆者もこの「記憶」の思い入れについては興味津々だ。作家が自分の作品について語ることにはある種のワクワク感がある。ここで一つ重要な発見があった。自分は日系作家で日本や日本人を想像の産物として書いてきたが、ヨーロッパやアメリカの読者は作家の意向とは違って、日本や日本人の特殊性を興味深げに読んでいることに気づき、普遍的なテーマに迫ろうと英国の執事を扱った『日の名残り』を書いたと執筆の経緯を語った(結果、この作品で成功をおさめ、映画化もされ、英国の作家としての地位を不動なものに)。合点が行くような発言だ。
また、別なところでカズオ・イシグロ氏は、翻訳しやすいようにできるだけ平易な英語で書くことを心掛けていると語っていた。さすが英国のベストセラー作家は、世界中の人とたちに自分の作品を一人でも多く読んでもらいたいとの思いが強いようだ。社会や政治的な関心も大な作家だ。
仕事帰りに東京駅近くにある大書店の洋書コーナーに寄ってKazuo Ishiguroの本を探したが品切れだった!TBSはドラマ『私を離さないで』を再放送すると発表した。(2017.10.15 )

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 8

さて、そろそろノーベル賞が発表される時期だが、日本のノーベル賞受賞の科学者が異口同音に話しているのは、このまま行けば日本はノーベル賞受賞者ゼロがずっと続くと嘆いている。なぜなら、科学の基礎研究にかける研究費があまりにも少なすぎるからだそうだ。一方、防衛費や防衛省の科研費がハネ上がっている現状をどうみるか。教育や研究にもっともっと予算を投入すべきだ。また、新自由主義の副産物で格差が広がり、経済的理由でまともに大学に行けない人も増えている。こちらも小手先だけではない手厚い救済制度が必要だろう。でないとアメリカみたいに大学は卒業したはいいが、奨学金返済で苦しむ羽目に陥ってしまいかねない。
本書の主眼は、様変わりしている大学の姿を追って、これから大学生になる人たちに確かなナビを提供することである。今大学は国公私立と問わず生き延びるのに必死だ。だからこそユニークな学部や学科が出来つつあるが、その中には理解に苦しむものも散見される。キーワードは“共創”とか。この際大学とはどんなところか再考してみてはどうだろう。専門学校に益々近づいた格好のような気が筆者にはするがー。それと統轄する文科省にも制度設計などに問題がある。アメとムチの使い分けが容赦ない。大学は企業と性格が違う。すべて目に見える成果主義で良いのか、要は質のいい人材育成と社会貢献ができる高水準の学問だろうか。そのためには時間がかかる。目先を追うだけではなく、長い地道な道程が必要だろう。グローバル、グローバル、いや、グローカリズム、英語がすべてではないので品のある母国語もしっかり大学で身につけてほしいものだ。仕事柄日本の大学を長らく訪ねた者の一人として、大学は強かに生き延びてほしい。
これでこの著者のものは『危ない私立大学 残る私立大学』に続き2冊目、手軽な新書版で読みやすかった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 7

以上が小見出しであぶり出したすべて。著者は「あとがき」で大学情報関係雑誌に長年籍を置いた立場から大学の生き残りのヒントを提案しているが、やはり地方の大学の活性化がポイントのようだ。何せ来年から本格的な少子化の波がどっと押し寄せれば、どこかにしわ寄せが来るのは目に見えている。すでに潰れている私立大学が出ておりまた、有名女子私立短大も募集停止を打ち出している。国立大学は予算減、役割分担、改編に晒され、地方私大の公立化現象も起こるなど大学を取り巻く環境がまさに激変しているのだ。こうなると負の連鎖が起こるかも知れない。そういった時代状況の中で、必死に取り組んでいる大学の姿が浮かび上がってくる。これは著者の長年の取材の賜物だろう。それに説得力を持たせているのが最新データだ。これは門外漢の筆者にも大いに参考になる。そもそも18才人口が減少しているのに拘わらず、大学数は増加していること自体が変で、定員割れを起こすのも無理ないこと。外国からの留学生を積極的に受け入れているが国との関係が良くないと留学生数も減少する。アジア、特に中国や韓国を例に取れば一目瞭然、現に関西の中堅大学では留学生が激変したそうだ。しかし、筆者は大学の未来について悲観論を呈しているのではなく、高等教育機関の説得力のある交通整理が必要だと言っているのだ。戦前の教育の反省から戦後すぐGHQの要請で当時のいろいろな立場の知識人たちが教育改革について幅広い議論を行い、それが戦後教育の根幹をなしている。6・3・3制の導入をはじめ高等教育機関にも及んだ大改革である。それから70年以上が経ち社会とのミスマッチが目立ち制度疲労が露呈している。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 6

【第5章】高偏差値の一橋大がなぜ低評価なのか(文科省の再ミッション・3つの枠組み: 1.世界最高水準の教育研究 2.特定分野での世界的な教育研究 3.地域活性化の中核) 「世界最高水準の教育研究」とはどのように測るのか アメリカは大リーグ型、日本は甲子園型(大リーグ型→大リーグ的な金銭によるスカウト合戦 甲子園型→チームトレーニングで甲子園を目指す) 東京大学と経団連の「蜜月すぎる関係」が始まった 旧帝大系も地元の地域社会で足場を築かなければならない (東北大学経済学部の3年編入試験で神田外語学院から例年1~2名の合格者を出している!) 真価を発揮した名古屋と京都、追う大阪、九州 広島、金沢、千葉など利用有力大学の改革が意図するもの 入試の多様化は人材の多様化につながるのか

【第6章】64%の国立大がなぜ「地域活性化の中核」を選んだのか 教育系の国立単科大の軽視は文系軽視論と同じ文脈 強力に進めるべきCOC+プロジェクト(COC=地、知の拠点整備事業) ユニークな国立大学新学部が続々登場 地域科学では先駆者の岐阜大学(筆者は岐阜大学を訪ねたときに、旧教養学部を改編して新しい名称の書かれた看板の前で少し立ち止まって考えたものだ。地域科学部とはどういう学部かと。そうだったのか、アメリカの大学に肖っていたー) 学内改革と他大学との連携で古い殻を破る すべての国立大学が懸念する若手教員層の先細り

【第7章】共学化して成功した武蔵野大学 女子の選択ー第3の働き方 女子高校生の職業意識も変わりつつある 女子大志願者数トップの日本女子大学はスケールメリットを狙う 武庫川女子大学は、女子高生のニーズに敏感 津田塾大学は総合職キャリアに的を絞る 昭和女子大学は、お嬢様学校から即戦力育成へ 関西の女子大学は安定した強みを発揮 相模女子大学のユニークな地域貢献活動 福岡女子大学は、国際性で女子大ランキング2位 資格で勝負する女子栄養大学の強み 資格取得だけにこだわらないキャリアも育てる (続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 5

【第3章】強気の定員増を申請した東の明治大学と西の近畿大 1990年代とは様変わりの各大学の姿勢 医学部の有無が左右する科研費 「成成明國武」は人気急上昇中 中堅私立大学地方キャンパスの存在意義 苫小牧駒沢大学の「身売り」に見る地方系列大学の悲哀 一躍注目された京都産業大学の「幻の獣医学部」 警察官や消防官が多い中堅私立大の就職状況

【第4章】 自治体お抱えの地方私立大学が大量出現 地方私立大の「逃げ恥」作戦 公私協力方式の私立大でも公立化に挑戦 公立化は良いことばかりではない 公立大学のDNAは地域貢献 地域活性化にパワーを発揮している地方私立大   (続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 4

本書は「大学大倒産時代」の実態を明かし、大学の未来を探る目的で書かれた大学“入口”ナビ本。大学の現状をデータ(図表は大小24)を駆使して大学最新情報を伝えている。筆者的には先に目次を拾ったので、あとは小見出しを追えば大体のあらましが分かる。
【はじめに】大学大倒産時代は目前に迫っている

【序章】文系主体の私大がまず危機に陥る 大学倒産は政府の展望なき政策が引き起こす(〈図表3〉大学数の変化によれば、2016年現在国立大学86校、公立大学91校、私立大学600校の計777校)
軍事研究に手を出す工学系研究者 天下り問題に見る、文科省と国立大学の危うい関係 私立大学は生き残るのために天下りを積極利用

【第1章】大学が消滅すれば地方も沈没 東京以外の大学の40%が定員割れで大学倒産も続出か 関西の産近甲龍の科研費伸び率が目立つ 特別補助の多い私立大に注目 定員超過を定員増申請によって解消 国立大学にもある定員超過 定員割れを定員減で逃げるのは一時しのぎ 中退率2%のライン 専任教員の割合が少ない大学は心配だ 一般入試の比率が低いと、2020年入試改革に直撃される 倒産の大波は全大学に及ぶ

【第2章】東京の15私立大学だけで私大総志願者の3割近くを占める 慶応上智は受験生の質を重視か 合格者数上位の高校名でわかる大学学部別受験生事情 「大学ランキング」に見る大学の強みと弱み 科研費と司法試験実績は? 就職率はどうか? 早慶文系は10年前よりも学費ダウン(〈図表12〉主要私立大学の初年度納付金・最新年度の例によれば、早稲田大社会科学部118万円、国際教養学部159万円、慶応大総合政策学部154万円、看護医療学部181万円、上智大理工学部175万円、外国語学部126万円、明治大法学部129万円、農学部162万円、中央大総合政策学部155万円、法政大法学部126万円、関西大総合情報学部150万円、同志社大経済学部119万円、立命館大生命科学部172万円) 大学こそ人間形成の原点 関西圏の勢力図は? (続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックス ルーフガーデン 5

Img_0698_2 Img_0699 Img_0700 Img_0702 Img_0697 Img_0703

【写真上から: ①②③いろんな角度から見た銀座 蔦屋書店 本もアートに、アートが本を覆う 書棚の裏側の白さが“余白に或いは裏側にライト=write or light” のイメージを喚起させる ④銀座シックス店内に出現した水玉模様、現代美術家草間弥生の空間芸術 宇宙平和船“ハート” この作家は80才を越えている!】

大丸松坂屋百貨店・森ビル・L REAL ESTATE・住友商事の4社出資の商業施設とオフィス。地上13階・地下3階。約14万㎡に241のテナント、コンセプトはアートと日本文化。世界と日本の有名ブランドが入り、ライフスタイルとファッションを演出。年額平均賃料は、ロンドンのニューボンドストリート→約148万円、ニューヨーク5番街→約391万円、パリシャンゼリゼ通り→約153万円に対し、銀座→約100万円。銀座シックスの総工費は861億円、年間2000万人、年商600億円を目標としている由。地下3階には観世能楽堂がある。詳しくはこちらで。https://ginza6.tokyo


| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックスルーフガーデン 4

Dsc_0269_3 Dsc_0271_3 Dsc_0272_3 Tmp_1505782431831_5

【写真上から: ①銀座シックスの屋上左側から眺めた銀座界隈 こんな角度から見るのも良いかも ②銀座シックスの屋上風景 ピチャピチャと幼児が遊ぶ 夏の日差しの乱反射 ③銀座シックスの屋上から撮影したレインボーブリッジ ホワイトブリッジそのもの ④銀座シックスの屋上から撮影した、夕陽に映える東京タワー 威厳はまだ保てているか】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックスルーフガーデン 3

Dsc_0222_6
Tmp_1505719895843_4 _20170919_085719_2 Tmp_1505720080322_2 Tmp_1505720086388

【写真上から: ①帝釈天の門 ②帝釈天入口 土曜日の昼暑く 人混みもそれなりに ③帝釈天境内 ここは日陰 静寂 ④『高木屋老舗』の渥美清の“特等席” 観光名所に居座った感じ ⑤京成『柴又駅』 大したことはないが風情があるなあ】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックスルーフガーデン 2

1505720299695.jpg 1505720301144.jpg  <img src=1505720302963.jpg  <img src=1505720307025.jpg 1505720308161.jpg 1505720308888.jpg 1505720309742.jpg 1505720310430.jpg 1505720311204.jpg 1505720312096.jpg 1505720313061.jpg 1505720313880.jpg

【写真上から ①京成『柴又駅』構内の案内板 懐かしい昭和の匂いぷんぷん ②フーテンの寅さんの銅像 連れが写真撮ってだって ③帝釋天参道の入口看板 こんな看板まだ残っているんだ 参道狭いっす ④帝釈天境内案内図 ⑤寅さん記念館 入場料500円、今度来たときに入る予定 11月末かな アメリカに住んでいる友人夫妻と ⑥山本亭入口 実業家の庭園が見られる ⑦山田洋次ミュージアム 今度のお楽しみの一つ ⑧草団子 350円だったかな 餡の甘さがほど良い ⑨⑩『高木屋老舗』の壁に飾られていた映画『男はつらいよ』関係の写真 ごちゃごちゃの感じ ⑪渥美清が撮影の合間に座っていたテーブル脇の壁 一世を風靡した映画ロケの匂い ⑫『高木屋老舗』店内から入口付近 寅さんが今にも入って来そうな雰囲気】

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く 204 葛飾区柴又『帝釈天』界隈 寅さん映画の舞台そしてギンザシックス ルーフガーデン

Dsc_0218_3

【写真: 映画『男はつらいよ』の有名な口上が書いてある碑】

私 生まれも育ちも
葛飾柴又です
帝釈天で産湯をつかい
姓は車 名は寅次郎
人呼んで
フ―テンの寅と発します

山田洋次

山田洋次監督渥美清主演の国民的映画『男はつらいよ』の舞台を訪ねた。台風一過で真夏のような日、矢切の渡しがすぐ近くにある葛飾区柴又駅で下車して帝釈天の参道を歩いた。川魚料理店、漬物屋、駄菓子屋、団子屋などの商店街を抜けて帝釈天に到着。松が木造の古寺に見事なまでに映えていて、古いチャンバラ映画の一シーンを切り取った感じだ。白壁があれば申し分ない。シブイ。『寅さん記念館』と『山田洋次ミュージアム』それにこの辺の実業家だった人の庭園がある『山本亭』を見て回った。中までは入らず。そして、渥美清がロケの合間に休憩を取っていた草団子で有名な『高木屋老舗』に寄って草団子、焼団子などを食べた。壁には渥美清の写真や映画『男はつらいよ』関係の写真が所狭しと飾ってあった。筆者が店の従業員の年配の女性に尋ねた。
「渥美清の写真が飾ってある向かい側の店には入れないの?」するとその女性応えて曰く「向かい側は店頭販売のみで、こちらでしか食事はできません」
以前にこの店には渥美清の特等席があったと知っていたので、食事を終えてから向かい側の店に寄って訊いてみた。すると、その特等席(予約席)に座って写真まで撮影してもらった。店の比較的若い女性に感謝である。柴又はこの辺にして銀座に出た。新旧の妙を季節の移り変わりに感じたいという小さな旅は“新”のほうへ、銀座の新名所GINZA SIXの屋上、ROOF GARDENへ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

草野心平詩集(岩波文庫)『 侏羅紀の果ての昨今』抄から 或る永遠 J.N氏に

草野心平の西脇順三郎について書いた詩。

或る永遠

J.N氏に

日本海に面したN県に。
川がある。
川底の小砂利の見えるセルリアンに布を流し。
川底の雪の上にそれらを並べて晒す。
赤ギレの手によって生まれるニッポンの高貴な縮である。
J.N氏はその界隈で生まれた。
ふるさと。
けれどもJ.Nにふるさとはない。
ギリシャ神話と玄のいりまじった次元が氏の脳髄のふるさとである。

J.N氏は書斎のなかで世界をうろつく。
多島海の渚に足をひたし。
ラテン語だけしか通じない中世の村道でプラチナの太陽をまぶし黒仰ぐ。
もどって武蔵野のイノクロ草をちぎったり。
エンサイクロビデア・ブリタニカの頁のなかに一ミリの小人になってもぐったりする。
地理や歴史や。
虹かかる永遠。
永遠に向かってJ.N氏は書斎をぬけでる。
永遠のなかに歩いてゆく。
そのうしろ姿。
陽は正に没しようとしてそのうしろ姿。
永遠のなかの一つ黒子。

黒子のなかの或る永遠。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 3

少子化や国立大学運営費交付金削減をもろに受けている国立大学、特に教育学部の改編劇が、2年前の“通達”からさらに加速しているという記事を毎日新聞が一昨日書いていたばかりで、今度は今年の司法試験合格者が発表され上位ランキングが示されていた。面白いことに司法試験合格者は法科大学院出身者ではなく、「予備試験」の通過者が圧倒的に多かったことだ。そして、法科大学院を巡っては、廃止や募集停止が相次いでいるという。立教大や青山学院大などは来年度から募集停止すると発表、法科大学院の凋落は政府の制度設計の甘さを如実に示しているようだ。法科大学院志願者が2004年には84,000人であったのに対し、13年後の今年度は8,159人まで激減している(2017年9月13日付『毎日新聞』朝刊)驚きである。高額の授業料を払って不合格ではやりきれないはずだ。またしても考えてしまう高等教育機関の問題。 本題の書評に戻ろう。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』 2

目次

はじめに

序 章 なぜ「大学大倒産時代」なのか

第1章 データで読み解く大学教育の現状

第2章 志願者を囲い込む有名私大
早慶上智とMARCH、そして関関同立の分かれ道

第3章 明暗を分ける都会派中堅私大
成成明國武、日東駒専、大東亜帝国、産近甲龍の
「 崖っぷち作戦」

第4章 活路を切り開くローカル中規模大学

第5章 有力国立大学も格差が拡大

第6章 冬の時代の地方国立大学のチャレンジ

第7章 不要論まで出た女子大はどう生き残るのか

おわりに

以上が本書の目次だが、タイトルはいかにも大学が今直ぐ数多く潰れてしまうような感じを受け仰々しい。新書版222頁、読みやすく最新のデータも入っているので理解しやすい。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のニュース拾い読み アメリカの公共放送電子版(NPR online)から最新ニュース ハリケーン「イルマ」最新情報


Irma Brings Floods, Tornado Risks As Tropical Storm Leaves Florida For Georgia
Updated at 2 p.m. ET, September 11, 2017

In Florida, Hurricane Irma has brought dangerous floodwaters, knocked out power to millions and turned human possessions into debris in the past 24 hours. After making landfall on Sunday, the huge storm remained a Category 1 hurricane as it moved over the state's northwest early Monday, before finally being downgraded to a tropical storm.

Irma has maximum sustained winds of 60 mph, with stronger gusts. At 2 p.m. ET, Irma's center was about 50 miles south-southeast of Albany, Ga., and 55 miles east of Tallahassee.

Flash flood warnings have been issued in Jacksonville — a victim, like other eastern Florida areas, of the heaviest rains that are commonly found in hurricanes' northeast quarter. Flood and tornado warnings have been issued for parts of coastal Georgia and South Carolina.

More than 6 million electricity accounts in Florida are currently without power, state officials say. While the full extent of Irma's damage isn't yet known, the storm has weakened at a faster rate than expected.

As the sun rose Monday, many Floridians anxiously began to assess the damage wrought by the hurricane, either inspecting their houses and neighborhoods for themselves or contacting those who stayed behind.

For those caught in Irma's path — and wondering what to do after it passes — member station WLRN in Miami has assembled a guide to help.

Irma was a hurricane for part of 12 days, having been dubbed a hurricane on Aug. 31, when it was far from land in the Atlantic Ocean. For days, it was a Category 5 storm, wreaking havoc in the Caribbean, where recovery efforts are still underway.

On Monday morning, the storm brought storm surge risks as high as 4 to 6 feet above normal water levels in parts of Florida. Irma was also extending tropical-storm-force winds outward up 415 miles, the National Hurricane Center says.

The perilous storm and the massive evacuation it sparked were reflected in an unusual scene in Florida early Monday, when the state's skies were empty of airliners. A screenshot taken by journalist Sam Sweeney shows, as he wrote, "not a single airplane over the state of Florida."

Irma is moving north-northwest at nearly 17 mph — a motion that's expected to continue through Tuesday. The storm's center is forecast to move near the Florida Peninsula's northwestern coast and cross the eastern Florida Panhandle into southern Georgia Monday afternoon. It will then move through southwestern Georgia and eastern Alabama through the night and into Tuesday.

Hurricane Jose, which had shadowed part of Irma's route toward the Leeward Islands, has veered off north, as expected — but forecasters say the storm will follow an odd curlicue path over the next several days, putting it south of its current position and possibly threatening parts of the Bahamas this weekend.

When it arrived in Florida, Irma was more than 400 miles wide; the storm remains huge. Consider that when it made landfall at the bottom of Florida's peninsula on Sunday, Irma's thick bands of rain were already drenching parts of northern Florida and southern Georgia.

Hurricane Irma made landfall twice in Florida on Sunday, smacking into the Florida Keys as a Category 4 storm before moving over water and hitting Marco Island as a Category 3 on Florida's southwest coast.

Here are some of the stories we're seeing in Florida:

Jacksonville

The city has already seen bad flooding, as the St. Johns River overflowed its banks — and it's going to get worse around 2 p.m., when high tide will come, the Jacksonville Sheriff's Office says.

The sheriff's office writes Monday morning: "Historic flood levels already. Levels will continue to rise. Expect 4-6 feet above normal high tide levels. You need to be concerned."

Officials had been calling for people to leave areas along the St. Johns River, and to contact emergency numbers for help leaving. To those who didn't leave, the sheriff's office says, "If you can't get out, you need to get to a house with a second story."

Key West

The far-flung island lost power and phone connections, but some news began to emerge from Key West late Sunday night. Photographer Rob O'Neal relayed an account of damage, highlighted by flooding, and downed trees and utility poles. Some buildings had also lost their rooftops.

"Counted 10-20 utility lines & 20 trees down in Oldtown. Downed trees & tree limbs scattered throughout KW. Counted at least 100 ppl walking around outside after eye wall passed," O'Neal said.

"Heaviest damage from Marathon to Lower Keys," O'Neal said.

Thousands of people are believed to have resisted mandatory evacuation orders to stay in the Keys. Sunday night, Monroe County Sheriff Rick Ramsay ordered a dusk-to-dawn curfew for the Keys.

Online

People in the hurricane's path are using a Facebook group to check in and mark themselves as safe, with nearly 400,000 people in the group as of Monday morning, offering peace of mind to loved ones and giving a hint at this storm's reach.

Members of the group also used it to commiserate, share tips and vent their feelings about Irma.

As the sun rose Monday, they also shared some of what they're seeing. A sample, from Davenport, in central Florida, where Benjamin McKinney wrote:

"Walked around to check out my yard. The neighbor's screen patio was torn off and is laying in the street. The stop sign on the corner is missing. The neighbor behind us fence is down. We're missing some pieces from our roof overhang. Our boughanvilla bush was uprooted and pulled our fence out. Nothing too crazy."

Tampa

As the storm approached, it sucked water out of Tampa Bay and other areas, prompting curious residents to head out onto the muddy ground — and, in at least one case, to rescue stranded manatees.

The hurricane center warned on Sunday, "Don't be fooled by low water conditions on the FL W coast ahead of Irma, water will rapidly surge back when the winds change direction."

Around midday on Monday, the National Weather Service office in Tampa extended flood warnings for at least 10 rivers, saying they're close to flood levels — and will rise further.

"Significant river flooding will continue over the next several days as heavy rainfall from Hurricane Irma drains into West Central Florida rivers," the agency says.

Orlando

From member station WMFE:

"Florida Highway Patrol said they're seeing too many people out 'sightseeing' and not obeying the curfew. FHP reports trees are down and there's standing water from the exit ramps at 528 to 520. Those ramps have been closed in both directions...
"FHP says traffic's starting to build up on 95 and the Turnpike southbound. They expect traffic to pick up as the day goes on and people want to go home and check out their property. Officials say people can't enter the Keys, so evacuees need to stay put."

Miami

The city is focusing on clearing roads of debris trees, and sand — in some areas, parts of the beach have been pushed over roadways. Mayor Tomás Regalado said 72 percent of the city of Miami is currently without power, NPR's Hansi Lo Wang reports. Police report at least 26 looting incidents, with 13 arrests made.

"At one time, Miami was dead in the center of the track, and could have been hit very hard," NPR's Jon Hamilton says on Morning Edition. But today, Jon says, much of the city looks "surprisingly normal" — at least out toward the airport.

"I have seen a whole lot of power trucks going by on the freeway out here," Jon adds. "There's still water on the ground in places, they're picking up lots of palm fronds, but the city looks like it's getting back in business."

Miami International Airport saw wind gusts near 100 mph and "sustained significant water damage throughout," the airport director, Emilio Gonzalez, said via Twitter. The facility is closed to passenger flights at least through

From NPR latest news:
http://n.pr/2eYdXQA

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 129 木村 誠著『大学大倒産時代』

1505105887989_3

津田塾大や東京女子大など有名女子大の凋落が著しいと伝えた今朝のネットニュース。何日か前にイギリスのTHE(The Times Higher Education)が今年の世界大学ランキングを発表したが東大が順位を落としたとのニュースもあった。
そんな中、木村 誠著『大学大倒産時代 都会で消える大学、地方で伸びる大学』を読んだ。『危ない私立大学 残る私立大学』(既読)など一連の大学進学の傾向と対策ものの一つ。『学研進学情報』で活躍中の著者の最新刊。筆者は時々この手の本をゲットして最近の大学情報を更新している。この本で最近の大学新興勢力グループの名称がMARCHだと初めて知った。明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大の頭文字から取っている。また、日東駒専は日本大、東洋大、駒沢大、専修大の頭文字だと前から知ってはいたが、産近甲龍が京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大の頭文字羅列は初。いずれも早慶上智、関関同立の後を追う私立大学群である。(続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 235 江戸川区船堀『大島』

_20170908_203053

美味しい味噌ラーメンを探索中の筆者だが、東京ラーメン・オブ・ザ・イヤー(TRYラーメン大賞)の味噌部門で3年連続第1位に輝いたラーメン店に出かけた。都営地下鉄船堀駅徒歩10分のところにある人気のラーメン店『大島』(昔千駄木の団子坂下に同名のラーメン店があったっけ)、札幌の『すみれ』で修行した店主が4年前に開店した店。炎天下40分待たされ、券売機で味噌ラーメン(790円)と追加大盛(100円)を頼んで待つこと7分、タレントの土田晃之の色紙が3枚もあってウンザリと思っていた矢先、ホール係の“スタイリッシュな”女性にカウンターの左端を指定されて座った。デカイ昔懐かしいやかんと真空断熱タンブラー(新旧の妙)が目前に。しばらくして注文の味噌ラーメンが供された。一目見て、卵も海苔もない、モヤシも目立たない、あるのは刻みネギとメンマ、ショウガにニンニク、どっしりした脂身のあるチャーシューと意外とシンプル系。一啜りして濃厚なブレンド味噌スープの味しかも進化系だ。30年前位の札幌駅近くで食べた素朴な味噌、コーンやモヤシがたっぷりのトッピング、ストレート中細卵麺のシンプルな味噌味とは違って洗練された濃厚な味である。懐かしさがブレンドされたような味噌のテイストなのだ。ショウガとニンニクがいつの間に味噌ダレに馴染み、濃厚さの中に二味も添えて北国の雰囲気を醸し出している感じ。外は久し振りに晴れて夏の余韻一杯なのに・・・。この塩辛さに耐えねば、スープ割りはあるのかしらと食べ進んでみたものの、耐えきれず味噌ドロドロ系のスープを多少残して邪道と思いつつ水で割った。薄くなるが味はいい。少しほっとした。(濃厚過ぎる人には申し出ればスープ割りを提供してくれることを後で知った!)忘れていた、チャーシューのこと、これが脂身もあって超柔らか、美味!卵縮れ麺もスープによく絡んでいた。いやはや、スープは究極のドロドロ系、分野は違うが松戸の『とみ田』似。店内はカウンター8席(この日は2席は閉めていたみたい)とテーブル8席、カウンターとの間に仕切りガラスがある厨房には、店主と女性二人が忙しそうに客の注文に応えてラーメンを作っていた。
このエリアはリトル・インデアの異名を持つ西葛西から地理的に近いせいかインド人女性を何人か見かけた。

住所:東京都江戸川区船堀6-7-13 電話番号:03-3680-2601
営業時間(火~土):11:00~15:00、17:00~20:30 営業時間(日・祝):11:00~16:00、17:00~20:00 定休日:月曜日

江戸川区船堀駅ラーメン店『大島』1.スープ★★☆2.麺★★☆価格★★3.トッピング★★★☆4.接客・雰囲気★★
☆5.価格★★

_20170908_203148

追記 下の写真は筆者の撮影したものではないがなかなかリアリティーが感じられる。やかんやタンブラーそれにカウンター左側からみた店内。光の入り具合もいい。“スタイリッシュな”女性が店内を小綺麗にしている様子。ー[食べログ]の画像をより。

320x320_rect_64030006_6 _20170911_203055_5 _20170911_203146_6


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 233 京急新逗子駅『麺屋二郎逗子店』

Img_0695

今回はたまたまニューヨークのフリーペーパー『週刊NY生活』デジタル版(2004年創刊、毎週土曜発行、紙面28面)https://www.nyseikatsu.com2017年8月19日号は鹿児島県の指宿に本店がある『麺屋二郎』が、8月10日に地下鉄フルトン駅近くの金融街の「べんと・おんカフェ」(ウィリアムズ通り123)にオープンした記事(14面)に刺激され、この店の逗子店に出かけることにした。
昼の部が終わる午後2時10分前に新逗子駅すぐそばの店に入った。店内は意外と狭く10人が入れる程度。厨房のガラス窓が壊れているのか、ビニールで覆いガムテープで貼ったりしていた。初めて入る側としてはイメージと違って少し違和感を覚えた。造りも木目素材はいいが安っぽい感じだ。
注文の中華そば(700円)を頼んだ。白いすり鉢状のどんぶりにストレート系中細麺にチャーシュー3枚、メンマ、ナルト、海苔それに刻みネギがのったシンプルな鹿児島ラーメン(豚骨と鶏ガラの澄んだスープが特徴)である。一振りのスープの味は、半透明で素材に揚げた玉ねぎが入っているせいか幾分甘い。焦がしニンニクの効果はそれほどでも。麺はもちもち感があって舌触りがいい、チャーシューも比較的柔らかだ。サイドメニューにあった餃子を頼んだがイマイチ。客はパラパラ、厨房は女性含めて3名、元気印に加えて清潔さと丁寧さをもう少し出した方が良いかも。でないとニューヨークに進出した『アーバンラーメン』の第1号店(芦花公園駅徒歩3分。今や寂れた感じ)の二の舞になりかねないような感じを受けた。

新逗子駅『麺屋二郎 逗子店』①スープ★★②麺★★☆③トッピング★☆④接客・雰囲気☆☆⑤価格★

1504661128385.jpg 1504661129209.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白テレビ観賞 「朝まで生テレビ 女性が考える戦争と平和」

久し振りに「朝まで生テレビ」を観た。テーマは女性が考える戦争と平和。パネリスト→福島みずほ(社民党・参議院議員)、片山さつき(自民党・参議院議員)、河添恵子(ノンフィクション作家)、倉田真由美(漫画家)、呉軍華(日本総研理事)、桜林美佐(防衛問題研究家)、堤未果(国際ジャーナリスト)、福島香織(ジャーナリスト)、三浦瑠麗(国際政治学者・東京大学政策ビジョン研究センター講師)、南美希子(エッセイスト・東京女学館大学客員教授の10人。女性論客が結集した感があるが、トークはやはり常連ばかりしかも陳腐。戦争放棄への道、今何処。ベテラン議員の福島みずほだけが一貫して平和希求の理想を語っていたが、片山さつき氏や三浦瑠麗氏はしゃべりすぎ。特に三浦瑠麗氏は上から目線で鼻に突いた。井上ひさしの言葉ではないが、むずかしいことをやさしく(やさしいことをふかく、ふかいことをおもしろく、おもしろいことをまじめに、まじめなことをゆかいに、ゆかいなことをいっそうゆかいに)伝えることが大事で、回りくどく、わざとむずかしく言っているように感じられた。また、こういった討論会番組に不馴れな女性も登場していたが少しは華を添えたようだ。そのなかで筆者は存じ上げない漫画家の倉田真由美氏がよく喋っていた。極論を嫌い曖昧、中間論を展開していた。個性的と言えそうなのが福島香織氏や華やいだ雰囲気が少し残る、やはり南美希子元アナウンサーの存在だろう。同じことの繰り返しが多く議論の中身が深まり切れず尻切トンボ気味。議論が何かの調子で盛上がると女性の甲高い声ばかりが響きワイワイガヤガヤの始末。女性天皇への道筋のコーナーでは、2/3は賛成派までは良かったが、伝統を重んじて男性が天皇継続すべきで、そのためには側室をおいても良いとの発言には、今でもこういう女性がいることに驚愕した。女性討論会は午前4時半頃まで続いた。司会の田原総一郎は80歳過ぎていて、今回は体調が良くないのかよく咳き込んでいた。司会者の采配、切れ味は以前より大分鈍ってきた感じである。

追記 9月1日付毎日新聞夕刊「インタビューシリーズ 温・故・知・新」の2回目に田原総一郎が登場。「朝生」も今年4月で30年だと。よく続ていると思う。司会の田原総一郎の切り込みが討論番組を盛り上げたのは事実。この新聞記事の通り、評論家西部邁、民進党辻本清美議員、東大名誉教授の姜尚中などのスター論客が生まれたのも田原総一郎の功績だろう。筆者的には次の彼の言葉が気になる。「当初は『右』の論客を探すのが難しかったが、次第に『左』を探すのに苦労するようになった」。やはり大島、野坂、色川などが出演した時代が刺激的だったかも。テーマも部落差別問題、天皇制などタブーにチャレンジしていた。(2017.9.4 記)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クロカル超人が行く  203  晩夏の古都鎌倉散策 澁澤龍彦墓参ほか

Img_0687 Img_0688 Img_0689 Img_0690 Img_0691 Img_0692 Img_0693 Img_0694

※上記の写真を分かりやすくするため、下記に左右①②の要領で⑧までの番号とキャプションを付けた。

昨日ゲリラ豪雨が降ったばかりの首都圏で、今日もまた出現するのか気にかけながら晩夏の古都鎌倉散策に出かけた。
JR北鎌倉駅→写真①浄智寺→写真②澁澤龍彦の墓→裏山・ハイキングコース・山登り→写真③層搭・サンソムの記念碑→ハイキングコース→写真④葛原岡神社→写真⑤ハイキングコース案内板→写真⑥境内からの眺望→写真⑦銭洗弁財天入口→写真⑧銭洗弁財天境内→JR鎌倉駅の約3時間のコース。
浄智寺の澁澤龍彦の墓は、少し探したが奥の左手中腹にあった。カラスが見守るなか、墓に水掛けしてからお参り。缶ビールやお酒など備えられていた。お盆があったせいかほうづきが新鮮。これで澁澤龍彦墓参は果たせた。澁澤龍彦といえば、今秋没後30周年を記念して澁澤龍彦展が世田谷文学館で開催される。横須賀美術館で開催された時とどう違うのか今から楽しみである。それはさておき、もう一つ発見があったのだ。サンソム関係の記念碑があると浄智寺のしおりに書かれていたので探したが見当たらなかった。で、この寺の関係者に訊ねたら裏山のハイキングコース途中にあると教えてもらい行ってみることに。雨上がりの今にも滑り落ちそうな、葛原岡神社・銭洗弁財天・源氏山公園・大仏へと続く山道を歩くこと20分、右側に層搭、天柱峰が建っていた。それが名僧竺仙梵僊の供養搭や英国の日本文化史研究家ジョージ・サンソムの記念碑。ついでに書けば奥方のキャサリン・サンソムの著作『Living in Tokyo』(日本語訳『東京に暮らす』http://crocul.cocolog-nifty.com/callsay/2013/12/102-e9ce.html)に挿絵を描いたのが、詩人西脇順三郎の最初の夫人、マージョリだ。
銭洗弁財天からJR鎌倉駅までの帰り道、オランダから来た4人家族と出会った。父親と歩きながら少し会話をした。3週間のサマーバケーションで日本に来て長崎、大阪、京都、日光それに鎌倉と観光して今から東京に戻ると。日本は景色も素晴らしいし日本人も温かいとべた褒め。聞けば企業の経理の仕事をしているらしい。ふくよかすぎる奥さんは物珍しいのか人力車の写真撮影に夢中で、小さな子どもたちはコーラの瓶で遊んだりしていた。
晩夏の鎌倉はハイキングコースのディープなところまで外国人観光客が押し寄せていた。今まであまり見かけなかった光景である。また、縁結びで有名な葛原岡神社の境内でたまたま耳に入った若い女性の会話が印象的。普段都会の喧騒の中で生活しているので、たまにはこういう静かな場所に来るのも落ち着いて良いわね、だと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白ラーメン紀行 234 京急日ノ出町駅『たつ屋日ノ出町店』

1504337053122.jpg

1504337054395.jpg

ずっと気にかけていたラーメン店に入った。桜木町に用事がある時に車で見かけたラーメン店だ。博多とんこつラーメン系。チャーシューが美味しそうだっので、思い切ってチャーシュー付ラーメン(930円)を頼んだ。ビール→チャーシュー→ラーメンの順で出てきたが速かった。チャーシュー4枚はやわらかくてビールのつまみに最高(1枚は撮影前に食べてしまったので皿には3枚!)。食が進んだ。さて、とんこつラーメンだ。細麺がスープに絡んで意外と美味。博多とんこつラーメンはやはりトッピングに紅生姜と高菜が合う。残念ながら写真のフレーム外の小皿に置いていて写真では見当たらない。全体的にはシンプルなラーメンだが、替え玉のおかわりが無料なのか(?)、替え玉、おかわりの声がカウンター席からよく聞こえた。店主は客の注文に一人で応対していた。午後の3時、ちょうど空いている時間帯だったから一人だったのかしら。
京急日ノ出町駅『たつ屋日ノ出町店』1.スープ★★☆2.麺★★3.トッピング★☆4.接客・雰囲気★☆5.価格★★番外.チャーシュー★★☆

1505105980830.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のうまかカレーや 2 御茶ノ水駅 スープカレー 『オオドリー〈鴻〉駿河台店』

1504328918604.jpg

1504328919341.jpg

1504328920256.jpg

レトロ調のスープカレーや。野菜たっぷりの赤2倍カレー(800円)を食べた。筆者的には2倍の辛さのカレーは少し刺激的過ぎ!大きめのニンジンはやわらかく味もいい。美味。スープカレーはごはんと具を別々に食べるのが普通かもしれないが、筆者は途中からご飯にかけて食べた。
食べ終えて店の外観をパチリ、すると道路に珍しい光景が。ゴーカート隊だ。


夏惜しむゴトコト音のゴーカート

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のうまかカレーや 神保町『共栄堂』

1504420191710.jpg

1504420193045.jpg

これが噂のスマトラカレー。

食通で世界中食べ歩いている。
急がしの原田マハも。
毎日新聞日曜版のコラムで。
食べに行ったと書いていたが。
食後の特別なコメントはなかった。

不思議。
不思議発見。

海軍カレーみたいじゃないの。
具がたっぷりじゃないの。
あまり味がないじゃないの。
宣うカレー好きの女子もいたが。

不思議。
不思議発見。

果たしてスマトラカレーは。
たっぷりの。
トロトロレトロ。
しかも限りなく黒。

不思議。
不思議発見。

ポークは角切り。
ライスはパサパサ。
スープは薄め。
味はベターザン海軍カレー。

不思議。
不思議発見。

染み込んだ甘辛。
スマトラ伝説。

タンタントとした中年男性。
オールディズの椅子やテーブル。
ラッキョウとフクジンツケのビン。

味もタイムスリップしていた。


追記 スマトラカレーの『共栄堂』で本屋の『邦栄堂』を思い出した。今も鎌倉にあるのかしら。店主が上客に作家の井上ひさしがいたと言っていた。大分昔の話。その前の筆者20代の頃に実は井上ひさし書籍注文受係をしていた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

草野心平詩集(岩波文庫) 『乾 坤』抄から 噛む 少年思慕調

噛む

少年思慕調

阿武隈はなだらかだつた。

だのに自分は。
よく噛んだ。
鉛筆の軸も。
鉛色の芯も。

阿武隈の天は青く。
雲は悠悠流れてゐた。
けれども自分は。
よく噛んだ。
国語読本の欄外はくしやくしやになり。
活字の行まで噛みきると。
空白になつた分は暗誦した。


小学校は田ん圃の中にぽつんとあり。
春は陽炎につつまれてゐた。

だのに自分は女の子の胸にかみついて。
先生にひどくしかられた。

ゆつたりの薄の丘や。
昼はうぐひす。

だのに自分は。
カンシャクをおこすとひきつけた。
バケツの水をザンブリかけられ。
やうやく正気にもどつたりした。

指先の爪は切られなかつた。
鋏のかはりに。
歯で噛んだ。

なだらかな阿武隈の山脈のひとところに。
大花崗岩が屹ッ立つてゐた。
鉄の鎖につかまつてよぢ登るのだが。
その二箭山のガギガギザラザラが。
少年の頃の自分だつた。

阿武隈の天は青く。
雲は悠悠と流れてゐたのに。

この詩は少年時の回想だが、筆者も二箭山には従兄弟の案内で登った。鉄の鎖でよじ登ったあとの頂上から眺めた秋晴れの景色は絶景だった。その従兄弟は大分前に死んだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白趣味の園芸 MORNING GLORIES

1502928269203.jpg

1502845115311.jpg

1502845114660.jpg <1502845116461.jpg

1502845117537.jpg 1502845120104.jpg

1502845121228.jpg 1502845121987.jpg


MORNING GLORIES
―a special message to Sally

A morning glory,
Three morning glories

And
Many morning glories
With various faces

Just come out.

朝顔
―サリーへの伝言

朝顔一輪
アサガオ三輪

また
たくさんのあさがお
いろんな顔みせて

咲いたよ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128  雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 10

ここまで書いてきてふとタイトルを読み返した。確かにこの関内幸介氏のエッセイのタイトルは、夏井川のほとりにて―“本郷界隈のことども”―と名付けられている。草野心平家だけの人たちだけではなく、草野家とゆかりのある群像でもあったのだ!それは前にも書いたが、extraordinary family history 傑出した人物の家族史、個性豊かな人たちの物語だろう。否、家族の栄枯盛衰の物語としても読める。江戸後期から追った主に草野心平家には、病気で早死にした人たちなど不幸も相当あってまた、子宝に恵まれず養子縁組をして家督を守ってきた。その血筋の不思議さ、怖さを思わずにはいられない。このファミリーヒステリーには当時の磐城中学を中退している人たちが心平をはじめ何人かいる。一つの枠には収まり切れない、個性豊かで血気盛んな人たちもいたのだ。それにしてもと思う、血筋の不思議さや育てられ方の不思議。草野心平の詩にはこの体験が反映しているようで、中国での詩作とグローバルな詩的世界、アメリカの詩の影響、初期詩集、蛙に託した詩、宇宙観、汎神論、アナーキズム等々の根底には存在のいたずら、虚無感、寂寥感があったように筆者には思われる。また、エネルギッシュで生活力が旺盛(『火の車』や『学校』を営んで生活費を稼いでいたがずっと貧乏だった。『学校』は筆者の20代の頃に何度か訪ねてみようと思ったが実現しないままだった。3年ほど前にようやく新宿ゴールデン街の店を訪ねたが、場所は同じでも店の名前や経営者が替わっていた。実は『学校』は大分前に草野心平のファンだった女性が引き継ぎ、新宿ゴールデン街に移ってしばらく営業していたがその女性も高齢で今は人に譲って引退。現在の店の女性経営者の特別な計らいで筆者は、元『学校』店主と電話で話すことができた。店の看板は草野新平記念館に寄贈したと店主が電話の向こうで語っていた。新宿ゴールデン街の入口の案内板には『学校』の名前だけが残されている)、詩人や作家との交流の広さ、面倒見の良さ、一言でいえば人間的魅力に溢れ、宮澤賢治をはじめ村山槐多や吉野せいなどを発掘した名編集者でありコーディネーターでもあった。
この関内幸介氏のエッセイを注意深く読めばもの悲しいトーンが流れていることも感知できよう。草野心平については今まで数多く書かれてきた。新たな視座で取り組めば生誕120年が草野心平詩にとって大きなエポックになるだろう。その意味でもこのエッセイにある第一級資料の草野氏文書の公開を俟ちたい。

タイトルの本郷界隈は、JR磐越東線「小川郷」駅近くの、福島県いわき市上小川・本郷公民館周辺。貴重な写真も何枚か挿入されている。

追記 草野心平の前橋時代の写真。ここには珍しく心平の奥さんも写っている。なかなかの美人である。若い伊藤信吉もいる。88年前の昭和4年の写真。

1504408657511_1_2

前橋文学館特別企画展
風邪には風ー草野心平の前橋時代
萩原朔太郎記念 水と緑と詩のまち前橋文学館 2011年11月
発行より

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 9

ここで執筆者関内幸介氏のエッセイに登場した草野心平家に関係する主な人物名を筆者流に挙げてみよう。そうすれば具体的に人物関係がよりたやすく理解できるはずだ。ついでに当時の名前の付け方の特徴も見出せる。小見出し「紋十郎家」。草野紋十郎、喜佐衛門、源蔵、政五郎、富蔵、興兵衛、林之輔、やす、はま。小見出し「登と欽一郎」。白石長兵衛、キヨ、登(みのる)、吉田一民、さだ、モリ、ヨシ、欽一郎、タカ、コト、豊、鷹雄、エイ、信男、悟郎、武子、萬次郎、草野晴次郎、シゲル、政右衛門、白井菊造、渡邊己之吉、草野正壽。小見出し「佐平太と遠平」。佐藤幸助(後の白井佐平太)、常松(後の白井遠平)、酒井興兵衛、柴原の鈴木才兵衛門、子眞山人、鶴、きさ、草野米吉、根本武郎。小見出し「戊辰戦争と奥羽出張病院」。関寛斎、小野亀七、関内半兵衛、本郷の庄兵衛、兵吉、新吉、ヒサ、正太郎、甚三郎。小見出し「宮本壽硯」。宮本秀英、室桜関。小見出し「牧牛共立社」。大久保利通、大悲山重一、伊藤正太郎、緑川萬次郎。小見出し「天文一揆と草野興八」。草野興八。小見出し「高蔵・馨・心平」。高蔵、トメ。小見出し「櫛田民蔵とマルクス學」。櫛田民蔵。小見出し「眞崎甚三郎」。眞崎甚三郎。小見出し「草野氏文書」。仁太郎。小見出し「生と死と」。幸平、セキ、庄平、アサ、半平。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128  雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 8

執筆者が文献資料涉猟の人だとは分かるが、草野心平の家系は普通でも複雑過ぎてなかなか理解しにくい上に執筆者の関内幸介氏の文章もなかなかなもの、理解するのに一苦労した。単純だけどすんなり頭に入っていかないのがミソ。ということで、簡単な家系図を作れば更に理解が深まるはずと昔読んだ本を参照しようと書棚から引っ張り出した。ついでに関連の本を3、4冊積んで斜め読みしてみた。深澤忠孝著『草野心平の世界ーその道程と風土ー』(1978年、ふくしま文庫)や『猪狩満直全集』(1986年 猪狩満直刊行委員会)それに草野心平著『私の中の流星群―死者への言葉―』(1975年、新潮社。草野心平の詩を最初に認めた詩人山村暮鳥の一文も。掲載誌・年月一覧の作成は草野心平の年譜作成者の長谷川渉。兄民平や弟天平の記述もある。三兄弟全員が詩を書いていた珍しいケース。3、4年前に用事があって戦後すぐの文芸誌で西脇順三郎の記事を探していたら天平の詩が何編か断続的に掲載されていたのを偶然見つけた。1991年発行の新編本では解説は伊藤信吉、あとがきが長谷川渉になっている。ここには西脇順三郎についての記述があって、心平が西脇から慶應大学の教授に誘われたエピソードを紹介している)そして平窪郷土史編纂委員会編『平窪郷土史』だ。ローカル色の色濃い書籍がほとんど。深澤氏の新書版の略系図(本文P.23)と深澤氏が参考にした長谷川渉氏の草野家系譜(筆者による全集からのコピー製本)

20170812162508_00001_3

を見つけて合点、『猪狩満直全集』所収の初期詩集に跋文を寄せた心平の文章も読んだ。吉野せいが書いた文章を没にした経緯など内輪の事情が綴られていて興味深い。また、ネットでも関連ものを探った。その中に「草野心平研究史」なるのもあって、これまた参考になった。大分前の論考だが。残念ながら『平窪郷土史』にはこの関内エッセイに登場する草野家の人たちが通った中平窪富貴内の幕末平藩儒学者櫻關の培根塾についての記述はなかった。牧畜や牛乳舎にも言及したかったがそれは後ほど。(続く)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行 ) 7

いわき風土記・人物編 上小川村@草野家の続き。執筆者関内幸介氏は草野心平の親戚筋の人で資料も手に入りやすい環境にあることは容易に頷けるが、そればかりではなく、いろいろな文献をよく調査し解読しているようだ。惜しいかな、解りやすい文章がほしいー。それはさておき草野家では病気で早世したり、子どもに恵まれず養子をもらって家督を継がせていたりと複雑な家族だったことがよく分かる。寺の過去帳を調べることだけでは分からないことが多いはずだが、関係資料を執拗に追った賜物だろう。江戸後期には椎茸栽培、福島県で初めて株式会社組織の牧牛共立社を明治初期に戸渡に設立、馬喰を使って牛集めをしていたことしかもチーズや粉ミルクまで製造してわずか20年弱で解散したこと、いわき銘菓「六段最中」を発明し販売していたことなど興味深い事柄が続々と出て来るではないか。日本で初めて株式会社の会社組織を横浜で創設したのは丸善(創業者は福澤諭吉の影響を受けた早矢仕有的で店名は丸屋商社、現丸善雄松堂)で、確か明治2年、そういった近代的なビジネスモデルが福島県しかも小川町で設立されていたのだ。
試しにネットで関連事項を検索してみたら、執筆者の関内幸介氏は戸渡の「やまのがっこう」(3.11以降は放射能の影響もあって休止中)などいろいろなところで講師や案内役をしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 6

小川(筆者的には敢えて小川)の風土がそうさせたのか、それともたまたまそういう進取の気性に富んだ人たちが集まっていたのか分からない。大方はむしろごく普通の暮らし向きを良しとしていたのではないかと考えたいが、その辺の事情は筆者には分からない。母親の実家周辺を見渡せば先祖がやはり山あいに入って山林関係の仕事に携わっていたことは容易に想像がつく(母方の祖母の出の内倉あたりは江戸時代に新田開発を手掛けていたようだが、内倉から少し下ったところで生計を立てていた祖父の時代は炭焼きや材木切り出しなどの山仕事や葉煙草栽培、果樹園それに田畑での野良仕事が主であったと記憶している)。母親の実家が湯の沢の近くだったということもあって、小学時代は母親の用事がある度にバスなどでよく“重箱運搬人”として駆り出されたものだ。バスは路線によっては確か一旦小川郷駅に入って上小川方面に向かうこともあった(が、時々は父親の妹、叔母の嫁ぎ先の柴原、父方の祖母の出の高萩に寄ったことも)。上小川行の終点はお菓子屋の「吉野屋」の前、それから乗り換えて二ツ箭山の中腹、内倉方面行のバスに乗り湯の沢の先のバス停留所で下車するのだ。次のバスを待つ間、鰻の寝床みたいな細長い「吉野屋」の窓側の小さな畳張りの休憩所で母親とバスを待った。その間母親はやや小柄だがはきはきした店の女将と世間話をしていたのだ。今となっては遠い記憶ー。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 5

阿武隈高地(昔は確か山脈と言っていたが)、とりわけ二ツ箭山近くの磐越東線「小川郷」駅周辺の地域を巡る物語は、明治、否江戸後期、大正、昭和の時代を逞しく生きた草野家の人々の物語、言い換えれば個性豊かな人々の輩出であったことがこのエッセイから読み取れる。夏井川、本郷、紋十郎家、登と欽一郎、小川の百貨店、佐平太と遠平、戊辰戦争と奥羽出張病院、宮本壽硯、櫻關と培根塾、牧牛共立社、小川劇場、常慶寺、天文一揆と草野興八、高蔵・馨・心平、皇室と戸渡のヤマユリ、櫛田民蔵とマルクス學、眞崎甚三郎、草野氏文書、生と死と、祖父の家、結びにそして謝辞が小見出しで、読み進むにつれ、静寂の地下道から水滴がぽとりぽとりと零れ落ちる音が聞こえてくるようだ。
ここで草野心平自身の詩作品、かの有名な詩篇「上小川村」を書き写してみれば本郷界隈、“火の見やぐら”周辺がより鮮明になる。

上小川村

  大字上小川

ひるまはげんげと藤のむらさき。
夜は梟のほろすけほう。
ブリキ屋のとなりは下駄屋。下駄屋のとなりは小作人。小作人のとなりは質屋。
質屋のとなりは鍛冶屋。鍛冶屋のとなりはおしんちやん。おしんちやんのとなり
は馬車屋。馬車屋のとなりは蹄鉄の彦・・・・・・。
昔はこれらはみんななかつた。
昔は十六七軒の百姓部落。
静脈のやうに部落を流れる小川にはぎぎよや山魚もたんさんゐた。
戸渡あたりから鹿が丸太でかつがれてきた。
その頃ここで。
白井遠平が生まれ育つた。
櫛田民蔵が生まれ育つた。
いまも変なのが少しはゐる。
人のいい海坊主みたいにのろんとした草野千之助も生きてゐる。

ひるまはげんげんと藤のむらさき。
夜は梟のほろすけほう。

   背戸は赤松の山。前はすすきや草のなだらか
   な丘に屏風岩。そのまんなかのにぶい蛍色の
   出で湯をまもる家一軒。ここを湯の沢といふ。

ー岩波文庫『草野心平詩集』より
(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 4

この雑誌の目玉ともいえる、詩人草野心平の家系を探って余りある関内幸介氏の「夏井川のほとりにてー本郷界隈のことどもー」を二三度繰り返して読んだ。旧仮名遣いを使っていてやや読みづらかったが、内容は興味深く教えられることも結構あった。何度も地図を見ながら本文を追うと同時に、筆者の幼少期の記憶も動員しての多重奏的な読書となった。22頁もあるエッセイは草野心平の家系図を一つ一つ繙いていて、遠い記憶をジグザグしながらも見事に蘇らせている。それはやや“複雑系”のファミリーヒステリーと呼ぶべきものだろうか。進取の気性に富んだ人々の歴史でもあるのだ。鉱物学が得意な執筆者らしく、地形を詳しく描くところから書き始めている。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 3

そんな中、米倉明氏の「押し付け憲法論」無用論を読んだ。現憲法が世界に稀な平和憲法で、それは先の世界第二次世界大戦で最後には原爆を投下され敗戦した反省から、二度と戦争をしないと誓った新生日本の姿勢を謳ったものだ。GHQに押し付けられてできたものではなく、現平和憲法草案は当時の関係者がマッカーサー他GHQの関係者と何度も協議してできたことは歴史的事実だろう。
米倉明氏の「押し付け憲法論」無用論は、短いエッセイながら論点を整理、問題点を浮き彫りにして「押し付け憲法論」を一蹴している。お見事という他ない。

このエッセイの最後に次のように書いている。
「・・・改憲を唱えるのに押し付け憲法論などは不要(かつ押し付け憲法論の論者にとって有害)であって、押し付け憲法論をきれいに棄て去り、端的に70年を超えた現憲法にはあちこち不備が目立つようになったので、この際改憲しようと呼びかければ足りる。そして、広く国民の意見を徴して改憲の是非を問えばよい」全く同感だ。
矢吹道徳氏の樋口陽一・米倉明両先生との出会いについて②は、著名な民法学者・米倉明氏のそのユニークな生い立ちにも触れながら、レスペクトをもって接した米倉明氏・樋口陽一氏(樋口陽一氏のエッセイは確かこの雑誌の前の号で読んだ)の出会いといわきでの(米倉明氏は小学中学時代を当時の平市、現いわき市で過ごした)交遊を活写している。
と書いてこの項を終えようとしたが、どうも出だしの1989年(昭和64)年『世界』2月号に掲載された「Z先生への手紙ー一市民の野暮な問い」が気になり、その掲載誌を探した。現物にあたってみようと考えて神保町の古本屋山陽堂へ。この古本屋は岩波書店ものを扱っているところで、ここならあるはずと目をつけて入ったのだが、雑誌のバックナンバーは売りものにならず置いていないと店主、ついでに岩波書店の本はどうかと筆者が尋ねると売れなくて困っているとの返事。硬派の本が売れなくなっているのだ。そう言えば、岩波書店のものを扱っていた新刊本の書店『岩波ブックセンター 信山社』も去年の11月に倒産している。結局地元の中央図書館から借りて読んだ。少し横道に逸れたので話を元に戻そう。昭和64年2月号の『世界』は歴史とは何かという特集を組んでいた。目次を見ると、井出孫六、江口圭一、中村政則、中村雄二郎、澤地久枝、弓削逹、鶴見俊輔、D・ラミス、奥村宏、内橋克人、鎌田慧、宇沢弘文、隅谷三喜男、粉川哲夫、辻邦生、藤本義一、M・ピーターセン、田辺聖子、野間宏、立松和平、津村節子などそうそうたる執筆者が顔を揃えている。当時は昭和天皇の崩御で自粛ムードが漂っていて暗い感じだったことを筆者もよく覚えている。「Z先生への手紙」は83頁から92頁、9頁にわたって綴られていた。天皇制の議論について一民法学者からの手紙形式による所見を分かりやすく述べたもの。天皇制など不要と。論理立てて手短に書いている。それは「押し付け憲法論」無用論にも通じるものだった―。

1989年(昭和64)年『世界』2月号に掲載された「Z先生への手紙ー一市民の野暮な問い」を読むはこちら→「yonekura_z_sensei.pdf」をダウンロード

(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行) 2

今安倍政権は自ら墓穴を掘った格好で支持率が急落、政権維持が困難な状況に来ている。この政権の目玉の一つが戦後レジュームからの脱却で現憲法を改正して新しい憲法をつくることなのだが、数の論理に任せて強硬採決した安保法制やテロ等準備罪法(共謀罪法)など戦前回帰と思わざるを得ない国民にとっては極めて危ない法案を可決して来たのだ。そこには国民目線がほとんど感じられない安倍首相自らのパフォーマンスのオンパレードで政治言語が独り歩きしている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の面白読書 128 雑誌『うえいぶ』第50号 終刊号(2017年3月31日発行)

1500980965795.jpg

友人S氏からいわきの総合文化誌『うえいぶ』が届いた。終刊号に相応しく刺激的な記事が多い。地方創世といいながらこういった文化の香りたっぷりの雑誌が退場してしまうのが惜しい。創刊から29年、50号を出して終刊、一定の役割を果たしたのかも。筆者は時々S氏から贈られてくる号に目を通していたに過ぎなかったけれども―。紙面には『洟をたらした神』で有名な吉野せいに因んだ第39回吉野せい賞も発表されている。特に前半の3本の記事は秀逸までは行かないまでも結構読ませた。冒頭は草野心平記念館での詩人荒川洋治氏の講演「詩を知るよろこび」、続いて米倉明氏の「押し付け憲法論」無用論、樋口陽一・米倉明先生との出会いについて②そして草野心平の家系を追った力作、関内幸介の「夏井川のほとりにてー本郷界隈のことどもー」が並んでいる。講演記録とエッセイの類いだ。
荒川洋治氏の講演では面白い提案も。灘中学校の橋本武先生が中勘助の『銀の匙』をテキストで使い独自の奥の深い授業をしたように、吉野せいの『洟をたらした神』をテキストで使ったらどうかと。昭和期の農村の風景が読み取れる好テキストで一冊を一年間読み続けることを提案しているが、これは筆者も同感で、草野心平記念館主催でいわき駅近くで記念館サテライトを設けて開講したらいい。その際に小学生、中学生、高校生それに一般人向け広く開放することだ。「日本一不便で日本一の文学館」といわれている草野心平記念館(筆者的には日本一不便なことは分かるが、日本一の文学館かは分からないが。それはともかくとして友人S氏が配布した退職挨拶文の中に、この館を創設したことが自分の大きな実績の一つだと書いていたことを思い出した)をより身近な存在にしていくには関係者の柔軟な発想と気概が不可欠だろう。心平さん号とか名付けて専用の観光バス(横浜の港を走る「赤い靴号」などを参考にして)をループ形式で走らせるとか。いわき市は面積が広いからコストなど考えないといけないが、ボランティアのガイド付で吉野せい・三野混沌の菊竹山(その前に川中子の猪狩満直の生家も見学)→草野心平記念館→草野心平実家公園→天田愚庵・松ヶ岡公園→いわき市立美術館などを巡るコースを考えても良いではないか。コストは寄付金などで賄うとか。道中は草野心平の詩を読んだり、郷土の文学者に因んだクイズを出したりと楽しだらいい。
荒川洋治氏が言われているように、日本でたぐいまれな豊かな文学、特に詩歌文学が栄えた地域として語り継ぐ必要があるのかも。(続く)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人の書評紹介 2017年7月9日(日)新潟日報読書欄 にいがたの一冊 加藤孝男、 太田昌孝著『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』

『新潟日報』2017年7月9日(日)読書欄に澤正宏氏による、加藤孝男、太田昌孝著『詩人 西脇順三郎 その生涯と作品』が掲載された。西脇順三郎研究の第一人者による書評は、「詩の基層にある絶対的な現実を追体験するところから記された貴重な著作である」と本書の性格を述べたあと、「西脇順三郎の従兄が記した『西脇義一郎日記』への太田昌孝氏の言及は特記すべきである」、また、加藤孝男氏のイギリス留学時代の追跡は、新事実を調査しての圧巻で新鮮と論評した。
澤正宏氏の書評全文は下記の通り。

郷愁の表現 足跡たどり追及

この度刊行された本書は、日本の現代詩のパイオニア(開拓者)の筆頭にあげられる詩人・西脇順三郎(1894~1982年)を紹介、解説する一冊である。
1920年代中頃よりスタートした日本の現代詩をリードしていった詩人だけに、順三郎の詩は難解であり、現時点でノーベル賞候補者に8回も推薦されていたことが分かっているのだが、正式な受賞を逃した一因に詩の難解さがある。加藤孝男、太田昌孝両氏が共著の本書は、こうした順三郎の「詩の基層にある絶対的な現実を追体験する」(あとがき)ところから記された貴重な著作である。
確かに、小千谷が生んだこの偉大な詩人については、詩や詩論が紹介されることに比べれば、「詩の基層」、つまり、順三郎の生活体験から詩を読んでみるという試みは少なかった。本書の最大の特色は、長期にわたって小千谷に深く関わり、とくに小千谷市民でもあった1年間の経験を生かしながら、太田氏が西脇家一門を含めた、順三郎の幼少期を掘り起こしている部分、また、戦後から晩年にかけての郷里・小千谷に対する味わい深い郷愁の表現を紹介している部分などである。ことに順三郎の従兄が記した「西脇義一郎日記」への言及などは特筆すべきであろう。
加藤氏の順三郎の足跡やその詩への探求心も見事な成果を展開している。とりわけ、往路を含めた順三郎のイギリス留学時代の足跡は、新事実を調査しての圧巻で、順三郎の旅路やロンドンでの生活実感が伝わってくる手応えがある。エジプトでのピラミッド見学の検証、ロンドンで下船した埠頭の確定、マージョリ・ビットルとの出会いから恋愛、結婚、彼女を伴っての帰国などの記述は、知られざる事実の満載でとても新鮮である。
本書は「新潟日報」紙に「聖地をたずねて」と題して1年半にわたり連載した記事をまとめたものである。この一冊をあらためて読み返してみると、書物の基本的な骨格として、太田氏の民俗学を重視した小千谷からの視点と、加藤氏の当時のヨーロッパ社会、文学動向をふまえてのロンドンからの視点とが見事に対をなして、順三郎の郷里・小千谷とそこへの郷愁という詩の表現とに向かっていることに気づかされる。
詩人・西脇順三郎をより深く知ることのできる一冊が、順三郎に関する書架に加わったことを喜びたい。

全文を書き写してみて澤正宏氏の批評の確かさを思った。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

超人のドキッとする絵画 31 東京都美術館 ボイマンス美術館所蔵「バベルの搭」展

1499085993997.jpg
 【東京都美術館の案内チラシの
 「バベルの搭」】
1499085994858.jpg
【東京都美術館入口付近の案内ポス
ターの「バベルの搭」】
1499085995632.jpg
【入口の大友克洋の「Inside Babel」】
1499085996535.jpg
   【出口の「バベルの搭」】
1499085997475.jpg
【上野構内の『たいめいけん』。海老
オムライス+チラシ「バベルの搭」】

ジョージ・オーウェルの『1984』をやっと読み終えた。ディストピア小説の最高傑作。新訳もこなれていて読みやすい。限りなく「現代」を映し出していてそら恐ろしい。この想像力・創造力!恐らく著者の経験が背景にあることは容易に想像がつく。でないとこれだけの小説は書けない。トーマス・ピンチョンの解説もまたよく読み込んでて的確、素晴らしい。今度は念願のジョージ・スタイナーの『After Babel』に原著と翻訳書でチャレンジしたい。この原著の見返しにはこの本の内容を象徴的に表している「バベルの搭」の絵が挿入されている。原著は複数の言語で書かれていてかなり根気のいる読書となるはず。翻訳は原著が出て35年後に刊行された([上]が1997年、「下」が2009年に刊行)。まさしく言語と翻訳の問題を扱っている。 その前に気になっていた展覧会に出向いた。

東京都美術館特別席展
ボイマンス美術館所蔵
ブリューゲル「バベルの搭」

16世紀ネーデルラントの至宝ーボスを越えてー
オランダのボイマンス・ファン・ベーニンゲン美術館のコレクションから、ピーテル・ブリューゲル1世の「バベルの搭」(旧約聖書の「創世記」にある伝説の搭。天まで届く高い搭を築こうとするも、同じ言葉を話す民だからこんなことをすると言葉を通じなくし搭の建設を途中で打ち切ってしまう。神の逆鱗に触れた話。傲慢さと愚かさの戒め)と奇想の巨匠ヒエロニムス・ボスの作品を中心に、絵画、彫刻、版画など16世紀ネーデルラント美術のコレクション約90点を展示紹介。(参照: 東京都美術館CALENDAR 2017[平成29].4→2018[平成30].3)

16世紀北ヨーロッパのオランダ絵画の世界に。
「aera_mook_2017.4.20刊ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展公式ガイドP.78-P.79).pdf」をダウンロード
少し薄暗い世界、幻想、怪奇、寓話の世界へ。教会関係者の彫刻から始まり、肖像画などホラント地方の美術、ボスの絵

1499845512474.jpg
【ボス: 浮浪者(行商人)  よく観察すると面白い】
や版画などを観て歩き、奇想の世界に

1499845514047.jpg
【ブリューゲル: 大きな魚が小さな魚を食う。
当時の体制批判、寓意画】

少し引き込まれたあと(何故か横須賀美術館て開催された「澁澤龍彦展」を思い出した)、ピーテル・ブリューゲル1世の[バベルの搭]を観賞。その絵の何とも言えない造形美、人々の表情など描写の緻密なこと、それに色彩の冴え、一つ一つ観ていても飽きず、これが16世紀中期のものかと驚くばかり。筆者的には褐色の搭に不穏な雲、それはニューヨークの世界貿易センタービルに飛行機が突撃してビルが崩壊し多数の犠牲者を出した大惨劇、あの16年前の9.11同時多発テロのシーンを思い起こした。しかし、この絵の前には人だかりができていて、じっくり観賞している暇はなく係員の誘導するまま歩を進めざるをえなかったのが残念。特に出口付近のミュージアムショップでは買い物客でレジは長蛇の列、いやはや凄いことになっていた。これでは“建設中”の「バベルの搭」も崩れそうな気配(笑)。それで急いで東京都美術館を出て、JR駅構内の『たいめいけん』で食事をしたのだが、驚くなかれここのメニューに“バベルの搭カレー”なるものがあったのだ。ファミリーで食事のテーブルにはそのバベルの搭カレーが供されていた。搭は黄色みがかっていてきもち高かった。老舗の洋食屋はあやかりメニューまで作ってしまったー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«明治大学アカデミーホール「大岡信さんを送る会」